洗濯物の放置は臭い発生の原因に!洗濯物の臭いを取る方法

汚れた洗濯物を放置していると、嫌な臭いが発生してしまうことがあります。この臭いは洗濯物に染み付き、なかなか取れなくなってしまうこともあるため、とても厄介な臭いです。

ここでは、洗濯物の放置で臭いが発生する原因と洗濯物の放置がNGな理由、臭いが発生した時の臭いの取り方についてお伝えします。洗濯物はなるべく放置せず、こまめに洗うようにしましょう。

また、干し忘れた洗濯物の臭いについてもご紹介しますので、こちらも併せて参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯物はドライヤーと袋で乾燥機いらず!正しい使い方と注意点

洗濯物は家にあるドライヤーと衣類が入る大きさの袋を使えば、早く乾かすことができるのを知っていますか?...

ベランダの物干しはアイデア次第で狭くても干せて早く乾くコツ

ベランダの物干しアイデアをお探しのあなた。ベランダが狭くて物干しスペースがないと、洗濯をする度にスト...

洗濯物を部屋干しでも早く乾かすコツや使えるアイテムを紹介

洗濯物を部屋干しにするとなかなか乾かないことがあります。そんな部屋干しの洗濯物を早く乾かすためにはコ...

洗濯物に卵のような白いものが!取り除き方や干し方の注意点

洗濯物を取り込んだら、なにやら卵のような白いブツブツしたものが付いていた。実は、コレの正体はある...

物干しスペースを室内に増やしたいときに活用できるアイデア

室内に物干しスペースを増やしたいけどいいアイデアが浮かばない!こんなお悩みを抱えている人もいるのでは...

洗濯物の夜干しは乾くのに時間が掛かる!部屋干しのコツ

朝は慌ただしく、洗濯はいつも夜にしているというご家庭も多いと思います。今は主婦も仕事をしている方が多...

物干しからハンガーがずれない裏技やオススメグッズで対策を

物干しからハンガーがずれないようにするには、ハンガーを固定したりするなど対策が必要です。せっかく晴れ...

部屋干しはエアコン除湿で早く乾く!使い方のコツや温度を紹介

雨が続く梅雨の時期などは洗濯物がなかなか乾かないので困りますね。そんなときに部屋干しをした洗濯物...

洗濯物は干し方が重要。バスタオルの干し方のコツや工夫をご紹介

洗濯物の干し方で悩むのが、大きなバスタオル。最近はバスタオルの洗濯が面倒なことから、バスタオルを...

室内干しでも乾かしやすくするアイデア!使える100均アイテム

ジメジメとした季節は洗濯物は室内干しになりますが、なかなか洗濯物が乾かないとお悩みの方は多いと思いま...

洗濯物は扇風機で冬の部屋干しストレスも解消!使い方のコツ

冬は洗濯物がなかなか乾きにくいので洗濯をするのが嫌になりますよね。そんなときに夏に活躍していた扇...

布団乾燥機で洗濯物の乾かし方のコツと早く乾かす干し方を紹介

布団乾燥機を使って洗濯物を乾かすことができたら、洗濯物を早く乾かしたいときに便利ですよね。では、...

ニットにハンガーの跡がついても自分で直して工夫もできる

ニットにハンガーの跡がついてしまった経験はありませんか?着てみると肩の部分だけポッコリしていると...

洗濯物ハンガーを固定する方法!すぐに簡単にできるコツを紹介

洗濯物は外に干したいけどハンガーがずれたり飛ばされたりするのが心配というあなた。洗濯物ハンガーを固定...

物干しのピンチハンガーを購入するならステンレス製がおすすめ!

物干しのピンチハンガーをこれから購入するなら、ステンレス製を試してみてはいかがでしょうか。もちろ...

スポンサーリンク

汚れた洗濯物の放置は臭い発生の原因に

一人暮らしの方は洗濯物が溜まりにくいですし、仕事で忙しい方は洗濯をする時間が確保できないなどの理由から、洗濯は週に1回のおまとめ洗濯で済ませている方も多いのではないかと思います。しかし、汚れた状態のまま一定期間放置された洗濯物は、雑菌が原因で嫌な臭いが発生しやすく、結論から言ってしまえば、洗濯物は溜め込まずに2日に1回、最低でも3日に1回は行うようにした方が気持ちの良い洗濯ができます。

上手に放置すれば菌の繁殖をある程度は防ぐことができますが、1日着用した衣類にはホコリや花粉、食品カスなどの汚れが必ず付着しているので、雑菌の繁殖をゼロにすることは出来ません。
また、汗をかいた衣類の放置や、濡れたタオルをそのままの状態で放置する、汚れた衣類と汚れの少ない衣類を一緒に混ぜて放置する、などで雑菌の繁殖がしやすい状態を作ってしまうので、注意したいです。

洗濯物を洗濯機に放置すると臭いが発生!洗濯物の放置はNG

洗濯物を2~3日、1週間と、放置する時間が長くなれば長くなるほど、洗濯物に嫌な臭いが発生しやすくなりますが、洗濯物の放置をゼロにすることは難しいですよね。

洗濯物を放置するときには、放置場所と洗濯物の状態が大切なポイントになります。

絶対にやめてほしいのが、洗濯槽の中に洗濯物を溜めておくことです。
洗濯槽は蓋を開けた状態にしていたとしても、洗濯槽は湿度が高く、洗濯槽の内部にはカビや雑菌などの汚れなどが付着しているので、洗濯槽に放置するだけで臭いの原因になってしまいます。

臭いだけであればまだしも、酷いときには衣類にカビが発生することもありますので、洗濯物を放置する時には、ランドリーボックスなどの通気性の良い入れ物を用意して使うようにして下さい。

洗濯物の臭いが取れない!嫌な臭いを取る方法

洗濯物に一度臭いがついてしまうと、洗濯をいくら繰り返しても、臭いが付着した洗濯物だけがいつまで経っても臭う…という残念な経験をしたことがある方もいるのではないかと思います。

洗濯物に付着した嫌な臭いを取り除く一番簡単な対策が、「消臭効果」がある洗濯洗剤に合わせて「漂白剤」を使用して洗濯をすること

日頃から洗濯に漂白剤を使っていても洗濯物の臭いが気になってしまうという方も多いと思うので、この方法はあまり参考にはならないかもしれません。

私がお気に入りの臭い取り対策は、「酸素系漂白剤」を使ったつけ置き洗いで、特に嫌な臭いが発生しやすいバスタオルや、厚手のジーンズなどの乾きづらい洗濯物には、嫌な臭いが発生することが多いので、私の場合は2~3ヶ月に一度、定期的にこれらのつけ置き洗いをするようにしています。

酸素系漂白剤を使って洗濯物の嫌な臭いを取る方法は、バスタブまたはタライに溜めたお湯に酸素系漂白剤を大さじ2~3杯混ぜ、その中にバスタオルなどの臭いが気になる衣類を浸け込み、1~2時間放置するのみで、放置後は軽くすすいで絞り、そのまま通常の洗濯コースで洗濯をすれば嫌な臭いもスッキリ落とすことができるので、嫌な臭いが取れない洗濯物の消臭にぜひお試しいただきたいです。

臭いが取れない洗濯物が大量にある場合には、熱の力で消臭をするのがおすすめで、手っ取り早く大量の洗濯物の臭いを取りたいのであれば、コインランドリーの乾燥機がおすすめですし、少量の衣類であれば鍋で煮沸したり、アイロンの熱で殺菌したりする方法もありますので、臭いを取りたい洗濯物の量に合わせて、ピッタリの方法を見つけて下さいね。

洗濯槽の汚れも臭いの原因に!洗濯槽の掃除も忘れずに

洗濯物に嫌な臭いが発生する原因の一つに、洗濯槽の汚れがあります。

先程少し触れましたが、洗濯槽は湿気が高く、洗濯槽内部の見えない場所にはカビや汚れが溜まっているので、定期的に掃除をしなくては、洗濯槽自体が雑菌の住処となり、洗濯をした衣類に逆に汚れを付着させてしまうケースが考えられます。

洗濯洗剤、洗濯方法、干し方に何も問題がなくても、洗濯槽が汚れているだけで洗濯槽から衣類に汚れや臭いが移ってしまうので、洗濯方法の見直しをする前に、一度洗濯槽の掃除をしてみると、臭いの問題が一気に解決!なんていうこともあるかもしれませんよ。

洗濯物の干し忘れで臭いが発生!放置、干し忘れには注意しよう

休日に洗濯をすると、よく私もやらかしてしまうのですが、洗濯が終わった後、洗濯物を干し忘れてしまう方も多いのではないかと思います。実は、これも洗濯物が臭う原因の一つで、洗濯物は洗濯終了と同時に洗濯機から取り出すことが、臭いを防ぐ対策の一つになります。

洗濯物に発生する雑菌が好む環境は、湿度60%前後の高湿度で20~30度の温度の所なので、洗濯が終わった直後の洗濯槽の中は好条件であると言えます。
そこに洗濯洗剤の残りカスや、落としきれなかった汚れや雑菌などの栄養分があると、更に雑菌の繁殖を早めることとなり、洗濯槽の中に洗濯物が放置される時間が長ければ長いほど、洗濯物に臭いが発生する原因になるため、洗濯終了の音楽がなったと同時に洗濯物を取り出して、臭いの原因を防ぎましょう。