洗濯物の卵の正体は?黒い卵はカメムシの可能性!卵の駆除方法

洗濯物に卵が付着しているのを発見!その卵の正体は、黒いボディが特徴的なカメムシの卵の可能性があります。

カメムシといえば、あの強烈な臭い。カメムシが孵化してしまうと、家の中にカメムシが発生してしまうことになります。

ここでは、カメムシが洗濯物に卵を産み付ける理由とカメムシを寄せ付けないようにする方法についてお伝えします。

卵の駆除方法についてもご紹介しますので、是非参考にしてみてください。洗濯物に卵を産み付けられないように、しっかりと対策を行いましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯物は扇風機で冬の部屋干しストレスも解消!使い方のコツ

冬は洗濯物がなかなか乾きにくいので洗濯をするのが嫌になりますよね。そんなときに夏に活躍していた扇...

洗濯物を干す時間帯や乾くまでの時間は?夏の外干し豆知識

夏は洗濯物を外干しする機会が多いですが、干す時間帯は何時から何時までがベストか、最短でどのくらいで乾...

洗濯物を乾燥機で乾燥させると縮む原因と対処法・元に戻す方法

洗濯物を乾燥機で乾燥させた時、衣類が縮む経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。衣類が縮ん...

洗濯物をベランダに干すと虫が付いて困る時の防虫対策!

ベランダに洗濯物を干すと、洗濯物に虫が付いて困るという方はいませんか?周りに自然が多い場所だと虫も多...

洗濯物を早く乾かすコツ!ドライヤーと使う方法とアイデアを紹介

なかなか乾かない洗濯物を早く乾かす方法はないか、今すぐに洗濯物を乾燥させたいというときは、ドライヤー...

洗濯物の放置は臭い発生の原因に!洗濯物の臭いを取る方法

汚れた洗濯物を放置していると、嫌な臭いが発生してしまうことがあります。この臭いは洗濯物に染み付き、な...

重曹洗濯で臭い取りができる!方法や気をつけたい注意点を紹介

重曹を入れて洗濯すると、気になる洗濯物の臭い取りができます。重曹の消臭効果は掃除以外にも洗濯にも...

洗濯物を乾かすコツ!部屋干しの衣類を早く乾かす工夫やアイデア

雨が降っているときは外に洗濯物を干すことができません。外がジメジメしていると、なかなか洗濯物が乾かな...

洗濯物干しの室内アイデアを紹介!快適な室内干しのポイント

天気が悪い日などは洗濯物干しを室内でしなければなりませんね。そんなとき、室内干しを快適にするアイ...

洗濯物の夜干し。室内で干す時の干し方のポイントや速乾のコツ

洗濯は朝しますか?夜しますか?朝は時間がないので、夜帰宅してから時間のある時に済ませるという方も...

【洗濯物の干し方】ハンガーを使っても肩に跡を残さないために

洗濯物をハンガーにかけると肩に跡が残ってしまうことがありますが、これは正しい干し方をしていないことが...

洗濯物が乾かない…。室内干しでも早く乾かすには

洗濯物を外に干せない時は、部屋干しすることになりますが、なかなか乾かないなんてことがよくあります。...

洗濯物は干し方が重要。バスタオルの干し方のコツや工夫をご紹介

洗濯物の干し方で悩むのが、大きなバスタオル。最近はバスタオルの洗濯が面倒なことから、バスタオルを...

洗濯物が生乾き臭い!原因を取り除く方法と予防対策を紹介

洗った洗濯物から生乾きの臭いがしたことはありませんか?洗濯物から生乾きの臭いがしたときは、その原因で...

部屋干しは扇風機を上手に使って臭い予防!生乾き臭を防ぐコツ

雨の日や、ジメジメとした日には、洗濯物は部屋干しで乾かすという方が多いと思います。そこで困るのが、生...

スポンサーリンク

洗濯物に付着する黒っぽい卵の正体!カメムシの可能性が

買物へ行った時に植物の苗が販売されていて、子供達が成長見本の写真を見てパプリカとミニトマトの苗を育てたいと言い出しました。収穫してお弁当の一品にもできるので購入してベランダで育てる事にしました。
子供達は植物も好きですが、虫も大好きです。ある時幼稚園の子供が「あ、虫さんだ!」と捕まえようとしたのですが、それはカメムシでした。小学生の子供が「あ、触らないで。それはカメムシだから触るとくさい臭いを出すよ」と止めました。私は虫が苦手なので、「触らないでそのままにしておいてね。そうしたら自然とどこかへ行くから」と言いました。
天気の良い日に洗濯をして、洗濯物をベランダに干しました。風の無い日でしたが洗濯物はカラッと乾いています。よく小さい虫やクモが付いていつ事があるので念入りにバサバサと振りさばいて取り込みました。畳むために子供の下着を手にとって広げて見てぎょっとしました。黒くて丸い物体が付いているのです。沢山密集して付いていて、どうみても虫の卵です。
私が大声を上げたので子供達が飛んできました。幼稚園の息子の第一声は「なになに?わー虫の卵だ。飼いたい!」です。虫が苦手な私にはとんでもない話です。「何の虫か分からないからお世話できないよ」と言うと小学生の息子と一緒に図鑑で調べ始めました。
そうして卵の色や形状、数日前にベランダにカメムシが居たことなどから、カメムシの卵である可能性が高いと判断しました。

カメムシの卵は黒の他にや白、緑色などがあります。

洗濯物に黒っぽく見える卵を発見!カメムシが洗濯物に卵を産み付ける理由

洗濯物に黒い卵が付く理由

多くの虫は夜行性で夜に活動して卵も産む場合が多いです。しかし、カメムシは天気の良い昼間に産卵をするそうです。
赤ちゃんが孵った後にえさに困らないように、えさとなる葉が近くにある場所に産卵します。直射日光が当たると乾燥したり外的に襲われる可能性が高いので自然界では葉の裏側に産卵します。また、卵が落ちてしまわないようなザラザラな質感の葉を選びます。
そうして湿り気も大切です。
こういった条件の場所を選んでカメムシは卵を産み付けます。

考えてみると、我が家のベランダに干された洗濯物はこれらの条件を満たしているのです。洗濯物は昼間に干されています。衣類の布はザラザラして卵がしっかりと付着します。まだ濡れているうちは湿り気もあります。そうしてプランターのミニトマトとパプリカの葉が生き生きと生い茂っています。
カメムシに好条件の産卵場所を提供してしまっていたのです。

洗濯物についたカメムシの卵を駆除する方法

卵を育てたいという子供達に「カメムシだから卵から孵ったらにおいを出して臭くなってしまうからね。残念だけれど育てられないよ」と説得しました。
そうして「卵はお外に返してあげようね」と卵が付いた服をベランダへ持っていてアイスクリームの木ベラでほろってみました。しかし、しっかりと付着していて取れません。
子供達はその時点で遊び始めて卵から興味が反れたので、その隙にガムテープでペタペタと取って袋に密閉してゴミ箱へ投入しました。
子供達にガムテープで取っている様子を見られると「かわいそう!」と騒がれてしまうので、素早く処理しました。

洗濯物に黒いカメムシの卵が!カメムシを寄せ付けない方法

今回の卵は何とか撤去できましたが、再び同じ事が起こる可能性があります。そこでカメムシに卵を産み付けられないようにする対策を考えました。

洗濯物にカメムシに卵を産み付けられないようにする対策

調べてみるとカメムシはミントなどのハーブが嫌いなようです。
そこでベランダのミニトマトとパプリカは建物外の玄関前に置く事にして、ベランダ置くミントを購入することにしました。子供達と園芸屋さんへ行くとそれぞれペパーミントとアップルミントを選んだので、一株ずつ購入してプランターに植え替えて洗濯物を干す場所の近くに置きました。
えさになる植物が無くなり代わりに嫌いなミントが置かれたので、もうカメムシが来て卵を産むことはなくなるでしょう。
また、カメムシに限らず虫は全般的に洗濯洗剤のにおいに引き寄せられる場合があるそうです。においのあまりしない洗濯洗剤を使用すると虫の卵被害にあう事が減るようです。

洗濯物に付着した卵が孵化!カメムシの駆除方法

私は一箇所に卵を発見したので全ての洗濯物を念入りに調べました。卵が付いた衣類をそのまま着てしまったりタンスにしまっておいて孵化するという事態は絶対に避けたかったのでとても時間をかけて点検しました。
しかし、もし最初の卵が目に付いていなければ、まさか卵が付いているとは思わないのでそのままタンスにしまっていたでしょう。そこで沢山のカメムシが発生する事態を考えると…とても恐ろしい事です。
親戚の家で押入れで大量のカメムシが発生した事件を聞いた事があります。その時は「何故押入れに大量のカメムシが居るのだろう」と不思議に思いましたが、今思えばシーツや布団に卵が産み付けられてそれが押入れの中で孵ったのではないかと思われます。
そのご家庭ではカメムシをガムテープに貼り付けて駆除したそうです。この方法だとにおいを出す前にピタッとくっつけて袋に入れてしまえるので最適なのだそうです。