テンセルが洗濯で縮むのを防ぐ!正しい洗い方と注意点を紹介

肌触りが良く着やすいテンセルですが洗濯すると縮むことがあるのを知っていますか?
もしも、縮ませてしまったときはアイロンを使って元に戻すこともできるのです。

そこで、テンセルが洗濯で縮むのを防ぐための正しい洗い方についてお伝えしていきましょう。

洗濯機を使った方法と手洗い方法の両方をご紹介していますので、ぜひ参考にして洗ってみてください。洗った後の干し方や縮みの戻し方についても参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【雑巾の洗い方】重曹でも落ちない?汚れの種類で選ぶ洗剤

雑巾にも洗い方があるってご存知ですか?汚れがたっぷり付いた雑巾は、いつもの洗剤や重曹を使っても汚れが...

洗濯物がピンクに変色!変色してしまう色々な原因と対処法を紹介

衣類を綺麗にお洗濯するはずが、洗濯物がピンク色に変色。一体何が原因でピンクになってしまったのか、困っ...

洗濯の臭い取りに重曹が活躍!重曹の消臭効果と便利な活用方法

洗濯をしたあとに嫌な臭いが気になることもあります。綺麗に洗ったはずなのに臭いがすると、何だか嫌な気持...

洗濯機に漂白剤を入れるタイミングを紹介。頑固汚れもスッキリ

ソースやカレーが洋服についた、ワイシャツの首輪の頑固な汚れなど普通の洗濯では落ちきれない汚れがありま...

酸素系漂白剤を使った洗濯の使い方について知りたい

酸素系漂白剤は、色柄ものの洗濯に向いている漂白剤として愛用している人も多いです。とはいえ、使った...

洗濯すすぎ1回では臭いが気になる、臭いの気にならない洗濯方法

洗濯をすすぎ1回にすると臭いが気になるようになったというあなた。節約のためにすすぎ1回でも可能な洗剤...

洗濯【シミの落とし方】白い服についた油汚れもスッキリ落ちる

洗濯によるシミの落とし方は、シミ汚れの種類によっても方法が違います。そのシミがどんなシミなのかを確認...

洗濯マークのドライセキユ系の謎についてわかりやすく解説します

洗濯マークを見ると、手洗いできるのにドライセキユ系?と、疑問に思われた方。2016年12月か...

洗濯物の干し忘れで付いてしまった臭いをスッキリ取る方法

洗濯していたことを忘れ、うっかり洗濯物を干し忘れてしまった、という経験はありませんか?また、洗濯物を...

洗濯の時の漂白剤の使い方は簡単。基本的な使い方と注意点とは

掃除や洗濯など一人暮らしもなれてきた頃、洗濯物の臭いが気になりませんか?洗ったはずなのに白い...

過炭酸ナトリウムを使った洗濯槽掃除で失敗しないためのコツ

洗濯機から出した洗濯物に、黒っぽい汚れが付いているということはありませんか?特に白い洋服の場合には、...

洗濯表示にドライ表記がある衣類は乾燥機OK?洗濯表示の意味

衣類を乾燥機にかけようと思った時、洗濯表示にドライと書かれているものは乾燥機を使用しても問題はないの...

洗濯マークに『ネット使用』の記号はなくなりました

洗濯マークでは『ネット使用』との表示がされなくなりました。そのかわり『洗濯の際は洗濯ネットを...

墨汁の落とし方、服についてしまったものは

書道や書初めに欠かせない墨汁は、服についてしまったら、落とすことが難しい厄介なものですよね。しか...

洗濯のシミ汚れは漂白剤と重曹で綺麗に!シミ抜き方法を解説

衣類についたシミ汚れを綺麗にしたいと考えている人におすすめなのが、重曹と液体漂白剤を使った漂白方法で...

スポンサーリンク

テンセルは洗濯によって縮むことがある

自宅でそのまま洗濯をした時に縮んでしまう素材はいくつかありあますが、テンセルという素材と聞いたことはありますか。
洗濯表示をみることが少ない人は、見たことも聞いたことも無いかもしれません。
テンセルと表示されるのと同時に、指定外繊維と記載されています。
聞き慣れない言葉ですが、家庭用品品質表示法でまだ決められていない繊維である場合にはこのように書かれ分類されます。

テンセルの肌触りはやわらかくシルクに似たような印象をもちます。

ですので、着心地もよいものが多いです。
また、伸縮性もあるので着やすさも抜群です。
その他の特徴として、保湿性の高さや品のある光沢が揚げられます。
全体的に見て上品なイメージを与えますね。

テンセルの原料は木材のパルプです。

ここから柔らかな素材がうまれるのも驚きですが、さらに環境にもやさしいのです。

ですが、よい点だけではありません。

テンセルは洗濯で傷みが早くなったり縮んだりしてしまいます。

素材がそれほど強くなくデリケートなので、洗濯機にそのままいれるとダメージが大きすぎて傷みが早くなったり縮んだりしてしまいます。全体的にデリケートなので、摩擦が起こらないよに注意したり、保管環境にも気を付けることが必要でしょう。

テンセルが縮むのを防ぐ洗濯機を使った洗い方

デリケートな素材のテンセルであってもきちんと洗濯の仕方やポイントを守れば、洗濯機で洗うことも可能です。

デリケートな素材の洗濯に必ず必要なものといえば洗濯ネットです。

洗濯機で洗うときには必ず必要なので覚えておきましょう。
また、洗濯ネットに入れる時は「裏返して」入れます。

使う洗濯洗剤は、おしゃれ着洗いようの洗濯洗剤を用意して使います。
このタイプの洗濯洗剤は中性なので、どれを選んだらいいかわからない時は「中性洗濯洗剤」という表示を探すようにしましょう。

洗濯コースも通常コースで洗うのではなく、手洗いコースに設定し優しく洗いましょう。
洗濯機の使い方は、コースや洗剤が違うだけでそれほど難しくはありません。

ですが、洗濯コースや使う洗剤の他に大切なポイントがあります。
それは、洗濯に使う水の温度です。
普段洗濯にお湯を使っている家庭もあるでしょう。
しかし、テンセルを洗濯するときには水の温度に注意です。
洗濯の時に使う水は30度以下になるように気をつけましょう。

また、脱水時間も短く設定してください。
コース選択のときに設定できない場合には、脱水に入ったら洗濯機をとめて取り出します。
脱水の時間の目安として30秒程度でOKです。
長い時間脱水にかけないように、洗濯機を動かしたら忘れないように気をつけましょう。

テンセルを洗濯で縮むのを防ぐための手洗い方法

洗濯機で洗うのは心配…という人は、手洗いでテンセルの洋服を洗いましょう。

【用意するもの】

  • 洗面器やタライなど
  • 中性洗濯洗剤
  • 柔軟剤

【手洗いの方法】

  1. 洗面器に水を入れて、洗濯洗剤をいれます。
    この時に使う水は洗濯機のときと同様に、30度以下の水にします。
    洗剤の量は水の量に合わせて決めます。
  2. 水と洗剤がよく混ざったら、テンセルの洋服を裏返しにして押し洗いします。
  3. よく洗ったら、洗剤をすすぎます。
    ゴシゴシこすらずに、水を替えながらすすぎます。
  4. きちんとすすげたら、水を洗面器にいれて柔軟剤をいれます。
  5. 洋服をつけ置きします。
  6. 最後に脱水したら終了です。
脱水は、手で優しくしてもいいですし、洋服のおおきさによっては洗濯機での脱水も可能です。
脱水時間も先ほどご紹介した方法でやりましょう。

洗濯した後は干し方にも気をつけましょう

では、洗濯して脱水した後はテンセルの洋服を干すことになります。

テンセルの洋服を干す際には、しっかりとシワを伸ばして形を整えて干しましょう。

普段の洋服を干す時もシワをのばして干していると思うので、普段の干し方と同様で構いません。

この時、ハンガーにかけて乾かすよりも、もし洗濯物を干すスペースに余裕があるときには平干しで干しましょう。
直射日光の当たらない、風通しの良い場所が干し場所としてベストです。

基本的にはテンセルはシワにはなりにくい素材なので干す時にこういった点に気をつけていると乾いたらそのまま着て出かけれることがほとんどです。
ですので、きちんと干して乾かすのがおすすめです。

洗濯によるテンセルの縮みの戻し方とは

気をつけて洗濯していても、何度も着用して洗濯をしていくとシワができたり、縮んでしまうということもあります。

この水が原因の縮みはきちんと戻すことができるので落ち込む必要はありませんよ。
縮みを戻すために必要なものはアイロンと当て布です。

テンセルの縮み対処法

アイロンを使って縮みを戻すときのポイントです。

  • アイロンの設定温度は中温
  • 当て布を使用し、アイロンのスチーム機能を使う
  • 生地を引っ張って伸ばしながらアイロンをかける
スチームアイロンに限らず、霧吹きなどを使って湿らせてアイロンをかけてもOKです。また、アイロンの摩擦を防ぐために、アイロンを動かす時は往復せずに端から端まで行ったらアイロンをはずして、またスタート地点に戻ってアイロンをかけるようにしましょう。
そうすることで、デリケートなテンセルを傷みから守ることができます。
縮みは使っているうちに時間が経てば段々と伸びていきます。
しかし、洋服であれば縮んだ状態は見た目にもいい状態とは言えないので、もし縮んでしまった時はアイロンを使って直してしまうのがおすすめです。