洗濯【一人暮らし】時間帯のベストと部屋干しのコツや短縮方法

洗濯をするのに一人暮らしだと時間が遅くなることもありますね。帰宅が遅くなって洗濯を回す時間が遅くなると、周りに迷惑がかかっているのではと不安になっているあなた。
洗濯をするのが遅い時間になるなら外に干すこともできませんね。

ここでは、そんなあなたのために洗濯をするときに問題のないベストな時間帯や洗濯をする時間が遅くなる場合の洗濯機の選び方、部屋干しするときのコツや時間短縮方法についてお伝えしましょう。
これで、洗濯の悩みからも開放されることでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

血液が付いた物を洗濯する方法!落とし方やコツについて

血液汚れは洗濯による正しい落とし方でシミになるのを防ぎましょう。小さいお子さんがいると鼻血や擦り傷な...

洗濯の重曹の使い方で上手に仕上げるコツと使うときの注意点とは

洗濯による重曹の使い方についてお悩みのあなた。洗濯に重曹を使うと洗剤のみを使用した時に比べて洗浄力も...

洗濯に重曹やセスキ炭酸ソーダが使える!洗濯方法と効果を解説

洗濯をする時、重曹やセスキ炭酸ソーダを洗剤の代わりに使用することができるこはご存知でしょうか。重曹や...

洗濯機にお風呂の残り湯を使う使い方!風呂水のメリットを解説

洗濯をする時にお風呂の残り湯を使いたいと考えている人もいますよね。でも、洗濯機に風呂水を入れて使う使...

靴を洗剤で臭いを取り除く洗い方とスッキリ無臭にさせるコツ

靴は洗剤によって臭いを取ることができます。靴の嫌な臭いを取るためには、洗剤の使い方と洗い方がコツにな...

洗濯の基本のやり方と、その前にやる大事なポイントとは

一人暮らしを始めると家事は自分でやらなくてはいけませんね。掃除はなんとなく出来ても、初めての洗濯...

ポリエステルの洗濯しても落ちない臭いを効果的に落とす方法

洗濯をしても、どうしても臭いが残ってしまうという服はありませんか?実は服の臭いは、使われている素材に...

血液が洗濯で落ちないときの対処法とシミを落とすコツとは

血液が洗濯しても落ちない衣類はどうしたら落とすことができるのか悩みますよね。血液が衣類についてしまっ...

洗濯のやり方でタオルをふわふわに長持ちさせるコツとテクニック

洗濯のやり方によってタオルを洗っても、ふわふわに長持ちさせるコツがあります。あなたはいつもタオル...

手洗いした衣類は洗濯機で脱水できる?衣類の脱水方法を紹介

衣類を手洗いしたあとに困るのが脱水です。洗濯機で脱水することができれば簡単ですので、できれば洗濯機を...

ポリエステル衣類の洗濯方法!しわしわにならない洗濯のコツ

ポリエステルの衣類を洗濯したとき、衣類がしわしわになってしまった経験がある人もいるのではないでしょう...

部屋干しの臭いは洗剤で防止できる?生乾き臭を防止する方法

一人暮らしをしていると、防犯上の理由や時間の都合から、部屋干しをする方が多く見られます。しか...

洗濯ネットは100均がサイズも豊富!賢く使うコツでより便利に

洗濯ネットについて100均では、サイズも大きいサイズの物からアイテムに合わせることができる種類も豊富...

ふきんは除菌が必要?見えない菌の除菌方法や気になる頻度

食器を拭いたり、台所を拭いたりするふきん、毎日どの様に洗濯をしていますか?手洗いして干すだけ?それと...

下水の臭いが洗濯機の排水口からする原因と悪臭を消す方法

下水のような悪臭が洗濯機からして悩まされている人はいませんか?この下水のような悪臭はなかなか消え...

スポンサーリンク

一人暮らしで洗濯をするときに問題のない時間は

一人暮らしを始めるとすべて自分ですることになります。社会人になると朝はゆっくり寝ていたいと思うので時間に余裕がありません。そのため朝、洗濯をして会社に出勤するという人は少ないような気がします。

洗濯するのに問題のない時間はいつなのでしょうか。マンションやアパートなどの集合住宅に住んでいると気になるのが洗濯機の音です。夜遅くは日中よりも音が響いたり振動が気になることもあります。生活スタイルによっては無難な時間帯ではない場合もあります。夜勤で仕事をしていて昼間寝ている人もいますので、周囲の雰囲気で臨機応変に対応するようにしましょう。

一人暮らしで洗濯をする理想の時間は朝7時ころから午後9時です。

朝洗濯をして出かけることが理想ですが、なかなか難しいです。そのような場合はタイマーを活用するというのも1つの方法になります。ご近所トラブルの1つに洗濯機の音がうるさいという苦情もあります。できるだけそのようなトラブルにならないように気をつけるようにしましょう。

一人暮らしで洗濯をする時間が遅くなるならタイマー付きがオススメ

社会人になり一人暮らしを始める人も多いですよね。しかし仕事で帰宅時間が遅くなることもあります。帰宅時間が遅いと洗濯物が溜まってしまいます。賃貸の物件に住んでいると夜は何時までなら洗濯機を回してもいいのかわからないこともありませんか?

昼間は仕事をしているので、洗濯をする時間は夜しかないという人が多いです。でも夜遅くに洗濯機を回したら、迷惑かもしれないと考えてしまいます。人によっては生活時間帯や感じ方も異なるので難しいです。

先程書いたように、一般的に洗濯をしても問題のない時間帯の目安は、午前7時から午後9時です。周りに小さな子供や高齢の人が住んでいる場合は夜の時間帯はもう少し早めに切り上げるようにしましょう。洗濯機の音は響きやすいです。消音性の洗濯機もありますが、建物の構造によっては音が伝わりやすい物件も多いので夜の洗濯には気をつけるようにしましょう。

朝の早い時間帯や夜の遅い時間帯の洗濯はトラブルに繋がってしまう可能性もあるからです。

どうしても日中に洗濯をすることが難しい場合は、洗濯機のタイマーを利用するようにしてみましょう。タイマーはセットした時間に洗濯が終わるようになっています。帰宅時間に合わせて洗濯が終わるようにして出かけるようにしましょう。最近の洗濯機には乾燥機付きの物もあるので干す手間も省けます。自分の生活スタイルに合わせて洗濯機を選ぶようにしましょう。

洗濯をする時間が遅くて部屋干しするときのコツとは

一人暮らしをしていると洗濯物の干し場に困ったことありますよね。みんさんはどこに洗濯物を干していますか?洗濯物を部屋干しするのは天気の悪い日だけではありません。一人暮らしをしていて、洗濯する時間が遅く部屋干しする人も増えています。

休日時は日中に洗濯をしてベランダがある人は外干しをする人もいますが、外干しの匂いが苦手で部屋干しをする人も増えています。しかし部屋干しをすると乾きにくい、臭いが気になることもあります。

干す場所は人それぞれですが、洗濯物をよく乾かすためには風通しをよくすることがポイントになります。濡れた洗濯物がくっついていると、空気の通りが悪くなるので乾きが悪くなり、嫌な臭いが発生する原因にもなるので風通しをよくしてあげましょう。

洗濯物が臭わないようにするためには、菌が増えて臭いが発生する前に洗濯物を乾かす事が大事です。空気が洗濯物の間を抜けるように洗濯物をかけたら、扇風機やサーキュレーター、除湿機、エアコンを上手に利用して空気の流れを作って上げましょう。

洗濯物を部屋干しする場所に適している所と言えば、洗面所やお風呂場です。洗面所やお風呂場は比較的狭い場所で湿度が高いことを前提として作られているので換気設備も整っていますので湿気に強いです。

狭い空間なので突っ張り棒などをつけやすく、除湿機などで湿度を下げやすいです。

一人暮らしで帰宅が遅めになりがちな人の洗濯の頻度とは

実家で暮らしていた頃は洗濯物は親がしてくれることが多いので頻度など気にしたことありませんよね。しかし一人暮らしを始めると洗濯は自分ですることになります。

一人暮らしをしていると一日で出る洗濯の量はそれほど多くはないですよね。そのため洗濯物を溜めてしまう人も多いのです。

一人暮らしの洗濯はどのくらいの頻度でするといいのでしょうか。

一人暮らしの洗濯の回数は週に2~3回です。一人暮らしの洗濯物の量は1日で洗濯機がいっぱいになる量ではないのと、長く洗濯物を置いておきたくない人が多く、週に2~3回が多いのです。溜まったら洗うというケースが多いです。

しかし一人暮らしでも毎日洗濯する人もいます。その理由は汚れや臭いのついた衣類を置いておくのが嫌という理由で毎日洗濯をする人もいます。一人暮らしでも毎日洗濯をする女性も多くいます。

平日は忙しいという人はお休みの日にまとめて洗濯をするなど人それぞれです。

シーツや敷パットなどの大きな物の洗濯頻度はどのくらいで洗っているのでしょうか。まめに洗う人でもシーツや敷パットは週に1回は洗濯をするようにしましょう。人によっては1ヶ月に1回という人もいますが、汗や皮脂汚れはついてしまいます。一人暮らしでも少なくても月に1回以上は洗濯をすることをオススメします。

そしてバスタオルです。ほどんどは育ってきた環境が影響すると言われています。毎日バスタオルを取り替える環境で育った人は毎日交換しないと気持ちが悪いので、毎日交換しますが、中には家族で使いまわしたり、何日も使っている家庭もあるのです。バスタオルは肌に直接触れてるので、とてもたくさんの細菌がつくので使い回しはしないことです。一人暮らしでもバスタオルは毎日交換しましょう。濡れたまま放置しておくと雑菌が増えるので使い終わったらきちんと干しましょう。

洗濯物を分別すると時間の短縮になる

社会人になることをきっかけに一人暮らしを始める人も多いです一人暮らしを始めると仕事と家事を両立することになります。今まで洗濯をしたことがない人も多いです。

洗濯物を分別すると時間の短縮にもなるのでわけて洗濯をするようにしましょう。洗濯物は分別しておくと作業効率がとてもよくなります。

まず洗濯機の近くにカゴを2、3個用意し、洗濯物を前もって分けておきます。白い物、色物タオルに分けましょう。タオルは分けて洗濯すると干す時の手間がとても楽になります。

下着、靴下、汚れたもの、タオルなどで分けて、できるだけ少ない量で洗濯をすることが綺麗に洗濯をするコツになります。別々に洗うのは大変という人は、予洗いをしてから洗濯機でまとめて洗うようにしましょう。汚れの気になる部分は手洗いしてから洗濯機に入れるようにしましょう。

靴下やタオルなどの綿製品は繊維が落ちやすく、下着やおしゃれ着などの付きやすいので出来るだけ別々に洗濯をするようにしましょう。