洗濯物の放置は臭い発生の原因に!洗濯物の臭いを取る方法

汚れた洗濯物を放置していると、嫌な臭いが発生してしまうことがあります。この臭いは洗濯物に染み付き、なかなか取れなくなってしまうこともあるため、とても厄介な臭いです。

ここでは、洗濯物の放置で臭いが発生する原因と洗濯物の放置がNGな理由、臭いが発生した時の臭いの取り方についてお伝えします。洗濯物はなるべく放置せず、こまめに洗うようにしましょう。

また、干し忘れた洗濯物の臭いについてもご紹介しますので、こちらも併せて参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯物の部屋干しはエアコンが便利!早く乾かすアイデアと裏技

雨の多いシーズンは、洗濯物を部屋干しで干すことが多くなります。なかなか乾かない洗濯物で家の中もジメジ...

洗濯物の重さはどのくらい?物干しと洗濯物について

梅雨時期になって洗濯物が乾きにくくなったり、子供が大きくなって洗濯の量が多くなったりすると、物干しが...

脱水機の便利な使い方!小型で手動の脱水機をご紹介

ちょっとした汚れ物や、別洗いしたい洗濯物を手洗いをすることはそれほど面倒ではありませんが、しっかりと...

洗濯物のアンモニア臭の原因と取り除くためにできることを紹介

洗濯をしたのに洗濯物からアンモニア臭がするのはどうしてなんか、原因が気になりませんか?その原因を...

洗濯物を乾かすには湿度?それとも温度?乾かすコツについて

洗濯物がなかなか乾かないのは湿度が高いから?温度が低いから?速く乾かすにはどんなコツやポイントがある...

洗濯物が乾かない…。室内干しでも早く乾かすには

洗濯物を外に干せない時は、部屋干しすることになりますが、なかなか乾かないなんてことがよくあります。...

浴室の物干し【賃貸でも可能】スペースに困ったら使える方法

浴室を物干しに使うなら賃貸でもできます。物干しスペースが狭くて、洗濯物を困ったときは浴室に干しましょ...

洗濯物に卵が付着・緑の卵はカメムシの可能性!駆除・予防方法

綺麗に洗った洗濯物を外から家の中に取り込んだ時、衣類に緑色の卵が産み付けられているのを発見。...

ニットをハンガーで干す。洗濯後でも伸びない干し方のポイント

ニットはハンガーで洗濯後に普通に干してしまうと、伸びてしまったり、肩の部分にハンガーの後がついてしま...

物干しスペースを室内に増やしたいときに活用できるアイデア

室内に物干しスペースを増やしたいけどいいアイデアが浮かばない!こんなお悩みを抱えている人もいるのでは...

洗濯物を室内で干す場合のエアコンの機能を活用した賢い使い方

洗濯物を室内干しにするとなかなか乾かないという悩みがありますね。また乾燥までに時間がかかった洗濯...

洗濯物をベランダの手すりに干す方法や設置型物干しをご紹介

洗濯物をベランダで乾かしている光景をよく見かけます。マンションやアパートのベランダには、元々物干しの...

部屋干しをする場所と速乾のアイデア。干す場所と干し方で変わる

外に洗濯物を干すのが嫌という方もいらっしゃるでしょう。また仕事などの時間的な関係で、洗濯物は部屋...

洗濯物ハンガーを固定する方法!すぐに簡単にできるコツを紹介

洗濯物は外に干したいけどハンガーがずれたり飛ばされたりするのが心配というあなた。洗濯物ハンガーを固定...

物干しをベランダに取り付け費用の目安や自分に合う選び方のコツ

物干しをベランダに取り付けたいけど、費用や選び方に悩みますよね。引っ越したマンションのベランダに...

スポンサーリンク

汚れた洗濯物の放置は臭い発生の原因に

一人暮らしの方は洗濯物が溜まりにくいですし、仕事で忙しい方は洗濯をする時間が確保できないなどの理由から、洗濯は週に1回のおまとめ洗濯で済ませている方も多いのではないかと思います。しかし、汚れた状態のまま一定期間放置された洗濯物は、雑菌が原因で嫌な臭いが発生しやすく、結論から言ってしまえば、洗濯物は溜め込まずに2日に1回、最低でも3日に1回は行うようにした方が気持ちの良い洗濯ができます。

上手に放置すれば菌の繁殖をある程度は防ぐことができますが、1日着用した衣類にはホコリや花粉、食品カスなどの汚れが必ず付着しているので、雑菌の繁殖をゼロにすることは出来ません。
また、汗をかいた衣類の放置や、濡れたタオルをそのままの状態で放置する、汚れた衣類と汚れの少ない衣類を一緒に混ぜて放置する、などで雑菌の繁殖がしやすい状態を作ってしまうので、注意したいです。

洗濯物を洗濯機に放置すると臭いが発生!洗濯物の放置はNG

洗濯物を2~3日、1週間と、放置する時間が長くなれば長くなるほど、洗濯物に嫌な臭いが発生しやすくなりますが、洗濯物の放置をゼロにすることは難しいですよね。

洗濯物を放置するときには、放置場所と洗濯物の状態が大切なポイントになります。

絶対にやめてほしいのが、洗濯槽の中に洗濯物を溜めておくことです。
洗濯槽は蓋を開けた状態にしていたとしても、洗濯槽は湿度が高く、洗濯槽の内部にはカビや雑菌などの汚れなどが付着しているので、洗濯槽に放置するだけで臭いの原因になってしまいます。

臭いだけであればまだしも、酷いときには衣類にカビが発生することもありますので、洗濯物を放置する時には、ランドリーボックスなどの通気性の良い入れ物を用意して使うようにして下さい。

洗濯物の臭いが取れない!嫌な臭いを取る方法

洗濯物に一度臭いがついてしまうと、洗濯をいくら繰り返しても、臭いが付着した洗濯物だけがいつまで経っても臭う…という残念な経験をしたことがある方もいるのではないかと思います。

洗濯物に付着した嫌な臭いを取り除く一番簡単な対策が、「消臭効果」がある洗濯洗剤に合わせて「漂白剤」を使用して洗濯をすること

日頃から洗濯に漂白剤を使っていても洗濯物の臭いが気になってしまうという方も多いと思うので、この方法はあまり参考にはならないかもしれません。

私がお気に入りの臭い取り対策は、「酸素系漂白剤」を使ったつけ置き洗いで、特に嫌な臭いが発生しやすいバスタオルや、厚手のジーンズなどの乾きづらい洗濯物には、嫌な臭いが発生することが多いので、私の場合は2~3ヶ月に一度、定期的にこれらのつけ置き洗いをするようにしています。

酸素系漂白剤を使って洗濯物の嫌な臭いを取る方法は、バスタブまたはタライに溜めたお湯に酸素系漂白剤を大さじ2~3杯混ぜ、その中にバスタオルなどの臭いが気になる衣類を浸け込み、1~2時間放置するのみで、放置後は軽くすすいで絞り、そのまま通常の洗濯コースで洗濯をすれば嫌な臭いもスッキリ落とすことができるので、嫌な臭いが取れない洗濯物の消臭にぜひお試しいただきたいです。

臭いが取れない洗濯物が大量にある場合には、熱の力で消臭をするのがおすすめで、手っ取り早く大量の洗濯物の臭いを取りたいのであれば、コインランドリーの乾燥機がおすすめですし、少量の衣類であれば鍋で煮沸したり、アイロンの熱で殺菌したりする方法もありますので、臭いを取りたい洗濯物の量に合わせて、ピッタリの方法を見つけて下さいね。

洗濯槽の汚れも臭いの原因に!洗濯槽の掃除も忘れずに

洗濯物に嫌な臭いが発生する原因の一つに、洗濯槽の汚れがあります。

先程少し触れましたが、洗濯槽は湿気が高く、洗濯槽内部の見えない場所にはカビや汚れが溜まっているので、定期的に掃除をしなくては、洗濯槽自体が雑菌の住処となり、洗濯をした衣類に逆に汚れを付着させてしまうケースが考えられます。

洗濯洗剤、洗濯方法、干し方に何も問題がなくても、洗濯槽が汚れているだけで洗濯槽から衣類に汚れや臭いが移ってしまうので、洗濯方法の見直しをする前に、一度洗濯槽の掃除をしてみると、臭いの問題が一気に解決!なんていうこともあるかもしれませんよ。

洗濯物の干し忘れで臭いが発生!放置、干し忘れには注意しよう

休日に洗濯をすると、よく私もやらかしてしまうのですが、洗濯が終わった後、洗濯物を干し忘れてしまう方も多いのではないかと思います。実は、これも洗濯物が臭う原因の一つで、洗濯物は洗濯終了と同時に洗濯機から取り出すことが、臭いを防ぐ対策の一つになります。

洗濯物に発生する雑菌が好む環境は、湿度60%前後の高湿度で20~30度の温度の所なので、洗濯が終わった直後の洗濯槽の中は好条件であると言えます。
そこに洗濯洗剤の残りカスや、落としきれなかった汚れや雑菌などの栄養分があると、更に雑菌の繁殖を早めることとなり、洗濯槽の中に洗濯物が放置される時間が長ければ長いほど、洗濯物に臭いが発生する原因になるため、洗濯終了の音楽がなったと同時に洗濯物を取り出して、臭いの原因を防ぎましょう。