洗濯物を乾燥機で乾燥させると縮む原因と対処法・元に戻す方法

洗濯物を乾燥機で乾燥させた時、衣類が縮む経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。衣類が縮んでしまうと、もうその洋服を着られなくなることもあります。

ここでは、洗濯物を乾燥機で乾燥させたときに縮む原因と対処法についてお伝えします。大切な衣類が縮まないように、正しい知識を知って乾燥機を使用しましょう。

また、乾燥機を使用する時のコツや縮みやすい素材についてもご紹介します。こちらも併せて確認をして、上手に乾燥機を使用しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯物を早く乾かす方法!ドライヤーを使う方法と色々な乾かし方

お部屋の中に洗濯物を干していると、洗濯物がなかなか乾かずに困ることがあります。そんなお悩みを...

洗濯物を雨の日でも早く乾かす方法について知りたい

洗濯物を外に干そうと思っても、雨の日は部屋干しするしかありませんよね。しかし、室内干しは外干しと...

ニットにハンガーの跡がついても自分で直して工夫もできる

ニットにハンガーの跡がついてしまった経験はありませんか?着てみると肩の部分だけポッコリしていると...

洗濯物ハンガーを固定する方法!すぐに簡単にできるコツを紹介

洗濯物は外に干したいけどハンガーがずれたり飛ばされたりするのが心配というあなた。洗濯物ハンガーを固定...

洗濯物の卵の正体・茶色の卵はカメムシかも!駆除方法と予防方法

洗濯物に茶色の卵が産み付けられていたとき、その卵の正体が気になるものです。茶色の卵の正体は「カメムシ...

洗濯物の重さはどのくらい?物干しと洗濯物について

梅雨時期になって洗濯物が乾きにくくなったり、子供が大きくなって洗濯の量が多くなったりすると、物干しが...

洗濯物を外に干しっぱなしはNG。早く乾かす部屋干しのルール

洗濯物を夜間に外に干しっぱなしという方はいませんか?「夜しか洗濯をする時間がなくて…」とか、「忙しく...

洗濯物を干す時間帯や乾くまでの時間は?夏の外干し豆知識

夏は洗濯物を外干しする機会が多いですが、干す時間帯は何時から何時までがベストか、最短でどのくらいで乾...

洗濯物の部屋干し時間は減らしたい!早く乾くコツを紹介

洗濯物は部屋干しの場合、乾く時間はどれくらいかかるのか気になりませんか?できれば部屋干しでも洗濯...

洗濯物は雨の日でも外に干す!ポイントや濡れたときの対処法

洗濯物は雨の日は家の中に干すという人がほとんどかもしれません。でもなかなか乾かないのが難点です。...

洗濯物の放置は臭い発生の原因に!洗濯物の臭いを取る方法

汚れた洗濯物を放置していると、嫌な臭いが発生してしまうことがあります。この臭いは洗濯物に染み付き、な...

洗濯物の卵の正体は?黒い卵はカメムシの可能性!卵の駆除方法

洗濯物に卵が付着しているのを発見!その卵の正体は、黒いボディが特徴的なカメムシの卵の可能性があります...

ベランダに安心して物干しができる雨よけグッズは常備するべき

ベランダの物干し場があるなら、雨よけ対策を考えた方が安心です。雨よけグッズといっても様々なタイプ...

室内干しのアイデア【場所を作る】スペースを活用したコツを紹介

室内干しをするには洗濯物を干す場所の確保が必要ですが、狭い部屋の場合、干す場所を作るのに苦労をします...

洗濯物は夜なら虫に注意!外干しの虫対策や部屋干しのポイント

洗濯物を夜に外に干すと虫や虫の卵がつく可能性があるのを知っていますか?なので、基本的にはあまり夜...

スポンサーリンク

洗濯物を乾燥機にかけると縮むのはなぜ?縮む理由

洗濯物を乾燥機に入れたら、あら、今回は運が悪かったのかしら。お洋服が縮んでしまった。

よく乾燥機に入れて洗濯物を干す主婦の方、働いてる男性のも、そんな「お洋服が縮む」問題に直面していると思います。家事を楽にするつもりで乾燥機を使用していても、結果、お洋服が縮んでしまうのでは、話になりません。

縮む理由

その一つは、短時間で服を乾燥させると、お洋服はどうしても縮みやすくなるんです。乾燥機を使うデメリットはそこかもしれません。

乾燥機を使わずに、お外で干すとお洋服は縮んだりはしません。何事も楽をすると、それだけデメリットがつくということでしょうか。

洋服を縮めさせたくないのなら、乾燥機は使わないこと

お気入りのお洋服こそ、乾燥機を使わずに、丁寧に手洗いか何かをして、お外で干しましょう。

急激に乾燥をさせると、どうしてもお洋服の素材には負担をかけることになります。それを避ける方法は、乾燥機を使用しないことだと思います。

洗濯物の乾燥・乾燥機で乾燥させると縮む素材と縮みにくい素材

全てのお洋服を洗濯し、乾燥機で乾燥させても、縮んでしまうという訳ではありません。素材によっても、縮小する、しないはやっぱりあるんです。

天然を想像させる素材は縮む

例えば、木綿なんかが代表的な天然素材です。乾燥機にいれると、どうしても縮みやすい素材なので、この種類の素材の服は乾燥機には入れず、普通にお外で乾燥させましょう。

中でもニットは乾燥機に入れた途端、えらいことになっている可能性が高い素材です。

乾燥機でも縮みにくい素材

完璧に「これで完全に安心できますよ」という訳ではありません。ただ、ポリエステル系の素材は、乾燥機に入れても、熱さに強い傾向があります。他の素材から比べたら、まだ縮みにくい素材とは言えます。

いつも手元になけらばならない素材、お洋服は、ポリエステル系を選び、乾燥機にかけましょう。少しはあなたの乾燥機に入れてお洋服が縮む問題も解決されると思います。

乾燥機にかけると縮む洗濯物を見分けるときは洗濯表示をチェック

服を買う時に、どの素材の服を買うと、乾燥機の際、悲惨な光景を見るハメになるのか、何か注意点があるのなら、知りたいと思いませんか?

乾燥機の使用にバツサインが書かれている時は注意

どのお洋服にも、洗濯表示がついています。乾燥機の使用ができるのか、できないのかのサインも表示されています。

その表示で、バツがある場合は、要注意。入れてしまったら、恐らくアウトです。ですので、その様な表示がついているお洋服を買う時は、乾燥機を使わずに、お天気の日にお外で乾燥させるなど、乾燥機を使わない方法で乾燥を済ませましょう。

また、表示によっては、上記でも紹介している「バツ印」ではなく、文字で「乾燥機のご使用は避けて下さい」など書かれている場合もあります。

その時も、乾燥機は使用できません。天気の良い日にお外で干して、元のサイズを保つよう、心がけて下さい。時々英語で表示をされている場合もあるので、要注意です。

乾燥機で縮んでしまった洗濯物を元に戻す方法

注意していたつもりだったけど、間違って、乾燥機には向かない素材の服、洗濯物を乾燥機に入れてしまった。当たり前ですが、あなたの手元にある洗濯物、もう縮んでいますよね?

でも、その乾燥機で縮んでしまった洗濯物を元に戻す方法がない訳ではありません。

遊び心でも、髪を洗って、潤いを保つ時に使うコンディショナーを用意して、あなたの縮んでしまったお洋服、少しでもサイズを復活させて下さい。

  1. まず、ぬるま湯とあなたの縮んだ服が入るおけかそれの代わりになるものにお湯とコンディショナーを入れます。
  2. そして、その中に、縮んだ服を入れ、30分くらい、そのままにします。
  3. 洗って、縮んだ部分を少し伸ばす気持ちで服を叩き、干します。

上記の方法で、少しはお洋服のサイズが戻ります。

縮んだ服のサイズをどうにかして戻したい時、試して下さい。場合によっては、戻りますよ。特に素材がウールのものには上記の方法は、効きます。

乾燥機を使う時のコツ・洗濯物が縮むのを予防する使用方法

乾燥機を使用して、洗濯物を乾かそうとすると、どうしても、洗濯物は縮む傾向にあります。でも、ちょっとした予防対策は紹介できます。

完全に乾燥機には頼らない

全部、乾燥を乾燥機に頼ろうとすると、その急激な熱にどの素材のお洋服も負けてしまい、どうしても洗濯物は縮みやすくなります。それを防ぐには、乾燥機に洗濯物の乾燥を全て任せないことです。

乾燥機は使用するにしろ、いつもより短くして、あとは、普通に外で干す、室内で干すなど、乾燥機だけには頼らないで下さい。天気の日に外で干せるのが一番良いとは思います。雨の日や服が乾きにくい日も、洗濯物の乾燥の全部を乾燥機には任せないことです。

少し部屋で干してから乾燥機を使う、もしくはその逆でどうにか洗濯物を完全に乾かすのです。

「徐々に洗濯物を乾かす」これが鍵

洗濯物を乾燥機で乾かすとどうしても、縮みやすくなります。天然素材は特にその傾向があります。どの素材だとあまり縮まないのか、素材も紹介しました。あなたがお洋服を買う時の参考にして下さい。

なるべく乾燥機には頼らないことです。室内も利用して、徐々に洗濯物の乾燥をする様に心がけましょう。