洗濯物は雨の日でも外に干す!ポイントや濡れたときの対処法

洗濯物は雨の日は家の中に干すという人がほとんどかもしれません。
でもなかなか乾かないのが難点です。そんなときに外に干す方法はどうなのでしょうか?

そこで、雨の日でも洗濯物を外に干すことについて、雨の日に外に干すときのポイントや雨に濡れてしまった洗濯物の対処法などお伝えしていきましょう。

雨の日でも洗濯物を外に干す場合は濡れない対策をすれば安心ですね。
雨の強い日は部屋干しで早く乾くように工夫をしましょう。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯物を夜干す!外干しのメリット・デメリットと干し方の工夫

日中忙しくお仕事をしている人は、なかなか洗濯をする時間がとれないこともあります。仕事から帰ってきて、...

洗濯物の生乾きの臭い対策と早く乾かすためのコツ

部屋干しにすると、洗濯物の生乾きの臭いが気になります。洗濯物に生乾きの臭いが付かないようにするには、...

洗濯物に卵が付着・緑の卵はカメムシの可能性!駆除・予防方法

綺麗に洗った洗濯物を外から家の中に取り込んだ時、衣類に緑色の卵が産み付けられているのを発見。...

洗濯物の乾かし方!冬の部屋干しでエアコンの暖房機能を使うコツ

冬はなかなか洗濯物が乾かずに困ってしまうことがあります。エアコンの暖房機能を利用して、うまく洗濯物を...

洗濯物ハンガーを固定する方法!すぐに簡単にできるコツを紹介

洗濯物は外に干したいけどハンガーがずれたり飛ばされたりするのが心配というあなた。洗濯物ハンガーを固定...

物干しハンガーが飛ばないための工夫。強風でも洗濯物は安心

物干しハンガーを飛ばないようにするためには、ハンガーや物干し竿に強風に負けない工夫をしなければなりま...

物干しスペースを室内に増やしたいときに活用できるアイデア

室内に物干しスペースを増やしたいけどいいアイデアが浮かばない!こんなお悩みを抱えている人もいるのでは...

【洗濯物対策】湿度が高い日でも早く乾くためのルール

雨の日やジメジメとした日は、洗濯物がなかなか乾かなく、お困りの方も多いと思います。洗濯物が乾くために...

洗濯物を夜干すのはダメ?夜に行う洗濯の良い点と注意点について

お仕事をされている方だと朝は準備で忙しい時間。洗濯物まで手が回らずに、夜行うという方も多いですよね。...

ニットをハンガーで干す。洗濯後でも伸びない干し方のポイント

ニットはハンガーで洗濯後に普通に干してしまうと、伸びてしまったり、肩の部分にハンガーの後がついてしま...

洗濯物をベランダの手すりに干す方法や設置型物干しをご紹介

洗濯物をベランダで乾かしている光景をよく見かけます。マンションやアパートのベランダには、元々物干しの...

生乾きの臭いを消す方法!もうイヤな臭いを復活させない

部屋干しが多い季節になると、どうしても洗濯物に生乾きの臭いが付きやすくなります。一度、イヤな臭いが付...

洗濯物を早く乾かすには新聞紙が便利!使い方やコツを紹介

洗濯物を早く乾かすには新聞紙が使えるのを知っていますか?実は、新聞紙の原料に洗濯物を早く乾かすた...

部屋干しは扇風機を上手に使って臭い予防!生乾き臭を防ぐコツ

雨の日や、ジメジメとした日には、洗濯物は部屋干しで乾かすという方が多いと思います。そこで困るのが、生...

洗濯物が乾かないのは湿度が原因。部屋干しでも快適に乾かすコツ

ジメジメとした季節には、洗濯物が乾かないという悩みを多く聞きます。湿度が高いと洗濯物が乾かない原因に...

スポンサーリンク

洗濯物を雨の日に外に干すのは間違いではない

洗濯物を雨の日に外に干す。
反って洗濯物が汚れてしまったり、臭い発生の原因になったりと自虐行為では?と思う方もいると思います。

しかし、間違いではありません。

雨の日に洗濯物を外に干すポイントを抑えることによって洗濯物の乾きを早めることができるのです。

実際、雨の日は室内に干す方は多いですが、室内に干しても外の湿度とさほど変わりません。
なので室内に干すことで乾く時間を早めるわけではありません。

濡れている洗濯物を濡れる雨の日に外にわざわざ干すことはない。

ただそれだけの理由ですよね。

これから紹介するポイントを抑えて、雨の日に外に洗濯物を干して乾きを早めてみましょう。

雨の日に洗濯物を外に干すときのポイント

雨の日に洗濯物を外に干す方法を紹介します。

雨の日の干し方

雨が当たらない屋根付きのベランダに干す

これは雨の日に洗濯物を外に干す時の絶対条件です。

風がある日にする

湿度が高いからこそ、風がある日に洗濯物を外に干します。
洗濯物が風にあたることで乾燥しやすくなります。
ただし、強風の日避けましょう。
洗濯物が飛んでいったり、風の影響で雨が洗濯物に当たったりしてしまいます。

大雨

雨が強いと洗濯物を干しているベランダに雨が入ってきてしまいます。

洗濯機の脱水を2回する

少しでも洗濯物から水分をとるように脱水を2回かけましょう。

洗濯物の量は適度に

雨の日は洗濯物がどうしても溜まってしまいすね。
一気に洗濯物を干してしまうと洗濯物と洗濯物の感覚が狭くなり密集状態になります。
少しでも通気性を出すために、適度な量にしましょう。

生地と生地が重ならないように

大きなバスタオルや厚手の衣類は生地と生地が重ならないように工夫をして干しましょう。

雨の日でも洗濯物を外に干す場合は濡れない対策をすれば安心

洗濯物を雨の日に外に干す場合は濡れない対策をする必要があります。
屋根付きのベランダがある家庭は安心ですが、ない家庭もあるでしょう。

雨から守る洗濯物用カバーシートがあります。
雨はもちろん、花粉や排気ガスなどから洗濯物を守ってくれます。

またその他にワンタッチで立てられる日除けテントも便利ですよ。
日除けテントの中はそれほど広くはありませんが、早く乾かしたい洗濯物を厳選して使うと良いでしょう。

洗濯物用カバーシートも日除けテントも通気性に優れているので、洗濯物を干す時に使うと便利なアイテムです。

雨に濡れてしまった洗濯物の対処法

予期せぬ天候の変化や、雨が降ることを忘れてうっかり外に洗濯物を干してしまった など洗濯物は雨に濡れてしまったら、どうしていますか。

ズボラな私は多少の濡れならそのまま室内で干してしまいます。
ですが、洗濯物から臭いが発生してしまいやすくオススメはできません。

一度雨に濡れた洗濯物は、花粉や排気ガスなどが洗濯物の繊維の隙間に絡み臭いの原因になってしまうのです。

「すすぎ→脱水」をしてからまた干すことが適切な方法

最初から洗うまではしなくても良いですが、びしょ濡れ状態や臭いが気になる方は洗うことに越したことはないでしょう。

屋根がついたベランダなら多少の雨でも洗濯物を外に干すことは可能です。
しかし、洗濯物は乾きが遅ければ遅いだけ臭いの原因になります。

可能ならば室内でエアコンや扇風機など家電製品の力を借りて早く乾かせる手段をとったほうがスッキリと洗濯物を乾かすことができますよ。

我が家は洗濯物が多いので天気が悪く乾きが遅いとすぐにコインランドリーに走ってしまいます。
フワフワで良い香りに仕上がるコインランドリーはとても便利です。
乾燥だけであれば30~40分で乾きます。10分につき100円だとしても、300~400円。
小銭とはいえ、通えば通うだけお金がかかるのは否めません。

しかし、働いて忙しいなど手間がかかるのが負担なら最初から雨の日は外に洗濯物を干さないほうが家事もスムーズに進むでしょう。

雨が強い日には洗濯物は部屋干しで乾かしましょう

雨が強い日は言うまでもなく洗濯物は部屋干しで乾かしましょう。

屋根付きベランダや洗濯物用カバーシートなどで対策をしてても、雨が強いと風と共に雨が洗濯物に当たってしまいます。

雨が当たらなければ通気性があるという意味では洗濯物を外に干しても構いません。

ただ雨に当たってしまうなら意味がありませんね。

雨の日の部屋干し

部屋干し用洗剤を使用したり、洗濯物同士が密集しないように、洗濯物の乾きに効果的な家電製品の利用など工夫をして洗濯物を干してください。

洗濯物は天気が悪いとどうしても溜めがちになってしまいますね。
天気が悪い日が続くとどんどん洗濯物が溜まって億劫になってしまいます。

天候に関わらず毎日小まめに洗濯をすることで、雨の日の洗濯物の量も抑えられます。

天気予報をチェックすることも大切

雨の次の日が必ず晴れるという確信があるなら、1日くらい溜めても問題ありませんね。

洗濯物は毎日でます。
小さな子どもがいたりすると洗濯物の量は自然と増えますし、働いていると洗濯する時間も限られます。

だからこそ、効率良く洗濯物を干すには、毎日小まめに洗濯をすること、天気予報をチェックすること、雨対策をして外に干すなど、工夫が必要ですね。

雨に日でも困らない洗濯術を身に着けて毎日の洗濯を頑張っていきましょう。