物干しをベランダに取り付け費用の目安や自分に合う選び方のコツ

物干しをベランダに取り付けたいけど、費用や選び方に悩みますよね。
引っ越したマンションのベランダに物干しがないと、洗濯物を外干しすることができません。最近ではベランダのタイプに合わせた物干しを選ぶこともできますよ。

ここでは、そんな気になるベランダの物干しの取り付けについて、かかる費用の目安や物干しの最適な選び方、賃貸で簡単に取り付けができる物干しや物干しのあるメリットなどお伝えしていきましょう。

これを読めば、ベランダ物干しの取り付けについて費用の目安や選び方がわかるのですぐに取り付け作業に入ることができるでしょう。洗濯物が干せないストレスからも開放されますよ。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯物の干し忘れは何時間までなら大丈夫?◯時間以上は洗い直し

洗濯物を干し忘れたときは何時間までならそのまま干してもいいのでしょうか?洗い直しをする基準と...

洗濯の時間で干すのが外にベストな時間帯やはやく乾かすコツ

洗濯の時間について干すのが外にしたいなら干す時間帯に悩みますね。仕事に行く前に天気が良いからと洗...

洗濯物は扇風機で冬の部屋干しストレスも解消!使い方のコツ

冬は洗濯物がなかなか乾きにくいので洗濯をするのが嫌になりますよね。そんなときに夏に活躍していた扇...

洗濯物の夜干しは乾くのに時間が掛かる!部屋干しのコツ

朝は慌ただしく、洗濯はいつも夜にしているというご家庭も多いと思います。今は主婦も仕事をしている方が多...

【洗濯物の干し方】ハンガーを使っても肩に跡を残さないために

洗濯物をハンガーにかけると肩に跡が残ってしまうことがありますが、これは正しい干し方をしていないことが...

洗濯物の夜干しについて!外に干すと虫の卵?夜干しの注意点

洗濯物は朝に行い、日中日光でカラッと乾燥できると良いのですが、仕事をしていると朝は忙しく、どうしても...

洗濯物への虫の付着を防ぐ虫除けネット!手作りする方法をご紹介

天気の良い日は洗濯物を外に出して、カラッと乾かしたい!梅雨の季節になると、さらにそう強く思いませんか...

洗濯物を室内で干す場合のエアコンの機能を活用した賢い使い方

洗濯物を室内干しにするとなかなか乾かないという悩みがありますね。また乾燥までに時間がかかった洗濯...

室内干しのアイデア【場所を作る】スペースを活用したコツを紹介

室内干しをするには洗濯物を干す場所の確保が必要ですが、狭い部屋の場合、干す場所を作るのに苦労をします...

洗濯物の放置を1日したら洗い直し!すぐに干せないときの対処法

洗濯物を洗ったまま干すのを忘れて放置してしまったことはありませんか?時間によってはまだ間に合う場...

洗濯物に卵が付着・黄色の卵の正体はカメムシ!対策と駆除方法

洗濯物を取り込んだとき、洗濯物に黄色い卵が付着していることを発見!予想もしなかった出来事に、びっくり...

洗濯物の卵の正体・茶色の卵はカメムシかも!駆除方法と予防方法

洗濯物に茶色の卵が産み付けられていたとき、その卵の正体が気になるものです。茶色の卵の正体は「カメムシ...

洗濯物は干し方が重要。バスタオルの干し方のコツや工夫をご紹介

洗濯物の干し方で悩むのが、大きなバスタオル。最近はバスタオルの洗濯が面倒なことから、バスタオルを...

洗濯物を外に干しっぱなしはNG。早く乾かす部屋干しのルール

洗濯物を夜間に外に干しっぱなしという方はいませんか?「夜しか洗濯をする時間がなくて…」とか、「忙しく...

洗濯物を部屋干しすると臭いが気になる問題を徹底的に解決します!

洗濯物を部屋干しすると臭いニオイを部屋中に充満させてしまったことありませんか?洗濯物が臭くな...

スポンサーリンク

ベランダに物干しを取り付けにかかる費用の目安

小さな子どもがいる家庭では毎日洗濯することが多いですよね。引っ越し先のベランダに物干しがついていないと、洗濯物を外に干すことができません。永く住む予定の場合はベランダに物干しを取り付けたいと考えますよね。しかし費用が気になる人も多いです。取り付けにかかる費用の目安について紹介します。

物干しは家族の人数によっても適切なものがあるので、家庭に合ったものを選ぶようにします。

物干しで大切なのは耐荷重量

ベランダい物干しを取り付ける場合、ベランダ物干し本体費用と合わせると大体18,000円程度になります。取り付けのみの場合は8,000円程度になります。取り付け業者によって料金が異なるので、複数の業者から見積を取るようにしましょう。

ベランダに物干しを取り付けるとたくさんの洗濯物を干すことができます。天気がいい日はすぐに乾くので家族が多い場合は部屋干しでは洗濯物が乾きにくく、乾きが悪いと嫌な臭いもしてしまうので、是非取りつけることをオススメします。

ベランダに取り付ける物干しを選ぶときは設置場所を考えて

自宅のベランダに物干しがついていないと、洗濯した衣類を外に干すことができないので困ってしまいますよね。ベランダに物干しがない場合は設置すると洗濯物を干す場所に困りません。しかし賃貸などの物件では取り付けが出来ない場合もあるので、管理会社もしくは大家さんに必ず確認してから取り付けしましょう。

ベランダに設置する物干しには色々な種類があります。ベランダの大きさや屋根のサイズによって雨が当たってしまう場合もあるので物干しと設置場所はしっかりと見極めるようにしましょう。

屋根の骨組みを利用して好きな位置に固定できる吊り下げ式物干し

取り付け位置も高さも自由に調節することができます。一番オーソドックスなベランダ物干しになりますし、高い位置に設置することになるので、外から少し見えやすいこともあります。

壁付け物干しは建物の外壁部分に金具を取り付けるタイプなので、もし雨が振ってもかかりにくい場所に干せるのが特徴になります。

柱固定式物干し

バルコニー屋根のアルミの柱部分に設置するタイプです。プライバシーが一番保護できます。

賃貸で簡単に自分で取り付けるなら物干し竿台が便利

賃貸の物件に住んでいるとベランダに物干しがない場合もあります。賃貸の場合ベランダに物干しを取り付ける場合、管理会社や大家さんの許可が必要になります。快く了承してくれることが少ないです。そのような場合は、ベランダに物干し台を設置しましょう。壁に穴を開ける必要がないので、許可を取る必要がないのです。予算も5,000円もあるとそれなりの物を購入することが出来ます。

ブロー台付き物干し台

狭いベランダにも置くことができ、高さも調節することが出来るので、洗濯物をあまり見られたくない場合は低くすることも出来ます。重しになるブロー台には水と砂の両方を入れておきましょう。一度にたくさんの洗濯物を干すことができます。大容量なので洗濯物の間隔をしっかりと取ることが出来るので乾きもよくなります。

つっぱり棒タイプの物干し台

マンションなどで多く見かける物干し台です。釘やネジを使わずに簡単に取り付けることができますが、つっぱり棒タイプはベランダに屋根がないと使うことが出来ません。取り付ける場合は地面と天井に対して垂直に設置するようにしましょう。しっかり設置されていないと、洗濯物を干した時に倒れてしまう可能性があります。

物干しはベランダのタイプに合わせて選ぶことができる

天気のいい日は洗濯物を外に干したいを思う人が多いですよね。しかし引っ越し先の物件のベランダに物干しがないと自分で購入するか、部屋干しにするかになってしまいます。そこでオススメなのがベランダ用の物干し台です

ベランダ用の物干しは種類が多いので自宅にあったベランダ用物干しを購入しましょう。

簡単に使えるのはスタンドタイプになります。動かしやすいので時間帯によって日が当たる場所に移動することが出来ます。

ポールタイプは天井と床の間にポールを挟み込み突っ張ることで固定するタイプです。ポールなので場所を取らず、狭いベランダでも使用することができます。しかし天井がないと取り付けができないです。

ベランダに物干しを取り付けすれば外干しも快適に

賃貸の物件にはベランダに洗濯物干しがついていない場合もあります。物干しがないと、天気がよくても室内に干さないといけなくなります。部屋干しをすると部屋が狭くなりますし、乾きも悪いので何日も干していると嫌な臭いが発生することもあります。そのようにならないためにもベランダに物干しを取り付けましょう。

物干しを取り付ける時に気をつけるポイントはベランダの広さを確認することです。長さや奥行きなどしっかり確認しましょう。耐久性などライフスタイルにあったものを選びましょう。