ニットをハンガーで干す。洗濯後でも伸びない干し方のポイント

ニットはハンガーで洗濯後に普通に干してしまうと、伸びてしまったり、肩の部分にハンガーの後がついてしまったりするでしょう。これは、洗濯後に限らずに言えることでもあり、ニットをハンガーを使って干すときには注意が必要なのです。
でも、どうしてもハンガーで干したい、ハンガーじゃないと干すことが難しいときもあるかもしれません。

ここでは、そんな時のために洗濯後のニットをハンガーを使って干すときでも失敗しない干し方やポイントについて、洗濯したニットが伸びないようにハンガーを使って干す方法やニットを干すのにピッタリなハンガー選びのポイント、ニットをハンガーに干すと伸びたり型崩れしてしまう理由やニットをハンガーで干して伸びてしまったときの対処法、ハンガーでもニットを伸ばさず干す工夫やコツをお伝えしていきます。

これで、ハンガーを使ってもニットを安心して干すことができますし、工夫次第でハンガーを使いこなすことができるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯物が生乾き臭い!原因を取り除く方法と予防対策を紹介

洗った洗濯物から生乾きの臭いがしたことはありませんか?洗濯物から生乾きの臭いがしたときは、その原因で...

洗濯物が乾かない冬こそ部屋干し。除湿機で早く乾かすコツ

冬になると、洗濯物が乾かないとお困りの方は多いと思います。夏ならば、外干しをしておくと夕方には乾いて...

部屋干しはエアコン除湿で早く乾く!使い方のコツや温度を紹介

雨が続く梅雨の時期などは洗濯物がなかなか乾かないので困りますね。そんなときに部屋干しをした洗濯物...

洗濯物を乾かすコツ!部屋干しの衣類を早く乾かす工夫やアイデア

雨が降っているときは外に洗濯物を干すことができません。外がジメジメしていると、なかなか洗濯物が乾かな...

物干しハンガーが飛ばないための工夫。強風でも洗濯物は安心

物干しハンガーを飛ばないようにするためには、ハンガーや物干し竿に強風に負けない工夫をしなければなりま...

洗濯物の夜干しは乾くのに時間が掛かる!部屋干しのコツ

朝は慌ただしく、洗濯はいつも夜にしているというご家庭も多いと思います。今は主婦も仕事をしている方が多...

洗濯物を雨の日でも早く乾かす方法について知りたい

洗濯物を外に干そうと思っても、雨の日は部屋干しするしかありませんよね。しかし、室内干しは外干しと...

洗濯物をベランダに干すと虫が付いて困る時の防虫対策!

ベランダに洗濯物を干すと、洗濯物に虫が付いて困るという方はいませんか?周りに自然が多い場所だと虫も多...

生乾きの臭いが取れない…。臭いを取る方法や、予防方法について

生乾きの洗濯物は、臭いが発生しやすいものです。乾いた時に、臭いが取れていれば問題ないのですが、そ...

洗濯物の部屋干しはエアコンが便利!早く乾かすアイデアと裏技

雨の多いシーズンは、洗濯物を部屋干しで干すことが多くなります。なかなか乾かない洗濯物で家の中もジメジ...

洗濯物を室内で干す場合のエアコンの機能を活用した賢い使い方

洗濯物を室内干しにするとなかなか乾かないという悩みがありますね。また乾燥までに時間がかかった洗濯...

洗濯物干しの室内アイデアを紹介!快適な室内干しのポイント

天気が悪い日などは洗濯物干しを室内でしなければなりませんね。そんなとき、室内干しを快適にするアイ...

洗濯物を室内干ししたら、臭い時があるのでなんとかしたい

洗濯物はいつも外干ししたいですが、雨が降ったりしたら、室内干ししなくてはいけません。しかし、室内...

洗濯物の臭い・干しっぱなしの部屋干しで衣類が臭う原因と対処法

天気の悪い日は洗濯物を外に干すことができず、部屋干しすることがあります。洗濯物を部屋干しすると、干し...

【洗濯物の干し方】ハンガーを使っても肩に跡を残さないために

洗濯物をハンガーにかけると肩に跡が残ってしまうことがありますが、これは正しい干し方をしていないことが...

スポンサーリンク

洗濯したニットをハンガーを使って干す方法

寒い季節になると着る機会が多くなるセーターやニットです。セーターやニットをどのように洗濯していますか?着るたびにクリーニングに出す人も多くいますが、費用もかかってしまうので自宅で洗うことが出来ればいいと思う人も多いですよね。自宅で洗うことができるニットがあることを知っていますか?しっかりとコツを掴んでニットを自宅で洗濯してみましょう。

まず洗濯したいと思うニットの洗濯表示を確認しましょう。手洗いマークや洗濯機マークがついていると自宅で洗うことが出来ます。

ニットを洗濯した後の干し方がポイントになります。

衣類を洗濯した後に干すアイテムはハンガーです。しかしハンガーを使い普段通りに干すと、ニットの重みで肩の部分にハンガーの跡がついてしまいます。又ニットは水分を含み重くなっているので伸びてしまう可能性もあるのでハンガーを使って干す場合は工夫して干すようにしましょう。

洗濯したニットをハンガー2本を使って干す方法

1本は胴体の部分に通し、もう1本は袖口に通します。このようにすることで重さが分散します。ニットは脇の下が乾きにくいので、ハンガー2本を上手に使って干すと乾きが早くなりますし、伸びません。

洗濯後のニットを干すときのハンガー選びのポイント

ニットやセーターを自宅で洗濯する人も多いですよね。洗濯後にいつも使用しているハンガーにかけて型崩れをしてしまったり、肩の部分にハンガーの跡がついてしまったりしたことはありませんか?いつも使用しているハンガーにニットを干すのはやめましょう。普段着ている服とニットは形状が異なるのでハンガーの種類も異なります。

洗濯後のニットを干すときはハンガーを使わず出来るだけ平干しすることをおすすめします。

しかし自宅が狭くて平干しが出来ない場合もありますよね。そのような場合はニットに適したハンガーを選ぶようにしましょう。ニットを干すのに適しているハンガーはゆるやかな曲線で、ほどよく厚みがあり、肩幅が伸縮するハンガーを選ぶようにしましょう。

ハンガーによっては肩の部分に滑り止めがついている物もあります。滑り止めがついているとニットの重さで滑るのを防げ型崩れもしにくくなります。

ニットは洗濯後にハンガーで干すと伸びてしまう理由

ニットを洗濯後に普段通りに干すと水の重みで下に引っ張られるので伸びてしまい型崩れを起こしてしまいます。そのためハンガーにかけずに平干しして干すようにしましょう。そして日光に当たると変色してしまう可能性もあるので、風通しのいい日陰で干すことがポイントになります。

ニットは1本の糸を編んで出来ています。着ているときに伸びたり縮んだりします。そのためニットをハンガーにかけて干すと肩の部分に力がかかりハンガーの跡がついてしまったり、全体的に伸びてしまうこともあるのです。編み目が粗かったり、柔らかい素材は伸びやすいです。

ハンガーで干してニットが伸びてしまったときの対処法

自宅でニットを洗濯した後にいつも通りにハンガーで干してしまいニットが伸びてしまった経験ありませんか?ニットが伸びてしまうと2度と着ることが出来ないと思いがちです。お気に入りのニットだとがっかりしてしまいますよね。でも大丈夫です。対処法があるので紹介します。

ニットにハンガーの跡がついていることに気がつくのが洋服を着てからのことが多くありませんか?朝の忙しい時間に肩の部分にハンガーの跡をみつけてたらお湯とドライヤーを使う方法です。伸びてしまった所をお湯につけてドライヤーをかけます。ニットに使われているウールは水と熱で縮む性質があります。そしてハンガーにかけると肩の部分がポッコリ出てしまうことがありますよね。そんな時はアイロンのスチームを使う方法で対処しましょう。スチームを軽く当てながら形を整えると元の状態に戻ります。

工夫次第でハンガーでもニットを伸ばさず干すことができる

自宅の部屋が狭く干す場所がないのでニットを干す平干し用ネットがないお宅もありますよね。そんな時はハンガーを工夫して使うとニットを伸ばすことなく干すことが出来ます。

ニットを干すときに大切なことは吊り下げないことです。ハンガーに干す場合は3本のハンガーを使い干すとニットを伸ばすことなく干すことができます。普通にハンガーにかけ、袖口を裾の部分にそれぞれ1本ずつハンガーを通すと、重さが分散されるので伸びにくくなります。

ハンガーにかけると肩の部分がポッコリしてしまいます。ポッコリさせないためにトイレットペーパーの芯を使うと防ぐことができます。方法はトイレットペーパーの芯を2つ用意して縦に切り込みを入れハンガーの肩の部分に取り付ける方法です。他にもハンガーにタオルを巻いてから干すとハンガーの跡がつきにくくなります。

ニットだけなく、パーカーやトレーナーなど厚手の物も肩の位置が合わないと肩にハンガーの跡がついてしまいます。ハンガーにタオルを巻くなどちょっとした工夫をするとニットやパーカーやトレーナーなどの型崩れを防ぐことができます。干し方にも気配りをすることで長く着用することが出来ますので是非参考にしてみて下さい。