ビジューとパーツの付け方。透かしパーツの種類と簡単な方法

ビジューピアスやイヤリングは付けているだけで顔周りが華やかな印象になるので、お好きな方も多いでしょう。

アクセサリーを手作りをされる方も多く、私の周りにも増えていますし、色々なパーツも販売されています。

今回はピアスやイヤリングなどのアクセサリーをハンドメイドする時の、ビジューのパーツの付け方を紹介します。

では早速、材料や作り方を確認していきましょう。

透かしというパーツにビジューを付ける時の付け方、レジンを使う方法やレジンなしの付け方を紹介します。

好きなパーツを選んで組み合わせて、世界に一つだけのオリジナル作品を楽しんでください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

部屋干しはエアコン除湿で早く乾く!使い方のコツや温度を紹介

雨が続く梅雨の時期などは洗濯物がなかなか乾かないので困りますね。そんなときに部屋干しをした洗濯物...

物干しからハンガーがずれない裏技やオススメグッズで対策を

物干しからハンガーがずれないようにするには、ハンガーを固定したりするなど対策が必要です。せっかく晴れ...

重曹洗濯で臭い取りができる!方法や気をつけたい注意点を紹介

重曹を入れて洗濯すると、気になる洗濯物の臭い取りができます。重曹の消臭効果は掃除以外にも洗濯にも...

洗濯物の卵の正体・茶色の卵はカメムシかも!駆除方法と予防方法

洗濯物に茶色の卵が産み付けられていたとき、その卵の正体が気になるものです。茶色の卵の正体は「カメムシ...

洗濯物に付く虫の正体、茶色いカメムシから洗濯物を守る方法

洗濯物を外で干していると、気になるのが虫です。特に都心よりも郊外の自然が豊かな場所だと虫も付きやすい...

物干しをベランダに取り付け費用の目安や自分に合う選び方のコツ

物干しをベランダに取り付けたいけど、費用や選び方に悩みますよね。引っ越したマンションのベランダに...

洗濯物の卵の正体は?黒い卵はカメムシの可能性!卵の駆除方法

洗濯物に卵が付着しているのを発見!その卵の正体は、黒いボディが特徴的なカメムシの卵の可能性があります...

洗濯物が乾かない…。室内干しでも早く乾かすには

洗濯物を外に干せない時は、部屋干しすることになりますが、なかなか乾かないなんてことがよくあります。...

洗濯物を干す時間帯や乾くまでの時間は?夏の外干し豆知識

夏は洗濯物を外干しする機会が多いですが、干す時間帯は何時から何時までがベストか、最短でどのくらいで乾...

洗濯物に卵が付着・黄色の卵の正体はカメムシ!対策と駆除方法

洗濯物を取り込んだとき、洗濯物に黄色い卵が付着していることを発見!予想もしなかった出来事に、びっくり...

洗濯物を干しっぱなしで1週間放っておくのは止めましょう

洗濯物を干しっぱなしのまま外に1週間放っておくのはとても危険です。旅行や出張に行くときには必ず部屋の...

洗濯物を室内干ししたら、臭い時があるのでなんとかしたい

洗濯物はいつも外干ししたいですが、雨が降ったりしたら、室内干ししなくてはいけません。しかし、室内...

洗濯物の夜干しは乾くのに時間が掛かる!部屋干しのコツ

朝は慌ただしく、洗濯はいつも夜にしているというご家庭も多いと思います。今は主婦も仕事をしている方が多...

洗濯物に埃がつく原因と対策方法についてご紹介

洗濯をし終わった後の洗濯物に埃がつくことってありますよね。洗う服に埃がいっぱいついていたわけでも...

物干しはベランダが狭いなら工夫と便利グッズで有効的に活用

物干しはベランダが狭いと洗濯物を干すスペースが少なくて困りますよね。狭いベランダの物干しには、便...

スポンサーリンク

ビジューなどのアクセサリーを作る材料やパーツの付け方

イヤリングやピアスのパーツとして使われるビジュー。
フランス語では宝石を指すように、宝石に似せたキラキラとした材料を集めて作ります。ガラスや樹脂出来た宝石のようなパーツや、パールなどです。
また、それらに宝石のような台座をつけて配置することもありますよ。

ビジューの作りは比較的簡単です。

用意するのはお好みのキラキラパーツと透かしパーツ。
そしてそれらをくっつけるための接着剤です。

また、ワイヤーも必要であれば用意しましょう。
ビーズなどは接着剤よりもワイヤーの方が綺麗に仕上がります。

接着剤はアクセサリー用の透明な接着剤かレジンを使うのが一般的です。
レジンはライトを使うと数分で完全に接着するので、早く仕上げたい方には特におすすめですよ。

透かしパーツの上に用意したキラキラパーツをレイアウトしてビジューのデザインを決めます。

大きくメインとなるパーツを先にレイアウトしてから、隙間を埋めるように小さなパーツをレイアウトすると上手に出来ますよ。

デザインが決まったら、ワイヤーや接着剤を使って固定します。

ビジューを付ける透かしパーツについて

ビジューを作る時に使うのが透かしパーツ。
キラキラパーツを貼り付ける土台となる、平らなパーツです。ビジュー作りでは土台として使いますが、透かしパーツはそのままイヤリングやピアスのパーツとしても使えますよ。

透かしパーツは繊細な細工が美しいですよね。
それもそのはず。

透かしパーツはフィリグリーと言われる銀線細工が元になっています。
フィリグリーは、銀を細い糸状にして線で模様を描く様に溶接する細工で、手作業によるとても繊細なデザインが特徴です。

日本で一般的に透かしパーツと呼ばれるものはこれを模したもので、一枚ずつ手作業で作っているわけではありませんが、それでも十分に美しくエキゾチックなデザインですよね。

ビジューを付ける透かしパーツの色々な種類

ビジュー作りに使う透かしパーツには、いろいろな種類があります。

まずは、カラーです。
ゴールド、シルバー、ホワイトシルバーの他に、アンティークな金古美などがあります。
また、形もいろいろです。
スクエアやラウンドなどの一般的な形はもちろん、蝶やバラなどの花、葉っぱ、雪の結晶など自然なモチーフを形にしたものや、扇などめでたいモチーフのデザイン、垂れ下がるシャンデリアのような雫型のデザインのものなど、本当に多種多様なデザインがあります。

もちろん、サイズもいろいろです。

透かしパーツは沢山の種類がありとても美しいパーツなので、ハンドメイド資材としてではなく、コレクションように買い求める人もいるほどです。

ビジューの付け方、レジンを使う場合

ビジューの作り方としてレジンを使った場合について詳しくご紹介します。

レジンはミール皿などにお好みの素材を封じ込めてアクセサリーパーツを作る時に使うのが一般的ですが、UVライトやLEDライトを当てると数分で硬化するため、接着剤としてもとても優秀です。
また、レジンの品質にもよりますが、長期間透明なままであることもレジンが使われる理由の1つでしょう。

先程ご紹介した作り方で接着剤の代わりにレジンを使うなら、透かしパーツにビーズなどのキラキラパーツをワイヤーなどで括りつけてから、隙間を埋めるようにレジン液を塗り、ライトや太陽光で硬化させます。

またクリアファイルを使えば、ワイヤーで一度固定しなくてもレジンだけで綺麗に接着することが出来ますよ。

カットしたクリアファイルの上に透かしパーツを置いて、レジン液をすこしのせて透かしパーツ全体に広げます。
その上に接着したいパーツをレイアウトして、ライトや太陽光で硬化するだけです。

慣れるまでは作業を2分割して、透かしパーツに広げて硬化、更にレジン液をのせてパーツを接着という手順で行うと、失敗が少なく綺麗に仕上がります。

接着剤を使ったビジューの簡単な付け方

ビジューを作る時にレジンを使うとパーツをワイヤーで括る必要が無いので、とても手軽ですよね。
この方法、接着剤で行うことも出来ます。

レジンの時と同じ様にカットしたクリアファイルので上で作業するのです。
ただし、注意したいのは硬化までに時間がとてもかかること。
底が平でずれる可能性の少ないパーツを貼り付ける時には問題ありませんが、コロコロと転がってしまうパーツの場合には注意しましょう。

できるだけずれない様にするなら、粘度のある接着剤を使うのがおすすめです。
また、レイアウトも底が平らなパーツで作った囲いに閉じ込めるようにすると、ずれる心配が少なくなりますよ。

しっかりと乾燥させてから出来上がったビジューの裏にイヤリングやピアスのパーツを貼り付けます。