洗濯物を乾かすコツ!部屋干しの衣類を早く乾かす工夫やアイデア

雨が降っているときは外に洗濯物を干すことができません。外がジメジメしていると、なかなか洗濯物が乾かないこともあります。

洗濯物の部屋干しを早く乾かすには、一体どうすれば良いのでしょうか。なるべく時間をかけずに洗濯物を乾かすコツを知って、上手に洗濯物を干しましょう。

また、今すぐに洗濯物を乾かしたいときは、ドライヤーを使って乾かせばすぐに乾かすことができます。

これからご紹介する内容を参考にして、なかなか乾かない洗濯物を早く乾かしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

物干しを快適に!マンションのベランダの低い物干しの解決方法

マンションに暮らす方で、ベランダの低い物干しが使いにくいと感じている方は多いようです。低くしてい...

洗濯物の放置は臭い発生の原因に!洗濯物の臭いを取る方法

汚れた洗濯物を放置していると、嫌な臭いが発生してしまうことがあります。この臭いは洗濯物に染み付き、な...

重曹洗濯で臭い取りができる!方法や気をつけたい注意点を紹介

重曹を入れて洗濯すると、気になる洗濯物の臭い取りができます。重曹の消臭効果は掃除以外にも洗濯にも...

洗濯物を放置してしまったときは乾燥機?洗濯物のリセット方法

洗濯物を放置したときは、臭いを気にしてそのまま乾燥機を使ってはいませんか?確かに、乾燥器にか...

脱水機の便利な使い方!小型で手動の脱水機をご紹介

ちょっとした汚れ物や、別洗いしたい洗濯物を手洗いをすることはそれほど面倒ではありませんが、しっかりと...

洗濯物を夜干す!外干しのメリット・デメリットと干し方の工夫

日中忙しくお仕事をしている人は、なかなか洗濯をする時間がとれないこともあります。仕事から帰ってきて、...

洗濯物の卵の正体は?黒い卵はカメムシの可能性!卵の駆除方法

洗濯物に卵が付着しているのを発見!その卵の正体は、黒いボディが特徴的なカメムシの卵の可能性があります...

洗濯物を除湿機を使って部屋干しする時は窓を締め切ることがコツ

洗濯物を部屋干しする時に使われる除湿機ですが、窓はどうしていますか?風を部屋に入れた方が早く乾く...

洗濯物を干す時間帯や乾くまでの時間は?夏の外干し豆知識

夏は洗濯物を外干しする機会が多いですが、干す時間帯は何時から何時までがベストか、最短でどのくらいで乾...

ニットをハンガーで干す。洗濯後でも伸びない干し方のポイント

ニットはハンガーで洗濯後に普通に干してしまうと、伸びてしまったり、肩の部分にハンガーの後がついてしま...

洗濯物の部屋干し時間は減らしたい!早く乾くコツを紹介

洗濯物は部屋干しの場合、乾く時間はどれくらいかかるのか気になりませんか?できれば部屋干しでも洗濯...

洗濯物は干し方が重要。バスタオルの干し方のコツや工夫をご紹介

洗濯物の干し方で悩むのが、大きなバスタオル。最近はバスタオルの洗濯が面倒なことから、バスタオルを...

物干しをベランダに取り付け費用の目安や自分に合う選び方のコツ

物干しをベランダに取り付けたいけど、費用や選び方に悩みますよね。引っ越したマンションのベランダに...

浴室の物干し【賃貸でも可能】スペースに困ったら使える方法

浴室を物干しに使うなら賃貸でもできます。物干しスペースが狭くて、洗濯物を困ったときは浴室に干しましょ...

縦型洗濯機で乾燥すると臭い?その原因と対処方法について

縦型洗濯機の乾燥を使用すると、今までにはなかった嫌な臭いがする場合があります。洗濯だけを行う...

スポンサーリンク

洗濯物の部屋干しをを早く乾かすには干し方を工夫すること

家事を少しでも楽にこなしたいと思っている主婦の方や一人暮らしをしている男性の方々、家事の中でも、洗濯物、もっと早く乾いて欲しいですよね?

洗濯物を部屋に干しているのなら、なるべく部屋の中心に干す

え?どうして部屋の真ん中で洗濯物を干さなくちゃいけないの?そう思いますよね。実は、部屋の中心は、風通しが割と良いので、洗濯物が早く乾きやすいのです。逆に、窓の近くはあまり風は通りません。風が通れは通るほど、洗濯物は早く乾きます。ですので、もしあなたが室内で洗濯物を干していて、室内の中心以外の場所で干しているのなら、場所を変更しましょう。

プラス、洗濯物の下に新聞紙を置く

理由は、新聞紙が洗濯物の除湿をしてくれるからです。新聞紙が洗濯物の水分を吸収してくれればくれるほど、乾燥のスピードも早くなります。いつもより洗濯物の乾燥のスピードを早めたい方は、ご自宅にある新聞紙を利用して、洗濯物の水分を吸収してもらいましょう。

洗濯物を早く乾かすには洗濯の途中に一手間を加える方法も

洗濯物の乾燥を早くして、家事を少しでも楽にしたい。はい。それでは、洗濯物が吸収している水分をもう少し洗濯機でとってもらうという方法もあります。

2回脱水ができるのなら、2回する

洗濯機で脱水の回数を増やせるのなら、増やしましょう。洗濯物の乾燥のスピードは確かに上がります。

ただし、何事にもデメリットはつきものです。脱水を2回すると、実はその洗濯物にシワができやすい傾向があります。それでも良い、洗濯物の乾燥をできるだけ早くしたい方には、お薦めの裏技になると思います。

洗濯で脱水の時に、バスタオルなど、水分を吸収してくれるものを入れる

もう一つの方法は、洗濯で脱水をしている時に、バスタオルなど、洗濯物の水分を吸収してくれるものを入れます。それにより、洗濯物の乾燥のスピードは上がります。

他にも、アイロンをかけるなど、熱を使うことにより、乾かすのスピードは上がります。あなたにピッタリな方法を選んで下さいね。

エアコンを効率的に使って洗濯物の部屋干しを早く乾かす

夏の時期も暑さをコントールしてくれるエアコン。

エアコンが洗濯物の部屋干しの際、洗濯物を乾かすスピードを上げてくれます。

エアコンに除湿機能があるのなら、使用する

洗濯物を早く乾かしたいのなら、とにかく、「除湿」が鍵になります。除湿をする為に、上記でも紹介している、新聞紙を使ったり、2回脱水をしたりするのです。

洗濯機の「脱水」と同じ効果が、エアコンの除湿機能でも得られます。

外ではなく、室内で洗濯物を干す、プラス早く洗濯物を乾かしたい。であれば、エアコンの除湿機能を使用して洗濯の乾燥の早さを早めましょう。 エアコンによっては、再熱除湿運転という機能がついていて、それを利用すると、乾く乾きます。お薦めになります。ただ、それを使用すると、電気代の節約にはなりません。高くつきます。そのため、電気代がかかる季節には、弱冷房除湿を使用することをお薦めします。 エアコンも上手に使うと洗濯物は干せますが、電気代は気になるところですね。

洗濯物を早く乾かすときに使えるアイテム・除湿機や扇風機

より専門的に、洗濯物を乾かしたいのなら、電気製品に手を出してはいかがですか?家庭によっては、洗濯物を早く乾燥させたいが為に、除湿機を利用しています。上記でも少し触れましたが、洗濯物を早く乾かすには、要するに、除湿をすれば良いのです。であれば、ジメジメした夏、あまり洗濯物が乾かない時期は、除湿機に頼るのも家事を楽にさせる一つの手になります。

乾燥機と似たような考えになります。除湿機から調度良い温度の温かい風が出ます。その温かい風により、洗濯物がより乾かしやすくなります。

また、扇風機でも、洗濯物をより早く乾かすのが可能になります。風があると、洗濯物は乾きやすくなります。お部屋に風がないのなら、扇風機で風を作るのも可能です。

夏の時期は、どちらにしろ、エアコンか扇風機に頼ると思います。その扇風機、洗濯物をより早く乾燥させる便利なアイテムとして使用しましょう。難点は、エアコンより乾くスピードが遅い点ですが、エアコンより電気代もかからないのでお得だと思います。

洗濯物を早く乾かす裏技・ドライヤーを使って乾かす

洗濯物を早く乾かすには、とにかく、それなりの「熱さ」が必要です。

熱を利用して、洗濯物に含まれている、水分を乾燥させるのです。

上記でも紹介した通り、除湿機なんてあったら、確かに便利です。でも、もっと早く、部分的にでも洗濯物を乾かす方法はまだあります。

それは、ドライヤーを使って、あなたが「この洗濯物早く乾かしたい」と思っている洗濯物をいち早く乾かすのです。靴下など、小さな洗濯物は、10分くらいドライヤーにあてていたら、乾きます。

全体的に全ての洗濯物を乾燥させたい訳ではなく、「とりあえずはこの洗濯物をいち早く乾燥させたい」時に便利です。どの家庭にでも、ドライヤーはあると思います。洗濯物を乾燥させる際に、ちょっと使って下さい。乾くスピードが早くなると思います。

洗濯物を早く乾かすのに、どんな裏技があるのか、上記で説明しました。新聞紙で除湿をする、ドライヤーを使う、扇風機を使うなど、あなたの生活ですぐに役立つアイディアばかりですよね。部屋干しの際も、なるべく中央など、風通しが良い場所を選んで下さい。ジメジメした季節なんかは洗濯物の乾きが遅くて苛立ちます。上記のアイディアを参考にして、洗濯物をより早く乾かして下さい。