靴用洗剤の代用にオススメなものとキレイに汚れを落とすコツ

靴用洗剤がないときは代用の洗剤を使うことで、靴をキレイに洗うことができます。
靴を洗うのに靴専用の洗剤を使えば安心ですが、スニーカーを洗うのにわざわざそれを購入するのは大変ですよね。
できれば、自宅にある身近なもので済ませることができたら有り難い。

そこで、自宅で靴を洗うときに靴用洗剤がないときの代用品としてのオススメなものや家にある代用品でスニーカーを洗えること、靴の汚れをキレイに落とす方法や靴の洗剤と重曹を使ったおすすめの洗い方、靴を洗剤で洗う時のポイントや長持ちさせるための汚れと臭いを防ぐ予防法をお伝えしていきます。

これで、あなたのスニーカーもまるで新品のようにキレイに汚れを落とすこともできますし、しかも靴用洗剤がなくても代用品で済むでしょう。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯に洗剤なしの効果やメリットとオススメ代用品とは

洗濯を洗剤なしにすると効果として汚れの落ち具合や臭いが気になりますよね。もちろん、洗剤を使わなくなれ...

洗濯表示Fの意味は?洗濯表示の意味を知って洗濯上手になろう

自宅で洗濯をしようと思って洗濯表示を確認したら「F」マークを発見!このマークの意味がわからなければ、...

ふきんは除菌が必要?見えない菌の除菌方法や気になる頻度

食器を拭いたり、台所を拭いたりするふきん、毎日どの様に洗濯をしていますか?手洗いして干すだけ?それと...

雑巾の洗い方は洗濯機でもアリ!洗い方のポイントや注意点

雑巾の洗い方といえば手洗いが基本ですが、洗濯機を使って雑巾を洗いたいと思ったことはありませんか?...

ポリエステルの洗濯しても落ちない臭いを効果的に落とす方法

洗濯をしても、どうしても臭いが残ってしまうという服はありませんか?実は服の臭いは、使われている素材に...

染み抜き【血液】裏技を紹介!簡単にできるコツやおすすめ

服に付いてしまった血液の染みはなかなか落ちないのが難点。そんな血液を簡単に染み抜きすることができ...

洗濯の基本のやり方と、その前にやる大事なポイントとは

一人暮らしを始めると家事は自分でやらなくてはいけませんね。掃除はなんとなく出来ても、初めての洗濯...

洗濯マークのドライセキユ系の謎についてわかりやすく解説します

洗濯マークを見ると、手洗いできるのにドライセキユ系?と、疑問に思われた方。2016年12月か...

洗濯のシミ汚れは漂白剤と重曹で綺麗に!シミ抜き方法を解説

衣類についたシミ汚れを綺麗にしたいと考えている人におすすめなのが、重曹と液体漂白剤を使った漂白方法で...

重曹を使って洗濯!洗濯機に直接入れると故障を招く理由について

重曹は掃除にも使用ができて、汚れを落とすだけでなく消臭効果もあると、重宝されています。また洗濯にも良...

浴衣の洗濯方法のコツ。正しい保管の仕方でいつまでも大切に

浴衣の洗濯方法の基本やコツを掴めば自宅でも簡単に洗うことができます。クリーニングに出してしまえば簡単...

洗濯で漂白したらピンクになった理由や変色を取る方法と予防策

洗濯物が漂白剤を入れたのにピンク色になってしまった経験はありませんか?実はその漂白剤にあるものが反応...

洗濯物のほこりの原因と洗濯槽の掃除方法やほこりへの対策を紹介

洗濯物にほこりが付いているとせっかく洗ったのにショックですよね。では、洗濯物にほこりが付いてしま...

洗濯に漂白剤は必要か正しい漂白剤の使い方や上手に洗濯するコツ

洗濯をする度に漂白剤は必要か迷うこともあるでしょう。汚れを漂白剤を入れた方が落ちるのか、漂白剤を入れ...

洗濯表示。新しい一覧表のわかりやすい見方をご紹介します!

洗濯表示が新しくなりました。一覧表に並ぶ、マーク・記号を正直、全部は覚えられません。そんな、...

スポンサーリンク

スニーカーを洗うなら靴用洗剤の代用にオススメなのは洗濯洗剤

靴を洗うとなると、なんだか特別な洗剤が必要になるような気がしませんか?
でも、靴を洗うのに、実は洗濯洗剤で代用ができてしまうんです。

洗濯用洗剤が代用になる

靴についている汚れを落とすには、洗濯用洗剤で十分な効果を発揮できるので、「靴を洗わなくてはいけないのに、適切な洗剤がない」場合でも、ご家庭にある洗濯用洗剤を代用して洗ってみても、全く問題はありません。

靴に洗濯用洗剤の粉をかけて、濡らした歯ブラシなどで、汚れを落としていきます。

その後はしっかりとすすぎをしましょう。この部分がしっかりしていないと、靴にシミや黄ばみが残ってしまうので、注意しましょう。

洗った後は、新聞紙の上にして、乾かしてあげると良いと思います。

あとは、中性の洗剤でも代用が可能になります。

靴用洗剤がなくても家にある代用品で十分キレイに洗える

先程の記事でも触れましたが、汚れている靴を洗いたいけれど、洗剤はどんなものが良いのか?について説明しましたが、洗濯用洗剤でも代用できることがわかりました。

しかし、その他のものでも靴を洗う時に代用できるものがありますので、ご紹介していきたいと思います。
専用の洗剤にこだわらなくても、家にあるもので十分対応が可能になります。

  • ボディーソープ
    え?と思われるかもしれませんが、お風呂にあるボディーソープも靴を洗う時に役立つ一品なようです。
    ただ、ボディーソープとなると、個人のこだわりがあり、匂いがきついものもあると思います。
    その匂いが靴に移る可能性もあるので、その点に注意しましょう。
  • 固形石鹸
    家にある固形石鹸を使用をブラシにつけて、後は靴につけて洗うだけです。汚れがしっかりととれます。
  • 重曹
    色んな所に使える重曹ですが、靴の洗濯にも使えます。重曹も試してみてはいかがですか?

靴用洗剤でも代用品でも靴の汚れをキレイに落とす方法

靴を洗濯したいと思ったら、靴用洗剤であっても、他の代用品であっても、とにかく靴にある汚れをとってしまいたいと思いますよね。

どんな方法が適切な方法で、靴の汚れをとることができるのでしょうか。

汚れをきちんと落とし、洗うだけではなく、すすぎもしっかり

泥などを落とし、その後に、洗剤と水を入れた容器に靴をいれる。
歯ブラシなどで、全体的な汚れをとる。

どの洗剤を使用しても同じ事が言えますが、洗うだけではなく、しっかりとすすぎもしていきましょう。この「すすぎ」の部分がしっかりしていないと、上記でも少し触れてはいますが、シミや黄ばみが残ってしまいます。
折角洗うのですから、その部分もしっかりして、二度手間にならないようにしましょう。

靴は洗剤と重曹を使えば臭いも汚れも落とせます

靴を洗濯する時には洗剤だけではなく、重曹も上手く使えば、汚れだけではなく、「匂い」も上手に落としていけます。

上記でも少し触れていますが、家の色んな部分を綺麗にできる重曹がここでもまた役にたってくれます。

重曹は他の洗剤と違って、嫌な匂いもとってくれます。
「この靴にある匂い、どうにかならないかな」と困っていませんか?
そんな問題にも、重曹なら対応していくことができます。

また、靴用の洗剤と重曹を両方使用しても、ちゃんと汚れを落とせます。

  1. 靴の紐をほどいて、ブラシで靴全体の汚れを落とします。
    汚れを落としたら、靴をぬるま湯につけます。
  2. 靴用の洗剤と重曹を混ぜて、ブラシにつけて汚れを落としていきます。
    細かい部分は綿棒などで対応していきましょう。
  3. ぬるま湯で汚れをとり、水ですすいでいきます。
  4. 日陰で乾燥させて、紐とつけたら、終了になります。

靴をキレイに洗ったら予防法で長持ちさせましょう

靴って洗った後、中々そのキレイさを保つことって難しいですよね。
でも、そんな頻繁には洗いたくないのが、心情だと思います。

そんな時の解決方法ご紹介シていきたいと思います。

  • 防水スプレーを使用する
    水分がつくと、どうしても靴は汚れてしまいます。それを予防するには、防水スプレーの使用が良い予防法になります。
    防水スプレーを利用して、汚れにくい靴にしていきましょう。
  • 重曹を入れておく
    通気性の良い袋に100gの重曹を入れておくと、水分を取り除いてくれたり、悪い匂いもとってくれます。
  • リンス水
    意外と思われるかもしれませんが、シリコン配合のリンス水をスプレーをしても、汚れが付きづらくなります。
    それを利用するのも良いですよ。

靴を洗濯するのに、代用になる洗剤であったり、予防できる対策について紹介してきました。
防水スプレー、重曹、リンス水など、「こんなもので汚れにくい靴になるの?」と思われるものもあったのではないでしょうか。
是非、あなたの生活に取り入れて、汚れにくい靴、また、より上手に靴の洗濯を行ってみてくださいね。