【洗濯物の干し方】ハンガーを使っても肩に跡を残さないために

洗濯物をハンガーにかけると肩に跡が残ってしまうことがありますが、これは正しい干し方をしていないことが原因です。

中でもニット類はその重みによって肩に跡がつきやすいので、注意しなければいけません。

今回は肩に跡を残さないためのハンガーを使った正しい洗濯物の干し方について説明します。

また、肩に跡がついてしまったニットなどの直し方や洗濯物のハンガーの選び方もご紹介しますので、参考にして下さい。

お気に入りのニットは、正しい干し方で長持ちさせるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯物の卵の正体・茶色の卵はカメムシかも!駆除方法と予防方法

洗濯物に茶色の卵が産み付けられていたとき、その卵の正体が気になるものです。茶色の卵の正体は「カメムシ...

洗濯物の外干し時間のおすすめや早く乾かすコツと注意点を紹介

洗濯物の外干しにはどのくらいの時間がかかるのか気になりませんか?できるだけ洗濯物はお日様に当てて...

洗濯物が乾かない冬こそ部屋干し。除湿機で早く乾かすコツ

冬になると、洗濯物が乾かないとお困りの方は多いと思います。夏ならば、外干しをしておくと夕方には乾いて...

洗濯物を夜干すのはダメ?夜に行う洗濯の良い点と注意点について

お仕事をされている方だと朝は準備で忙しい時間。洗濯物まで手が回らずに、夜行うという方も多いですよね。...

洗濯物が乾くエアコンの設定温度は?除湿機能を使った部屋干し

梅雨の時期になると、部屋の中の湿度が高くなり洗濯物が乾きにくくなります。乾きにくくなると、嫌な生乾き...

物干しからハンガーがずれない裏技やオススメグッズで対策を

物干しからハンガーがずれないようにするには、ハンガーを固定したりするなど対策が必要です。せっかく晴れ...

洗濯の時間で干すのが外にベストな時間帯やはやく乾かすコツ

洗濯の時間について干すのが外にしたいなら干す時間帯に悩みますね。仕事に行く前に天気が良いからと洗...

洗濯物が乾かないときはドライヤー?洗濯物の乾かし方について

乾かない洗濯物にイライラしてしまうこと、ありますよね。そんなときにはドライヤーを使うと乾かない洗濯物...

洗濯物の放置を1日したら洗い直し!すぐに干せないときの対処法

洗濯物を洗ったまま干すのを忘れて放置してしまったことはありませんか?時間によってはまだ間に合う場...

洗濯物への虫の付着を防ぐ虫除けネット!手作りする方法をご紹介

天気の良い日は洗濯物を外に出して、カラッと乾かしたい!梅雨の季節になると、さらにそう強く思いませんか...

洗濯物のアンモニア臭の原因と取り除くためにできることを紹介

洗濯をしたのに洗濯物からアンモニア臭がするのはどうしてなんか、原因が気になりませんか?その原因を...

生乾きの臭いを消す方法!もうイヤな臭いを復活させない

部屋干しが多い季節になると、どうしても洗濯物に生乾きの臭いが付きやすくなります。一度、イヤな臭いが付...

洗濯物の分け方は一人暮らしでも大事!失敗しない洗濯のコツ

洗濯物の分け方は一人暮らしの洗濯でも大切な準備のひとつです。洗濯機が洗ってくれるからとついまとめ...

洗濯物は干し方が重要。バスタオルの干し方のコツや工夫をご紹介

洗濯物の干し方で悩むのが、大きなバスタオル。最近はバスタオルの洗濯が面倒なことから、バスタオルを...

洗濯ネットのまま乾燥機に入れても大丈夫?その答えは「NO」

お気に入りの洋服や下着などを洗濯ネットに入れて洗濯する人も多いでしょう。しかし、そこで疑問となるのが...

スポンサーリンク

ニット類などの洗濯物の肩に跡をつけないようにするためのハンガーを使った正しい干し方

ニットに付いたハンガー跡はなかなか戻らない。

ハンガーは、洗濯した衣類を干すときに使う定番のアイテムですよね。

正しく使うことで、洗濯シワも出にくく、衣類の形を崩すこともなく干すことが出来ます。

ただ、ハンガーと衣類との組み合わせにより、跡が残ってしまうこともあります。

細い針金のハンガーは跡残りしやすい

中でも跡が残りがちな衣類として「ニット」があります。

ニットは、他の衣類よりも毛糸で編み込まれているので、ただでさえ重量がある上に、洗濯をすることによって毛糸が水分を吸収してさらに重くなってしまいます。

そんな重たいニットの洗濯物を針金ハンガーで干すと、細い針金部分にニットの重力がかかり、長時間負荷がかかることで、肩の部分がハンガーの跡となって残ってしまうのです。

跡が付いてしまったニットは、跡がない状態に戻すのは難しいため、ハンガーの跡をつけないためには、ニットに合ったハンガーを使うことが大切です。

重さのあるニットは、ハンガーの素材が針金ではなくクッション性のあるやわらかな表面の物を使うことがおすすめです。
出来れば、肩の部分がアーチを描くように丸みがあるハンガーがおすすめです。

ニットなどの洗濯物のおすすめの干し方は「平干し」

衣類を洗濯した時、何の疑いも躊躇もなくハンガーに干している人は多いでしょう。

ハンガーは、衣類を干すためのアイテムなので、当然と言えば当然です。

でも、ニットを干す時には、他の衣類とは重さも素材も違うので、ハンガー干し以外の方法で跡を付けずに乾かすことができます。

専用のアイテムを使って平干しする

その方法は、「平干し」です。

ハンガーで吊るして干すのではなく、平らな場所にセーターを広げて干すという方法です。

平干しにすることによって、ニットの型崩れは防止できます。

平干しの難点

ハンガーで吊るすよりも場所を取るということですが、ホームセンターなどで平干し用の専用アイテムがありますので、これを利用して吊り下げれば場所を取るという悩みも解消できます。

多くの平干しアイテムは、網状の板が数枚間を置いて吊り下がっているので、一度に何着かを平干しで干すことが出来て便利に使えます。

Tシャツなどの洗濯物にもハンガーを使った正しい干し方があります

洗濯物の干し方に気を付けるべきなのはニットだけではありません。

普段当たり前のようにハンガーに干しているTシャツも、実は干し方によって跡や型崩れがしない方法があります。

Tシャツは生地が薄いので干し方に注意

Tシャツは素材が薄いため、乾くのも他の衣類よりは早いという特徴がありますが、洗濯を繰り返すうちに、生地に負担がかかって伸びてしまうということもあります。

特に、首回りがデローンと伸びてしまうのは、ハンガーに干す時に、首回りからハンガーを無理やり通すことも原因の一つです。

首回りからハンガーを差し込むのではなく、服の裾から首回りにハンガーを通す方法が衣類を伸ばすことなくキレイに入れられます。

洗濯物をハンガーにかけて肩に跡がついてしまっても直す方法があります

お気に入りのニットにハンガーの跡が付いてしまうと、ショックですよね。

ポコっと出た状態のニットはあまりかっこよくはないですし、その出っ張りを直そうと試しても、長い時間をかけてその形になっているので、なかなか平坦な状態には戻りません。

出っ張りを元に戻すには熱を加えること

ニットの毛糸は、熱で変形がしやすいからです。

アイロンでも良いですが、手っ取り早く使えるのが「ドライヤー」です。

ドライヤーで、出っ張った部分に温風をかけることで、出っ張りのクセが直ります。

温風を加える前に、霧吹きで直したい箇所に水をかけ、内側に厚みのある本やボウルなどを押し当てて、平らになるように手でなでながら形を整えるようにしましょう。

洗濯物に合ったハンガーを選ぶことも大切です

洗濯物を干すためにまず思い浮かぶのは、ハンガーです。

ハンガーにも形や素材などに違いがあり、たくさんの種類がありますよね。

跡が残らず、しっかり干すためには、衣類に合ったハンガーを選ぶことが重要です。

衣類に合ったハンガーで長持ちさせる

衣類はハンガーに干す方法が一般的ですが、靴下や下着といった細かい物はハンガーに干すのはサイズが合わないので干しにくかったりして、あまり向いていません。

靴下や下着などは、まとめて干せるピンチハンガーが便利です。

場所を取らず、濡れた洗濯物を適度に隙間を開けながら干せるというメリットがあります。

衣類に合わせた干し方をすることが、衣類を長持ちさせることに繋がります。