洗濯物の分け方は一人暮らしでも大事!失敗しない洗濯のコツ

洗濯物の分け方は一人暮らしの洗濯でも大切な準備のひとつです。
洗濯機が洗ってくれるからとついまとめてなんでも洗ってしまうと、後悔してしまうこともあります。

そこで、洗濯で失敗しないためにも知っておきたい洗濯物の分け方についてお伝えしていきましょう。

洗濯物の分別以外で洗濯をするときに注意したいことについてもご紹介していますので、ぜひそちらも参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯物への虫の付着を防ぐ虫除けネット!手作りする方法をご紹介

天気の良い日は洗濯物を外に出して、カラッと乾かしたい!梅雨の季節になると、さらにそう強く思いませんか...

ニットにハンガーの跡がついても自分で直して工夫もできる

ニットにハンガーの跡がついてしまった経験はありませんか?着てみると肩の部分だけポッコリしていると...

部屋干しはエアコン除湿で早く乾く!使い方のコツや温度を紹介

雨が続く梅雨の時期などは洗濯物がなかなか乾かないので困りますね。そんなときに部屋干しをした洗濯物...

洗濯物をベランダに干すと虫が付いて困る時の防虫対策!

ベランダに洗濯物を干すと、洗濯物に虫が付いて困るという方はいませんか?周りに自然が多い場所だと虫も多...

洗濯物に卵が付着・緑の卵はカメムシの可能性!駆除・予防方法

綺麗に洗った洗濯物を外から家の中に取り込んだ時、衣類に緑色の卵が産み付けられているのを発見。...

洗濯物の室内干し【冬編】エアコンを便利に使って乾かす方法

冬は洗濯物を外に干せないことも多く、室内干しで対処をすることがあります。ですが、気温が低い冬は洗濯物...

洗濯物はドライヤーと袋で乾燥機いらず!正しい使い方と注意点

洗濯物は家にあるドライヤーと衣類が入る大きさの袋を使えば、早く乾かすことができるのを知っていますか?...

洗濯ネットのまま乾燥機に入れても大丈夫?その答えは「NO」

お気に入りの洋服や下着などを洗濯ネットに入れて洗濯する人も多いでしょう。しかし、そこで疑問となるのが...

【洗濯物対策】湿度が高い日でも早く乾くためのルール

雨の日やジメジメとした日は、洗濯物がなかなか乾かなく、お困りの方も多いと思います。洗濯物が乾くために...

洗濯物を早く乾かすコツ!ドライヤーと使う方法とアイデアを紹介

なかなか乾かない洗濯物を早く乾かす方法はないか、今すぐに洗濯物を乾燥させたいというときは、ドライヤー...

洗濯物を干しっぱなしで1週間放っておくのは止めましょう

洗濯物を干しっぱなしのまま外に1週間放っておくのはとても危険です。旅行や出張に行くときには必ず部屋の...

洗濯物が乾かない冬こそ部屋干し。除湿機で早く乾かすコツ

冬になると、洗濯物が乾かないとお困りの方は多いと思います。夏ならば、外干しをしておくと夕方には乾いて...

洗濯物の夜干しは乾くのに時間が掛かる!部屋干しのコツ

朝は慌ただしく、洗濯はいつも夜にしているというご家庭も多いと思います。今は主婦も仕事をしている方が多...

生乾きの臭いが取れない…。臭いを取る方法や、予防方法について

生乾きの洗濯物は、臭いが発生しやすいものです。乾いた時に、臭いが取れていれば問題ないのですが、そ...

洗濯物の重さはどのくらい?物干しと洗濯物について

梅雨時期になって洗濯物が乾きにくくなったり、子供が大きくなって洗濯の量が多くなったりすると、物干しが...

スポンサーリンク

一人暮らしも知っておきたい洗濯物の分け方の基本

一人暮らしをしたての頃なんて、洗濯物でよく失敗しますよね。これで大丈夫だと思っていたら、意外と自分がこれで正しいと思っていたやり方が間違っていたりして、失敗することもあります。

洗濯物は分ける必要あり

この洗濯物の分け方、一人暮らしをしてから学んでも遅くはありませんよ。

自分で洗濯できるのもとできないものに分ける

なにげに洗濯物も自分で洗濯できるものと、クリーニングのようにプロに任せた方がいい洗濯物があります。まず、その見分けができるようになりましょう。

クリーニングに出すもの

スーツやジャケットは自分では洗えません。この手のものは自分で自宅で洗わずに、クリーニングに出して下さい。

また、麻や綿は縮みやすいので、あまり自宅で洗濯するには適しません。この素材のものもクリーニングに出して下さい。自分で洗濯をするにもコツがいる素材になります。最初はクリーニングに頼った方がいいでしょう。

一人暮らしの洗濯物の分け方は洗濯表示を確認すること

洗濯物を自分で洗う時も、色落ちしやすいものは一緒にしないで、別にして洗う、デリケートなものは洗濯ネットに入れて洗うなど、洗う時に区別しなくてはいけません。

分け方の判断ポイント

濃い色のジーンズ系

注意が必要です。ジーンズは割と色が落ちやすく、他の洗濯物にその色が落ちやすい素材です。ジーンズは他の洗濯物とは一緒にしないで、別々にして洗った方が無難です。

デリケートな物、毛玉ができやすい素材

洗濯ネットに入れます。普通に洗ったら形がすぐに崩れてしまいそうな洗濯物は、洗濯ネットに入れて洗います。

洗濯表示を確認すること

手洗いの表示が書かれていたり、乾燥機の使用は控えて欲しいなどの表示がされています。その表示に従って、洗濯をして下さい。

表示によっては、家で洗濯ができない場合もあります。その表示が出ている場合は、自宅で洗濯はせずに、クリーニングに出しましょう。

洗濯物の分け方は一人暮らしでもしっかり準備をしましょう

実家やルームメイト、誰かと一緒に暮らしていて、洗濯物を洗ってくれる方がいたら、もっと洗濯に対する気持ちも楽です。

一人暮らしはその点、誰にも頼れません。自分の洗濯物をよくチェックして、適切な方法で洗濯をしなければなりません。

濃い色の洗濯物は、他の洗濯物にその色が移らないかどうかチェックする

濃い色の洗濯物は、とにかく他の洗濯物にその色が移りがちになります。洗濯をする前に、濃い色の洗濯物は別にして洗濯をして下さい。

シミは、洗濯をする前にシミ抜きをする

目立つシミがある場合は、その部分にシミ抜きをしてから洗濯をします。洗濯をする前に洗濯物の中にシミがあるのかどうかもチェックしましょう。

繊細な素材は洗濯ネットへ

繊細な素材を他の洗濯物と一緒に洗うと、それだけで毛玉ができやすくなったり、伸びたりします。繊細な素材を見つけたら、洗濯をする前に洗濯ネットに入れてから洗濯をして下さい。

洗濯物の分別以外で洗濯をするときに注意したいこと

一人暮らしで洗濯に失敗したくないのなら、まず初めにすべきことは、洗濯物を正しく分別することです。でも、それだけではまだ不十分です。他にも注意点はいくつかあります。

洗濯物はすぐに干す

洗濯物の衛生面も考えて、洗濯が終了したら、すぐに洗濯機から取り出す。

洗濯物はそのままにしておくと、菌が発生して、きつい臭いを発します。そうすると、学生さんであれば、同級生から、職場であれば、同僚の方や上司から、「ちょっと服が臭い」と嫌がられます。

洗剤も改良されて、菌も発生しくくなっています。ですが、基本、洗濯は終了次第、洗濯機から取り出して、すぐに乾燥させて下さい。

洗濯物のシミ抜きは必ず行う

汚れがきついものは、その汚れが他の洗濯物に移ることがあります。
一緒にそのまま洗うと他の洗濯物が迷惑を被ります。それを避けるためにも、シミ抜きは必ず行って下さい。

洗剤の量を適量にする

あまり多く入れると、水漏れが心配されます。洗濯槽の7割くらいが理想の量です。洗濯物の量にも気をつけて洗濯して下さい。

キレイに洗濯した後はできるだけすぐに干しましょう

一人暮らしをしていても、洗濯物を適切に分けて洗濯もできた。洗濯ネットも利用して正しく洗濯ができた。一人暮らしをしている方でここで陥りがちなのは、洗濯物をすぐには干せないという点だと思います。

忙しい毎日を過ごしているので、ついつい忘れてしまいがちにはなると思います。ですが、洗濯物を洗濯槽の中に入れたままにしてはいけません。そうすると、洗濯物を放置したことが原因で、洗濯物から、臭いがします。洗濯物が完全に乾いていないから、洗濯物から嫌な匂いがします。

解決方法は、即座に干すこと。

一人暮らしで干すのも面倒な方は、いっそのこと、コインランドリーで洗って、そのあとは乾燥機にかけて、水気を飛ばしましょう。

一人暮らしをしている方で完璧に洗濯物を乾かすというのも状況によっては難しいかもしれません。乾かす場所が見つからない方もいると思います。そんな方は、コインランドリーを使用して、乾燥機で乾燥させるのが賢明だと思います。いずれにしろ、時間が経ったら、きちんと洗濯物を取って下さい。

一人暮らしを始めたばかりの方は、洗濯物の分け方もあまりよく知らないと思います。社会人の方はスーツやジャケットをよく使用しますよね。それらは自宅で洗濯をせずに、クリーニングに出して下さい。また、お洋服に洗濯表示が書かれていますので、その表示に合わせて洗濯をして下さい。手洗い専用のもの、クリーニングに出さなくてはいけないものがありますので、注意して下さい。