洗濯物に卵が付着・緑の卵はカメムシの可能性!駆除・予防方法

綺麗に洗った洗濯物を外から家の中に取り込んだ時、衣類に緑色の卵が産み付けられているのを発見。

何かの虫が洗濯物に卵を産み付けていたことを知ると、とってもショックなものです。特に虫が嫌いな人は、卵を発見しただけでも震え上がってしまうのではないでしょうか。

緑色の卵の正体はカメムシかもしれません。卵の特徴や駆除・予防方法を知って、上手に処理を行いましょう。

カメムシがそのまま孵化してしまうと、強烈な臭いを発生してしまいます。卵を発見した時点でしっかり駆除をすることで、カメムシの被害を予防しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

部屋干しをする場所と速乾のアイデア。干す場所と干し方で変わる

外に洗濯物を干すのが嫌という方もいらっしゃるでしょう。また仕事などの時間的な関係で、洗濯物は部屋...

洗濯ネットのまま乾燥機に入れても大丈夫?その答えは「NO」

お気に入りの洋服や下着などを洗濯ネットに入れて洗濯する人も多いでしょう。しかし、そこで疑問となるのが...

洗濯物の分け方は一人暮らしでも大事!失敗しない洗濯のコツ

洗濯物の分け方は一人暮らしの洗濯でも大切な準備のひとつです。洗濯機が洗ってくれるからとついまとめ...

洗濯物は夜なら虫に注意!外干しの虫対策や部屋干しのポイント

洗濯物を夜に外に干すと虫や虫の卵がつく可能性があるのを知っていますか?なので、基本的にはあまり夜...

洗濯物の生乾き臭の原因は雑菌。除去する方法と解決策を紹介

洋服を着た時に洗ったばかりなのに、生乾き臭がすると感じたことはありませんか?洗った洗濯物が臭う原...

洗濯物を早く乾かすには新聞紙が便利!使い方やコツを紹介

洗濯物を早く乾かすには新聞紙が使えるのを知っていますか?実は、新聞紙の原料に洗濯物を早く乾かすた...

洗濯物が外干しで臭い原因は?対策や臭わせない部屋干しのススメ

洗濯物を外干ししているのに臭いがするのはどうしてなのでしょう?部屋干しの生乾き臭が嫌でできるだけ...

洗濯物のアンモニア臭の原因と取り除くためにできることを紹介

洗濯をしたのに洗濯物からアンモニア臭がするのはどうしてなんか、原因が気になりませんか?その原因を...

【洗濯物対策】湿度が高い日でも早く乾くためのルール

雨の日やジメジメとした日は、洗濯物がなかなか乾かなく、お困りの方も多いと思います。洗濯物が乾くために...

物干しを快適に!マンションのベランダの低い物干しの解決方法

マンションに暮らす方で、ベランダの低い物干しが使いにくいと感じている方は多いようです。低くしてい...

洗濯物を早く乾かす方法!ドライヤーを使う方法と色々な乾かし方

お部屋の中に洗濯物を干していると、洗濯物がなかなか乾かずに困ることがあります。そんなお悩みを...

洗濯物をベランダの手すりに干す方法や設置型物干しをご紹介

洗濯物をベランダで乾かしている光景をよく見かけます。マンションやアパートのベランダには、元々物干しの...

洗濯物を夜干すのはダメ?夜に行う洗濯の良い点と注意点について

お仕事をされている方だと朝は準備で忙しい時間。洗濯物まで手が回らずに、夜行うという方も多いですよね。...

洗濯物を干しっぱなしで1週間放っておくのは止めましょう

洗濯物を干しっぱなしのまま外に1週間放っておくのはとても危険です。旅行や出張に行くときには必ず部屋の...

物干しはベランダが狭いなら工夫と便利グッズで有効的に活用

物干しはベランダが狭いと洗濯物を干すスペースが少なくて困りますよね。狭いベランダの物干しには、便...

スポンサーリンク

洗濯物に緑の卵が!虫が洗濯物に及ぼす被害

先日大変ショックな出来事がありました。私は集合住宅に住んでいますが、洗濯物をベランダに干していて取り込んで畳んでいる時に丸い物体が目に入りました。

その物体は緑色をしたビーズのような粒でびっしりと固まって洗濯物に付いています。ぎょっとして他の洗濯物も調べてみると同じ塊を他にも2ヶ所に発見しました。

これはどう見ても虫の卵です。

私は虫が大嫌いです。見るのも嫌で触るなどとんでもないという程です。

日頃から小さな虫やクモが洗濯物に付くことがあり用心をして、取り込むときにはバサバサと強く振りさばいていたのですが、卵が付いていたのは初めてです。

洗濯物をベランダに干すと部屋干しの臭い対策や日光消毒にもなりとても気持ちが良いのですが、虫が最大の敵です。虫は洗濯物に糞を付けたり卵を産んだり、取り込むときにまぎれて家の中に入ってしまいます。

何とか洗濯物に虫が近づかないようにしたいものです。

洗濯物に付着した緑の卵の正体はカメムシの可能性

ところで、我が家には幼稚園に通う子供が居ます。子供は私に似ず虫が大好きです。

私が洗濯物を畳んでいる時に

「何これ、卵だ!」

と叫んだ瞬間に

「何々?」

と飛んできて興味深々でした。何の卵?なのかと知りたがるので図鑑を開いて調べてみると、カメムシの可能性が高い事が分かりました。

カメムシは種類豊富、白色や茶色、緑色の卵を産む

活動は6月から8月の寒すぎず暑すぎない季節に産卵をします。

卵を産むのは日中で葉の裏側などの直射日光の当たらない場所に産み付けます。

近くにえさとなる葉がある場所を選びます。

我が家のベランダと卵が産み付けられた時期はこれにぴったりなのです。我が家は1階なのでベランダの外側には草が生い茂っています。カメムシのえさは沢山あるのでしょう。

洗濯物の緑の卵を駆除したい!カメムシの卵を駆除する方法

私は虫の卵がついた洗濯物を捨ててしまいたい衝動に駆られました。もしそれがよれよれになった旦那さんの下着などであれば捨てていたでしょう。しかし、卵が産み付けられていたのはまだ新しい私の綿のカットソーです。

勿体無くて捨てるわけにはいきません。この卵を取り除かなければなりません。

虫の卵はガムテープで除去

直接触るなどとんでもないのでチラシを丸めて擦り落とそうとしましたがかなりしっかりと付いているようで取れません。

そこでガムテープを使用してみました。

卵が潰れないように優しくガムテープを当てて軽く抑えてから引っ張ると、簡単に取れました。大変な精神力を消耗する一件でした。

もし同じような事が起こってしまった場合にはこの方法をお勧めします。

カメムシの緑の卵を洗濯物に卵を産ませないようにする対策

さて、今回は卵を取り去り付着していた衣類をもう一度洗濯して室内に干し、一件落着しました。しかし、再び同じ事が起きる可能性があります。それは何としても防ぎたいものです。

我が家のベランダの前は草だらけなので、カメムシがまたやってくる可能性は大いにあります。そこで、カメムシを寄せ付けないアイテムを探してみました。

小さい子供がいるので人体に害のあるものは使用したくありません。

良いものを見つけました、ハーブです。

ハッカやペパーミントなどのハーブをカメムシは嫌う

早速次の日にホームセンターへ購入しに行きました。ハッカとペパーミント、アップルミントを2株ずつ購入してプランターに植え替えてベランダに均等に配置しました。

これらのハーブは生育が早いようなのでどんどん増えてカメムシから洗濯物を守ってくれる事でしょう。

カメムシが洗濯物に卵を産む理由

カメムシは自然界では直射日光の当たらない葉の裏に卵を産みます。

洗濯物の日光とは反対側の面はカメムシにとって心地の良い葉の裏と同様に感じられたのでしょう。そうしてつるつるの面では産んだ卵がしっかりとくっつきません。

私の綿のカットソーはざらっとしていて卵がしっかりと付着する素材なので最適と思われたのでしょう。

虫は夜に活動するものが多いが、カメムシは日中に卵を産む習性がある

そのため洗濯物を干す時間と一致してしまうのです。

そうして卵から孵った子供達が飢えないようにえさになる草が近くにある我が家のベランダは良い産卵場所となってしまったのです。我が家は一階なので草が近くにありますが、これが上層階の場合でもベランダにカメムシが好む植物のプランターを置いていると卵を産み付けられてしまう事があるようです。上層階にお住まいの方は、ベランダに置くプランターに気をつけましょう。

私は虫を見ると「気持ち悪い」としか思わなかったのですが、子供は虫を見ると捕まえて「かわいい~!」と大喜びです。「臭いを出すから触らないで」と止めないとカメムシも平気で掴みます。

ワラジムシや大きなミミズも平気で掴んでいます。

そんな様子を見ていると、虫も一生懸命生きているので愛らしさを感じなくもない気持ちが沸いて来ました。部屋の中に虫が入ってきたら、できるだけ捕獲して外へ出してあげようと思います。