洗濯物を外干ししたい!冬でも洗濯物を外干しするコツをご紹介

洗濯物を外干ししないと、乾いた気がしない…

冬は特に、そう感じる。洗濯物が楽しくない。

そんな不満を持つあなたへ。
冬場だって、洗濯物を外干ししちゃいましょう!
家事には、いろいろなハウツーがありますが、自分の性に合った方法で行うのが「正解」なんですよ。

洗濯物を外に干さないと干した気がしない。
だったら、外に干しちゃいましょう。
洗濯物が乾く条件を知れば、賢く洗濯物を乾かすことができますよ。

冬場に、洗濯物を外干しするためのコツをご紹介いたしますので、ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【洗濯物の干し方】ハンガーを使っても肩に跡を残さないために

洗濯物をハンガーにかけると肩に跡が残ってしまうことがありますが、これは正しい干し方をしていないことが...

洗濯物の重さはどのくらい?物干しと洗濯物について

梅雨時期になって洗濯物が乾きにくくなったり、子供が大きくなって洗濯の量が多くなったりすると、物干しが...

洗濯物干しの室内アイデアを紹介!快適な室内干しのポイント

天気が悪い日などは洗濯物干しを室内でしなければなりませんね。そんなとき、室内干しを快適にするアイ...

洗濯物を部屋干しすると臭いが気になる問題を徹底的に解決します!

洗濯物を部屋干しすると臭いニオイを部屋中に充満させてしまったことありませんか?洗濯物が臭くな...

洗濯物を早く乾かすコツ!ドライヤーと使う方法とアイデアを紹介

なかなか乾かない洗濯物を早く乾かす方法はないか、今すぐに洗濯物を乾燥させたいというときは、ドライヤー...

脱水機の便利な使い方!小型で手動の脱水機をご紹介

ちょっとした汚れ物や、別洗いしたい洗濯物を手洗いをすることはそれほど面倒ではありませんが、しっかりと...

洗濯物の卵の正体は?黒い卵はカメムシの可能性!卵の駆除方法

洗濯物に卵が付着しているのを発見!その卵の正体は、黒いボディが特徴的なカメムシの卵の可能性があります...

洗濯物の室内干し【冬編】エアコンを便利に使って乾かす方法

冬は洗濯物を外に干せないことも多く、室内干しで対処をすることがあります。ですが、気温が低い冬は洗濯物...

洗濯物の分け方は一人暮らしでも大事!失敗しない洗濯のコツ

洗濯物の分け方は一人暮らしの洗濯でも大切な準備のひとつです。洗濯機が洗ってくれるからとついまとめ...

重曹洗濯で臭い取りができる!方法や気をつけたい注意点を紹介

重曹を入れて洗濯すると、気になる洗濯物の臭い取りができます。重曹の消臭効果は掃除以外にも洗濯にも...

ニットをハンガーで干す。洗濯後でも伸びない干し方のポイント

ニットはハンガーで洗濯後に普通に干してしまうと、伸びてしまったり、肩の部分にハンガーの後がついてしま...

洗濯物を干しっぱなしで1週間放っておくのは止めましょう

洗濯物を干しっぱなしのまま外に1週間放っておくのはとても危険です。旅行や出張に行くときには必ず部屋の...

洗濯物の干し忘れは何時間までなら大丈夫?◯時間以上は洗い直し

洗濯物を干し忘れたときは何時間までならそのまま干してもいいのでしょうか?洗い直しをする基準と...

洗濯物が乾くエアコンの設定温度は?除湿機能を使った部屋干し

梅雨の時期になると、部屋の中の湿度が高くなり洗濯物が乾きにくくなります。乾きにくくなると、嫌な生乾き...

物干しハンガーが飛ばないための工夫。強風でも洗濯物は安心

物干しハンガーを飛ばないようにするためには、ハンガーや物干し竿に強風に負けない工夫をしなければなりま...

スポンサーリンク

洗濯物を外干ししたい!冬でも外に干すためのアイディア

洗い終えた洗濯物を乾かす方法は主に3つ。
室内干しか、外干しか、コインランドリーやご自宅にある乾燥機を使うかですよね。
どの方法で洗濯物を干すかは住んでいるお家の環境や人によって異なると思いますが、中には、どうしても洗濯物は外に干したい「断固外干し派!」いう人もいるでしょう。

ただ冬になると気温の関係から外に干すことが難しくなる場合もあると思います。
そこでここでは冬でも外に洗濯物を干したい人のためのアイディアをご紹介します。

冬に洗濯物を外干ししたい時はどうしたら良い?

冬に洗濯物を外干ししたい場合は「1時間程度」の短時間で行うようにします。

冬は当然ながら外気温が低いため、夏のように外に長時間干していても、完全に乾く可能性は低いのです。地域や気温によっては凍ってしまうなんてこともあるでしょう。

冬に洗濯物を外干しする時は短時間で行うことが重要なポイントとなります。

1時間程度の限られた時間でもお日様が出てる日であれば、十分に除菌効果が得ることができますから、干しっぱなしにするのだけは避けるようにして、冬の外干しを行うようにしましょう。

冬に洗濯物を外干ししてうっかり凍らせてしまった時には

冬に洗濯物を外干しするということは「凍る」というリスクも背負うことになります。
十分に気をつけていても凍ってしまった…なんてことも少なくありません。では洗濯物が凍ってしまった場合にはどうしたら良いのでしょうか。

冬の外干しで洗濯物が凍った時の対処法はズバリ!「速やかに室内に取り込むこと」です。

外に出しっぱなしにするのは素材を傷めるだけですので絶対に避けなければいけません。また室内に取り込んだ後も無理に乾燥させようとするのは厳禁です。
あくまでも「自然」に乾くのを待つようにしましょう。

一方で、冬に外干しをして洗濯物が凍ると再度洗濯をした方が良いのか?も気になるところですが、基本的には再度洗濯をする必要はありません。

ただ、凍った状態から元の状態に戻った時に生乾き臭がする場合や凍ったことで汚れているかも…と気になる方は、再度洗濯をして頂いても問題ありません。
状況に合わせて判断するようにしましょう。

洗濯を終えた直後の洗濯物は通常濡れています。
乾いている衣類を外干しするわけではありませんから、凍るリスクはただでさえ高まっている状態なのです。
ですから、冬の中でも特に気温の下がりやすい12~2月は外干しを避け、室内干し等で対処していくようにすることも必要です。

洗濯物が乾きにくい冬。外干ししても乾きにくい時に使うべきアイテムとは

冬は洗濯物を外干し出来る時間が少ないですし、寒さ対策から着用する衣類も厚手になりますから、夏と比較すると乾燥時間が長くなってしまいます。
また乾燥するのに時間がかかると生乾き臭による悩みも出てきてしまいます。

そうした問題をスッキリ解決するためには「干し方」がカギとなります。

冬でも洗濯物の乾燥時間は干し方ひとつで大幅に短縮することができる

洗濯物を早く乾かす干し方のコツはひとつ!風がよく通るようにすることだけです。

例えばジーパン等のパンツ類であれば、ジーパンの履口を広げるようにして、ピンチハンガーに固定します。
こうすることで、ジーパンの中に風がよく通すことができ、乾燥時間を短縮することができるのです。

また洗濯物を早く乾かす上で重要になるハンガーですがハンガーには様々な種類があります。
ホームセンターはもちろんのこと、100均などでも衣類の形に合ったハンガーが売られていますので、そうしたグッズも併せて活用するとより一層早く洗濯物を乾かすことができるかもしれませんね。

洗濯物は外干しだと乾きやすい?洗濯物が乾く条件とは

洗濯物が乾く上ではある条件があります。それは低温高湿ではないことです。
「ジメッとしておらずある程度暖かい空間」が洗濯物を乾かす上では最適な空間となります。 室外はそうした適切な環境が自然と整っている場所なのです。
ですが条件さえ揃えれば室内でも早く乾かすことは可能です。

冬は乾燥しやすい季節ですから湿度を気にする必要はありません。
エアコンやヒーターを使って室内温度を高めて、扇風機等で風を起こせば乾燥時間はかなり短縮することができるでしょう。

洗濯物は外干しする方が乾きやすいというイメージを一回捨ててみる

夏の外干しは、外気温の高さから室内干しよりも早く洗濯物を乾かすことができますが、冬の外干しは外気温が低いためそう上手くはいきません。
冬の外干しでは洗濯物を完全に乾かしきることはできませんし、一度は外に干しても後々は室内に取り込んで再度乾かす必要があるのです。外に干せば凍るリスクもあります。
そうした様々な手間やリスクを踏まえると、冬の外干しは本当に良いのか、今一度考え直してみるのも良いかもしれません。

上記でもお伝えしたように、室内干しは環境さえ整えば乾燥時間を短縮することができますから、今回を機に「外干しは乾きやすい!」という固定概念を変えてみてはいかがでしょうか。