洗濯物が乾かないのは湿度が原因。部屋干しでも快適に乾かすコツ

ジメジメとした季節には、洗濯物が乾かないという悩みを多く聞きます。湿度が高いと洗濯物が乾かない原因になってしまいます。
そんな時の部屋干しにおすすめの干し方のコツや、生乾き臭を予防するための方法をご紹介します。
洗濯物が乾かないというのは、主婦のストレスになってしまいますよね。ジメジメとしたシーズンでも洗濯物に悩まされないように、乾かし方のコツを覚えておきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ニットにハンガーの跡がついても自分で直して工夫もできる

ニットにハンガーの跡がついてしまった経験はありませんか?着てみると肩の部分だけポッコリしていると...

洗濯物を外干ししたい!冬でも洗濯物を外干しするコツをご紹介

洗濯物を外干ししないと、乾いた気がしない…冬は特に、そう感じる。洗濯物が楽しくない。...

洗濯物は干し方が重要。バスタオルの干し方のコツや工夫をご紹介

洗濯物の干し方で悩むのが、大きなバスタオル。最近はバスタオルの洗濯が面倒なことから、バスタオルを...

洗濯ネットのまま乾燥機に入れても大丈夫?その答えは「NO」

お気に入りの洋服や下着などを洗濯ネットに入れて洗濯する人も多いでしょう。しかし、そこで疑問となるのが...

洗濯物の重さはどのくらい?物干しと洗濯物について

梅雨時期になって洗濯物が乾きにくくなったり、子供が大きくなって洗濯の量が多くなったりすると、物干しが...

洗濯物を外に干しっぱなしはNG。早く乾かす部屋干しのルール

洗濯物を夜間に外に干しっぱなしという方はいませんか?「夜しか洗濯をする時間がなくて…」とか、「忙しく...

生乾きの臭いが取れない…。臭いを取る方法や、予防方法について

生乾きの洗濯物は、臭いが発生しやすいものです。乾いた時に、臭いが取れていれば問題ないのですが、そ...

洗濯物を室内で干す場合のエアコンの機能を活用した賢い使い方

洗濯物を室内干しにするとなかなか乾かないという悩みがありますね。また乾燥までに時間がかかった洗濯...

ニットをハンガーで干す。洗濯後でも伸びない干し方のポイント

ニットはハンガーで洗濯後に普通に干してしまうと、伸びてしまったり、肩の部分にハンガーの後がついてしま...

洗濯物の夜干しについて!外に干すと虫の卵?夜干しの注意点

洗濯物は朝に行い、日中日光でカラッと乾燥できると良いのですが、仕事をしていると朝は忙しく、どうしても...

洗濯物を夜干す!外干しのメリット・デメリットと干し方の工夫

日中忙しくお仕事をしている人は、なかなか洗濯をする時間がとれないこともあります。仕事から帰ってきて、...

洗濯物の分け方は一人暮らしでも大事!失敗しない洗濯のコツ

洗濯物の分け方は一人暮らしの洗濯でも大切な準備のひとつです。洗濯機が洗ってくれるからとついまとめ...

洗濯物に卵のような白いものが!取り除き方や干し方の注意点

洗濯物を取り込んだら、なにやら卵のような白いブツブツしたものが付いていた。実は、コレの正体はある...

洗濯物の干しっぱなしOK?夜に外干しするメリット・デメリット

お仕事をしていて昼間に洗濯をする時間がない人のなかには、夜に洗濯をして洗濯物を外に干しっぱなしにでき...

洗濯物が乾くエアコンの設定温度は?除湿機能を使った部屋干し

梅雨の時期になると、部屋の中の湿度が高くなり洗濯物が乾きにくくなります。乾きにくくなると、嫌な生乾き...

スポンサーリンク

湿度が高いと洗濯物が乾かない原因に。洗濯物が乾く条件

洗濯物を速く乾かしたいのなら、外に干すことが一番なのですが、室内に干すなら同じような環境にするのが一番乾きやすいのではないでしょうか。

洗濯物を乾かすのは風と温度

まず、外には風吹いていますね。また、カラッとしている日に干すとあっという間に乾きますよね。それは、湿度が低いからなのです。また、夏の暑い日に干すと短時間で乾きます。これは気温が関係していて、気温が高い日は洗濯物の乾きやすくなるというわけです。
この外の状態を家の中でできるだけ再現するようにすると室内でも乾きやすくなるのですが、室内で再現しようとすると様々な機器が必要になります。

まず、風を起こすと洗濯物についている水分を散らすことができます。これは、扇風機やサーキュレーターなどで風を送ると良いです。
湿度などは、除湿器を使って湿度を除去すると、案外雨の日でも乾くものです。洗濯乾燥といったモードにするよりも除湿モードを使った方が洗濯物を乾かすことが出来ます。

風は、空気を循環させる役割があります。そのまま空気が留まってしまうと洗濯物の周りがいつまでも湿気で水分が蒸発しない状態になります。

梅雨時期は湿度も高く、干す場所も沢山ない場合が多く、室内に水分が溜まってしまいます。湿度が高くなると洗濯物が乾かないので除湿器を使い、湿度をまずは除去する事を考えて乾かすようにしましょう。

洗濯物が乾かない時には湿度を確認。適正な部屋の湿度

では、どのようにすれば洗濯物が乾きやすくなるのか。それには湿度が関係しています。

湿度を調整できればより早く洗濯物を乾かすことができるはず

元々、部屋の湿度は50%~60%くらいが適度な湿度とされています。これが雨の日などでは80%近くになり過ごしにくい環境になります。
湿度が80%近くある部屋に洗濯物を干したとしても、乾くような気になりませんね。なぜなら、80%の状態からさらに洗濯物の湿度も加わってしまうからです。
これでは乾かないのも無理ありません。

では、乾かすためには、湿度を調整しなくてはなりません。

除湿器をつかって湿度を下げましょう

除湿器はよく洗濯乾燥機能というものが付いています。洗濯乾燥機能は風を洗濯物に送り洗濯物が乾きやすくする。という機能です。

湿度が高い状態でいくら風を送っても、風ですこし流れるだけで湿度自体はあまり変わりません。

除湿を優先してください。除湿機能でも送風されているので、湿度を下げながら風も流れるので洗濯物は乾きやすくなります。

湿度が高い時こそ乾かし方の工夫を!洗濯物乾かし方のコツ

湿度が高いとなかなか乾きません。

乾かすためには除湿が必要になります。除湿、更には水分のたまり場をなるべく無くす。そうすることでなかなか乾かない状況を脱することが出来ます。

湿気の溜まり場は洗濯物と洗濯物の隙間

この隙間は洗濯物を干す間隔を変える事で改善することができます。更に、隙間に風を送ると湿気が散らばり湿気がこもる環境を変える事ができるので乾きやすくなります。

洗濯物の一番の大敵、乾きにくい厚手の生地

ジーンズ

筒状に洗濯ばさみで留めて乾かすと乾きやすくなります。また、ポケットの生地も厚手だとポケットの部分が乾きにくくなります。その場合はジーンズをひっくり返してポケットの裏地が出るようにして乾かすと生乾きを防ぐことができます。

フードが付いているパーカー

やはりくっついている面が乾きにくくなるので、胴の部分を上にして洗濯ばさみで留めて乾かす方法や、ハンガーで干す場合は、フード部分にももう1つハンガーを折ったものを入れて広げるようにして乾かす方法もあります。

部屋干しでもアーチ干しがおすすめ

ピンチハンガーで干す場合は、アーチ干しが一番乾きやすい干し方です。

アーチ干しとは
長い洗濯物を端に干し、そこから順番に中に向かって短い洗濯物を干していく干し方です。

このように干すと、見た目がアーチのように見えるのでアーチ干しと呼ぶのです。短い洗濯物が中心にあるので、真ん中に空洞ができ、風通しがよくなります。
この干し方は、ピンチハンガーでなくても、外の物干し竿で乾かすときにも応用できますし、部屋干しするときもアーチ型に干すことによって、部屋で風を送るときなども風通しがよくなります。

乾かない洗濯物、バスタオル

乾かなくて生乾きの臭いが出がちです。バスタオルは風を当てて乾かすのが一番早く乾かすことができます。
また、バスタオルのハンガーにかける掛け方にも早く乾かすコツがあります。

バスタオルは、ピンチハンガーに掛けると良い

さらに、干し方は囲み干しといって、四角く筒状になるように洗濯ばさみを留めていく方法が良いです。

囲み干しは、一定の風の流れができて乾きやすい仕組みになるので、風を当てるときには、筒状になっている部分に風が通るように風を当てるとより乾きやすくなります。

乾かない洗濯物は生乾き臭に注意!予防するための洗濯のポイント

生乾きの臭いが発生するのは洗濯物の乾く時間が長くなるからです。また、湿度が高い状態が続いたり、気温が高いと菌はドンドン発生します。

洗濯物は手早く乾かす事が重要

洗濯物は菌が原因で臭いが発生するので、菌を発生させないようにすることが大事なので、洗濯槽の洗浄も必要です。

市販の洗浄剤を使って菌の元を除去するようにしましょう。
月に何回もする必要はありませんが、臭いが気になるようなら1か月に1回程度は洗浄剤を使用して除菌しましょう。