物干しハンガーが飛ばないための工夫。強風でも洗濯物は安心

物干しハンガーを飛ばないようにするためには、ハンガーや物干し竿に強風に負けない工夫をしなければなりません。小さいお子さんが居ると風が強い日でも関係なく洗濯物はいっぱいになります。ベランダでの物干しの強風対策に悩む人も多いのではないでしょうか。

ここでは、物干しハンガーが強風でも飛ばないようにする工夫について、洗濯バサミを使った方法や輪ゴムを使った方法、便利な100均アイテムの利用法やベランダの物干し竿へのアイデア、ロープを使った強風物干し対策などお伝えしていきましょう。

これを参考にすれば、あなたの家のベランダにもピッタリな強風対策が見つかりますよ。これで、強風ストレスからも開放されます。ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ニットをハンガーで干す。洗濯後でも伸びない干し方のポイント

ニットはハンガーで洗濯後に普通に干してしまうと、伸びてしまったり、肩の部分にハンガーの後がついてしま...

物干しはベランダが狭いなら工夫と便利グッズで有効的に活用

物干しはベランダが狭いと洗濯物を干すスペースが少なくて困りますよね。狭いベランダの物干しには、便...

洗濯物の生乾きの臭い対策と早く乾かすためのコツ

部屋干しにすると、洗濯物の生乾きの臭いが気になります。洗濯物に生乾きの臭いが付かないようにするには、...

洗濯物を室内で干す場合のエアコンの機能を活用した賢い使い方

洗濯物を室内干しにするとなかなか乾かないという悩みがありますね。また乾燥までに時間がかかった洗濯...

洗濯物を外に干しっぱなしはNG。早く乾かす部屋干しのルール

洗濯物を夜間に外に干しっぱなしという方はいませんか?「夜しか洗濯をする時間がなくて…」とか、「忙しく...

洗濯物の部屋干し時間は減らしたい!早く乾くコツを紹介

洗濯物は部屋干しの場合、乾く時間はどれくらいかかるのか気になりませんか?できれば部屋干しでも洗濯...

【洗濯物対策】湿度が高い日でも早く乾くためのルール

雨の日やジメジメとした日は、洗濯物がなかなか乾かなく、お困りの方も多いと思います。洗濯物が乾くために...

洗濯物に卵が付着・緑の卵はカメムシの可能性!駆除・予防方法

綺麗に洗った洗濯物を外から家の中に取り込んだ時、衣類に緑色の卵が産み付けられているのを発見。...

洗濯物の卵の正体は?黒い卵はカメムシの可能性!卵の駆除方法

洗濯物に卵が付着しているのを発見!その卵の正体は、黒いボディが特徴的なカメムシの卵の可能性があります...

布団乾燥機で洗濯物の乾かし方のコツと早く乾かす干し方を紹介

布団乾燥機を使って洗濯物を乾かすことができたら、洗濯物を早く乾かしたいときに便利ですよね。では、...

洗濯物を乾かすには湿度?それとも温度?乾かすコツについて

洗濯物がなかなか乾かないのは湿度が高いから?温度が低いから?速く乾かすにはどんなコツやポイントがある...

洗濯物を早く乾かすには新聞紙が便利!使い方やコツを紹介

洗濯物を早く乾かすには新聞紙が使えるのを知っていますか?実は、新聞紙の原料に洗濯物を早く乾かすた...

洗濯物の室内干し【冬編】エアコンを便利に使って乾かす方法

冬は洗濯物を外に干せないことも多く、室内干しで対処をすることがあります。ですが、気温が低い冬は洗濯物...

洗濯物は干し方が重要。バスタオルの干し方のコツや工夫をご紹介

洗濯物の干し方で悩むのが、大きなバスタオル。最近はバスタオルの洗濯が面倒なことから、バスタオルを...

洗濯物の分け方は一人暮らしでも大事!失敗しない洗濯のコツ

洗濯物の分け方は一人暮らしの洗濯でも大切な準備のひとつです。洗濯機が洗ってくれるからとついまとめ...

スポンサーリンク

物干しハンガーが強風でも飛ばないようにする工夫とは

風が強い日に洗濯物を干すと、洗濯物が風で一箇所にまとまってしまったり、飛ばされてしまうこともありますよね。かと言って、洗濯をしないわけにもいきません。
風が強いと洗濯物が早く乾くようなので、できれば干したい気持ちもあります。

洗濯物が強風で飛ばされないためにはY字型の洗濯バサミを使うと良いようです。

Y字型の洗濯バサミの使い方

物干し竿にかけたハンガーをY字型の洗濯バサミで上からはさみます。こうすることで、ハンガーを物干し竿に固定することができ、風がある日でも洗濯物が寄ってしまうことを防ぐことができます。

風が強い日の場合は、Y字型の洗濯バサミを上下に使います。
物干し竿にハンガーをかけたら、上からY字型の洗濯バサミではさみ、更に下からもY字型の洗濯バサミではさんで、上下で固定します。

この方法だとY字型の洗濯バサミはたくさん必要になってしまいますが、Y字型の洗濯バサミの数が足りない場合は、普通の洗濯バサミも使って洗濯物を固定する方法もあります。
物干し竿にハンガーをかけたら、上からY字型の洗濯バサミではさんでハンガーを固定します。これでハンガーが外れることを防ぎます。
次に、ハンガーにかけた洋服が飛ばされないように、ハンガーと洋服を普通の洗濯バサミではさみます。洋服の肩のあたりを洗濯バサミで挟むようにします。こうすることで、洋服がハンガーから外れて飛ばされてしまうことを防ぐことができます。

輪ゴムの滑り止めで風で飛ばない物干しハンガーに

洗濯バサミを使った方法以外にも、輪ゴムを使って飛ばされない工夫をすることができます。物干し竿に細工をするので、Y字型の洗濯バサミをプラスすることで更に効果があります。

物干しハンガーが飛ばないように輪ゴムを使う方法

物干し竿のハンガーをかける部分に輪ゴムを巻いておきます。ハンガーの滑り止め効果がありますので、ハンガーが寄ってしまうことを防ぐことができますし、物干し竿にそのままハンガーをかけるよりもハンガー自体が外れにくくなります。

また、ハンガーの方にも輪ゴムを巻く方法もあります、ハンガーの物干し竿にかける部分に輪ゴムを巻いておくだけで滑り止めになります。

ハンガの洋服をかける肩の部分に輪ゴムを巻いておくと、ハンガーにかけた洋服がずれにくくなります。洋服がハンガーから滑り落ちないので、洋服が飛ばされてしまうことも防ぐことができます。

物干しハンガーの強風対策は100均で揃えることもできる

強風で洗濯物が飛ばされないための便利なグッズが100均にも揃っています。

  • 物干し竿に装着するタイプ
    物干し竿に装着するもので、ハンガーをかけるための穴があいているプラスチック製のグッズがあります。5~6こ程の穴が等間隔で並んであるので、そこにハンガーをかけるだけで、ハンガーが風で寄ってしまうことはありません。また、小さめの穴なので、この穴にハンガーを通すと、風でハンガーが浮いてしまうこともありません。
    これを使うと、ハンガーが風で飛ばされてしまうことを防ぐことができます。
  • 物干し竿に固定できるピンチ
    物干し竿にぴったりと固定することができるピンチです。1つずつ好きな場所に取り付けることができます。下にハンガーを取り付けられるようになっていますので、必要な数だけ用意して物干し竿に取り付けたら、下の穴にハンガーをかけるだけです。
    ぴったりと竿にフィットするので、風で動いてしまうことはありません。
  • クリップ式のハンガー
    ハンガーのかける部分がクリップ式になったものです。物干し竿を挟むようにしてハンガーをかけることができるので、物干し竿からハンガーが外れてしまうことがありません。ただし、風でハンガーが寄ってしまうことはありますので、Y字型の洗濯バサミを併用したり輪ゴムを巻いて滑るのを防止すると良いでしょう。

ベランダの物干し竿にハンガーが風で飛ばない工夫も

便利グッズなどを使ってハンガーが風で飛ばされるのを防ぐ他にも、物干し竿本体も風で飛ばされないように工夫することも必要です。

  • ハンガーかけ付きの物干し竿
    物干し竿の下にハンガーをかけるための穴がついているものがあります。ハンガーをかけるための穴は物干し竿全体に等間隔でついているので、風で洗濯物が寄ってしまうこともありません。
    物干し竿をこのタイプのものに取り替えるだけで、便利グッズをいろいろ用意しなくても強風対策になります。
    ずっと外に出しておくものなので、劣化のしにくいステンレス製のものを選ぶと良いでしょう。
  • ハンガーかけがついている物干し竿
    ステンレス製の物干し竿にハンガーをかけるための部分がついているものです。物干し竿の下に波型になった物がついていて、そこへハンガーをかけることができます。ただし、かける部分があまり大きくはないため、ハンガーが飛ばされにくくはなりますが、太めのハンガーは通らない場合があります。
    伸縮タイプなので、長さを調節することができます。

ロープを使った強風物干し対策もオススメ

洗濯物が飛ばされないようにするために、ロープを使う方法もオススメです。

物干しハンガーが飛ばないように洗濯ロープを使う

2本のロープの間に渡すようにしてロープがついているもので、はしごのような形になっている穴あき型のロープです。ハンガーをかける部分は広い部分と細い部分がありますので、ハンガーの太さにも対応しています。
ロープを引っ掛けるためのフックもついていますので簡単に取り付けることができますし、軽いので旅行にも持って行くことができます。

普通のロープでも工夫次第で強風対策に活用することができます。洗濯物にロープを通してしまうと、ロープさえしっかりと取り付ければ洗濯物が飛ばされてしまうことはありません。
また、物干し竿にロープを巻いておいて、洗濯物が風で寄ってしまうことを防ぐこともできます。

風が強いと洗濯物を早く乾かすことができるので、風の強い日こそ、洗濯物を干したいですよね。
洗濯物を飛ばされないための工夫を、ぜひ、試してみてください。