洗濯物の卵の正体・茶色の卵はカメムシかも!駆除方法と予防方法

洗濯物に茶色の卵が産み付けられていたとき、その卵の正体が気になるものです。茶色の卵の正体は「カメムシ」かもしれません。

ここでは、洗濯物に産み付けられた茶色の卵の正体と卵の駆除方法・カメムシの予防方法についてお伝えします。

カメムシの卵をしっかり除去することで、家の中で孵化することを防ぎましょう。

また、万が一孵化してしまったときのカメムシの除去方法についてもご紹介します。こちらも併せてチェックして、カメムシの被害を最小限にとどめましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯物の夜干しについて!外に干すと虫の卵?夜干しの注意点

洗濯物は朝に行い、日中日光でカラッと乾燥できると良いのですが、仕事をしていると朝は忙しく、どうしても...

洗濯ネットのまま乾燥機に入れても大丈夫?その答えは「NO」

お気に入りの洋服や下着などを洗濯ネットに入れて洗濯する人も多いでしょう。しかし、そこで疑問となるのが...

洗濯物が外干しで臭い原因は?対策や臭わせない部屋干しのススメ

洗濯物を外干ししているのに臭いがするのはどうしてなのでしょう?部屋干しの生乾き臭が嫌でできるだけ...

洗濯物が乾かないときはドライヤー?洗濯物の乾かし方について

乾かない洗濯物にイライラしてしまうこと、ありますよね。そんなときにはドライヤーを使うと乾かない洗濯物...

洗濯物の臭い・干しっぱなしの部屋干しで衣類が臭う原因と対処法

天気の悪い日は洗濯物を外に干すことができず、部屋干しすることがあります。洗濯物を部屋干しすると、干し...

脱水機の便利な使い方!小型で手動の脱水機をご紹介

ちょっとした汚れ物や、別洗いしたい洗濯物を手洗いをすることはそれほど面倒ではありませんが、しっかりと...

洗濯物を乾かすには湿度?それとも温度?乾かすコツについて

洗濯物がなかなか乾かないのは湿度が高いから?温度が低いから?速く乾かすにはどんなコツやポイントがある...

洗濯物を乾かす時間を短くしたい!乾く時間を短縮する方法

洗濯物の乾くまでの時間がいつもより長いような…?どんなことが原因で洗濯物の乾くまでの時間に違いが出て...

洗濯物を干しっぱなしで1週間放っておくのは止めましょう

洗濯物を干しっぱなしのまま外に1週間放っておくのはとても危険です。旅行や出張に行くときには必ず部屋の...

洗濯物に埃がつく原因と対策方法についてご紹介

洗濯をし終わった後の洗濯物に埃がつくことってありますよね。洗う服に埃がいっぱいついていたわけでも...

ニットをハンガーで干す。洗濯後でも伸びない干し方のポイント

ニットはハンガーで洗濯後に普通に干してしまうと、伸びてしまったり、肩の部分にハンガーの後がついてしま...

洗濯物に卵のような白いものが!取り除き方や干し方の注意点

洗濯物を取り込んだら、なにやら卵のような白いブツブツしたものが付いていた。実は、コレの正体はある...

洗濯物を夜干す!外干しのメリット・デメリットと干し方の工夫

日中忙しくお仕事をしている人は、なかなか洗濯をする時間がとれないこともあります。仕事から帰ってきて、...

洗濯物の室内干しはカビに注意!快適な室内干しのための対策

洗濯物を室内干しすることによってカビが発生しやすくなるのを知っていますか?でも、仕事などの都合で...

洗濯物が雨で外干し出来ない時にやって置きたい部屋干しの方法

洗濯物は外で乾かすのが一番と思っていても、雨が降ってしまったら、外干し出来ないですよね。そういっ...

スポンサーリンク

洗濯物の茶色い卵の正体はカメムシ?カメムシの卵の特徴

我が家では現在は洗濯物を外に干さないことにしています。というのも私は虫が大の苦手なのです。

以前は洗濯物をベランダに干していたのですが、ベランダにはよくクモの巣が張られています。

洗濯が終わったら洗濯物をカゴに入れベランダの手前に置き、まずはベランダの確認から始まります。

いきなりベランダに出ると危険なので顔だけを出してクモの巣の有無を確認。無ければ出て今度は物干し竿にクモや他の虫が付いていないかどうかを目で確認。そうしてから雑巾で物干し竿を拭きます。
建物の壁面も確認します。

それでどこにも虫が居ない事を確認できたら洗濯物を干します。

外に洗濯物を干す前には念入りな確認が欠かせません

そうして取り込むときにも確認が必要です。小さいクモがくっついている場合があります。洗濯物全体を良く見て軽く振ってから一枚一枚取り込みます。

ところがある日、乾いた洗濯物を確認していたら丸いぷつぷつした物体が付着しているのを見つけました。それもかなり多くの数があります。直感的にすぐに虫の卵であると分かりました。茶色っぽくて直径2~3ミリの丸い物体が密集して付いています。

調べてみるとどうやらカメムシの卵のようです。
我が家の洗濯物に付着したのは茶色っぽい卵でしたが、白色や黄緑糸の卵もあるようです。

洗濯物に茶色のカメムシの卵を発見した時の駆除方法

私は虫が大の苦手なのに洗濯物にびっしりと産み付けられた卵を見て寒気を感じ、しばらく途方に暮れてしまいました。しかし、どうにか卵を撤去するしかありません。

卵を服の裏側から指で強く弾き飛ばすのは効果なし

強力にくっついているようでびくともしません。あまり強く弾きすぎて卵が思わぬ方向へ飛んで自分についても嫌なので別な方法を考えました。

割り箸で払い落すのもNG

なんとか落とそうとしましたが、やはり強力にくっついていて取れませんでした。

ガムテープに卵をくっつけて取るがおすすめ

ガムテープの粘着面をそうっと卵に密着させてゆっくり剥がすと、取れました。
その方法で全ての卵を無事撤去する事ができました。

もし洗濯物に卵が産み付けられてしまった場合にはガムテープで撤去をお勧めします。

カメムシが卵を産卵しやすい条件について

私は温かい季節になってくるとミニトマトやパセリをプランターで育てています。置き場所はベランダです。

そのカメムシの卵事件の数日前にカメムシをベランダで見かけた事があります。それで直ぐにカメムシの卵ではないかと思い当たりました。

カメムシはパセリや果物の葉を食べる

ベランダのパセリがカメムシを引き寄せてしまったのでしょう。

カメムシは6月から8月の温かい時期に葉の裏などの日陰に卵を産む

卵が落ちないようにしっかりとくっ付く場所を選びます。そして、卵から孵った子供が食べる事のできる餌が近くにある場所を探します。

ベランダに植物があり、適度な日陰で卵がしっかりとくっ付く布である洗濯物はカメムシにとってよい産卵場所と判断されてしまうのでしょう。

カメムシ以外にも、プランターを置いておくと様々な虫が寄ってきます。虫も人と同じ物が好きなのかと親近感を感じつつもやはり虫には来て欲しくはありません。ベランダにプランターを置くのは止めようと思います。

カメムシの茶色の卵を予防したい!卵から洗濯物を守る方法

カメムシの卵が洗濯物に産み付けられるという事態は度と起きてほしくはありません。そこでプランターを置くのを止めましたが、調べてみるとカメムシの嫌いな植物があるようです。

ミントとハッカで洗濯物を守る

奇遇な事に、我が家では先日果物狩へ行った時にミントとハッカの苗を購入して建物の庭に植えていたのです。子供達が苗が販売されているのを見て欲しがり、好きな苗を選ばせるとミントとハッカを選んだのです。

外に出て苗を確認すると元気に成長しています。葉を触ってその手のにおいをかぐとミントとハッカの臭いがぷんぷんとします。これは効果がありそうです。

早速ミニトマトとパセリは外に植えて代わりにミントとハッカをプランターに移してベランダに置きました。
それ以降は卵が産み付けられる事はなく、ベランダでカメムシの姿も見ません。

洗濯物の卵が孵化!室内でカメムシを発見した時の対処法

カメムシが洗濯物に付いていて室内に入ってきてしまう場合もあるでしょう。また、隙間から入ってくることもありえます。

カメムシは危険を感じると強烈な臭いを出して身を守ろうとする

室内で刺激することは避けたいものです。

カメムシには穏便に外へ移動してもらうのが一番

新聞紙やチラシをカメムシの進行方向に置き乗っかったらそっと外へ出しましょう。
しかし、カメムシが動かなかったりして上手く新聞紙やチラシに乗ってくれない場合には割り箸でそっとつまむかつついて乗せます。

カメムシを外に出したらまた入ってくるのでは…という場合には新聞紙やチラシではなくビニール袋に入れて口を縛ってしまいましょう。

私は虫が苦手ですが子供は虫が大好きです。幼稚園へ行くときにはいつも虫かごを持っていろんな虫を捕まえてきては「かわいい!」と喜んでいます。そんな様子を見ていると、最近は虫に対する見方も変わってきて、人と虫はうまく共存できると良いなと思うようになりました。