洗濯機の寿命【ドラム式】を長持ちさせるコツや選び方のポイント

洗濯機には寿命がありますが、ドラム式洗濯機の寿命はどれくらいなのでしょうか?
これからドラム式洗濯機への買い替えを考えるなら、この先何年くらい使えるのかも選ぶポイントになりますよね。

ここでは、ドラム式洗濯機の寿命やドラム式を長持ちさせるコツ、ドラム式と縦型の洗濯機の違いや洗濯機選びのポイントについてお伝えしています。
これを知っていると洗濯機の買い替えのときも迷わないでしょう。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯機のホースを水道の蛇口へ!蛇口別の取り付け方をご紹介

洗濯機のホースは蛇口につなぐだけ!そんなイメージがありますが、蛇口の種類によっては、ニップルというホ...

洗濯機の重曹量に注意して掃除する方法や漬け置きのコツとは

洗濯機に重曹を使うときは、量に気をつけなければなりません。重曹は環境にも優しく、小さなお子さんの...

洗濯機にパンが必要な理由やメリットとないときの対処法とは

洗濯機の下にパンが必要なのには、洗濯パンを置くことでメリットがあるからです。一人暮らしで洗濯機を...

洗濯機のネットの掃除方法について頻度や交換でキレイを保つコツ

洗濯機のネットの掃除方法について調べているあなた。洗濯機のネットは洗濯物から出るホコリやごみをキャッ...

洗濯機の臭いの原因!取れない悪臭の効果的な掃除方法

服をキレイにするための洗濯機から、何だかイヤな臭いがする…そう感じたことはありませんか?洗濯機が...

洗濯機の蛇口交換の費用の目安や自分で交換するときの注意点

洗濯機の蛇口交換をする際には、費用がどのくらいかかるのか気になりますよね。業者に依頼すればそれな...

洗濯機の掃除【ドラム式の場合】洗濯槽の掃除法や頻度と予防策

洗濯機の掃除はドラム式洗濯機の場合、縦型洗濯機と違って手間がかかります。なので、臭いやカビが気に...

洗濯機の蛇口の全開は使用後に締めている?開けっ放しの危険性

洗濯機のホースをつないでいる蛇口どうしていますか?洗濯機専用だからといって全開にしたままではありませ...

洗濯機のくず取りネットが破れた時の原因と色々な対処法

洗濯機には洗濯の時に出たゴミや糸くず等を取ってくれるネットがあります。このネットがあるおかげで、洗濯...

洗濯機の掃除方法!洗剤入れの掃除のコツや注意点とカビ対策

洗濯機の掃除するけど洗剤入れの掃除はつい忘れがちではありませんか?しかし、洗剤入れの掃除を後回しにし...

洗濯機のホースの外し方作業の準備や手順と取り外すときの注意点

洗濯機のホースの外し方は手順と注意点さえ気をつければ、自分でもできる簡単な作業です。できれば、あまり...

洗濯機の掃除は分解を自分でする方法や効果とカビ対策とは

洗濯機の掃除は分解して行うことで、いつもの掃除では取り切れなかった汚れや臭いなどもスッキリと取り除く...

洗濯機の掃除を業者に任せるメリットや気になる費用相場と選び方

洗濯機の掃除を業者に頼むと、いつも自分で掃除してても取り切れなかった洗濯槽の汚れや臭いが綺麗になりま...

洗濯機の取り外しを自分でする方法や注意点と頼んだ場合の費用

洗濯機の取り外しは自分ですることができるのか気になりますよね。洗濯機の取り外しは水抜きをしっかりして...

洗濯機の故障で水抜きできないときに自分でできる対処法とは

洗濯機が故障してしまうと水抜きができなくなることがあります。洗濯を回している途中である日突然、洗濯機...

スポンサーリンク

ドラム式洗濯機の寿命は長くて10年くらい

家電製品には寿命がつきものです。洗濯機もその1つです。洗濯機は毎日使用することが多いのでその寿命は7年~10年と言われています。ドラム洗濯機は安くはないので少しでも長く使いたい電化製品です。

使い方で寿命を延ばす方法や長持ちさせるポイントをご紹介

洗濯機の日々のお手入れ方法について

ドラム式洗濯機を長く使うためには、洗濯機の中を定期的に掃除することが大切です。市販のドラム式洗濯機用の洗剤、漂白剤を購入して掃除すると綺麗に洗浄することができます。

縦型洗濯機の寿命も7~10年と言われているので寿命自体は変わりません。しかし日々のお手入れで洗濯機の寿命は変わってきます。

洗濯機の寿命は約7~10年にになりますが、各メーカーが定めている洗濯機の寿命はもう少し短くなります。ある日突然動かなくなったという場合は、基本的には部品を交換すると直すことができます。しかし交換ができないとその洗濯機は直すことができないので、新しい物に買い替えましょう。各メーカーごとに異なりますが、洗濯機の補修用性能部品の保有期間は約6年と言われています。

ドラム洗濯機の買い替えのサインはいくつかあります。すぐに止まるようになったり、脱水があまくなったり、しっかり乾燥できない場合は買い替えのサインかもしれません。

ドラム式に買い換えるなら洗濯機の寿命を長持ちさせるコツ

洗濯機の寿命を長持ちさせたいなら日々のメンテナンスが大切

ドラム式洗濯機は洗濯に必要な水量が縦型洗濯機よりも少なく、乾燥機能が充実しています。しかし繊維の持つ毛玉や埃が出やすいので、乾燥まで終わると洗濯機の扉付近に付着した埃を毎回こまめに取るようにしましょう。乾燥フィルターだけでなく、乾燥ダクトにも埃がたまるので、パイプに張り付いて取れなくなる前にブラシで取るようにします。この手入れを怠ると乾燥機能が十分に活用できなくなることもあります。

使用している洗剤、柔軟剤の種類

赤ちゃん用の洗濯石鹸、香りがキツい柔軟剤は成分がドラム式洗濯乾燥機内に残りやすいので注意が必要です。ドラム式は節水がメリットの1つなので洗剤量も縦型よりも少なめで良くなります。洗剤の入れすぎには注意しましょう。

入れる洗濯物の量、種類

洗濯物を入れる量にも注意が必要です。多い量をいっぺんに乾燥機にかけると乾燥している間に徐々にフィルターに埃がたまり、効率も低下します。そのため乾燥時間も長くなるので洗濯物の量には注意しましょう。

洗濯機の毎回のお手入れ

洗濯機を使用した後毎回お手入れしたい部分が2箇所あります。乾燥フィルターの拭き上げ、パッキン部分の拭き上げです。1回の乾燥の間にも徐々に埃が溜まり効率も低下します。毎回お手入れして、乾燥時間が無駄に長くなることを防ぎ、モーターの仕様時間を短くすることが長持ちさせるコツになります。

又週1でお手入れするようにしたいのが、糸くずフィルターの掃除と乾燥フィルターの水洗いです。糸くずフィルターは詰まると排水不調の原因に、乾燥フィルターは詰まると乾燥不調の原因になるのでお手入れはしっかり行いましょう。

ドラム式と縦型の洗濯機の違いとは

日々の生活に欠かすことの出来ない洗濯機。洗濯機には縦型洗濯機とドラム式洗濯機の2種類があります。買い替えを検討した場合どちらがいいのか迷ってしまう人も多いです。

縦型洗濯機とドラム洗濯機のメリット・デメリットについて

縦型洗濯機とドラム洗濯機とでは洗浄の方法も異なります

縦型洗濯機のメリット

  • 洗濯物同士をこすり合わせて洗うので汚れ落ちがいい
  • 大容量でもコンパクトな空間に収まる
  • 価格が安い

縦型洗濯機のデメリット

  • 衣類の傷みや絡みやすい
  • 乾燥機能を利用した場合、ドラム式よりも衣類が乾燥しにくい
  • 大物衣料の出し入れがしにくい


ドラム式タイプのメリット

  • 少ない水で洗濯が出来るので節水につながる
  • 洗濯物にシミや傷みが生じにくい
  • 少ない水で洗剤を溶かすので、濃度が濃く皮脂汚れに強い
  • 衣類を完全に乾燥させることが出来る

ドラム式のデメリット

  • 縦型洗濯機に比べると洗浄能力がやや劣る
  • 水量が少ないので色移りしやすい
  • サイズや重量が大きい
  • 価格が高め

ドラム式洗濯機がおすすめな人は、洗濯機置場が広く、洗濯にかかる水を節約したい、洗濯物を外や室内に干すことなく、完全に乾燥まで行いたいなどと言う人におすすめです。
縦型洗濯機がオススメな人は洗濯物の汚れをしっかり落とし毎回綺麗に洗濯をしたい、シーツなどの大物を頻繁に洗う、外干しが習慣で乾燥機能を使う機会が少ない、洗濯機置場が狭い人におすすめです。

寿命などを考えて、買い換える時の洗濯機選びのポイント

洗濯機選びに悩んだら何を基準に選ぶといいのでしょうか。洗濯機を選ぶときのポイントはどのようなタイプが必要なのか見極めることが大切になります。機能によりタイプがたくさんあります。

洗濯機を買い換える時の選び方ポイントを紹介します

  1. 家族人数、構成
    小さな子どもいる家庭では食べこぼしや泥汚れに強いコース、大人が中心なら皮脂汚れに強いドラム式がオススメです。
  2. 1日に洗濯をする回数
    まとめて1回で洗濯を済ませたい人は大容量の洗濯機がオススメです。汚れ具合や分け洗いをしたい人は洗濯時間が短い洗濯機がおすすめです。
  3. 乾かし方
    乾燥機能がついていると、天気の悪い日や気温が低く乾きにくい天気でも気にすることなく洗濯をすることができます。電気代が控えめなヒートポンプ乾燥のドラム式がおすすめです。

乾燥を頻繁に使うなら省エネのヒートポンプ式にしましょう。水を使わず、電気代も押させることができます。ヒートポンプで湿気を含んだ空気を除湿し、機外に排水します。乾いた温風で衣類を乾燥します。

乾燥機までは必要ないけど、室内で干す時にもう少し乾いていたらいいという人のためには風乾燥が搭載されているタイプにしましょう。ヒーターを使わず風を利用して、高速脱水でより乾燥した状態にします。使い方は室内干しの時により乾きやすい状態にしたり、少しだけ乾かしたい時に使用します。

ドラム式と縦型どちらか悩んだら主婦の意見も

洗濯機を購入するとき、ドラム式洗濯機を縦型洗濯機に悩む主婦も多いですよね。
ドラム式に買い替えたいと思っている主婦も多いですが、あえて従来の縦型洗濯機を購入する主婦が多いのです。

縦型が決めてになる理由は、取り出す時の姿勢、洗浄力がありました。腰痛持ちのためかがむのが辛いので縦型を選ぶ理由の1つです。
そして汚れ落ちがいい、干す場所がある家庭向き、ドラム式は干す場所がない、干す場所が狭い家庭に向いている傾向があります。

ドラム式から縦型に替い替える人も増えています。理由は子供の成長と共に衣類の汚れ具合が気になり、洗浄力の強い縦型を選ぶ人も多いです。運動系の部活や習い事を始めると衣類にたくさんの汚れがつくので、洗浄力の高い縦型洗濯機に買い替えたいをする人が増えているのです。

又ドラム式派は乾燥機の性能がいいので使い続けている人も多いです。外干しに比べるとふわふわに仕上がる。柔軟剤のいい匂いがきちんとついてくれるのは魅力的です。外干しをしない、乾燥機をよく使う主婦の方にはドラム式洗濯機が人気があります。