洗濯物干しの室内アイデアを紹介!快適な室内干しのポイント

天気が悪い日などは洗濯物干しを室内でしなければなりませんね。
そんなとき、室内干しを快適にするアイデアにはどんな方法があるのでしょうか?

そこで、洗濯物干しの室内アイデアについて、おすすめな室内干しグッズや注意点、快適な室内干しのポイントなどお伝えしていきましょう。

室内干し用のグッズを上手に活用すれば、室内干しの悩みも解消されます。
ぜひあなたの生活に合わせた室内干しをはじめてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯物の生乾きの臭い対策と早く乾かすためのコツ

部屋干しにすると、洗濯物の生乾きの臭いが気になります。洗濯物に生乾きの臭いが付かないようにするには、...

洗濯物を乾かすには湿度?それとも温度?乾かすコツについて

洗濯物がなかなか乾かないのは湿度が高いから?温度が低いから?速く乾かすにはどんなコツやポイントがある...

洗濯物を乾燥機で乾燥させると縮む原因と対処法・元に戻す方法

洗濯物を乾燥機で乾燥させた時、衣類が縮む経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。衣類が縮ん...

洗濯物の夜干しは乾くのに時間が掛かる!部屋干しのコツ

朝は慌ただしく、洗濯はいつも夜にしているというご家庭も多いと思います。今は主婦も仕事をしている方が多...

洗濯物の乾かし方!冬の部屋干しでエアコンの暖房機能を使うコツ

冬はなかなか洗濯物が乾かずに困ってしまうことがあります。エアコンの暖房機能を利用して、うまく洗濯物を...

洗濯ネットのまま乾燥機に入れても大丈夫?その答えは「NO」

お気に入りの洋服や下着などを洗濯ネットに入れて洗濯する人も多いでしょう。しかし、そこで疑問となるのが...

洗濯の時間で干すのが外にベストな時間帯やはやく乾かすコツ

洗濯の時間について干すのが外にしたいなら干す時間帯に悩みますね。仕事に行く前に天気が良いからと洗...

縦型洗濯機で乾燥すると臭い?その原因と対処方法について

縦型洗濯機の乾燥を使用すると、今までにはなかった嫌な臭いがする場合があります。洗濯だけを行う...

洗濯物に付く虫の正体、茶色いカメムシから洗濯物を守る方法

洗濯物を外で干していると、気になるのが虫です。特に都心よりも郊外の自然が豊かな場所だと虫も付きやすい...

布団乾燥機で洗濯物の乾かし方のコツと早く乾かす干し方を紹介

布団乾燥機を使って洗濯物を乾かすことができたら、洗濯物を早く乾かしたいときに便利ですよね。では、...

洗濯物を雨の日でも早く乾かす方法について知りたい

洗濯物を外に干そうと思っても、雨の日は部屋干しするしかありませんよね。しかし、室内干しは外干しと...

洗濯物を夜干すのはダメ?夜に行う洗濯の良い点と注意点について

お仕事をされている方だと朝は準備で忙しい時間。洗濯物まで手が回らずに、夜行うという方も多いですよね。...

洗濯物の干し忘れは何時間までなら大丈夫?◯時間以上は洗い直し

洗濯物を干し忘れたときは何時間までならそのまま干してもいいのでしょうか?洗い直しをする基準と...

洗濯物の外干し時間のおすすめや早く乾かすコツと注意点を紹介

洗濯物の外干しにはどのくらいの時間がかかるのか気になりませんか?できるだけ洗濯物はお日様に当てて...

重曹洗濯で臭い取りができる!方法や気をつけたい注意点を紹介

重曹を入れて洗濯すると、気になる洗濯物の臭い取りができます。重曹の消臭効果は掃除以外にも洗濯にも...

スポンサーリンク

室内でもたくさん干せる!洗濯物干しアイデアを紹介

雨の日、家をあける時間が多い時、外に干す場所がない場合、交通量の多い道路に面して排気ガスが気になる場合など、室内に洗濯物干しをしなければいけない状況はいくつかありますよね。

皆さん室内でどう洗濯物干しをしていますか。
干すスペースがないとなげいていませんか?

室内で洗濯物干しをする場合、快適に洗濯物干しができるアイデアはたくさんあります。

  • 突っ張り棒
  • ホスクリーン
  • ブルックリンランドリール
  • タオルラック
  • ピッド4M

リビングや脱衣所、寝室などの使ってない上の部分を利用してロープや突っ張り棒で洗濯物の場所を作る方が多いです。

スタンドタイプも便利ですが、場所をとるのと、室内干しをしない時の収納どこに困るという声を多く耳にします。
家の広さや収納場所に限りがないなら、便利ですね。

これらのアイデアを参考に快適に洗濯物干しをしていきましょう。

狭い室内の洗濯物干しには折りたたみ式のアイデアがおすすめ

室内や収納場所が狭いけど、ちょっとした洗濯物を干す場所が欲しいという方は、コンパクトになる折りたたみ式洗濯物干しスタンドを利用しましょう。

子供が汚してした衣類やタオル、毎日使うお父さんのワイシャツなど、洗濯物は溜まっていないけど洗って干したい時ありますよね。
そんな時に折りたたみ式スタンドはとても便利です。

もちろん大きいサイズもあります。
使用する頻度や状況に合わせてサイズを選ぶことができますよ。

突っ張り棒やロープで洗濯物干しを設置していても、早急に乾かしたい時などにスタンド式は便利です。

陽が当たり、通気性をより感じる窓の近くなどに移動することができます。
移動することができる、それがスタンド式に一番のメリットかもしれません。

洗濯物干しのアイデアグッズを室内に使うときの注意点

洗濯物干しにアイデアグッズを使う時に注意点があります。

外干しで利用する物干し竿に比べ、室内の洗濯物干しスペースはそこまで広くはありませんね。

突っ張り棒やロープ、スタンド式などでも工夫をすれば洗濯物をたくさん干すことも可能です。

しかし、それらのアイデアグッズの外干しの物干し竿に比べ強度があまりありません。
耐荷重を超えてしまうと、破損や崩れてしまう恐れがあります。

アイデアグッズの耐荷重を確認してから洗濯物を干しましょう

洗濯物の数が多い場合は突っ張り棒やロープを2つ使用したり、強度のあるものを選ぶ、もしくはスタンド式物干しを追加で利用したりなど、組み合わせて使うと干すスペースを確保することができます。

また、カーテンレールはハンガーを引っ掛けるのにとても便利な場所です。
洗濯物をかけられるだけかけてしまうと、カーテンレールの強度が弱くなったり、カーテンレールごと取れてしまうことがあります。

洗濯物を干す場所の耐荷重を必ずチェックして、洗濯物干しを室内で快適にしていきましょう。

洗濯物を室内に干すときにベストな場所とは

脱衣所

狭い空間で脱衣所換気扇や除湿機などの電子機器類のパワーをかりながら洗濯物を干すと乾きが早いです。
急な来客が来ても、干してある洗濯物が見えないので安心できますね。

ただし、狭い空間に洗濯物と洗濯物の間にほとんど間隔がない場合は、乾きにくくなってしまいますので注意しましょう。

キッチンから遠い部屋

室内干しは洗濯物に排気ガスや花粉がつかないこと、急な天候の変化を気にしなくても良いなどメリットがあります。

しかし、室内干しは料理の臭いや空気と混ざり蒸発した油汚れなどが洗濯物についてしまうということがデメリットです。
これらを避けるべく、キッチンから離れた場所や調理する際は戸を閉めれる部屋などに干すと良いでしょう。

陽が当たり、風通しが良い場所

洗濯物を乾かすためにはとても条件の良い場所です。

洗濯物の室内干しで気をつけたいポイント

室内干し洗剤を使用する

室内干し洗剤は室内干しをするための洗剤で、室内干し特有の臭いなどに効果的です。

洗濯物の感覚をあける

洗濯物と洗濯物がくっつかないよう感覚を開け、通気性を良くしましょう。
そうすることで洗濯物が乾きやすくなります。

電子機器類を使用する

天気が良く湿度が低い日はあまり関係ありませんが、梅雨時期など湿度が高い日はどうしても洗濯物が乾ききりません。
エアコン、扇風機、換気扇、除湿機など電子機器類を活用しながら快適に洗濯物を干していきましょう。

室内干しは外干しに比べ洗濯物の乾きがどうしても遅いです。

そのため、洗濯物の臭いや肌さわりに影響がでてしまいます。
それらを防ぐためにポイントに注意しながら快適に室内干しできるよう心がけてくださいね。