洗濯物は干し方が重要。バスタオルの干し方のコツや工夫をご紹介

洗濯物の干し方で悩むのが、大きなバスタオル。
最近はバスタオルの洗濯が面倒なことから、バスタオルを使わずにハンドタオルで済ませているというご家庭も多いのではないでしょうか。

そこで、いつもバスタオルの干し方で悩んでいる人に向けて、バスタオルを干す際のポイントや干し方のコツについてご紹介します。

特に梅雨時期など部屋干ししかできない場合は、生乾きを防ぐためにも工夫が必要です。ぜひお試しください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯物を外に干しっぱなしはNG。早く乾かす部屋干しのルール

洗濯物を夜間に外に干しっぱなしという方はいませんか?「夜しか洗濯をする時間がなくて…」とか、「忙しく...

洗濯物が生乾き臭い!原因を取り除く方法と予防対策を紹介

洗った洗濯物から生乾きの臭いがしたことはありませんか?洗濯物から生乾きの臭いがしたときは、その原因で...

ニットにハンガーの跡がついても自分で直して工夫もできる

ニットにハンガーの跡がついてしまった経験はありませんか?着てみると肩の部分だけポッコリしていると...

洗濯物を放置するとカビが生える!カビの洗濯方法とデメリット

洗濯物を干さずに放置していると、衣類にカビが生えてしまうことがあります。洗濯を干す時間がないから後で...

洗濯物をベランダに干すと虫が付いて困る時の防虫対策!

ベランダに洗濯物を干すと、洗濯物に虫が付いて困るという方はいませんか?周りに自然が多い場所だと虫も多...

室内干しのアイデア【場所を作る】スペースを活用したコツを紹介

室内干しをするには洗濯物を干す場所の確保が必要ですが、狭い部屋の場合、干す場所を作るのに苦労をします...

洗濯物を夜干すのはダメ?夜に行う洗濯の良い点と注意点について

お仕事をされている方だと朝は準備で忙しい時間。洗濯物まで手が回らずに、夜行うという方も多いですよね。...

生乾きの臭いを消す方法!もうイヤな臭いを復活させない

部屋干しが多い季節になると、どうしても洗濯物に生乾きの臭いが付きやすくなります。一度、イヤな臭いが付...

【洗濯物の干し方】ハンガーを使っても肩に跡を残さないために

洗濯物をハンガーにかけると肩に跡が残ってしまうことがありますが、これは正しい干し方をしていないことが...

洗濯物の放置は臭い発生の原因に!洗濯物の臭いを取る方法

汚れた洗濯物を放置していると、嫌な臭いが発生してしまうことがあります。この臭いは洗濯物に染み付き、な...

洗濯の時間で干すのが外にベストな時間帯やはやく乾かすコツ

洗濯の時間について干すのが外にしたいなら干す時間帯に悩みますね。仕事に行く前に天気が良いからと洗...

ベランダの物干しはアイデア次第で狭くても干せて早く乾くコツ

ベランダの物干しアイデアをお探しのあなた。ベランダが狭くて物干しスペースがないと、洗濯をする度にスト...

洗濯物の干しっぱなしOK?夜に外干しするメリット・デメリット

お仕事をしていて昼間に洗濯をする時間がない人のなかには、夜に洗濯をして洗濯物を外に干しっぱなしにでき...

浴室の物干し【賃貸でも可能】スペースに困ったら使える方法

浴室を物干しに使うなら賃貸でもできます。物干しスペースが狭くて、洗濯物を困ったときは浴室に干しましょ...

物干しのピンチハンガーを購入するならステンレス製がおすすめ!

物干しのピンチハンガーをこれから購入するなら、ステンレス製を試してみてはいかがでしょうか。もちろ...

スポンサーリンク

洗濯物の干し方、大きくて干すのが大変なバスタオルを干す際のポイント

洗濯物の中でも、干すのに時間がかかるのが、タオルです。

タオルを干すとなるとどんな干し方がベストなのか、ちょっとした知恵があれば、知りたいと思いますよね?

お天気が良い時は室外で干すこともありますし、雨が降っている時は、室内で干すと思います。

どちらにしても、厚いサイズのバスタオルは干すのに時間がかかります。

一枚一枚に風が通りやすくする

タオルがより効率よく干せる方法。

それは、一枚一枚によく風があたり、水気を効率よく取ることだと思います。

風が当たらないとどんな洗濯物も乾くスピードは落ちます。

できるだけ風が当たるように、一枚一枚、距離を離して干して下さい。

外干しのメリットは日に当たること

正直、日光に当たるとタオルは乾燥しやすくなります。

お天気なら、外でタオルを干すというのも効果的にタオルを干すコツになると思います。

洗濯物の乾きは干し方で変わる、乾きやすいバスタオルの干し方

タオルはタオルでも、フェイスタオルのような、薄いものではなく、分厚いものは、ハンガーを二つ利用して、風が当たる範囲を広げて干した方が、乾燥のスピードは上がります。

バスタオルなんて、厚さもありますし、その分、やっぱり水気を取るのが難しいタオルです。

どこに干すにしてもバスタオルに風が当たる範囲を広げるためハンガーを二つ使う

こうすると、いつもよりバスタオルが乾く時間が短縮されます。

ハンガー1本だけだと乾きにくい

やっぱり密着度が高いので、バスタオルはあまり乾きません。

バスタオル全体に風は当たりにくくなります。

でも、ハンガーを二本使うと、それだけバスタオルの密着度が低くなり、風通しもよくなります。

ちょっとした工夫でバスタオルの乾くスピードも変わります。是非試して下さい。

バスタオルの生乾きが気になる部屋干し。洗濯物が乾く干し方の工夫

室内に洗濯物を干すと、気になるのが生乾きです。

生乾きを防ぐ干し方

特にタオルなんか分厚いものは乾くスピードが遅いので、いつもちゃんと乾いているのか、気になる洗濯物ですよね。

カーテンからは離して干す

知っていましたか?実はカーテンの近くはあまり風通しが良くないので、洗濯物は乾きにくいのです。

ですので、もしあなたが室内で洗濯物を干していて、それがカーテンの近くなら、まず、場所を移動させましょう。

風がないと洗濯物は乾きません。まずは、位置を移動させます。

ピンチハンガーを使用する

ハンガーを利用してもバスタオルは早く乾きます。ピンチハンガーでも乾くスピードは上がるようです。

バスタオルがあるのなら、ピンチハンガーも利用して、乾くスピードを上げて下さい。

長さをバラバラにする

バスタオルをハンガーで干す際、先端の長さを揃えないで干します。

そうすることにより、一枚一枚により風が当たるようになり、タオルが乾きやすくなります。

乾きにくいバスタオル、部屋干しで一番乾く方法をご紹介

バスタオルは、室内で干すと「まだかな?」というくらい、あまり乾かない洗濯物です。

どうやったら、もっと効率よく室内でも干せるのか、方法を知りたいですよね?

ピンチハンガーを利用し、はじとはじに吊るす

一つの方法として紹介できるのが、ピンチハンガーを利用して、バスタオルのはじとはじをつまんで干す方法です。

これで、もっとバスタオルが乾きやすくなります。

小さいサイズはピンチハンガーの半分を使う

それほど大きなバスタオルではない場合は、ピンチハンガーの半分でバスタオルのはじとはじを吊るして干します。

これでも、バスタオルが乾くスピードは上がります。

ピンチハンガーでそのまま干す

要は、バスタオル全体に風が当たればいいのです。縦にそのまま干すのも、バスタオルを早く乾かすコツになります。

特にどれがお薦めというものはありません。

どれもすぐに活用できるものです。枚数によっても異なると思います。是非やって下さい。

ハンドタオル程度の小さなタオルは、パラソルハンガーよりも角ハンガーの方が若干乾きが早い

タオルはタオルでもそんなに大きくはないもの、ハンドタオルサイズのものも少し乾かすのに時間がかかりますよね?

そんなあまり乾きにくいハンドタオルサイズの洗濯物は、角ハンガーを使用すると、もっと水分を早く蒸発させることができます。

パラソルハンガーと角ハンガーでは、角ハンガーの方が早さは早い

乾燥の早さに、劇的な差があるわけではないので、ものすごく洗濯物の乾燥のスピードが早くなるというわけではありませんが、若干乾きに差が出ています。

よくハンドタオルを使用するし、洗濯にもハンドタオルがよく出るなんて方は、パラソルハンガーと角ハンガー両方用意して、洗濯物によって分けて乾燥させるべきです。

パラソルハンガーは内側があまりよく乾かないので、乾かない部分は、ドライヤーを使って乾燥をさせて下さい。

そうすると、タオル全体が乾きます。その反面、角ハンガーは内側の部分もよく乾かします。便利さを比べたら、やっぱり角ハンガーの方が楽だと思います。乾燥のメリットを考えて、両方用意したらいかがですか?

洗濯物の中でも、タオルは暑くて、干し方にコツがいるものになります。どうやって工夫したら、もっと早く分厚いタオルが干せるのか、そのコツを紹介しました。ハンガーを2本使ったり、パラソルハンガーを使用したり、もしくは、干す時の長さにも気を使ったり、すぐに実践できるアイディアばかりです。洗濯物を乾かす際、バスタオルがなかなか乾かないと悩んでいる方は、是非実践して下さい。どうしても乾かない時は、乾いていない箇所は、ドライヤーを使って乾かして下さい。