洗濯物の部屋干しはエアコンが便利!早く乾かすアイデアと裏技

雨の多いシーズンは、洗濯物を部屋干しで干すことが多くなります。なかなか乾かない洗濯物で家の中もジメジメして、その状況をストレスに感じることもあります。

そんなときは、エアコンを上手に使って部屋干しをすると良いです。エアコンの便利な機能を使うことで、なかなか乾かない洗濯物を乾かしましょう。

エアコンを効率よく使う方法や、洗濯物を早く乾かすアイデア・裏技についてもご紹介しますので、是非チェックしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯物を外干ししたい!冬でも洗濯物を外干しするコツをご紹介

洗濯物を外干ししないと、乾いた気がしない…冬は特に、そう感じる。洗濯物が楽しくない。...

洗濯物をベランダに干すと虫が付いて困る時の防虫対策!

ベランダに洗濯物を干すと、洗濯物に虫が付いて困るという方はいませんか?周りに自然が多い場所だと虫も多...

洗濯物を放置してしまったときは乾燥機?洗濯物のリセット方法

洗濯物を放置したときは、臭いを気にしてそのまま乾燥機を使ってはいませんか?確かに、乾燥器にか...

洗濯物を雨の日でも早く乾かす方法について知りたい

洗濯物を外に干そうと思っても、雨の日は部屋干しするしかありませんよね。しかし、室内干しは外干しと...

浴室の物干し【賃貸でも可能】スペースに困ったら使える方法

浴室を物干しに使うなら賃貸でもできます。物干しスペースが狭くて、洗濯物を困ったときは浴室に干しましょ...

洗濯物の部屋干しや干しすぎで臭いが気になる!臭いの原因と対策

洗濯物を部屋干しするときや干しすぎてしまった時、乾いた洗濯物の臭いが気になることがあります。せっかく...

洗濯物を早く乾かすには新聞紙が便利!使い方やコツを紹介

洗濯物を早く乾かすには新聞紙が使えるのを知っていますか?実は、新聞紙の原料に洗濯物を早く乾かすた...

洗濯物を乾かす時間を短くしたい!乾く時間を短縮する方法

洗濯物の乾くまでの時間がいつもより長いような…?どんなことが原因で洗濯物の乾くまでの時間に違いが出て...

洗濯物の干しっぱなしOK?夜に外干しするメリット・デメリット

お仕事をしていて昼間に洗濯をする時間がない人のなかには、夜に洗濯をして洗濯物を外に干しっぱなしにでき...

ニットにハンガーの跡がついても自分で直して工夫もできる

ニットにハンガーの跡がついてしまった経験はありませんか?着てみると肩の部分だけポッコリしていると...

洗濯物の放置は臭い発生の原因に!洗濯物の臭いを取る方法

汚れた洗濯物を放置していると、嫌な臭いが発生してしまうことがあります。この臭いは洗濯物に染み付き、な...

洗濯物の放置を1日したら洗い直し!すぐに干せないときの対処法

洗濯物を洗ったまま干すのを忘れて放置してしまったことはありませんか?時間によってはまだ間に合う場...

洗濯物は扇風機で冬の部屋干しストレスも解消!使い方のコツ

冬は洗濯物がなかなか乾きにくいので洗濯をするのが嫌になりますよね。そんなときに夏に活躍していた扇...

洗濯物に卵が付着・緑の卵はカメムシの可能性!駆除・予防方法

綺麗に洗った洗濯物を外から家の中に取り込んだ時、衣類に緑色の卵が産み付けられているのを発見。...

洗濯物の夜干しは乾くのに時間が掛かる!部屋干しのコツ

朝は慌ただしく、洗濯はいつも夜にしているというご家庭も多いと思います。今は主婦も仕事をしている方が多...

スポンサーリンク

洗濯物の部屋干しはエアコンを活用!エアコンの機能を知って上手に部屋干し

人が快適だと感じる部屋の湿度は50%~60%だと言われています。

梅雨の時期で雨が続いてしまうと、部屋の湿度は70%を越えて80%近くまで上がってしまう場合があります。

雨が降っている場合は、80%近い湿度の中で洗濯物を室内干ししなければなりません。

湿度80%の中、洗濯物がカラッと乾くわけがありません。

そんな時に役に立つのがエアコンです。

エアコン除湿機能がついているので部屋の湿度を下げる事もできる

エアコンに付いている除湿機能には「再熱除湿」と「弱冷房除湿」の2つがあります。

字を見れば大体わかりますが、再熱除湿は暖かい空気での除湿、弱冷房除湿は冷たい空気での除湿という事なります。

洗濯物をより早く乾かしたければ、暖かい空気で除湿する再熱除湿がおすすめです。

ただし、再熱除湿は電気代が高くなってしまうので、使いすぎには注意が必要です。

エアコンと扇風機・サーキュレーターで洗濯物の部屋干しの効率をアップ

部屋干しの洗濯物が乾かない理由の一つに、風が全くないという事があります。

洗濯物が乾くためには、適度な風が必要になります。

家の中では洗濯物が乾くほどの自然な風は発生しない

雨が降っている場合は、窓を開けるわけにもいかず、風が入ってこないのです。

そんな時は、扇風機やサーキュレーターを使って人工的に風を送り込みましょう。

エアコンを使って湿度を下げた状態で扇風機やサーキュレーターで風を送れば、洗濯物を早く乾かす事ができます。

洗濯物の周りの湿った空気を循環させてあげれば、乾きやすくなりますよ。

エアコンを部屋干しに活用して洗濯物を早く乾かす方法

洗濯物を部屋干しする時に、干し方を工夫すればより早く洗濯物を乾かす事ができます。

洗濯物を干すときは、間隔をしっかりあける事が大切

洗濯物と洗濯物の間には、最低でも10センチ~15センチの隙間を持たせましょう。

タオルやバスタオルなどを干すときは、どちらか片方が長くなるようにずらして、重なりがなくなるように干すと乾きが早くなります。

厚手の服を干すときは、厚手・厚手・厚手と連続で並べるのではなく、厚手の服を干したら、隣は薄手の服を干すようにしましょう。
長いものと短いものを交互に干す事もポイントです。

長袖やフードつきの洋服は、上下逆さまに干すのがおすすめ

特にフードつきの洋服は、他の服と同じように干してしまうと、フードが背中に張り付いて、その部分だけ乾きが遅くなってしまいます。
上下逆さまにすれば、風通しが良くなり早く乾かす事ができます。

ハンガーは針金ハンガーのように細いものではなく、太めのものがおすすめです。
太いハンガーだと、洋服の前と後ろの生地に隙間ができるので、風通しが良くなります。

洗濯物を部屋干ししたときのお悩みもエアコンで解決!臭い・ダニ・カビ問題

洗濯物の部屋干しの悩みと言えば、生乾きの臭いです。

洗濯物が臭う原因は主に雑菌が繁殖してしまう事

雑菌は湿気が大好きなので、濡れた状態の洗濯物は雑菌にとって過ごしやすい場所となってしまいます。

雑菌の繁殖を防ぐためには、何と言っても洗濯物を早く乾かすしかありません。

エアコンを使って短時間で洗濯物を乾かす事ができれば、気になる臭いも軽減されますよ。

家の中に潜むダニやカビの予防にもエアコンが効果的

洗濯物を干すと、室内に大量の水分が放出されます。

湿気が大好きなダニやカビは、ここぞとばかりに繁殖しようとします。

しかしエアコンを使うことで問題解決です!

エアコンのドライ機能を使って、部屋の除湿を行えば湿度の上昇を抑える事ができるので、ダニやカビが繁殖しにくい環境を作る事ができます。

エアコンを使えば、部屋干しでも気持ちよく洗濯物を干す事ができますよ。

洗濯物を部屋干しするときの裏技!エアコンプラスいろんなアイデアで快適な部屋干し

部屋干しの洗濯物を早く乾かすためには、洗濯物の水分を少なくする事が重要です。

水分が少なければ、乾く時間が短くて済むのは言うまでもありません。

洗濯物の水分を少しでも減らすためには、脱水が大切

脱水の時間をいつもより長くしてみてはいかがでしょうか?

一度洗濯が終わってから、2回目の脱水をするのもおすすめです。

脱水をかけすぎると洗濯物のシワが気になりますが、しっかりパンパンと伸ばしてから干せば問題ありません。

シワがどうしても許せない場合は、アイロンを使いましょう。

アイロンは乾いた洗濯物にかけるのではなく、干す前の洗濯物にかけると早く乾かす効果もあるのでおすすめです。

アイロンの熱によって、洋服についている雑菌を取り除く事もできるので、生乾きの嫌な臭いを防ぐ効果も期待できます。