ニットにハンガーの跡がついても自分で直して工夫もできる

ニットにハンガーの跡がついてしまった経験はありませんか?
着てみると肩の部分だけポッコリしていると恥ずかしくなりますよね。
でも、安心してください。
ニットについたハンガーの跡は自分でも簡単に直すことができるんです。

ここでは、ニットについたハンガーの跡を直す方法について、ドライヤーと霧吹きを使った簡単な方法やスチームアイロンを使って直す方法、ニットにハンガーの跡をつけないようにする掛け方や肩に跡がつかないハンガーの選び方、跡がつかないようにするハンガーの工夫などお伝えしていきます。

これで、ニットにハンガーの跡がついても自分で簡単に直すことができますし、跡がつかない工夫もできるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯物の室内干し【冬編】エアコンを便利に使って乾かす方法

冬は洗濯物を外に干せないことも多く、室内干しで対処をすることがあります。ですが、気温が低い冬は洗濯物...

洗濯物の卵の正体は?黒い卵はカメムシの可能性!卵の駆除方法

洗濯物に卵が付着しているのを発見!その卵の正体は、黒いボディが特徴的なカメムシの卵の可能性があります...

【洗濯物の干し方】ハンガーを使っても肩に跡を残さないために

洗濯物をハンガーにかけると肩に跡が残ってしまうことがありますが、これは正しい干し方をしていないことが...

生乾きの臭いを消す方法!もうイヤな臭いを復活させない

部屋干しが多い季節になると、どうしても洗濯物に生乾きの臭いが付きやすくなります。一度、イヤな臭いが付...

生乾きの臭いが取れない…。臭いを取る方法や、予防方法について

生乾きの洗濯物は、臭いが発生しやすいものです。乾いた時に、臭いが取れていれば問題ないのですが、そ...

洗濯物が外干しで臭い原因は?対策や臭わせない部屋干しのススメ

洗濯物を外干ししているのに臭いがするのはどうしてなのでしょう?部屋干しの生乾き臭が嫌でできるだけ...

洗濯物の干しっぱなしを室内にするのはNG!改善させる方法

洗濯物を干しっぱなしのまま室内に放置しているのは、見た目も良くありません。でも、すぐに着る物だし...

物干しハンガーが飛ばないための工夫。強風でも洗濯物は安心

物干しハンガーを飛ばないようにするためには、ハンガーや物干し竿に強風に負けない工夫をしなければなりま...

洗濯物を早く乾かすコツ!ドライヤーと使う方法とアイデアを紹介

なかなか乾かない洗濯物を早く乾かす方法はないか、今すぐに洗濯物を乾燥させたいというときは、ドライヤー...

部屋干しは扇風機を上手に使って臭い予防!生乾き臭を防ぐコツ

雨の日や、ジメジメとした日には、洗濯物は部屋干しで乾かすという方が多いと思います。そこで困るのが、生...

ビジューとパーツの付け方。透かしパーツの種類と簡単な方法

ビジューピアスやイヤリングは付けているだけで顔周りが華やかな印象になるので、お好きな方も多いでしょう...

洗濯物を夜干す!外干しのメリット・デメリットと干し方の工夫

日中忙しくお仕事をしている人は、なかなか洗濯をする時間がとれないこともあります。仕事から帰ってきて、...

洗濯物のアンモニア臭の原因と取り除くためにできることを紹介

洗濯をしたのに洗濯物からアンモニア臭がするのはどうしてなんか、原因が気になりませんか?その原因を...

洗濯物の臭い・干しっぱなしの部屋干しで衣類が臭う原因と対処法

天気の悪い日は洗濯物を外に干すことができず、部屋干しすることがあります。洗濯物を部屋干しすると、干し...

洗濯物が乾かないときはドライヤー?洗濯物の乾かし方について

乾かない洗濯物にイライラしてしまうこと、ありますよね。そんなときにはドライヤーを使うと乾かない洗濯物...

スポンサーリンク

ニットについたハンガーの跡を簡単に直す方法

ニットは伸びやすい素材なので、ハンガーにかけておくと肩の部分に跡がついてしまうこともありますよね。着たときに初めて気がつき、ちょっと焦ったりもします。
ハンガーの跡はドライヤーを使って簡単に直すことができます。忙しい出掛けなのでも手軽にできますので、安心してください。

ドライヤーと霧吹きで簡単に直せる方法

  1. ニットについたハンガーの跡の部分に霧吹きで水をかけて濡らします。
    霧吹きが無い場合は、跡がついた部分に水をつけて濡らしても大丈夫です。
  2. ポコッとした部分が平らになるように指でならしておきます。
  3. あとはドライヤーをかけて乾かすだけです。
    一度濡らしてから乾かすだけで、簡単に直すことができます。ぜひ試してみてください。

アイロンの蒸気を使ってニットのハンガー跡は自分で直せる

ニットのハンガーの跡は、ドライヤーの他にもアイロンを使って直すことができます。アイロンがけのついでや、時間があるときなどはアイロンの蒸気を使って直してみてください。

  1. ニットについたハンガーの跡の上からアイロンの蒸気をあてます。
    ニットに直接アイロンをあてずに、アイロンを少し浮かせた状態でスチームだけをあてるようにして、ニットに水分を含ませます。
  2. 次に、ニットのポコッとなった部分にアイロンをのせて抑えます。
    このとき、力を入れて押し付けないように気をつけてください。
    ニットがぺたんこになってしまいます。軽い力でハンガーの跡を無くすようにしてアイロンをトントンと押し当てます。
    肩にポコッと浮いてしまった部分がキレイになくなって元に戻ります。
    ハンガーの跡に気がついたときはショックだったと思いますが、直すことができるとわかると安心ですよね。

ニットにハンガーの跡をつけない上手な掛け方とは

ニットは柔らかい素材で伸びやすいため、できるだけハンガーに掛けることは避けてください。

ニットを自宅で洗濯して干すときは、平干しが基本です。平干し用のネットの上にニットを寝かせた状態で干します。平干し用のネットが無い場合は、平たい台の上などにバスタオルを敷き、その上に乗せて乾かすと良いでしょう。

干す場所がなくて、どうしてもハンガーに掛けて干したい場合は、普通にハンガーにかけてしまうと肩に跡が残ったり伸びてしまいますので、干し方に工夫が必要です。

  1. ニットの左右が重なるようにして、縦に半分に畳みます。左右の肩や袖は揃えておきます。
  2. ハンガーの上のポールなどに引っ掛ける部分を脇の下にくるように、畳んだニットの上に置いてください。
  3. 下の部分を折ってハンガーの肩に掛けたら、ハンガーのもう一方の方の部分に袖をかけます。
    このように掛けることで、肩に跡がつかず、襟元が伸びてしまうこともありません。
  4. ニットを保管する場合も、ハンガーに掛けずに畳んで保管するようにしましょう。
    畳むときは小さく畳まないようにすることがポイントです。
    折る回数をできるだけ少なくして、ふんわりと畳むようにしてください。

肩に跡がつかないようにするためのハンガーの選び方

ニットをハンガーに掛けたいのなら、ニットに合わせたハンガーを選ぶことがポイントです。クリーニング店のハンガーのような細いハンガーを使ってしまうと、肩の部分に跡が残ってしまいます。ニットをできるだけ型崩れしなようにするためには、ハンガーを上手に選んでください。

厚みのあるハンガー

特に方の部分に厚みを持たせたハンガーがオススメです。ハンガーの先が尖っていない、厚みも丸みもある形のものを選んでください。ハンガーの肩のラインがゆるやかな物だと、肩に跡が残らずにすみます。

ニットのサイズに合ったハンガー

ハンガーの大きさも重要です。ニットのサイズに合ったハンガーを選んでください。
女性だと38~42センチ、女性のLサイズや男性で42~45センチ、男性のLサイズだと47センチ以上を目安に選ぶと良いでしょう。

滑らないハンガー

ニットはハンガーから滑り落ちてしまうことも多いです。ラバー素材のものや、滑り止めがついているハンガー、布製のハンガーだとニットが滑ることはありません。

ハンガーが合っていないとニットの型崩れの原因にもなってしまいます。ちょうど良いサイズのものを選ぶようにしましょう。

ハンガーへのひと手間で跡を防ぐこともできる

家にあるハンガーもひと手間かけて工夫することで、ニットにも使うことができます。わざわざ新しいハンガーを用意する必要がないので、まずは試してみてください。

タオルを使う

ハンガーの厚みが足りない場合なら、ハンガーの上にタオルを折って被せ、その上からニットを掛けてみてください。足りない厚みを補うことができます。
タオルの上からうまくニットを掛けられなかったり、タオルごと滑るような場合は、タオルの上から輪ゴムを巻いて固定すると良いです。ニットの滑り防止にもなります。

靴下を再利用する

もう履かないという靴下がある場合なら、靴下をハンガーの先にかぶせて使うことができます。ちょうど2つありますので、いらない靴下を有効活用することができます。
ハンガーの肩の先から靴下を履かせたら、厚みが出るように折り返します。ニット用のハンガーが簡単に出来上がります。

トイレットペーパーの芯を使う

トイレットペーパーの芯も使うことができます。芯に切り込みを入れて、ハンガーの肩に被せるだけです。芯の丸みでニットにハンガーの跡がつきません。
トイレットペーパーの他にも、小さめのラップの芯も使うことができます。

ニットをハンガーに掛けるときは、ほんのひと手間かけることで、跡が残るのを防ぐことができます。跡がついてしまっても直す方法はありますので、諦めずにここで紹介した方法を是非試してみてくださいね。