洗濯物を早く乾かす方法!ドライヤーを使う方法と色々な乾かし方

お部屋の中に洗濯物を干していると、洗濯物がなかなか乾かずに困ることがあります。

そんなお悩みを解決するには、ドライヤーを使って乾かすことで、衣類の乾燥時間を短縮することができます。

ここでは、ドライヤーを使って洗濯物を乾かす方法や、色々なアイテムを使用して乾かす方法についてお伝えします。

洗濯物を乾かすアイデアを知って、洗濯物の乾燥にかかる時間を短くしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯物に卵が付着・黄色の卵の正体はカメムシ!対策と駆除方法

洗濯物を取り込んだとき、洗濯物に黄色い卵が付着していることを発見!予想もしなかった出来事に、びっくり...

洗濯物は扇風機で冬の部屋干しストレスも解消!使い方のコツ

冬は洗濯物がなかなか乾きにくいので洗濯をするのが嫌になりますよね。そんなときに夏に活躍していた扇...

洗濯物の分け方は一人暮らしでも大事!失敗しない洗濯のコツ

洗濯物の分け方は一人暮らしの洗濯でも大切な準備のひとつです。洗濯機が洗ってくれるからとついまとめ...

洗濯物を夜干す!外干しのメリット・デメリットと干し方の工夫

日中忙しくお仕事をしている人は、なかなか洗濯をする時間がとれないこともあります。仕事から帰ってきて、...

洗濯物を室内干ししたら、臭い時があるのでなんとかしたい

洗濯物はいつも外干ししたいですが、雨が降ったりしたら、室内干ししなくてはいけません。しかし、室内...

洗濯物を放置するとカビが生える!カビの洗濯方法とデメリット

洗濯物を干さずに放置していると、衣類にカビが生えてしまうことがあります。洗濯を干す時間がないから後で...

室内干しのアイデア【場所を作る】スペースを活用したコツを紹介

室内干しをするには洗濯物を干す場所の確保が必要ですが、狭い部屋の場合、干す場所を作るのに苦労をします...

洗濯物の乾かし方!冬の部屋干しでエアコンの暖房機能を使うコツ

冬はなかなか洗濯物が乾かずに困ってしまうことがあります。エアコンの暖房機能を利用して、うまく洗濯物を...

【洗濯物の干し方】ハンガーを使っても肩に跡を残さないために

洗濯物をハンガーにかけると肩に跡が残ってしまうことがありますが、これは正しい干し方をしていないことが...

洗濯物の部屋干し時間は減らしたい!早く乾くコツを紹介

洗濯物は部屋干しの場合、乾く時間はどれくらいかかるのか気になりませんか?できれば部屋干しでも洗濯...

洗濯物を部屋干しすると臭いが気になる問題を徹底的に解決します!

洗濯物を部屋干しすると臭いニオイを部屋中に充満させてしまったことありませんか?洗濯物が臭くな...

洗濯物の干し忘れは何時間までなら大丈夫?◯時間以上は洗い直し

洗濯物を干し忘れたときは何時間までならそのまま干してもいいのでしょうか?洗い直しをする基準と...

物干しスペースを室内に増やしたいときに活用できるアイデア

室内に物干しスペースを増やしたいけどいいアイデアが浮かばない!こんなお悩みを抱えている人もいるのでは...

洗濯物を早く乾かすには新聞紙が便利!使い方やコツを紹介

洗濯物を早く乾かすには新聞紙が使えるのを知っていますか?実は、新聞紙の原料に洗濯物を早く乾かすた...

洗濯物を部屋干しでも早く乾かすコツや使えるアイテムを紹介

洗濯物を部屋干しにするとなかなか乾かないことがあります。そんな部屋干しの洗濯物を早く乾かすためにはコ...

スポンサーリンク

今すぐに乾かしたい洗濯物をドライヤーで乾かす方法

雨の日も続くし、洗濯物が乾かそうと思っても、あなたの思い通りにならない日が続くこともあります。天気予報を見ても、「また雨か」なんて思っちゃいますよね?そんな時、応急処置として、ドライヤーを使用して、あなたの悩みの種である、洗濯物、どうにかして、乾かすことはできます。

素材によって、大丈夫であったり、不向きだったりもします。でも、Tシャツなど、例え失敗しても大丈夫な素材で、「これ、すぐに着たい」と思うものには、使用できると思います。

時間も物によって、異なるとは思いますが、10分前後で仕上がると思います。やり方は簡単。乾かしたい洗濯物にドライヤーを当てればいいだけです。デニムなど、元から乾燥しにくいものは、やってもあまり効果がないかもしれません。でも、ドライヤーの温風でも乾燥しやすい素材、靴下など、小さなものには、効果的に乾燥を早められます。

ちょっとでも乾燥のスピードを早めたい方、ドライヤーを利用して、チャチャっと済ませましょう。

布で覆った洗濯物をドライヤーで乾かす方法

特に、冬の時期は、洗濯物を乾かすのに、時間がかかります。乾燥機を利用しても、セーターなど、厚手の物は、「まだ乾かないの?」なんて状態にもすぐなります。

洗濯物を布で覆ってドライヤーで早く乾かす

少しでもそんな冬に干す洗濯物を早く乾かす方法はあります。勿論、その時期は室内で洗濯物を干しますよね?その際、まるで防虫ネットの様に、なにか布で覆います。何で覆ったら良いの?もっとアイディアを教えて!という方は、大きめのガーゼなどで覆うことをお薦めします。

そして、ドライヤーの温風を使って、洗濯物を乾かします。この方法の良い点は、ドライヤーの温風を逃さずに、洗濯物を乾かせる点です。

ちょっとした、乾燥機を室内に作れるという様な感覚になると思います。乾燥機を置くスペースがない、少しづつでも、自分で洗濯物が早く乾くペースを上げたいなんて方にはお薦めの方法になります。

冬の時期は、特に室内でも洗濯物は乾きにくいです。そんな時に、ドライヤーというご家庭にある電化製品を使用して、簡単に乾燥を早められる、手頃な方法です。

ドライヤー以外の方法は?アイロンを使って洗濯物を乾かす方法

ドライヤーではなくても、アイロンを使用しても、洗濯物を早く乾かすことはできます。

洗濯物を早く乾かすには、要するに、洗濯物で付着した水分を、いち早く乾かせば良いのです。その水分を服から取る、蒸発させる方法の一つが、アイロンを使用した方法なんです。

最近買ったアイロンを使用しているのなら、温度設定も簡単でしょうし、オシャレ着に「この温度でアイロンをして下さい」と書いてても、すぐにその温度に設定することも可能ですよね?

特にオシャレ着なんて、洗濯をした後、アイロンはかけなくてはいけないと思います。その回数が増える、もしくは、前後するだけです。

洗濯機で脱水をして、室内に乾燥させる前に、少しアイロンをかけるなど、水分をはじいて下さい。アイロンを少し使うだけでも、洗濯物が乾くスピードは上がりますよ。家にある家電製品を上手に利用して、洗濯物を乾かすスピードを早めて下さい。

電化製品を上手に利用して洗濯物を早く乾かす方法

洗濯物を早く乾かす方法。正直、電化製品など、専門的な道具がある方が、より楽に洗濯物は簡単に乾燥できてしまいます。

例えば扇風機。扇風機は、熱い地域の夏、部屋を涼しくさせるためにも使用しますよね?

洗濯物を早く乾かすには、「風」が必要になるので、扇風機の風を利用して、洗濯物を早く乾かしましょう。

扇風機以外でも、風は作れますし、風をおくれるのなら、他の電気器具を使用しても、洗濯が乾くペースも早くなります。ですが、どうせ夏に使用するものが家にあるのなら、それを使用して、洗濯物に風を送りましょう。

扇風機のメリットは、エアコンに比べて、電気代も安くなります。エアコンの除湿機機能を使用しても、洗濯物を早く乾かすことは可能です。でも、電気代はかかります。電気代が気になるのなら、扇風機を使用して、除湿をし、洗濯物を乾かすスピードを早めましょう。

もしくは、除湿機を使用してみてはいかがですか。家族の人数が多いのなら、洗濯物の量も勿論多くなります。私の家は扇風機を買う予定もないし、洗濯物は除湿機で乾燥をはやめたい。そう感じるのであれば、除湿機を使用して、洗濯物を早く乾かしましょう。扇風機というよりは、除湿機という、こだわりがある方もなかには、いるかもしれませんね。

洗濯物の干し方を工夫することで早く乾かすことができる

洗濯物は、干し方を工夫するだけでも、乾燥するスピードを上げることはできます。例えば、厚手のバスタオルなんて、「これ、どうやったら、早く乾燥するの?」なんて、洗濯初心者は頭を抱える問題だと思います。

厚手のバスタオルに関して言えば、二つ折りにしたりすると、乾燥までにより時間がかかります。ですので、干す際は、そのまま干す、折ったりはしないのが、乾燥を早めるコツになります。

また、冬など、洗濯物がどうしても乾くスピードが遅い季節は、洗濯でその様な機能があるのなら、脱水は2回するようにしましょう。洗濯物が吸収している水分を少しでも取る裏技といいますが、コツとなるのは、脱水の回数にあると思います。

また、干すのに「風」はやはり大切です。風通しの悪いところでは、洗濯物はなかなか乾きません。その事にも注意をし、風通しの良い場所で洗濯物を干しましょう。

ドライヤーやアイロン、除湿機を利用して、洗濯物を早く乾かすことはできます。どうやったら洗濯物をより早く乾かせるのか、そのコツを上記で紹介しました。ガーゼを使用する方法、電化製品を利用して、早く洗濯物を干す方法、やり方は様々です。