洗濯機のホースの収納方法のコツは簡単アイデアでスッキリ解決

洗濯機のホースの収納方法にお悩みの方は必見です。
洗濯機の排水ホースはゴミがたまりがちで掃除が面倒だし、洗濯機置き場が狭いときはその分のスペースもなんとかしたいですね。
できれば排水ホースは目立たずに、さらに収納に使える工夫があると便利になります。

そこで、洗濯機の排水ホースの収納方法について、隠してスッキリさせる方法や掃除がしやすくなる工夫、簡単手作りする収納方法やお手軽アイテムを使ったアイデアなどお伝えしましょう。

これで、気になっていた排水ホースもスッキリと収納することができますよ。
早速試してみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯機の寿命はカビ落としと発生させない工夫で長く使うコツ

洗濯機の寿命のためにはカビ落としも大切。洗濯槽に黒いカビを発見したときは、すぐに除去しましょう。では...

洗濯機の重曹量に注意して掃除する方法や漬け置きのコツとは

洗濯機に重曹を使うときは、量に気をつけなければなりません。重曹は環境にも優しく、小さなお子さんの...

洗濯機掃除を塩素系漂白剤で!手順やメリット・注意点を解説

お洗濯をすると洗濯機にも汚れが付着してきます。衣類を綺麗にするには洗濯機の掃除を行なうことも大切です...

洗濯機の臭いが下水臭い原因と対処法や掃除方法で予防するコツ

洗濯機の臭いが下水のような嫌な悪臭だと、洗濯をするのにも気分が悪くなってしまうかもしれませんね。洗濯...

洗濯機の故障かも?回らない原因や対処法と手洗いするコツとは

洗濯機の故障なのかと回らないときは疑ってしまいますよね。いつも動いていた洗濯機が突然回らなくなってし...

洗濯機を選ぶならおすすめはドラム式洗濯機【節水・節電・時短】

今お使いの洗濯機が何年も経っていて、そろそろ新しい洗濯機に買い換えの時期かなと感じていませんか?...

洗濯機のホースの掃除の仕方の手順とキレイに長持ちさせるコツ

洗濯機のホースの掃除の仕方についてお悩みの方は必見です。洗濯機の排水ホースは掃除をしないままでい...

洗濯機パンの交換を自分でする注意点や業者に依頼したときの費用

洗濯機パンの交換はパンが破損してしまったり、新しく洗濯機を買い替えたときなど必要になりますよね。でき...

洗濯機の蛇口の全開は使用後に締めている?開けっ放しの危険性

洗濯機のホースをつないでいる蛇口どうしていますか?洗濯機専用だからといって全開にしたままではありませ...

洗濯機ネットの簡単な掃除方法とホコリを取りやすくするコツ

洗濯機のネットは掃除をせずにそのままにしているのは洗濯の逆効果です。洗濯で出たごみをネットでせっかく...

洗濯機の蛇口を開けっ放しにするのはNG!未然にトラブルを防ぐ

皆さんは洗濯機の蛇口を洗濯のたびに閉めていますか?それとも開けっ放しにしていますか?洗濯機の蛇口を開...

洗濯物は除湿機を使うと早く乾く?嫌な臭いを防ぐ乾かし方

湿度の高い季節になると部屋干しの洗濯物が乾きにくくなりますよね。そしてそうなると嫌な臭いが発生するの...

洗濯機の蛇口の高さの変更方法と自分でするときの注意点とは

洗濯機の蛇口の高さが合わなくて、購入した洗濯機が設置できない場合があります。そんなときは、洗濯機...

洗濯機の寿命【ドラム式】を長持ちさせるコツや選び方のポイント

洗濯機には寿命がありますが、ドラム式洗濯機の寿命はどれくらいなのでしょうか?これからドラム式洗濯...

水通しは洗濯機の掃除をしてから!ドラム式のやり方と水通し方法

産まれたばかりの赤ちゃんの衣類は水通しをしなければなりません。しかし、その前に洗濯機を掃除するこ...

スポンサーリンク

洗濯機の排水ホースの収納方法は隠してスッキリ解決

子供がいる家庭では、毎日洗濯機を使用することが多いですよね。洗濯機置場が狭く排水ホースが見えると見た目が悪い、ゴミや埃が溜まりやすいので、掃除をこまめにする必要があります。
排水ホースは埃が溜まりやすく、すき間に入った埃はブラシなどを使わないと埃が取りにくいので掃除が大変です。
掃除の度に排水ホースを外し水洗いするのは大変です。見た目や掃除の回数を減らすために収納すると問題が解決します。

排水ホースがそのままの状態になっていると、蛇腹についた埃が取りにくいく、掃除機では簡単に取ることができません。洗濯機と壁の間は奥まで手が届きにくいので掃除が面倒になります。洗面所の埃はこまめに掃除をしないと、湿気を含むと落としにくくなります。洗濯機下の洗濯パンには埃や髪の毛が溜まりやすいので、カバーをするとゴミが溜まりにくくなるので悪臭がすることもありません。

排水ホースカバーを置くと便利です。カバーを置くことで上に収納カゴなどを置くことができます。

洗濯機の排水ホースは収納方法の工夫でより便利に

お宅の洗濯機周りは、綺麗に収納されていますか?洗濯機の周りに収納ラックを置いて綺麗に片付いているお宅もありますが、洗濯機を設置する場所は洗面所やお風呂場が近いのでタオルなど洗剤、子供のおもちゃなどたくさん置いている家庭も多いです。

洗濯機の周りをスッキリさせるためには物を減らすことです。物が多いと収納するためにラックや棚が増えます。洗濯機の周りには余分なものは置かないようにしましょう。又見た目も大切です。工夫次第でより便利になります。

重ねることが出来る足付きの台を使いラックにすると、洗濯機の排水ホースを目立たなくすることができます。高さも調節することが出来ます。そしてラックの上に洗濯カゴなどを置くことが出来るので便利です。

洗濯機周りをおしゃれに収納するためには、質感や色を統一しましょう。タオル類の色を同系色にするだけでも統一感が出ておしゃれに見えます。小物入れやケースなど見える所の収納方法を工夫してみましょう。

洗濯機の排水ホースの収納方法は簡単手作りもオススメ

洗濯機の洗濯槽は掃除をする回数が多いですが、排水ホースの掃除も定期的にしていますか?排水ホースは蛇腹になっているので、埃やゴミ溜まりやすく掃除がしにくいです。しかし掃除をしないと嫌な臭いがしたりしてしまいます。
できるだけ掃除の回数を減せるよう、見た目もよくするために目隠しを作ってみましょう。

自宅の洗濯機置き場に合わせたサイズで作ることができます。

【用意するもの】

  • 合板
  • 木工用ボンド

合板はお店によっては、好みのサイズにカットしてくれる店舗もあります。
組み立て方はボンドでくっつけるだけです。一晩放置すると完成します。

合板で目隠しを作ったのでその上に収納ボックスを置くことで、脱衣場で使用するタオルなどを収納することができ、見た目も綺麗になります。目隠しをしたので、すき間全体がすっきりして掃除がしやすくなります。

洗濯機の排水ホースの収納はアイデア次第で使いやすくも

賃貸の洗濯機置場にはラックや棚、洗濯パンなどがない物件もあります。賃貸なので勝手に棚を付けるわけにもいきません。洗濯をする場合、洗剤や柔軟剤を使うので置き場所が必要になります。

何かいい方法はないかと悩んでいたら、洗濯機の横にあるすき間が勿体ないことに気が付きました。排水ホースの見栄えを良くして、収納する方法を紹介します。

まず洗濯機の横にコの字のラックを置き、その上にカゴを置くことで洗剤や柔軟剤を収納することが出来ます。
このすき間を使用することで、排水ホースも見えなくなるので見栄えが気にならないし、上のスペースを有効活用することが出来ます。

収納方法を見直して洗濯機周りもオシャレに快適に

洗濯機は毎日使用することが多いですが、洗濯機の周りは埃やゴミが溜まりやすい場所です。洗濯機の下には防水パンと呼ばれる物があります。この防水パンを塞いでおしゃれに収納する人も多いです。台を作ることで埃やゴミが溜まりにくくなるので、掃除が楽になります。

そして、小さな子どもがいる場合は何にでも興味があるので触ってしまいす。排水ホースは掃除がしにくので、埃や髪の毛がたまりやすいし汚いので、出来るだけ触らせたくないですよね。
そこで排水ホースを目隠しカバーを作るようにしましょう。子供がおもちゃを置いたりすることが出来るように作るといいです。

又つっぱり棒を使うことで、洗濯機収納のかなり役に立ちます。洗濯が終わった後に必要なビンチハンガーなど吊るしておくことができます。軽い洗濯物はそのままつっぱり棒に干すことができるので、とても便利です。

100円均一の小物を利用すると、オシャレに低料金で洗濯機を洗面台のすき間快適にすることが出来ます。アイディア次第で排水ホースを見えなく出来るのDIYをしたり、ホームセンター台なども購入することもできます。見た目も掃除も楽になるのでオススメです。