重曹洗濯で臭い取りができる!方法や気をつけたい注意点を紹介

重曹を入れて洗濯すると、気になる洗濯物の臭い取りができます。
重曹の消臭効果は掃除以外にも洗濯にも安心して使うことができるのでおすすめです。
ただし、初めての方は失敗することもありますので、注意点に気をつけて使ってくださいね。

そこで、洗濯物の臭い取りに重曹を使って洗濯する方法や注意点についてお伝えしていきましょう。

臭いが気になる洗濯物はぜひ重曹を使って洗濯してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ニット用ハンガーを100均で発見!型くずれしないハンガー

ニットを自宅で手洗いしている方は少なくないですよね。おしゃれ着用の洗剤を使用したり、手洗いをすること...

洗濯物干しの室内アイデアを紹介!快適な室内干しのポイント

天気が悪い日などは洗濯物干しを室内でしなければなりませんね。そんなとき、室内干しを快適にするアイ...

洗濯物の放置を1日したら洗い直し!すぐに干せないときの対処法

洗濯物を洗ったまま干すのを忘れて放置してしまったことはありませんか?時間によってはまだ間に合う場...

脱水機の便利な使い方!小型で手動の脱水機をご紹介

ちょっとした汚れ物や、別洗いしたい洗濯物を手洗いをすることはそれほど面倒ではありませんが、しっかりと...

洗濯物をベランダの手すりに干す方法や設置型物干しをご紹介

洗濯物をベランダで乾かしている光景をよく見かけます。マンションやアパートのベランダには、元々物干しの...

部屋干しを早く乾かすコツ!扇風機と窓の使い方で洗濯物が乾く

部屋干しをしていると洗濯物が乾きにくくて困ってしまいますよね。洗濯物が乾かないのは部屋の湿度が大きく...

洗濯物を外に干しっぱなしはNG。早く乾かす部屋干しのルール

洗濯物を夜間に外に干しっぱなしという方はいませんか?「夜しか洗濯をする時間がなくて…」とか、「忙しく...

ベランダの物干しはアイデア次第で狭くても干せて早く乾くコツ

ベランダの物干しアイデアをお探しのあなた。ベランダが狭くて物干しスペースがないと、洗濯をする度にスト...

部屋干しした洗濯物の臭いが取れない原因と対処法・干し方の裏技

部屋干しした洗濯物は嫌な臭いを発生させてしまうことがあります。その臭いがなかなか取れない事に頭を悩ま...

ニットをハンガーで干す。洗濯後でも伸びない干し方のポイント

ニットはハンガーで洗濯後に普通に干してしまうと、伸びてしまったり、肩の部分にハンガーの後がついてしま...

洗濯物に埃がつく原因と対策方法についてご紹介

洗濯をし終わった後の洗濯物に埃がつくことってありますよね。洗う服に埃がいっぱいついていたわけでも...

洗濯物に卵が付着・緑の卵はカメムシの可能性!駆除・予防方法

綺麗に洗った洗濯物を外から家の中に取り込んだ時、衣類に緑色の卵が産み付けられているのを発見。...

洗濯物の室内干しはカビに注意!快適な室内干しのための対策

洗濯物を室内干しすることによってカビが発生しやすくなるのを知っていますか?でも、仕事などの都合で...

洗濯物が雨で外干し出来ない時にやって置きたい部屋干しの方法

洗濯物は外で乾かすのが一番と思っていても、雨が降ってしまったら、外干し出来ないですよね。そういっ...

物干しを快適に!マンションのベランダの低い物干しの解決方法

マンションに暮らす方で、ベランダの低い物干しが使いにくいと感じている方は多いようです。低くしてい...

スポンサーリンク

重曹を使って洗濯すると臭い取りができる

重曹がなぜ洗濯物の臭い消しに効果的なのか

夏場で一日中着た服には、汗がベットリと染み付いていてこまめに洗濯しているという人も多いでしょう。

汚れが多い衣類でも、大半は洗濯をすることで汚れがキレイに落ちますが、なぜか臭いだけはなかなか落ちないということもあります。

その原因としては衣類に付着した菌が残っていることです。

残った菌には、一緒に菌のエサとなる皮脂などの脂も一緒にくっついているため、こうした菌は臭いが落ちにくくなってしまうのです。

また、しっかり衣類全体を乾燥させれば良いのですが、生乾き状態ではこうした菌が残ってしまいます。

洗濯をしたのに、臭いが残っていると、洗濯した意味がないように感じてしまいますよね。

こうした臭いをしっかり取るために、「重曹」を使う方法はおすすめです。

重曹は、ナチュラル洗剤で衣類に使っても傷まないというメリットがあります。

菌を殺菌するまでの効果はないですが、菌の繁殖を食い止めることには効果があり、さらに重曹の持つアルカリ性の性質が、酸性の汚れと中和することによって、臭いを消すこともできます。衣類の臭いが気になる時には、洗濯する際に重曹を併用して使うことはおすすめです。

洗濯物の臭い取りに重曹を使って洗濯する方法

重曹を溶かしたぬるま湯に浸け置きしてから洗濯する

重曹を洗濯する時に衣類の臭いを取るために使う場合、洗剤を入れる時に重曹を一緒に入れて洗濯をするという方法よりも、重曹を衣類の菌に反応させる時間を取る「浸けおき洗い」が効果的です。

浸け置きする際には、水よりも入浴する時くらいのぬるま湯がより浸透します。

ぬるま湯に重曹を適量加えて(汚れの多さによって量は調整)、作った溶液に衣類を浸けたら、1時間程度時間を置いてから、通常通り洗濯を行います。

こうすることで、重曹で菌の繁殖を抑えた状態で一から洗濯することになるので、普通に洗濯するよりは、菌が残さずに衣類を洗濯することが出来ます。

臭い取りのために洗濯に重曹を使うときの注意点

重曹は水になかなか溶けない

重曹を初めて使う人にとって、どのくらいの量がちょうどよいのか分からず、粉のまま洗濯洗剤のように振りかけて使えば良いのでは?と思っている人もいるかもしれません。重曹を掃除等に使ったことがある人は知っていると思いますが、重曹は水に溶けるのに時間がかかります。

重曹が溶け切らず、粉の状態で残ってしまうと、洗濯物に重曹の粉汚れが白く付いてしまうこともあります。

重曹に水を入れたら、電子レンジで加熱し、よくかき混ぜて粉が残らないようにするするなど、重曹はしっかり溶かして使うことがポイントです。

また、重曹は漂白剤ではありませんが、汚れに作用して浮かせて落とすことが出来ます。
色の濃い衣類に重曹を使うことで、色が薄れて白っぽくなってしまうこともあるので、重曹を使う時には、この点にも注意しましょう。

なかなか落ちない頑固な臭いには重曹とクエン酸の合わせ技

重曹にクエン酸を加えてダブルの効果

衣類をせっかく洗濯したのに、取り込んで畳んでいる時にイヤな臭いが気になることもありますよね。

ほとんどの場合、この臭いの原因は、衣類が生乾き状態であることです。

なかなか乾燥しきらない状態で干し続けていると、その分菌が付着する率が高くなり、臭いの原因になってしまうのです。

重曹を使ってみても落ちきらない頑固な臭いには、さらにクエン酸をプラスしてみましょう。

クエン酸は、重曹のアルカリ性とは真逆の酸性の性質を持ちます。

重曹とクエン酸を合わせることで、どんな汚れや菌にも対処することが容易になります。
使いやすいのは、スプレータイプです。

特に、衣類の中で臭いや汚れを落としたいというポイントに、この洗剤のスプレーを多めにかけて洗濯することで、落ちなかった臭いが消えるということもあります。

重曹洗濯では洗剤を入れ忘れないように気をつけましょう

重曹は水に溶けにくいという特性を念頭におく

普段、重曹をキッチンの掃除に使っている人にとっては、重曹が洗濯に使えることは知ってはいても洗濯には使ったことはないという人もいるのではないでしょうか。重曹を洗濯に使う時、一見粉末タイプの洗濯洗剤と似ているので、洗濯洗剤と同じような感じでたっぷり使いたくなりますが、重曹は水に溶けにくいという性質があるため、あまり多く入れすぎてしまうと、溶け残った重曹が洗濯槽や排水ホースに残ってしまい、排水が上手く流れなくなるなど、洗濯の不具合が生じることもあります。
いつも水で洗濯をしているという人は、重曹が溶け切らず残ってしまっていることもあるので、水の流れがよくないと感じる場合は確認してみることをおすすめします。