物干しは室内の窓枠を使った方法なら場所も取らずに簡単便利

物干しに室内の窓枠を使って干す方法なら、場所を取らないので狭い一人暮らしの部屋にもおすすめです。最近では、窓枠に使える物干しなど、便利なアイテムもありますので自分の部屋に合わせた物を活用することで、楽に洗濯物を干すことができるでしょう。

そこで、室内の窓枠を使った物干し方法や、物干しの工夫やアイテム、窓枠を使って洗濯物干しを取り付けるときの注意点や室内で洗濯物を干すときにはやく乾かすコツなどお伝えしていきます。

これで、洗濯の室内干しに困ったときでもすぐに対処できますし、部屋干しでもはやく乾かすこともできるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯物は雨の日でも外に干す!ポイントや濡れたときの対処法

洗濯物は雨の日は家の中に干すという人がほとんどかもしれません。でもなかなか乾かないのが難点です。...

洗濯物ハンガーを固定する方法!すぐに簡単にできるコツを紹介

洗濯物は外に干したいけどハンガーがずれたり飛ばされたりするのが心配というあなた。洗濯物ハンガーを固定...

ベランダに安心して物干しができる雨よけグッズは常備するべき

ベランダの物干し場があるなら、雨よけ対策を考えた方が安心です。雨よけグッズといっても様々なタイプ...

布団乾燥機で洗濯物の乾かし方のコツと早く乾かす干し方を紹介

布団乾燥機を使って洗濯物を乾かすことができたら、洗濯物を早く乾かしたいときに便利ですよね。では、...

洗濯物が乾かないのは湿度が原因。部屋干しでも快適に乾かすコツ

ジメジメとした季節には、洗濯物が乾かないという悩みを多く聞きます。湿度が高いと洗濯物が乾かない原因に...

生乾きの臭いを消す方法!もうイヤな臭いを復活させない

部屋干しが多い季節になると、どうしても洗濯物に生乾きの臭いが付きやすくなります。一度、イヤな臭いが付...

洗濯物の室内干しはカビに注意!快適な室内干しのための対策

洗濯物を室内干しすることによってカビが発生しやすくなるのを知っていますか?でも、仕事などの都合で...

洗濯物の夜干しについて!外に干すと虫の卵?夜干しの注意点

洗濯物は朝に行い、日中日光でカラッと乾燥できると良いのですが、仕事をしていると朝は忙しく、どうしても...

部屋干しをする場所と速乾のアイデア。干す場所と干し方で変わる

外に洗濯物を干すのが嫌という方もいらっしゃるでしょう。また仕事などの時間的な関係で、洗濯物は部屋...

部屋干しは扇風機を上手に使って臭い予防!生乾き臭を防ぐコツ

雨の日や、ジメジメとした日には、洗濯物は部屋干しで乾かすという方が多いと思います。そこで困るのが、生...

洗濯物を早く乾かすには新聞紙が便利!使い方やコツを紹介

洗濯物を早く乾かすには新聞紙が使えるのを知っていますか?実は、新聞紙の原料に洗濯物を早く乾かすた...

洗濯物の部屋干しはエアコンが便利!早く乾かすアイデアと裏技

雨の多いシーズンは、洗濯物を部屋干しで干すことが多くなります。なかなか乾かない洗濯物で家の中もジメジ...

物干しハンガーが飛ばないための工夫。強風でも洗濯物は安心

物干しハンガーを飛ばないようにするためには、ハンガーや物干し竿に強風に負けない工夫をしなければなりま...

物干しスペースを室内に増やしたいときに活用できるアイデア

室内に物干しスペースを増やしたいけどいいアイデアが浮かばない!こんなお悩みを抱えている人もいるのでは...

洗濯物をベランダの手すりに干す方法や設置型物干しをご紹介

洗濯物をベランダで乾かしている光景をよく見かけます。マンションやアパートのベランダには、元々物干しの...

スポンサーリンク

狭い室内で物干しするなら窓枠付近を活用する

洗濯物を干すスペースに困っている場合は、窓枠付近で干しましょう。窓際なら部屋の隅に寄せて洗濯物をまとめて干す形になりますので、部屋のスペースを広く使うことが出来ます。
窓際であれば、洗濯物を邪魔に感じることもありません。

また、日差しや窓から入った風で洗濯物が早く乾くというメリットもあります。風通しの良さなら窓際が一番です。
外干しがしたいけれど干す場所がないという人にも窓際がオススメです。

室内の窓枠を使った物干し方法なら狭い部屋でも場所を取らない

窓際に洗濯物を干す場合は、突っ張り棒を取り付ると便利です。
窓際に突っ張り棒をちょうど良い高さに取り付けておくと、洗濯物を干したり取り込むときもラクになります。

物干し用の突っ張り棒は洗濯物の重さを考えて選ぶようにしましょう

細い突っ張り棒にたくさんの洗濯物を干してしまうと突っ張り棒が落ちてしまいますので、バランスを考えて選んでください。

窓際に取り付ける専用の物干しも販売されています。窓枠に沿って取り付け、両端には物干し竿を取り付けるためのバーがついています。そのバーを手前に倒して物干し竿を取り付けて洗濯物を干すことができます。
使わないときは物干し竿を取り外して、手前に出したバーを戻しておいて片付けることができます。使っていいない時は物干しの枠はカーテンで隠れてしまいますので、見た目も気になりませんし、もちろん邪魔にもなりません、

室内の窓枠を使って洗濯物干しを取り付けるときの注意点

カーテンレールに洗濯物を干しているという人もいるかと思いますが、カーテンレールだと高すぎて干すのが大変だったりもします。
また、洗濯物の重みでカーテンレールが曲がってしまったり外れてしまう可能性もあります。ハンガーによる傷も気になり、カーテンレールを劣化させてしまいますので、オススメできません。

洗濯ロープは好きな場所に取り付けることができて便利なようですが、あまりたくさんの洗濯物を干してしまうと、洗濯物の重みで壁に取り付けた部分が外れてしまう場合があります。フックなどの穴が広がり壁を大きく傷つけてしまいかねません。

また洗濯ロープを家具やカーテンレールに取り付けている場合も同じです。洗濯物の重みで家具を傷つけたり倒してしまったり、カーテンレールなら曲げてしまう場合もあります。
洗濯ロープは取り付ける場所を選び、あまりたくさん干さないように気をつけてください。

室内で洗濯物を干すときにはやく乾かすコツとは

洗濯物を部屋の中に干している場合は、できるだけ早く乾かすことが重要です。洗濯物を干している間は場所も使いますし、部屋の中の湿度も高くなってしまいます。

室内で干すポイント

風通しをよくすること

洗濯物を干したら、窓を2ヶ所開けて風の通りを作るようにします。風通しを良くすることで洗濯物を早く乾わかすことができますし、室内の換気にもなります。
部屋の中の湿度が高くなってしまうことも防ぐことができます。
窓を開けられないような時は扇風機を使って風の流れを作るのも良い方法です。

洗濯機の乾燥機能を使うこと

洗濯機に乾燥機能がついている場合は、それを利用するのも良いです。完全に乾燥させなくても、半分だけ乾燥させるだけでも違います。干している時間を短縮することができます。

除湿機を使うこと

除湿機を使うと洗濯物を早く乾かすことができます。特に梅雨の時期など、室内の湿度が高くなってしまう時期にはオススメです。
除湿機を使う場合は、洗面所などの狭い場所で使うとより効果的です。

干す時に工夫すること

デニムなどのような厚手の生地で乾きにくい衣類は、ウエストや裾の部分を広げて中にまで風が通るようにして干します。ウエストの部分を広げて洗濯ばさみでとめたり、専用のハンガーも販売されていますので用意しておくと便利です。

洗濯物の室内干しのコツを掴めば一人暮らしでも最適

洗濯物を室内干しにすると部屋のスペースが必要になったり、生乾きの嫌な臭いがしてきたりと気になる面もありますが、メリットもたくさんあります。

室内は外の天候に影響されずに干すことができるのが一番のメリット

干す時に晴れていても急な雨で洗濯物が濡れてしまったり、急いで室内へ取り込むということも必要ありません。
その日の天気を考えて洗濯の量を調整するという煩わしさもないのも良いですよね。
外干しは時期によっては花粉が洗濯物に付着してしまうことも心配になります。交通量の多い場所なら土埃や大気汚染なども気になりますが、室内干しだと洗濯物が汚れてしまう心配もありません。

女性の一人暮らしだと防犯の意味でも室内干しはオススメ

ベランダなどの外に干した場合、洗濯物を見ただけで住んでいる人がわかってしまいます。女性の一人暮らしだと周りから気づかれないためにも、洗濯物が外から目に入るような干すのは避けた方が良いでしょう。

室内干しをした時に洗濯物の臭いが気になるという場合

洗剤や柔軟剤を上手に利用してみてください。室内干し用の洗剤は嫌な臭いを抑えてくれる働きがあります。また自分の好みの香りがする柔軟剤を使うというのも良い方法です。

上手に室内干しをするコツは早く乾かすことです。洗濯物を干すとどうしても室内の湿度が高くなってしまい、カビなどの原因にもなってしまいます。できるだけ早く乾かす工夫をして、換気も忘れないようにしましょう。