手洗いと洗濯機の違いについてメリットや洗濯上手な活用のコツ

手洗いと洗濯機の違いについて、いつも洗濯機を使って洗濯をしていると意外に気が付かないことがあります。洗濯機を使って洗濯をすれば、時間も短縮できますし、何より手軽ですよね。しかし、手洗いを上手に活用すれば、大切な洋服を傷めずに長く着ることもできるのです。

そこで、手洗いと洗濯機の違いについて、手洗いすることと洗濯機を使って洗うことの違いと手洗いのメリット、手洗いのやり方や洗濯機の手洗いコースと手洗いの使い分けや活用のコツなどお伝えしていきます。

これで洗濯をするときに手洗いをするか洗濯機を使うか判断もしやすくなりますし、安心して洗濯することができるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

白スニーカーの黄ばみには酢が効く!その理由と使い方について

白スニーカーを靴箱から出して、いざ履こうと思ったら黄ばみが発生していることありませんか?きれ...

白スニーカーの洗い方は重曹を使って汚れも黄ばみもスッキリ

気がつくと汚れや黄ばみができてしまう白スニーカー。そんな白スニーカーの洗い方は、重曹を使った方法...

布巾の正しい洗い方!簡単に洗う方法と干し方で清潔に保つ方法

キッチンで使っている布巾を洗うとき、どのような洗い方をしているでしょうか。キッチンで使った布巾には菌...

ハンコのインクが洋服についたときの落とし方の手順を紹介

ハンコのインクをうっかり洋服につけてしまったとき、一体どんな落とし方をすればインクが綺麗に落ちるのか...

スエードの靴を自宅でキレイにする方法!自分で洗う正しい洗い方

秋や冬に大活躍するスエードの靴。汚れないように気を付けて履いていても、どうしても汚れが目立ってくるこ...

洗濯しても臭いが取れない原因。対処法でスッキリ取り切ろう

洗濯したのに臭いが取れない、洗濯物から汗の臭いがするとお悩みのあなた。しっかりと洗剤も柔軟剤を使って...

洗濯物の生乾きの対処法!洗剤でも落ちないイヤな臭いを取る方法

一度付いてしまった生乾きの臭いは、普段の洗濯洗剤を使ってもそう簡単にはなくなりません。雨が続いたり、...

ドライクリーニング表示でも自宅でポリエステルの衣類は洗えます

ドライクリーニングマークがついているポリエステルの衣類。クリーニング店に出した方がいいことはわかって...

【上靴の洗い方】洗剤を入れてつけ置きで汚れも臭いもスッキリ

お子様の上靴は、室内でしか履いていないはずなのに、どうしてあんなに汚れるのでしょうか。特に薄い色だと...

洗濯の基本のやり方と、その前にやる大事なポイントとは

一人暮らしを始めると家事は自分でやらなくてはいけませんね。掃除はなんとなく出来ても、初めての洗濯...

洗濯してもシミが落ちない場合に試してほしい方法をご紹介します

洋服についた油や泥などのシミ。洗濯しても落ちなかったという経験を持っている人も多いのではないでしょう...

洗濯物が裏返しの夫にイライラ!洗濯ストレスを改善する方法

洗濯物を何度言っても裏返しのままに出す夫。洗濯物が裏返しのままだと、それを元に戻す手間がかかって...

洗濯に重曹やセスキ炭酸ソーダが使える!洗濯方法と効果を解説

洗濯をする時、重曹やセスキ炭酸ソーダを洗剤の代わりに使用することができるこはご存知でしょうか。重曹や...

洗濯で漂白剤による色落ちを防ぐ方法と効果的な正しい使い方

洗濯をするときに漂白剤を使うと色落ちが心配になりませんか?でも、漂白剤を上手に使えば、気になる衣類の...

上靴の洗い方!つけおき洗いとこすり洗いで上靴を綺麗に洗おう

お子さんが幼稚園や学校から持ち帰った上靴。汚れが酷いときは、つけおきをして上靴を洗うと汚れが綺麗にな...

スポンサーリンク

手洗い洗濯と洗濯機洗いの違いについて

衣類には洗濯表示というものがついています。みんさんは洗濯表示をしっかり守って洗濯をしていますか?洗濯表示をしっかり守ることでお気に入りの衣類を長く着ることができます。手洗い洗濯と洗濯機洗いの違いはどのような違いがあるのでしょう。

洗濯機洗いは、手洗いに比べると力が強いため摩擦力が大きくなる

水洗い出来るデリケートな衣類は型崩れがしやすいため手洗い洗濯をすることをおすすめします。手洗いすることで衣類へのダメージが少なくなるので、長く衣類を着ることが出来るようになるのです。

手洗い2つの方法

自分の手で洗う手洗いと洗濯機の手洗いコースを利用する方法です。衣類にとってより優しい方法は自分の手で洗う方法です。洗濯機の手洗いコースは標準コースよりも水流や脱水が軽めに設定されているため、衣類への負担が少なくなります。しかし衣類への負担を少なくするためには自分の手で洗うことが一番いい方法になります。

手洗いと洗濯機洗いの違いには節約のメリットも

デリケートな衣類は手洗いすることがありますよね。手洗いすることで衣類への負担が少なくなることはもちろんですが、洗濯機とは違い電気を使わないので電気代の節約にもなります。しかも手洗いは少しの水で洗うことが出来るので節水にも繋がります。

手洗いで洗濯をする場所は入浴ついでにお風呂場で行う

使用する洗剤は洗濯用洗剤や手洗い用石鹸を使用します。洗剤を使う場合は必ず手袋を着用しましょう。

  1. 洗濯物をバケツやタライに入れる。
  2. ぬるま湯で洗うことで汚れ落ちがよくなります。
  3. すすぎは泡が出なくなるまですすぎます。
  4. 脱水は洗濯機の脱水を使用するようにします。絞りがしっかり出来ていないと悪臭の原因になります。
  5. 脱水後はすぐに干します。

デリケートな衣類でも安心なのが洗濯機と手洗いの違い

お気に入りのデリケートな衣類をみなさんはどのように洗っていますか?手洗いは難しそうだと感じている人も多いですよね。デリケートな衣類を洗濯機で洗濯すると洋服同士が絡まってしまい、袖や裾が伸びてしまうこともあります。そのためデリケートな衣類は手洗いしましょう。

手洗いすることで衣類を優しく洗うことができる

衣類も傷みづらく、服が伸びてしまうことを防ぐことができます。衣類がダメージを受けることが少ないので、良い状態のまま長持ちするので長く着ることができるのです。

洗濯機で衣類を洗うと、機械でまとめて洗いますから、それぞれの服に対して適切な洗い方ができないです。手洗いをすると衣類に合った方法で洗うことが出来るのでデリケートな衣類には手洗いをすることをおすすめします。洗濯機と手洗いの違いは衣類の傷みになります。

人の手による手洗いなら汚れや衣類によって洗い方を変えることができる

衣類の洗濯表示に手洗いマークがついている場合は必ず手洗いしましょう。手洗いにはいくつかの方法があります。汚れ具合や装飾に合わせ適切な方法で洗うことができます。お気に入りの洋服や、ビーズやスパンコールなどの装飾がついている衣類はおしゃれ着用洗剤を使い手洗いすると、長い期間着ることが出来ます。

つけ置き洗い
あまり汚れていないセーターやニットはこの方法でキレイになります。汚れている部分を表面にしてたたみ、洗剤液につけこみます。15分つけ込むとすっきり汚れを落とすことができます。

押し洗い
ウールやニットを洗う場合に適しています。洗面器に洗剤を溶かしぬるま湯作りその中につけ込みます。全体が浸かった状態で上から優しく何回か押します。繊維の縮みを防ぎながら汚れを落とします。こすったり力を入れすぎると衣類に負担がかかってしまうので軽く押すよういします。

振り洗い
洗剤を溶かした水の中に衣類を降るように洗う手洗い方法です。衣類が伸びないように水の中で優しく振り洗いしましょう。

洗濯機の手洗いコースも活用して上手に洗いましょう

手洗いは、洗濯機で普通に洗濯をすることができないデリケートな衣類を洗う場合に手洗いします。洗濯機の手洗いコースやドライコースでもデリケート衣類を洗うことができます。普通のコースに比べると水流が優しく、脱水時間も短めに設定されていることが多いです。デリケートな衣類を洗濯機の手洗いコースで洗濯する場合は洗濯ネットを必ず使用し、洗剤もおしゃれ着洗い用の洗剤を使用しましょう。

普通の洗濯と手洗いする使い分けは洗濯表示を必ず確認すること

デリケートな衣類や型崩れしやすい物、色落ちしやすい衣類は必ず手洗いしましょう。又長く着たい洋服や装飾がついているものやニットやセータなどは手洗いしましょう。ニットやセーターを普通に洗濯してしまうと、縮んでしまい着ることが出来なくなってしまう可能性もあるので注意が必要です。

洗濯表示に手洗いマークがない衣類は普段通りに洗濯機で洗いましょう。