洗濯物が生乾き臭い!原因を取り除く方法と予防対策を紹介

洗った洗濯物から生乾きの臭いがしたことはありませんか?洗濯物から生乾きの臭いがしたときは、その原因である雑菌を取り除かなければ臭いを取ることはできません。

そこで、洗濯物についた生乾きの臭いの取り方について対処法や臭いの予防対策などお伝えしていきましょう。

日頃から洗濯をするときには臭いがつかないように気をつけるのが一番です。
ぜひ参考に洗濯方法の見直しや対策をしていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯物に卵が付着・緑の卵はカメムシの可能性!駆除・予防方法

綺麗に洗った洗濯物を外から家の中に取り込んだ時、衣類に緑色の卵が産み付けられているのを発見。...

物干しのピンチハンガーを購入するならステンレス製がおすすめ!

物干しのピンチハンガーをこれから購入するなら、ステンレス製を試してみてはいかがでしょうか。もちろ...

洗濯物に卵のような白いものが!取り除き方や干し方の注意点

洗濯物を取り込んだら、なにやら卵のような白いブツブツしたものが付いていた。実は、コレの正体はある...

洗濯物の重さはどのくらい?物干しと洗濯物について

梅雨時期になって洗濯物が乾きにくくなったり、子供が大きくなって洗濯の量が多くなったりすると、物干しが...

洗濯物の干し忘れは何時間までなら大丈夫?◯時間以上は洗い直し

洗濯物を干し忘れたときは何時間までならそのまま干してもいいのでしょうか?洗い直しをする基準と...

洗濯物の乾かし方!冬の部屋干しでエアコンの暖房機能を使うコツ

冬はなかなか洗濯物が乾かずに困ってしまうことがあります。エアコンの暖房機能を利用して、うまく洗濯物を...

ベランダの物干しはアイデア次第で狭くても干せて早く乾くコツ

ベランダの物干しアイデアをお探しのあなた。ベランダが狭くて物干しスペースがないと、洗濯をする度にスト...

洗濯物への虫の付着を防ぐ虫除けネット!手作りする方法をご紹介

天気の良い日は洗濯物を外に出して、カラッと乾かしたい!梅雨の季節になると、さらにそう強く思いませんか...

洗濯物が乾くエアコンの設定温度は?除湿機能を使った部屋干し

梅雨の時期になると、部屋の中の湿度が高くなり洗濯物が乾きにくくなります。乾きにくくなると、嫌な生乾き...

洗濯物を夜干すのはダメ?夜に行う洗濯の良い点と注意点について

お仕事をされている方だと朝は準備で忙しい時間。洗濯物まで手が回らずに、夜行うという方も多いですよね。...

洗濯物の放置を1日したら洗い直し!すぐに干せないときの対処法

洗濯物を洗ったまま干すのを忘れて放置してしまったことはありませんか?時間によってはまだ間に合う場...

物干しはベランダが狭いなら工夫と便利グッズで有効的に活用

物干しはベランダが狭いと洗濯物を干すスペースが少なくて困りますよね。狭いベランダの物干しには、便...

洗濯物の卵の正体は?黒い卵はカメムシの可能性!卵の駆除方法

洗濯物に卵が付着しているのを発見!その卵の正体は、黒いボディが特徴的なカメムシの卵の可能性があります...

洗濯物を乾燥機で乾燥させると縮む原因と対処法・元に戻す方法

洗濯物を乾燥機で乾燥させた時、衣類が縮む経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。衣類が縮ん...

物干しをベランダに取り付け費用の目安や自分に合う選び方のコツ

物干しをベランダに取り付けたいけど、費用や選び方に悩みますよね。引っ越したマンションのベランダに...

スポンサーリンク

洗った洗濯物から生乾きの臭いがする原因

きちんと洗っているはずなのに、洗濯物から生乾きの臭いがするのは一体なぜなのでしょうか?

まさか洗濯機の故障?
それとも洋服と洗剤の相性が悪いのか…。

生乾きの臭いに頭を悩ませている主婦の方はたくさんいるでしょう。

洗剤や柔軟剤を変えるなど工夫をこらしてもなかなか改善されない生乾きの臭い…。

生乾きの臭いを改善するためには、臭いの原因を突き止める必要があります。

洗濯物から生乾きの臭いがする原因は、実は雑菌です。

洗濯物についている皮脂汚れや垢などは、雑菌の大好物です。

少しでも汚れが残っていると、それをエサにどんどん繁殖してしまうのです。

皮脂や垢などの汚れを取るために洗濯をするのですが、どんなに綺麗に洗濯をしたつもりでも、繊維の奥の奥まで染み込んでしまった汚れはなかなか落とす事ができません。

繊維の奥に残った少しの汚れを見つけて雑菌は繁殖しようと頑張ります。

そして、雑菌の繁殖を助けてしまうものが湿気です。

湿気の多い室内で洗濯物を干してしまうと、少しのエサでも雑菌は繁殖します。

洗濯物が濡れている時間が長くなれば長くなるほど雑菌は繁殖するのです。

洗濯物の生乾き臭を防ぎたければ、皮脂汚れや垢などをなるべく綺麗に落とし、乾いた空気のもとで早く洗濯物を乾かす事が大切です。

洗濯物についた生乾きの臭いの取り方とは

洗濯物についてしまった生乾きの臭いを取るためには、臭いの素である雑菌を死滅させなければいけません。

雑菌には弱点があり、それはズバリ【熱】です。

家庭にある物で洗濯物に熱をかけられるとすれば、洗濯乾燥機とアイロンではないでしょうか?

特にアイロンは200度近い高温を洋服に直接かけられるので、雑菌を除去するのに役立ちます。

ただし洋服の素材の中には熱に弱いものもあるので、洋服の取り扱いタグをきちんと確認してから行いましょう。

臭いが取り除かれても、大切な洋服を傷めてしまっては何の意味もありません。

熱に弱い素材の洋服は、漂白剤を使って洗濯をすると生乾きの臭いを取り除く事ができます。

白いものには塩素系の漂白剤を使っても大丈夫ですが、色柄物には酸素系の漂白剤を使うようにしましょう。

生乾きの臭いがなかなか取れない洗濯物の対処法

生乾き臭がなかなか取れない場合は、熱湯で雑菌を殺菌消毒してみましょう。

熱湯といっても、沸騰させたアツアツのお湯ではなく、70度くらいのお湯で大丈夫です。

生乾き臭の原因である雑菌は、65度くらいでほとんど死滅します。

耐熱温度の高い桶などに衣類を入れて、そこに70度のお湯を投入します。

衣類が完全に浸かるくらいの量を入れましょう。

そのまま15分~30分ほど放置します。

その後、洗濯機で普通に洗濯すれば生乾き臭は取れているはずです。

洗濯が終わったら、なるべく早く干しましょう。

乾くのに時間がかかってしまうと、生乾き臭が再発してしまいます。

雑菌を除去したら、さっさと乾かす、これが重要です。

消臭スプレーは生乾き臭いを消すための応急処置

ソファーやカーペット、カーテンなどあまり洗うことのできない布製品には、消臭スプレーをかけているという人が多いと思います。

市販の消臭スプレーは、布製品の家具だけでなく、帽子や靴などのファッションアイテムにも使用する人が多いでしょう。

生乾きの臭いが気になる洋服にも消臭スプレーを使用する人はたくさんいるのではないでしょうか。

消臭スプレーをかければ、瞬間的に臭いがなくなり安心して出かけられると思いますが、時間が経てばまた生乾きの臭いが復活してしまいます。それは、生乾きの原因である雑菌がまだ生きているからです。

消臭スプレーをかけるだけでは、臭いの素となる雑菌を死滅させることはできないので再び臭いだしてしまうのです。

根本から臭いを取り除きたければ、雑菌を取り除く処置が必要なのです。

消臭スプレーは便利ですが、汚れが付いている洋服に消臭スプレーをかけてしまうとシミができてしまう可能性があります。

急いでいる時以外は、なるべく使わないようにしましょう。

生乾きの臭いを洗濯物からさせないための予防対策

洗濯物を生乾きの臭いから守る一番簡単な方法は、早く乾かすという事です。

洗濯物を早く乾かすためには、まずは干し方を見直しましょう。

洗濯物は干す間隔がとても大切です。

洗濯物と洗濯物の間には15センチほど隙間を開けるようにしましょう。

厚手のものを干したら次は薄手のものを干すというような工夫も必要です。

風の通り道がなければ、上手く乾かなくなってしまいます。

タオルやバスタオルなどは、二つ折りにして干す際にピッタリと揃えるのではなく少しずらして干すと重なりが少なくなるので早く乾きやすくなります。

重なっている部分は乾きが遅くなってしまうので、ズボンなどもポケットを出して干すなど工夫して干しましょう。

洗濯物を早く乾かしてもまだ生乾きの臭いがする場合は、洗濯槽が汚れている可能性があります。

綺麗に見える洗濯槽も、実は雑菌が潜んでいる事があります。

洗濯槽の掃除はしていますか?
洗濯槽は、月に一度は掃除をした方が良いと言われています。定期的に掃除をしていないと、雑菌だけでなくカビが発生して、洗濯物を汚してしまう事があります。

洗濯槽クリーナーや重曹、セスキ炭酸ソーダなどを使って、定期的に掃除をしましょう。

長い間掃除をせずに放置してしまった洗濯槽は、一度プロのクリーニングを頼む事がおすすめです。