洗濯物の重さはどのくらい?物干しと洗濯物について

梅雨時期になって洗濯物が乾きにくくなったり、子供が大きくなって洗濯の量が多くなったりすると、物干しが洗濯物でいっぱいになり、重さに耐えられるのか?心配になることもありますよね。

そこで物干しの耐荷重について、またご自宅の物干しは、洗濯物の量に見合っているのか?洗濯物から判断する、最適な物干しの耐荷重についてご紹介をいたします。

いつもより洗濯物が増えたり、乾きにくい時期には、コインランドリーの乾燥機を利用するなど、工夫をしてみると良いですよ。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

浴室の物干し【賃貸でも可能】スペースに困ったら使える方法

浴室を物干しに使うなら賃貸でもできます。物干しスペースが狭くて、洗濯物を困ったときは浴室に干しましょ...

ニットをハンガーで干す。洗濯後でも伸びない干し方のポイント

ニットはハンガーで洗濯後に普通に干してしまうと、伸びてしまったり、肩の部分にハンガーの後がついてしま...

物干しハンガーが飛ばないための工夫。強風でも洗濯物は安心

物干しハンガーを飛ばないようにするためには、ハンガーや物干し竿に強風に負けない工夫をしなければなりま...

洗濯物の部屋干し時間は減らしたい!早く乾くコツを紹介

洗濯物は部屋干しの場合、乾く時間はどれくらいかかるのか気になりませんか?できれば部屋干しでも洗濯...

洗濯物を乾燥機で乾燥させると縮む原因と対処法・元に戻す方法

洗濯物を乾燥機で乾燥させた時、衣類が縮む経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。衣類が縮ん...

縦型洗濯機で乾燥すると臭い?その原因と対処方法について

縦型洗濯機の乾燥を使用すると、今までにはなかった嫌な臭いがする場合があります。洗濯だけを行う...

洗濯物を室内で干す場合のエアコンの機能を活用した賢い使い方

洗濯物を室内干しにするとなかなか乾かないという悩みがありますね。また乾燥までに時間がかかった洗濯...

ベランダの物干しはアイデア次第で狭くても干せて早く乾くコツ

ベランダの物干しアイデアをお探しのあなた。ベランダが狭くて物干しスペースがないと、洗濯をする度にスト...

洗濯物は雨の日でも外に干す!ポイントや濡れたときの対処法

洗濯物は雨の日は家の中に干すという人がほとんどかもしれません。でもなかなか乾かないのが難点です。...

洗濯物干しの室内アイデアを紹介!快適な室内干しのポイント

天気が悪い日などは洗濯物干しを室内でしなければなりませんね。そんなとき、室内干しを快適にするアイ...

洗濯物の部屋干しや干しすぎで臭いが気になる!臭いの原因と対策

洗濯物を部屋干しするときや干しすぎてしまった時、乾いた洗濯物の臭いが気になることがあります。せっかく...

脱水機の便利な使い方!小型で手動の脱水機をご紹介

ちょっとした汚れ物や、別洗いしたい洗濯物を手洗いをすることはそれほど面倒ではありませんが、しっかりと...

洗濯物は夜なら虫に注意!外干しの虫対策や部屋干しのポイント

洗濯物を夜に外に干すと虫や虫の卵がつく可能性があるのを知っていますか?なので、基本的にはあまり夜...

洗濯物の夜干しについて!外に干すと虫の卵?夜干しの注意点

洗濯物は朝に行い、日中日光でカラッと乾燥できると良いのですが、仕事をしていると朝は忙しく、どうしても...

洗濯物が乾かないときはドライヤー?洗濯物の乾かし方について

乾かない洗濯物にイライラしてしまうこと、ありますよね。そんなときにはドライヤーを使うと乾かない洗濯物...

スポンサーリンク

物干しの耐えられる重さは?洗濯物からわかるお家に合った物干し

洗濯物が多い時、洗濯物の物干しが洗濯物の重さに耐えられるのか。気になる時ありますよね。

私はよくキャンプに行くのですが帰ってきた日は家族4人分の溜まった洗濯物をするので、毎回洗濯をするのが大変です。一度に仕切れない洗濯は何度かにわけて洗濯をするのですが、家の物干しが全ての洗濯の重さに耐えられるのか心配になる時がよくあります。
今にも物干しが崩れそうなこともあるのですが、さっさと終わらせてしまいたいので無理やりかけたりしてなんとか洗濯をしていますが、それも時間の問題でした。
物干しが歪んだり、ミシミシいったりします。

洗濯物の物干しを買う時、使いやすさを重視して選ぶと思います。

物干しの耐荷重も忘れずに確認して購入する

そうすることで、洗濯物の重さに物干しが耐えられるかどうか心配することもありません。10kg以下、10kg、20kg、30kgとあります。

自分の家の洗濯物の量に合った物を使うと重さに耐えられるかどうかという心配事もなくなり、安心して洗濯をすることができます。

普段の家の洗濯物の量に合わせた物干しを使ってください。

洗濯物の重さに物干しが反応するタイプも

物干しが洗濯物の重さに耐えられるか心配であれば、洗濯物の重さに反応するタイプの物干しがあります。

洗濯物の重さが物干しにかかることで徐々に赤い印がでてきます。赤い印がマックスになると耐荷量に達しました、という意味になります。

これなら置型タイプでも天井から吊るすタイプでも安心して使用することができます。

洗濯物の重さが気になる場合はこまめに洗濯をして物干しを使おう

物干しは買い替え時ではないし、家にある物干しが何kg対応なのかもわからない、こんな場合もあるでしょう。

洗濯物は溜めずに小まめに行う

家族がいるとどうしても洗濯物が多い日があったり、1日洗濯物をするタイミングがなかったら翌日に回してしまうことが多いですよね。

そんな日は一回で全ての洗濯物を終わらて干すのではなく、何回かに分けて洗濯をすると良いですよ。
干している洗濯物が乾いたらまた次の洗濯物をしましょう。

それが面倒に感じる人は対策として物干しをもう一つ買って置くと良いでしょう。
折り畳める、縮められるなど収納に便利な物を買うと使わない時でもコンパクトに閉まっておくこができるので良いですね。

梅雨時期の洗濯物はコインランドリーの乾燥機も賢く利用

ジメジメした日が続く梅雨時期は洗濯物の大敵です。気温の低さ、湿度の高さから洗濯物がなかなか乾きません。
おまけに干している時間も長く、洗濯物が生乾きの臭いや嫌な臭いがしてしまいます。

洗濯物は毎日溜まりますので、既に干している洗濯物は乾かないと干す場所に困ります。洗濯しても洗濯物がスッキリ乾くことがないんですよね。
仕方なく嫌な臭いがするタオルや服をまた使うということもあるでしょう。

洗濯物が乾きにくい時期はコインランドリーも賢く利用する

家で洗濯をして、乾燥はコインランドリーで。
洗濯物の量によって乾燥する時間も異なりますが、だいたい30~40分も乾燥すればカラッと乾きます。

ただし、梅雨時期のコインランドリーは少し混んでいます。
次々と利用者がきますので、乾燥が終わる時間の2~3分前には乾燥機の前で洗濯物をとるスタンバイをしておきましょう。

そうすると次の利用者がすぐ使うこともできます。

気持ちよく使えるよう他の利用者への思いやりを忘れずにコインランドリーを利用しましょう。

洗濯物を干す「物干し」はライフスタイルに合わせて選ぼう

ライフスタイルに合わせた物干しを選ぶ

今使っている物干しのタイプはライフスタイルに合っていますか。
物干しにも様々な種類があります。

ポールタイプ

スマートな作りで竿が1~3本ほどついています。
洗濯物の量に合わせて竿の数をきめましょう。

天井から吊るすタイプ

部屋が狭いなら置型より吊るすタイプが部屋をスッキリさせることができます。

置型タイプ

安定感がある置型タイプですが場所をとってしまうという欠点があります。
天気が日は窓側で、今日は気温が低いからストーブの近くで、来客がくるから寝室に洗濯物を干したい、など移動が可能なので便利な点もあります。

このように自分のライフスタイルにあった物干しを選ぶことをオススメします。

ポール型よりは安定感のある物干し

ポール型にするならポールが2つになっているもので、より安定感のあるものを選びましょう。
上に吊るすタイプは耐荷量を意識して落ちてこないように注意しましょう。

我が家では外干し用、室内用に2つ物干しを用意しています。天井に吊るすタイプと収納や移動に便利な置型タイプです。
乾きにくい洗濯物は天井から吊るすタイプの物干しに干すことで上に温かい空気があるので乾きやすいですよ。
生臭い臭いがつきやすいタオル類も上から吊るすタイプの物干しに干しています。

工夫をしながら洗濯物を干していきましょう。