洗濯物が乾かないときはドライヤー?洗濯物の乾かし方について

乾かない洗濯物にイライラしてしまうこと、ありますよね。そんなときにはドライヤーを使うと乾かない洗濯物をすんなり乾かすことができるんです。

直接、ドライヤーを当ててもいいのですが急いでいるときには大きいビニール袋を使うとより効果的ですよ。

ドライヤーを使った乾かない洗濯物を乾かす方法を紹介します。また、乾かすときに役立つポイントもぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯物の室内干し【冬編】エアコンを便利に使って乾かす方法

冬は洗濯物を外に干せないことも多く、室内干しで対処をすることがあります。ですが、気温が低い冬は洗濯物...

洗濯物の卵の正体は?黒い卵はカメムシの可能性!卵の駆除方法

洗濯物に卵が付着しているのを発見!その卵の正体は、黒いボディが特徴的なカメムシの卵の可能性があります...

洗濯物が乾かない冬こそ部屋干し。除湿機で早く乾かすコツ

冬になると、洗濯物が乾かないとお困りの方は多いと思います。夏ならば、外干しをしておくと夕方には乾いて...

洗濯物を夜干す!外干しのメリット・デメリットと干し方の工夫

日中忙しくお仕事をしている人は、なかなか洗濯をする時間がとれないこともあります。仕事から帰ってきて、...

洗濯物が外干しで臭い原因は?対策や臭わせない部屋干しのススメ

洗濯物を外干ししているのに臭いがするのはどうしてなのでしょう?部屋干しの生乾き臭が嫌でできるだけ...

物干しスペースを室内に増やしたいときに活用できるアイデア

室内に物干しスペースを増やしたいけどいいアイデアが浮かばない!こんなお悩みを抱えている人もいるのでは...

ベランダに安心して物干しができる雨よけグッズは常備するべき

ベランダの物干し場があるなら、雨よけ対策を考えた方が安心です。雨よけグッズといっても様々なタイプ...

洗濯物の生乾きの臭い対策と早く乾かすためのコツ

部屋干しにすると、洗濯物の生乾きの臭いが気になります。洗濯物に生乾きの臭いが付かないようにするには、...

洗濯物の干し忘れは何時間までなら大丈夫?◯時間以上は洗い直し

洗濯物を干し忘れたときは何時間までならそのまま干してもいいのでしょうか?洗い直しをする基準と...

部屋干しをする場所と速乾のアイデア。干す場所と干し方で変わる

外に洗濯物を干すのが嫌という方もいらっしゃるでしょう。また仕事などの時間的な関係で、洗濯物は部屋...

洗濯物の放置を1日したら洗い直し!すぐに干せないときの対処法

洗濯物を洗ったまま干すのを忘れて放置してしまったことはありませんか?時間によってはまだ間に合う場...

洗濯物干しの室内アイデアを紹介!快適な室内干しのポイント

天気が悪い日などは洗濯物干しを室内でしなければなりませんね。そんなとき、室内干しを快適にするアイ...

洗濯物の外干し時間のおすすめや早く乾かすコツと注意点を紹介

洗濯物の外干しにはどのくらいの時間がかかるのか気になりませんか?できるだけ洗濯物はお日様に当てて...

洗濯物の卵の正体・茶色の卵はカメムシかも!駆除方法と予防方法

洗濯物に茶色の卵が産み付けられていたとき、その卵の正体が気になるものです。茶色の卵の正体は「カメムシ...

洗濯物を部屋干しでも早く乾かすコツや使えるアイテムを紹介

洗濯物を部屋干しにするとなかなか乾かないことがあります。そんな部屋干しの洗濯物を早く乾かすためにはコ...

スポンサーリンク

洗濯物が乾かない!乾いていないときにはドライヤーを使いましょう

天気も雨続きで、洗濯物が乾かないこの時期、乾かない洗濯物を見て、苛立つことだってあります。

洗濯物がなかなか乾かない時はドライヤーを使用して、もう少しで完全に乾きそうな洗濯物を完全に乾かしてしまいましょう。

予定通りに洗濯をして、大体この時間くらいまでには洗濯物も乾いて欲しいのに、まだ乾いていない。あなたの苛立ちを少しでも落ち着かせるのに、袋とドライヤーを使って、もう少しで完全に乾きそうな洗濯物を乾かしましょう。

ドライヤーでも乾かせる素材であれば、できます。あなたが乾かしたいお洋服を、それが入るサイズの袋に入れて、ドライヤーで乾かします。ただそれだけです。

時間にして、10分くらいでしょうか。けっこう温まり、生乾き状態だった洗濯物が完全に乾く状態にまでになります。洗濯物が乾くスピードが遅くて、苛立っている方になんか、お薦めの技です。

ドライヤーは大抵、どのご家庭にでもありますよね?また、洗濯物が発する嫌な臭いも気になると思います。ドライヤーを是非使用して乾燥のスピードを早めて下さい。

ドライヤーよりも強力!?洗濯物が乾かないなら布団乾燥機

ドライヤーを使って、洗濯物の乾燥のスピードは上げれます。でも、それ以上に力もあり、スピードがあるのは、やっぱり乾燥機です。乾燥専用の機械ですから、これにはドライヤーも勝てません。

「布団乾燥機」ともなると、ご家庭にあるかもしれませんね?それを利用して、洗濯物を乾かす、これも手です。実際使用された方は、予想以上に早く洗濯物を乾かすことができて、満足している様です。あなたの家にも、布団乾燥機が一台あるのなら、乾きにくいバスタオルやデニム系のパンツなど、使用して、早く乾燥できるようにして下さい。

意外かもしれませんが、結構、洗濯物を乾かしてくれます。ただ、時間は少しかかるかもしれません。分厚いものでしたら、ひょっとしたら、1時間くらいかかるかもしれません。ですので、少し時間に余裕がある時に使用しましょう。

どうしても、もっとスピーディーに洗濯物を乾燥させたいのなら、コインランドリーなど、専門のお店に行って、使用して帰ってくる。これも、洗濯物が乾かなくて困っているのなら、考慮すべき解決法だと思います。

洗濯物がなかなか乾かないときは先にアイロンをかけるのもおすすめ

コインランドリーに行くのも面倒だし、お金もかかるし、もっと家にあるアイテムで洗濯物を早く乾かしたい。では、アイロンを使って、少しでも洗濯物を乾かすスピードを早めましょう。アイロンの良さは、上記でも触れているドライヤーで洗濯物を乾かす方法よりも、乾くスピードが早いことです。意外ですよね?

使用するものも「アイロン」なので、会社に着るシャツや、下に履くスカート、デニムのパンツなどがこの方法に適しています。

あなたが「この洗濯物、ドライヤーを使用しているのに乾かない」と感じている洋服、アイロンを使用しても、対応可能ですか?可能であれば、アイロンを使用して、洗濯物をいち早く乾かして下さい。

日頃から、シワが気になっているお洋服など、よりアイロンをかけて、乾かすべきかもしれませんね。

ドライヤーでイライラしているのなら、アイロンで対応しましょう。

乾かない洗濯物にドライヤーを使うのもいいけれどこんな方法もおすすめ

洗濯物を一段と早く乾かす方法に、洗濯機で脱水を2回使用するという手もあります。

洗濯物を早く乾かしたいのなら、洗濯物から水分をできるだけ取り除くことです。取り除く手段として、洗濯機の脱水機能を2回行う、これでも、洗濯物は早く乾きます。

また、ドライヤーを使用するのも悪い手ではありませんが、除湿機を使用する、冬であれば、ストーブも付けているので、その「熱」で洗濯物をより早く乾かすなど、方法は他にもあります。

洗濯物は「風」がある場所だと、洗濯物に含まれている「水」を吹き飛ばすスピードは早まります。ですので、風を室内に作るために、扇風機を利用するのも手です。

また、洗濯物も量が少ないと、乾きも早いです。あまり一度に洗濯をしない、もしくは、大量に洗濯物を干すとしても、洗濯物と洗濯物の間に距離を置く様に工夫をして下さい。それが、洗濯物をより早く乾かすコツになります。あとは、実践あるのみです。

洗濯物が乾きにくいのは干し方が原因?乾きやすくする干し方

あなたの洗濯物が乾きにくい原因は、もしかしたら、「干し方」にあるかもしれません。干し方も工夫すると、乾燥するスピードは上がるんです。

洗濯物を吊るすと、洗濯物同士の間隔が広がる

あなたはどんな形で洗濯物を干していますか?先程も少し触れましたが、洗濯物と洗濯物の間が狭すぎると、なかなか乾燥がうまく行かず、生乾きの状態が続きます。洗濯物と洗濯物の間により距離をつけるために、ピンチハンガーを利用したりして、洗濯物の間に距離をあける工夫も必要だと思います。

洗濯を干すのに、便利なアイテムは使用すべきだと思います。少し大きめのタオルやパンツもピンチハンガーで吊るすことができます。それを利用して、洗濯物の風通しを良くしましょう。

ドライヤーを利用しても、洗濯物があまり乾かない場合、他にどんな方法がありえるのか、上記で紹介しました。脱水を2回する、洗濯物と洗濯物の距離を風通しをよくするためにできるだけあけるなど、工夫はまだすることができます。除湿機や扇風機も使用して、洗濯物を乾燥させるスピードをできるだけ上げて下さいね。ピンチハンガーも利用して下さい。