衣類についた白カビの除去方法と、服につかない為の予防策

シーズンオフの洋服や、着る機会が少ない洋服を出してみた時に、白っぽいものが付着していたことはありませんか?

この正体は白カビです。

服についてしまったカビは取ることが出来るのでしょうか。
ここでは服についてしまった白カビの除去方法について紹介します。

1,2箇所だけについている少ない白カビの取り方、広範囲にまで発生してしまっている白カビの取り方をご覧ください。

クリーニングや洗ってから収納したはずなのに、なぜカビが発生してしまうのでしょう。
保管の仕方や、カビを発生させないための予防方法も紹介します。

カビのない生活で、気持ちよく洋服を着ることが出来ますよ。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ふきんは除菌が必要?見えない菌の除菌方法や気になる頻度

食器を拭いたり、台所を拭いたりするふきん、毎日どの様に洗濯をしていますか?手洗いして干すだけ?それと...

ポリエステル素材の洗濯でできたしわの取り方と上手な洗い方

ポリエステルは耐久性もあり、乾きやすい素材で、私達の洋服にも多く使われる素材です。本来はしわになりに...

洗濯で漂白剤による色落ちを防ぐ方法と効果的な正しい使い方

洗濯をするときに漂白剤を使うと色落ちが心配になりませんか?でも、漂白剤を上手に使えば、気になる衣類の...

靴用洗剤の代用にオススメなものとキレイに汚れを落とすコツ

靴用洗剤がないときは代用の洗剤を使うことで、靴をキレイに洗うことができます。靴を洗うのに靴専用の...

【油汚れの落とし方】家でできる洋服の油ジミを取る方法

洋服に付いた油汚れは、気付いた時にすぐに対処するのが一番のシミ予防です。時間のたった汚れはどんどん落...

雑巾の洗い方は洗濯機でもアリ!洗い方のポイントや注意点

雑巾の洗い方といえば手洗いが基本ですが、洗濯機を使って雑巾を洗いたいと思ったことはありませんか?...

洗濯物の生乾きの臭いを熱湯消毒でスッキリ取る方法

洗濯物に付いた生乾きの臭いは、一度付いてしまうとなかなか取れません。洗濯をして、一瞬臭いが消えたかな...

染み抜きには重曹とクエン酸で自宅でも簡単!おすすめや注意点

衣類にできた黄ばみや染みを自宅でも簡単に染み抜きできたらいいですよね。実は、いつも使っている重曹...

墨汁の染み抜きは乾いたら難しい!家にあるもので落とす方法

子供が習字の授業で服に墨汁を付けたまま帰ってきたことはありませんか?すでに乾いた状態の墨汁の染み...

洗濯で漂白したらピンクになった理由や変色を取る方法と予防策

洗濯物が漂白剤を入れたのにピンク色になってしまった経験はありませんか?実はその漂白剤にあるものが反応...

手洗い洗濯のやり方のコツを掴めば繊細な洋服でも自分で洗える

手洗いで洗濯するやり方は、洋服の素材や種類によっても違います。シワになりやすい繊細な洋服も正しい手洗...

洗濯のすすぎは何回がいいの?意外と知らないすすぎの豆知識

進学を機に一人暮らしを始めた学生にとって、洗濯のすすぎの回数が果たして何回が正解なのかで迷ってしまう...

洗濯しても臭いが取れない原因。対処法でスッキリ取り切ろう

洗濯したのに臭いが取れない、洗濯物から汗の臭いがするとお悩みのあなた。しっかりと洗剤も柔軟剤を使って...

雑巾を洗濯機で他の衣類と一緒はNG?雑巾のおすすめの洗い方

雑巾はどの様にして洗っていますか?汚れていてもそれは衣類も一緒!と洗濯機で一緒に洗ってしまってはいま...

過炭酸ナトリウムを使った洗濯槽掃除で失敗しないためのコツ

洗濯機から出した洗濯物に、黒っぽい汚れが付いているということはありませんか?特に白い洋服の場合には、...

スポンサーリンク

服についた小さな白カビの除去方法

衣類に付いた白カビが少量の場合の除去方法

クローゼットから出した服を着てみると、身に覚えのない白い物が付いていて、ホコリと思いきや、白カビだったということはありませんか?

ホコリだったら払い落とせばキレイになりますが、カビは菌の一つなので、払っても落ちません。

それに、カビは箱に入ったみかんのように一つのカビから隣へ、さらに隣へと範囲を広げていくため、そのまま放置してしまうと、クローゼット中が白カビだらけという恐ろしいことにもなりかねません。

ただ、カビの中でも白カビは、黒カビと比べると菌の力が弱いため、対処のしようはあります。

少しの白カビが一着だけに付いている状態なら、まだ菌が繁殖して間もないため、その一枚だけを白カビ除去すればほとんどの場合、大丈夫です。

カビを落とすには、普通の洗剤では落としきれないため、アルコールが有効です。

まず、洋服のホコリ取りブラシを使って、衣類の表面をキレイにしてから、市販のエタノールなどを白カビが発生している部分に振りかけることによって、アルコール成分がカビ菌に作用し、殺菌してくれます。

その後、通常通り洗濯をすれば、カビがキレイに除去されているはずです。

服に大量に発生してしまった白カビの除去

衣類に付いた白カビが大量の場合

服の一面に白カビが付いている場合は、その服が入っているクローゼット全体に白カビ菌が散らばっている可能性が高いため、クローゼットの中身全体の白カビを除去する必要があります。

まず、その衣類が入っていたクローゼットから、他に入っている衣類をすべて取り出します。

閉め切った室内で、カビの付いた衣類を動かすと、室内にカビ菌が舞ってしまうため、カビの付いた衣類はビニール袋などへ一旦入れて、外で作業することがおすすめです。

体内に吸い込まないように、作業する時にはマスクもしておくと安心です。

大量の白カビには、エタノールでは効き目が弱いため、洗濯用の酸素系漂白剤が効果的です。

まず、洋服ブラシで衣類の表面のホコリを取り、洗濯槽にぬるま湯を溜めたら、さらに酸素系漂白剤を適量入れ、その中にホコリを取った衣類を浸け置きします。

30分程度浸け置きしたら、通常通り洗濯を行います。

酸素系漂白剤を使う時は、衣類によっては色落ちしやすい物もありますので、使っても良い衣類かを確認してから使うようにしましょう。

服に白カビ・黒カビが発生する原因

カビの好環境は湿度の高さとホコリの多さ

服にゴミやシミが付くことは珍しいことではありませんが、それがカビだったとしたら、ショックですよね。

ゴミだったら、そのゴミが付いた一着だけを洗濯するなりゴミを取るなりして対処も出来ますが、カビの場合はその一着だけではないということも多いからです。

クローゼット全体がカビ菌に汚染されていて、よく見るとあちこちの服にカビが付いているということもあります。

服に白カビや黒カビが発生してしまう原因としては、クローゼットの通気性の悪さや湿度の高さが考えられます。

湿度も温度も高い部屋で、密閉されたクローゼットの中は、ジメジメとしていてまさにカビの住処としては最適の場所です。

通気性が悪いと、ホコリも溜まりやすくなり、溜まったホコリはカビの栄養になります

白カビは、まだカビ菌のなりたてという比較的軽い状態ですが、一方黒カビは根深く菌糸を広げているカビ菌なので、菌の繁殖力も強く、落としにくいカビ菌です。

白カビくらいならなんとか対処出来ても、黒カビを落とすことは容易ではありませんので、黒カビの発生はなんとか防ぎたいものです。

白カビがつくのを予防する管理方法

白カビが苦手な環境を作ることがポイント

白カビは、色が濃い衣類に付いていると目立ちますが、色の薄い衣類では見つけるのが難しく、発見が遅れることもあります。

白カビが発生して間もない状態なら、軽いアルコール消毒などで白カビの除去が出来ますが、カビの範囲が広がった状態で見つかると、アルコールだけでは菌の繁殖力に対応出来ず、除去出来なくなってしまいます。

白カビを普段から発生させないために出来ることとして、衣類をしまっているクローゼットを定期的に開放して新鮮な空気に触れさせることだけでも効果があります。

白カビを予防するためには、白カビが苦手とする環境にするということは基本です。

そのため、カビが好きな多湿の環境にならないように、特に気を付けることは大切です。

除去できないカビの場合もある。発生させないために

繊維が細かい素材に付いたカビは除去が難しい

衣類の素材には、たくさんの種類がありますよね。

毛布や絹のストールなど、繊維が細い素材の衣類にカビが付いてしまった場合、カビも多くの繊維に付着しているため、普通の衣類と比べるとカビを落とすのが大変です。

カビを払い落とそうとしても、落ちたカビがまた違う繊維にくっついてしまうこともあるので、このような特殊な素材にカビが付いてしまうと除去が非常に難しくなります。

クリーニングから戻ってきた服はホコリが付かないように、ビニールがかかっていますが、ホコリ除けになるからとそのままクローゼットに閉まっている人もいるかもしれませんが、これでは逆に湿気をビニールの中に閉じ込めてしまうということになるので、カビの原因になってしまいます。

クリーニングから返ってきた衣類はビニールを外し、湿気のコントロールをした室内にしまうようにしましょう。