ビジューとパーツの付け方。透かしパーツの種類と簡単な方法

ビジューピアスやイヤリングは付けているだけで顔周りが華やかな印象になるので、お好きな方も多いでしょう。

アクセサリーを手作りをされる方も多く、私の周りにも増えていますし、色々なパーツも販売されています。

今回はピアスやイヤリングなどのアクセサリーをハンドメイドする時の、ビジューのパーツの付け方を紹介します。

では早速、材料や作り方を確認していきましょう。

透かしというパーツにビジューを付ける時の付け方、レジンを使う方法やレジンなしの付け方を紹介します。

好きなパーツを選んで組み合わせて、世界に一つだけのオリジナル作品を楽しんでください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

部屋干しした洗濯物の臭いが取れない原因と対処法・干し方の裏技

部屋干しした洗濯物は嫌な臭いを発生させてしまうことがあります。その臭いがなかなか取れない事に頭を悩ま...

ベランダに安心して物干しができる雨よけグッズは常備するべき

ベランダの物干し場があるなら、雨よけ対策を考えた方が安心です。雨よけグッズといっても様々なタイプ...

洗濯物の干し忘れは何時間までなら大丈夫?◯時間以上は洗い直し

洗濯物を干し忘れたときは何時間までならそのまま干してもいいのでしょうか?洗い直しをする基準と...

生乾きの臭いを消す方法!もうイヤな臭いを復活させない

部屋干しが多い季節になると、どうしても洗濯物に生乾きの臭いが付きやすくなります。一度、イヤな臭いが付...

洗濯物の部屋干しはエアコンが便利!早く乾かすアイデアと裏技

雨の多いシーズンは、洗濯物を部屋干しで干すことが多くなります。なかなか乾かない洗濯物で家の中もジメジ...

洗濯物の放置を1日したら洗い直し!すぐに干せないときの対処法

洗濯物を洗ったまま干すのを忘れて放置してしまったことはありませんか?時間によってはまだ間に合う場...

洗濯物を早く乾かすコツ!ドライヤーと使う方法とアイデアを紹介

なかなか乾かない洗濯物を早く乾かす方法はないか、今すぐに洗濯物を乾燥させたいというときは、ドライヤー...

洗濯物の重さはどのくらい?物干しと洗濯物について

梅雨時期になって洗濯物が乾きにくくなったり、子供が大きくなって洗濯の量が多くなったりすると、物干しが...

洗濯物は扇風機で冬の部屋干しストレスも解消!使い方のコツ

冬は洗濯物がなかなか乾きにくいので洗濯をするのが嫌になりますよね。そんなときに夏に活躍していた扇...

部屋干しをする場所と速乾のアイデア。干す場所と干し方で変わる

外に洗濯物を干すのが嫌という方もいらっしゃるでしょう。また仕事などの時間的な関係で、洗濯物は部屋...

洗濯物に卵のような白いものが!取り除き方や干し方の注意点

洗濯物を取り込んだら、なにやら卵のような白いブツブツしたものが付いていた。実は、コレの正体はある...

縦型洗濯機で乾燥すると臭い?その原因と対処方法について

縦型洗濯機の乾燥を使用すると、今までにはなかった嫌な臭いがする場合があります。洗濯だけを行う...

洗濯物が乾かない冬こそ部屋干し。除湿機で早く乾かすコツ

冬になると、洗濯物が乾かないとお困りの方は多いと思います。夏ならば、外干しをしておくと夕方には乾いて...

ベランダの物干しはアイデア次第で狭くても干せて早く乾くコツ

ベランダの物干しアイデアをお探しのあなた。ベランダが狭くて物干しスペースがないと、洗濯をする度にスト...

脱水機の便利な使い方!小型で手動の脱水機をご紹介

ちょっとした汚れ物や、別洗いしたい洗濯物を手洗いをすることはそれほど面倒ではありませんが、しっかりと...

スポンサーリンク

ビジューなどのアクセサリーを作る材料やパーツの付け方

イヤリングやピアスのパーツとして使われるビジュー。
フランス語では宝石を指すように、宝石に似せたキラキラとした材料を集めて作ります。ガラスや樹脂出来た宝石のようなパーツや、パールなどです。
また、それらに宝石のような台座をつけて配置することもありますよ。

ビジューの作りは比較的簡単です。

用意するのはお好みのキラキラパーツと透かしパーツ。
そしてそれらをくっつけるための接着剤です。

また、ワイヤーも必要であれば用意しましょう。
ビーズなどは接着剤よりもワイヤーの方が綺麗に仕上がります。

接着剤はアクセサリー用の透明な接着剤かレジンを使うのが一般的です。
レジンはライトを使うと数分で完全に接着するので、早く仕上げたい方には特におすすめですよ。

透かしパーツの上に用意したキラキラパーツをレイアウトしてビジューのデザインを決めます。

大きくメインとなるパーツを先にレイアウトしてから、隙間を埋めるように小さなパーツをレイアウトすると上手に出来ますよ。

デザインが決まったら、ワイヤーや接着剤を使って固定します。

ビジューを付ける透かしパーツについて

ビジューを作る時に使うのが透かしパーツ。
キラキラパーツを貼り付ける土台となる、平らなパーツです。ビジュー作りでは土台として使いますが、透かしパーツはそのままイヤリングやピアスのパーツとしても使えますよ。

透かしパーツは繊細な細工が美しいですよね。
それもそのはず。

透かしパーツはフィリグリーと言われる銀線細工が元になっています。
フィリグリーは、銀を細い糸状にして線で模様を描く様に溶接する細工で、手作業によるとても繊細なデザインが特徴です。

日本で一般的に透かしパーツと呼ばれるものはこれを模したもので、一枚ずつ手作業で作っているわけではありませんが、それでも十分に美しくエキゾチックなデザインですよね。

ビジューを付ける透かしパーツの色々な種類

ビジュー作りに使う透かしパーツには、いろいろな種類があります。

まずは、カラーです。
ゴールド、シルバー、ホワイトシルバーの他に、アンティークな金古美などがあります。
また、形もいろいろです。
スクエアやラウンドなどの一般的な形はもちろん、蝶やバラなどの花、葉っぱ、雪の結晶など自然なモチーフを形にしたものや、扇などめでたいモチーフのデザイン、垂れ下がるシャンデリアのような雫型のデザインのものなど、本当に多種多様なデザインがあります。

もちろん、サイズもいろいろです。

透かしパーツは沢山の種類がありとても美しいパーツなので、ハンドメイド資材としてではなく、コレクションように買い求める人もいるほどです。

ビジューの付け方、レジンを使う場合

ビジューの作り方としてレジンを使った場合について詳しくご紹介します。

レジンはミール皿などにお好みの素材を封じ込めてアクセサリーパーツを作る時に使うのが一般的ですが、UVライトやLEDライトを当てると数分で硬化するため、接着剤としてもとても優秀です。
また、レジンの品質にもよりますが、長期間透明なままであることもレジンが使われる理由の1つでしょう。

先程ご紹介した作り方で接着剤の代わりにレジンを使うなら、透かしパーツにビーズなどのキラキラパーツをワイヤーなどで括りつけてから、隙間を埋めるようにレジン液を塗り、ライトや太陽光で硬化させます。

またクリアファイルを使えば、ワイヤーで一度固定しなくてもレジンだけで綺麗に接着することが出来ますよ。

カットしたクリアファイルの上に透かしパーツを置いて、レジン液をすこしのせて透かしパーツ全体に広げます。
その上に接着したいパーツをレイアウトして、ライトや太陽光で硬化するだけです。

慣れるまでは作業を2分割して、透かしパーツに広げて硬化、更にレジン液をのせてパーツを接着という手順で行うと、失敗が少なく綺麗に仕上がります。

接着剤を使ったビジューの簡単な付け方

ビジューを作る時にレジンを使うとパーツをワイヤーで括る必要が無いので、とても手軽ですよね。
この方法、接着剤で行うことも出来ます。

レジンの時と同じ様にカットしたクリアファイルので上で作業するのです。
ただし、注意したいのは硬化までに時間がとてもかかること。
底が平でずれる可能性の少ないパーツを貼り付ける時には問題ありませんが、コロコロと転がってしまうパーツの場合には注意しましょう。

できるだけずれない様にするなら、粘度のある接着剤を使うのがおすすめです。
また、レイアウトも底が平らなパーツで作った囲いに閉じ込めるようにすると、ずれる心配が少なくなりますよ。

しっかりと乾燥させてから出来上がったビジューの裏にイヤリングやピアスのパーツを貼り付けます。