洗濯物の夜干し。室内で干す時の干し方のポイントや速乾のコツ

洗濯は朝しますか?夜しますか?
朝は時間がないので、夜帰宅してから時間のある時に済ませるという方も多いでしょう。
私も平日の洗濯はほとんどが夜です。夜の洗濯で悩むのが、干し方ですね。

今回は洗濯物を室内で夜干しする時の干し方のポイントや注意点を紹介します。

洗濯物を干すときはなるべく風が抜ける場所に干すようにしましょう。

また洗濯物は、洋服一つ一つの形体にあわせて干し方を工夫しましょう。
洗濯洗剤や柔軟剤も部屋干し専用にしてみたり、乾きやすい衣類だけを洗濯するのもポイントです。

夜の洗濯をするおすすめの理由も紹介します。

生活スタイルに合わせて、夜の洗濯物の室内干しの方法をお試しください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯物を干しっぱなしで1週間放っておくのは止めましょう

洗濯物を干しっぱなしのまま外に1週間放っておくのはとても危険です。旅行や出張に行くときには必ず部屋の...

洗濯物の生乾き臭の原因は雑菌。除去する方法と解決策を紹介

洋服を着た時に洗ったばかりなのに、生乾き臭がすると感じたことはありませんか?洗った洗濯物が臭う原...

洗濯物の放置を1日したら洗い直し!すぐに干せないときの対処法

洗濯物を洗ったまま干すのを忘れて放置してしまったことはありませんか?時間によってはまだ間に合う場...

洗濯物は夜なら虫に注意!外干しの虫対策や部屋干しのポイント

洗濯物を夜に外に干すと虫や虫の卵がつく可能性があるのを知っていますか?なので、基本的にはあまり夜...

ニットにハンガーの跡がついても自分で直して工夫もできる

ニットにハンガーの跡がついてしまった経験はありませんか?着てみると肩の部分だけポッコリしていると...

洗濯物が乾くエアコンの設定温度は?除湿機能を使った部屋干し

梅雨の時期になると、部屋の中の湿度が高くなり洗濯物が乾きにくくなります。乾きにくくなると、嫌な生乾き...

洗濯物の分け方は一人暮らしでも大事!失敗しない洗濯のコツ

洗濯物の分け方は一人暮らしの洗濯でも大切な準備のひとつです。洗濯機が洗ってくれるからとついまとめ...

洗濯物を室内干ししたら、臭い時があるのでなんとかしたい

洗濯物はいつも外干ししたいですが、雨が降ったりしたら、室内干ししなくてはいけません。しかし、室内...

洗濯物を乾燥機で乾燥させると縮む原因と対処法・元に戻す方法

洗濯物を乾燥機で乾燥させた時、衣類が縮む経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。衣類が縮ん...

物干しからハンガーがずれない裏技やオススメグッズで対策を

物干しからハンガーがずれないようにするには、ハンガーを固定したりするなど対策が必要です。せっかく晴れ...

洗濯物の干しっぱなしOK?夜に外干しするメリット・デメリット

お仕事をしていて昼間に洗濯をする時間がない人のなかには、夜に洗濯をして洗濯物を外に干しっぱなしにでき...

洗濯物の干しっぱなしを室内にするのはNG!改善させる方法

洗濯物を干しっぱなしのまま室内に放置しているのは、見た目も良くありません。でも、すぐに着る物だし...

物干しは室内の窓枠を使った方法なら場所も取らずに簡単便利

物干しに室内の窓枠を使って干す方法なら、場所を取らないので狭い一人暮らしの部屋にもおすすめです。最近...

洗濯物の乾かし方!冬の部屋干しでエアコンの暖房機能を使うコツ

冬はなかなか洗濯物が乾かずに困ってしまうことがあります。エアコンの暖房機能を利用して、うまく洗濯物を...

洗濯物を乾かすのにサーキュレーターがおすすめな理由

梅雨の時期になると湿気で洗濯物が乾かない。こんなお悩みをよく聞きます。洗濯物が乾かないとお部屋の中が...

スポンサーリンク

洗濯物の夜干しは室内か屋外か。干し方のポイント

天気のいい昼間に洗濯物を干せたらいいかもしれませんが、仕事などの都合で夜干ししているという方も多いです。

どうしても日中はバタバタしているので、洗濯物を干す余裕がありません。
しかし、夜に洗濯物を干すとなかなか乾かないと感じませんか。
時間のある夜に、効率的に洗濯物を干す方法はあるのでしょうか。

夜干しは部屋干しがおすすめ

外干しだと朝日が当たって洗濯物が乾いてくれるというメリットはありますが、夜中の急な天候の変化や害虫、また防犯の面でも心配という方が多いようです。

部屋干しなら天候の変化や害虫の心配はありませんし、深夜に洗濯物を盗まれるということもないので安心して干すことは出来ますね。

換気扇やエアコンを活用すれば、夜干しだからといって乾き方にそれほど差を感じずに干すことも出来るようです。

生活環境などによってどちらが干しやすいかあると思うので、まずはどちらが適しているかを知ることから始めてみましょう。

洗濯物を室内で夜干しする場合の干し方のコツ

室内干しにはメリットもありますが、陽の当たらない夜では洗濯物の乾きにくさも感じると思いますが、工夫次第できちんと改善することが出来ます。

室内の夜干しのコツを見てみましょう。

洗濯物が乾くためには温度・湿度・風の要素が重要

室内干しでは温度と湿度の条件を満たすことは出来ても、風をクリアするのは難しいことです。

窓を開けて風通しが良くなるなら問題ありませんが、寝ている間は窓を閉める家庭が多いです。
窓を閉めている間は風の流れが止まるので、その間は洗濯物が乾きにくい環境です。

エアコンの風を利用したり、洗濯物に扇風機を当てて人工的に風の流れを作り出す必要があります。
除湿機を使用して、洗濯物の水分を一緒に除湿するという家庭も多いようですね。

洗濯物に風が十分当たるためには、干し方にも工夫が必要

洗濯物に風が通るように干さなくてはいけません。

デニムのように厚手のボトムや、パーカーのフード部分は特に乾きにくいです。
生地同士がくっつかないように、立体的に干すようにして下さい。

立体的に干すとなると普段よりスペースが必要になるので、この点も考えておきましょう。

夜に洗濯をする場合の室内干しなどの注意点

夜になると、日中よりも気温は下がるのに湿度は上がります。
この状況を想像してみると、洗濯物が乾きにくそうな状況ですね。

洗濯物のジメジメが続くと、生乾きの嫌な臭いも発生してしまいそうです。
乾きにくいバスタオルなどは、一晩でも臭いが発生しますね。

臭いのつかない夜干し

しっかり汚れを落とす

洗濯をするときに、出来るだけしっかり汚れを落とすことが大切です。
汚れが残っていると、臭いの原因にもなりますから。

洗濯機の中に満杯に洗濯物が入っていると、十分な水流が発生せずあまり汚れが落ちないまま洗濯が完了してしまいます。

これでは臭いが発生するのも時間の問題なので、洗濯機の中は満杯にしないで下さい。

すぐに干す

夜に洗濯機を回していると、つい干すまでに時間がかかってしまいがちです。
しかし、この間に菌は繁殖してしまいます。

空気の流れない高温多湿な洗濯槽は、菌が繁殖するにはもってこいの環境です。

洗濯が終わったらすぐに干し始めて下さい。
この習慣一つで、洗濯物の臭いは格段に違います。

洗濯物は夜干し。夜の洗濯がおすすめの理由

日中は忙しくて洗濯物が干せないので、夜に洗濯をしているという方がいますが、むしろ洗濯するなら夜がおすすめという意見もあります。

節約が出来る

夜に洗濯している方の多くは、お風呂の残り湯を使用しています。

温かさが残っている方が洗剤もよく溶けて、汚れが落ちやすくなるので、お風呂の残り湯は十分洗濯に使用することが出来ます。

その分、水道代も節約出来るので家計にありがたいですね。

乾燥対策にも

冬のことになりますが、寒さの厳しい地域では一日中乾燥した状態になっています。
特に冷え込みの厳しい夜は、より一層乾燥もします。

乾燥が続くと肌に潤い不足を感じるだけではなく、風邪などの菌にも感染しやすくなります。

夜に洗濯物を干しておけば、気になる乾燥を軽減することが出来ます。
翌朝にはしっかり乾いていますよ。

洗濯物を室内干しする時の洗濯のポイント

季節や時間帯に関係なく、洗濯物を室内干しするときには乾きやすい工夫を忘れずに行いましょう。

  • 洗濯物に風が通るようにする
  • 湿度の急上昇に注意する
  • 乾きやすい場所を知る
  • 乾きにくい洗濯物は立体干し
  • 臭いを発生させない工夫
  • 洗剤も見直してみる

なんとなく洗濯物の干し方は知っているようでも、きちんと理解している方は意外と少ないのかもしれません。

洗濯物が乾く条件を満たしていれば、例え夜の室内干しでも十分に洗濯物は乾きます。
洗濯物がしっかり乾けば臭いも予防出来て、非常に衛生的です。

乾くためのポイント、臭いを発生させない工夫などを組み合わせて、時間帯や天候に左右されずに洗濯をして下さい。