洗濯機が臭い。ドラム式が臭う場合の原因と対処法とは

洗濯機が臭いと感じたら、ドラム式洗濯機の場合でもその臭いの原因を取り除かなければなりません。ドラム式洗濯機は見た目もオシャレで乾燥機能も付いているので便利ですが、こまめな掃除をしないと嫌な臭いがしやすいのです。

ここでは、そんなドラム式洗濯機からの嫌な臭いの原因や不快な臭いを取り除く方法、さらにドラム式洗濯機に嫌な臭いをさせない予防法や臭わせないための掃除の頻度や対策などお伝えしていきましょう。

これを読めば、すぐにその悪臭を取り除くことができますよ。ぜひ参考にして日頃から臭いの対策をしてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯機の使い方【ドラム式編】注意点や洗剤選び・お手入れ方法

洗濯をしようと思っても、自宅のドラム式洗濯機の使い方がいまいちよくわからない人もいますよね。特に、今...

洗濯機の掃除を業者に任せるメリットや気になる費用相場と選び方

洗濯機の掃除を業者に頼むと、いつも自分で掃除してても取り切れなかった洗濯槽の汚れや臭いが綺麗になりま...

洗濯機掃除を塩素系漂白剤で!手順やメリット・注意点を解説

お洗濯をすると洗濯機にも汚れが付着してきます。衣類を綺麗にするには洗濯機の掃除を行なうことも大切です...

洗濯機のネットの掃除方法について頻度や交換でキレイを保つコツ

洗濯機のネットの掃除方法について調べているあなた。洗濯機のネットは洗濯物から出るホコリやごみをキャッ...

洗濯機のホースの取り付け方が自分でもできるコツや注意点

洗濯機のホースの取り付け方の手順やポイントがわかれば、自分でも簡単に洗濯機を取り付けることができます...

洗濯機の買い替え。おすすめ7kgサイズ、洗濯機のタイプ

洗濯機を買い換えるなら、おすすめは?洗濯機を選ぶ基準は、家族構成と、設置場所。一般的...

洗濯機の選び方!一人暮らしの洗濯機は音が静かな洗濯機を選ぼう

これから一人暮らしを始めようと考えている人もいますよね。色々な家電を準備しなくてはなりませんが、洗濯...

水通しは洗濯機の掃除をしてから!ドラム式のやり方と水通し方法

産まれたばかりの赤ちゃんの衣類は水通しをしなければなりません。しかし、その前に洗濯機を掃除するこ...

洗濯機のホースからの水漏れの原因や対処法と水漏れ対策

洗濯機のホースからの水漏れに気がついたら焦ってしまいますよね。しかし、気がついたときはどこから水漏れ...

洗濯機を買い換えるならおすすめはやっぱりドラム式!

洗濯機を買い換える時、まず『縦型』か『ドラム式』かで迷いますよね。今の時代、洗濯機を買い換え...

洗濯機の掃除。洗剤投入口のお手入れのコツやカビ撃退方法

洗濯機の掃除をするときは、洗剤投入口を掃除することも大切です。しかし、やり方がよくわからないとつ...

洗濯機の蛇口の高さの変更方法と自分でするときの注意点とは

洗濯機の蛇口の高さが合わなくて、購入した洗濯機が設置できない場合があります。そんなときは、洗濯機...

洗濯機パンにカバーをすれば掃除もしやすく見た目もスッキリ

洗濯機パンにカバーをすれば、むき出しで見た目が気になっていた洗濯機のホースも隠すことができます。洗濯...

洗濯機【一人暮らし用】ドラム式を選ぶメリットや注意点と相場

洗濯機を一人暮らし用のドラム式に買い換えようか悩んでいるあなた。まずは、ドラム式洗濯機のメリット...

洗濯機の選び方!一人暮らし用におすすめの洗濯機の選び方を解説

一人暮らしをするときは色々な物を準備しなくてはなりません。洗濯機もそのうちの一つですよね。一...

スポンサーリンク

ドラム式洗濯機の気になる臭いの原因とは

ドラム式洗濯機から臭いがする原因は色々なことが考えられます。

生臭い、汗臭い、カビ臭い場合はカビや雑菌が出す老廃物になります。カビや雑菌は生き物なので、汚れを餌にして繁殖します。その老廃物が臭いの原因になります。悪臭を元からたつにはカビや雑菌そのものを根こそぎ取り除かないといけないのです。洗濯槽にこびり付いたカビや雑菌を取りきらないと臭いはすぐに復活します。普通に掃除をするだけでは臭いは取れないのです。

対処法はドアの内側パッキン部分は毎回水気や糸くずが付着するので手入れしましょう。そして定期的な洗濯槽のお手入れもします。洗濯槽は専用のクリーナーを使い掃除をします。

乾いている時は気にならない臭いですが、濡れることで衣類の臭いが気になることもあります。それは濡れることにより雑菌臭がしているためです。

対処法は洗剤や柔軟剤の入れすぎによってすすぎの回数不足で臭いが発生することもあります。すすぎを2回以上行う、注水すすぎにするよういしましょう。又臭いが気になる場合は、お風呂の残り湯を使用しないようにしましょう。そして入浴剤を入れた残り湯は使用しないことです。

乾燥機機能付き洗濯機の場合は、乾燥機能を使うと特に臭くなることがあります。理由は洗濯槽に付いている老廃物が蒸発するためです。ひどくなると洗濯物にも臭いがついてしまう可能性もあります。乾燥の時は洗濯機の温度が上がり、老廃物がいつもより多く蒸発します。低温では気が付かない程度の臭いでも高温になると悪臭に変わります。そのため掃除のタイミングを見分けることが出来ます。

ドラム式洗濯機の不快な臭いを取り除く方法

ドラム式の洗濯機から嫌な臭いがすることありますよね。洗濯機は水を使って汚れを落とすので、カビがいても不思議ではありません。しかし洗濯機の中を見てもカビが発生しているようには見えないです。嫌な臭いがする時は汚れが溜まっている可能性があります。洗濯機から臭う不快な臭いを取り除く方法を紹介します。

ドラム式洗濯機の内側から臭う場合

洗濯機のトラブルで一番多い内側から臭いが出るケースです。洗濯物が臭かったり、洗ったのに黒ずんだ汚れがついたりする場合は洗濯槽の汚れが原因になります。洗濯槽は常に湿っている状態で衛生的によくありません。洗剤の溶け残り、糸くずなどを餌にして雑菌やカビが繁殖してしまいます。放置しておくと雑巾のような臭いがするので定期的に掃除をするようにしましょう。

掃除の方法は専用のクリーナーを使い掃除をします。クリーナーを使うと簡単に掃除が出来ます。電源を入れてクリーナーを投入します。後は槽洗浄コースのボタンを押し1回洗うと完了します。汚れが気になる場合は給水した後に一時停止して半日放置すると効果があります。

ドラム式洗濯機の外側から臭う場合

洗濯槽からは臭いがなく、洗濯物の仕上がりも普通の場合は、排水口の汚れに原因がある可能性もあります。洗濯機の排水口は洗濯をするために使った水を流すので汚れが溜まりやすいです。しかも掃除もあまりされることがないので、汚れが溜まりやすいのです。掃除をしないと汚れを餌に繁殖した雑菌が臭いを出すのです。放置すると詰まってしまうので定期的に掃除をするようにしましょう。

掃除の方法は排水専用のクリーナーを使いましょう。そして細かいゴミを取り除くために使い古した歯ブラシでこすると綺麗になります。排水口からホースを外し、排水口周りの細かなパーツも取り外し歯ブラシでこすり綺麗にします。排水口も綺麗にこすり、パイプクリーナーを入れて排水管を洗浄します。しばらくつけ置き後、コップに水を入れて配管に水を流し綺麗にします。外したパーツを再び取り付けると完了です。

ドラム式洗濯機に嫌な臭いをさせない予防法とは

ドラム式洗濯機から嫌な臭いがすると黒カビが発生している可能性があります。

洗剤の溶け残りや、衣類に付着している汚れが洗濯槽の中で黒カビの栄養分となり黒カビになるのです。嫌な臭いを発生させないためには普段から予防するようにしましょう。

  • 湿気を溜めないこと
    洗濯が終わったらフタを開けて、濡れた洗濯物を入れっぱなしにしないですぐに干すようにしましょう。
  • 洗剤
    洗濯も洗濯するのに大切なものです。洗剤が少なすぎたり、多すぎてしまうと汚れ落ちが悪かったり、すすぎが十分に出来ずに臭いの原因になることもあります。しっかりと容量を守るようにしましょう。すすぎが不足すると洗濯物に雑菌が繁殖しやすくなります。そうなると生乾きのような嫌な臭いが発生することもあるのです。洗濯をする時に洗剤を使って洗濯をするのに、すすぎがしっかり出来ていないと洗剤が洗濯物に残ってしまい乾いている砥粒で臭いが出てしまうのです。
  • 風通しをよくする
    浴室と洗濯機が隣接している家庭が多いです。浴室の近くにあると熱がこもりやすく、湿度も高くなります。カビが繁殖する環境にならないようにできるだけ風通しとよくしておきましょう。

ドラム式洗濯機を臭わせないための掃除の頻度

洗濯槽の汚れは目には見えない場所に溜まります。そのため臭いが出るまでなかなか掃除をしない人が多いのです。洗濯物に茶色いカスのような物がつく、洗濯したばかりなのに臭いが気になるなどの症状が出てから洗濯機の掃除をする人が多いのです。

洗濯槽の汚れが酷いと剥がれ落ちたカビが洗濯物に付着することもあります。小さな子どもがいる家庭ではアレルギーの原因になる可能性もあるので、洗濯槽の掃除は定期的に行うようにしましょう。

洗濯槽を清潔に保つためには1~2ヶ月に1回を目安に掃除するようにしましょう。湿度の高い季節は洗濯槽の中もカビが発生しやすくなります。気になる場合は頻度を短くして掃除をするようにしましょう。

ドラム式洗濯機の臭いには日頃から対策をしよう

ドラム式の洗濯機に臭いが気になる場合は日頃から対策をするようにしましょう。洗濯機から雑巾のような生臭い臭いは洗濯槽で繁殖している雑菌が原因です。この雑菌が湿気、湿度、栄養の3つの要素が揃うとかなりのスピードで繁殖します。

日頃から対策をすること

  • お風呂の残り湯は出来るだけ使わない。使う場合はすすぎには使用しない
  • 水量を多めに設定する
  • 洗濯機を使っていない時はフタを開けておく
  • 洗濯が終わったら洗濯物をすぐに干す

定期的に行うこと

  • 専用の洗剤を使用して掃除をする
  • 排水トラップを排水口を掃除

湿った状態が長く続くと雑菌が繁殖しやすく生乾きのような臭いがしてしまいます。一度臭いがついてしまうとなかなか取ることが出来ないので日頃から臭いが発生しないように出来る対策はやるようにしましょう。