洗濯機のくず取りネットが破れた時の原因と色々な対処法

洗濯機には洗濯の時に出たゴミや糸くず等を取ってくれるネットがあります。このネットがあるおかげで、洗濯物にゴミがつかないのですが、もしもこのネットが破れたら、どんな対処をすれば良いのでしょうか。

洗濯機のくず取りネットが破れたくらいで洗濯機を買い換えるのは嫌ですし、何か良い方法があればそちらで対処をしたいですよね。

ここでは、洗濯機のくず取りネットが破れた時の対処法についてお伝えします。色々な対処法をご紹介しますので、自分に合った方法で対策をしてくださいね。

せっかく綺麗に洗った衣類にゴミがついてしまうのは嫌なものです。くず取りネットを修復して、衣類を綺麗にお洗濯しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯機ネットのカビを撃退する方法と安心して使える予防策とは

洗濯機のネットにカビがついてしまうと、せっかく洗った洗濯物にもついてしまう恐れがあります。ですから、...

洗濯機クリーニングを自分でする方法や注意点とキレイに使うコツ

洗濯機のクリーニングは自分でする方法もあります。ただし、洗濯機を分解して徹底的にクリーニングをする場...

水通しは洗濯機の掃除をしてから!ドラム式のやり方と水通し方法

産まれたばかりの赤ちゃんの衣類は水通しをしなければなりません。しかし、その前に洗濯機を掃除するこ...

洗濯機が重曹で故障する原因や正しい使い方とオススメ掃除方法

洗濯機に重曹を使うことで故障の原因になることもあります。しかし、例えば小さいお子さんのいる家庭だと洗...

洗濯機掃除を塩素系漂白剤で!手順やメリット・注意点を解説

お洗濯をすると洗濯機にも汚れが付着してきます。衣類を綺麗にするには洗濯機の掃除を行なうことも大切です...

洗濯機のホース交換を業者依頼する時の相場や得するコツと注意点

洗濯機のホース交換は業者に依頼すると高くなるのではと気になりますよね。費用をなるべく抑えたいのであれ...

洗濯機【一人暮らし用】ドラム式を選ぶメリットや注意点と相場

洗濯機を一人暮らし用のドラム式に買い換えようか悩んでいるあなた。まずは、ドラム式洗濯機のメリット...

洗濯機の取り外しで水抜きをするときの方法や気を付けたいこと

洗濯機を取り外しするときは、水抜きをしなければなりません。洗濯機の水抜きをしないまま取り外してし...

洗濯機台は必要性やメリットと選び方で便利に活用しよう

洗濯機に台が必要か悩んでいるなら、洗濯機台のメリットによって決めてもいいでしょう。洗濯機台があれば、...

洗濯機の取り外しを自分でする方法や注意点と頼んだ場合の費用

洗濯機の取り外しは自分ですることができるのか気になりますよね。洗濯機の取り外しは水抜きをしっかりして...

洗濯機の糸くずネットの外し方とお手入れ方法

洗濯機の糸くずネットは洗濯機の必需品ですよね。洗濯物の衣服に付いている糸くずや繊維をしっかりとキャッ...

洗濯機の蛇口からの水漏れ防止策と自分で修理する方法とは

洗濯機の蛇口からの水漏れ防止には、日頃から自分で気を付けるべき対策があります。洗濯機の蛇口から水...

洗濯機は重曹とクエン酸でスッキリ汚れを落とすのがオススメ

洗濯機には重曹とクエン酸を使って掃除をするとキレイになるのは知っていますか?しかし、いざ重曹とク...

洗濯機の掃除【ドラム式の場合】洗濯槽の掃除法や頻度と予防策

洗濯機の掃除はドラム式洗濯機の場合、縦型洗濯機と違って手間がかかります。なので、臭いやカビが気に...

洗濯機は重曹を使ってドラム式でも安心掃除するコツや注意点とは

洗濯機に重曹を使って、ドラム式でもカビ取りや臭い取りの掃除をすることができます。小さいお子さんが...

スポンサーリンク

洗濯機のくず取りネットが破れる原因

毎日こなしていかないと翌日大変なことになる家事の1つ、洗濯ですが、毎日使用するうえでやはりいろんなところが傷んでしまうなんてことはしょっちゅうあります。
そこで、1番傷みやすい部分でもある「クズ取りネット」について検証してみたいと思います。

気づいたらボロボロになってた、なんだか洗濯物ににゴミがたくさんついてる、なんて経験をしている人は少なくないのではないでしょうか?

購入した時点で取り付けられている洗濯ネットですが、何年も使用することで穴が空いたりとれてしまっていたりと悲惨な姿になっていることがあります。
そんな時、どう対応したらよいのでしょうか?
そして、どうして傷んでしまうのでしょうか?

原因はいくつかありますが、1番の原因としては洗濯の方法です。
洗濯物をたくさんいれる、チャック付きの服をそのまま入れる等、水流の力で汚れを落とす洗濯機はこすれやすい環境で洗うことでネット自体を傷めてしまいます。
あとは、乾燥機付きの洗濯機です。
この場合、高熱風によって衣類を乾燥させているため、毎日使うことで水や高温の中作業しているネット自体に劣化が生じてしまうということが原因ともされています。

なのでネットが破れてしまうことで、ゴミを吸収してくれるものがなくなりまたたく間にいろんな衣類にゴミや毛玉がついてしまい、衣類は大変な事になってしまうのです。

洗濯機のくず取りネットが破れた時は純正品に交換しよう

では、ネットが破れてしまった場合どう対処したら良いのでしょうか?
1番簡単な方法は純正品を購入することです。
洗濯機のメーカーによってサイズは異なると思いますが、そんなに期間が立ってないものであればインターネットなどでも購入可能ですし、購入した家電量販店で注文するということも1つです。
種類によっては店頭在庫しているものもあるので、その場で購入することもできます。
価格の相場は500円位~が目安のようです。
購入する時はメーカー名だけ記憶しておくのではなく、できれば型式やどんな洗濯機なのかも写真等をとって販売店へ問い合わせる、持ち込むという対策をとれば手軽に購入することが可能でしょう。
ただ、純正品はコストがかかるので何か代用品がないものか調べてみました。
すると、けっこう代用品があったのです。
まだ洗濯の途中なのに破れてしまったなんて場合の応急処置としては、「ストッキング」です。ストッキングの足先部分を切って従来のネットの枠へ取り付け設置するだけでゴミを吸着してくれるのです。
ただ、ストッキングの色合いによっては付着したゴミが見えづらかったり、薄手のタイプだとすぐに破れてしまったりと衛生面を考えると長期的使用はあまりオススメできませんので、破れてしまった時の応急処置法としてだけオススメしておきます。

洗濯機のくず取りネットが破れた!縫う対処方法について

上記で純正品購入、応急処置としてはストッキングを紹介しましたが、実はまだ対処法が存在します。
それは、「縫う」という単純作業です。
ネットの破れ具合によっても可能かどうか違ってきますが、大概はネット接着部分より少し離れた場所から破れる場合が多いので、そういったときには通常道理に縫うこともオススメできます。接着面からビリビリの状態でも、接着面とネットをグルグルに巻いて縫うだけで再利用が可能になるので、コストはひも代だけという素晴らしい対処法とも言えます。
縫うことができたら、わざわざお店に走る手間は省けますし、縫い終わってさえしまえば、またしばらくは使用できますね。
ただ、縫い物が苦手という人には少し手間がかかってしまう苦痛な作業となってしまいます。
あとは、接着剤を使う方法です。
この方法なら、どんな人でも対応できますね。
勿論接着剤にも種類があるので何でもかんでも使用することはオススメできません。購入店で用途を必ず確認してから購入して下さい。
基本的には、くず取りネットのプラスチック部分は通常のボンドなどでは接着ならないという話しも聞きました。プラスチック専用の接着剤を購入するなら500円位かかった例もあるとかで500円もするなら決して安いという気持ちにはならないですよね?
さらにこの場合は十分に乾かしてから使用しないと洗濯物が大惨事になりかねないので注意しなければいけません。
使用後に接着剤を付けしばらく放置してから使用する、等時間に余裕のある時の対処法のような気もします。

100均のくず取りネットを使って破れたネットの代わりにしよう

どうしてもコストが気になるので他に長期的な代用品はないのか?と思っている人にオススメな商品はまだまだあります。
それは、100円ショップのネットです。
実はわたしもいつも使用しています。
2枚で100円3枚で100円といったように、ネット部分だけ入っているのでボロボロになった洗濯機側のネットの接着面をきれいに取り除いたらあとは100円均一のネットをかぶせて設置して完了です。
これはコストも抑えられるし、長期的使用が可能なのでとってもオススメです。
毎回ゴミを排除して大切に使っていれば1年2年使うことすら可能でしょう。

100円ショップのネットを使用している点で気になった事は何もありませんが、そもそものプラスチックのネット接着部分の汚れがとっても気になります。
色んな人に聞いてみたら、やはり接着部分にはヌメリやカビが繁殖しやすい場所の1つのようでみんな気になるとも言っていました。
うちの洗濯機は純正ネットが破れて2年以上は経過しており、接着面の部分は定期的に掃除、つけ置き洗いをしています。
方法は色々あるかと思いますが、わたしの場合は塩素系漂白剤とお湯(40度前後)に1時間位つけこむという作業です。
この作業だけで、接着面についてた汚れがきれいにとれてもとのきれいな状態に戻るのでかわらず100円ショップのネットをはめて使用しています。

くず取りネットが破れた時は代用できるもので代用する

ここまでくず取りネットが破れた時の対処法を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
ネットなので代用できるものはまだまだたくさんあると思います。たとえば生ゴミ専用の薄いネットなんかも代用できると思います。
この場合もストッキング同様生地が薄いので、使用回数は1回、せいぜい2回位と限定されてしまいますが、緊急時の対応としては十分役目をはたしてくれます。

純正品を購入することが1番安心で間違いないとも思いますが、純正品だとプラスチック部分も一緒に購入しなくてはいけないので、なんだか勿体無いような気もしますよね。
なので、身近で安価に購入できて尚且長持ちするという面を考えると、100円ショップの洗濯機専用のネットを購入することが1番よいのかな…なんて気もします。

ただ、ここで1つだけ注意しなくてはいけないことがあります。
100円ショップのネットは基本的には色んな洗濯機に合う構造で販売していますが、中には純正のネットが複雑な構造になっていて使用できないなんてことも稀にあります。
確認せずに購入してしまいがちなネットなので購入する前にお持ちの洗濯機のくず取りネットの構造を確認して対応できるかどうかチェックして下さい。
難しいようであれば、無理に接着剤で接着するという方法もありますが、極力純正ネットをオススメします。
そこまで考えると、洗濯機自体購入する段階でくず取りネットの構造も確認しておくのもポイントになってきますよね。
あまり意識せず購入する人が多いと思いますが、毎日1回は使用する洗濯機ですので、細かい面さえもストレスなく使用できる洗濯機を購入したいですね。