洗濯物が乾かない…。室内干しでも早く乾かすには

洗濯物を外に干せない時は、部屋干しすることになりますが、なかなか乾かないなんてことがよくあります。
洗濯物を室内に干した時に乾きづらいのはなぜなのでしょうか。
ここではその原因と、室内でも出来るだけ洗濯物を早く乾かす方法についてご紹介しますので、梅雨時など、洗濯物を外干し出来ないという方は、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

物干しスペースを室内に増やしたいときに活用できるアイデア

室内に物干しスペースを増やしたいけどいいアイデアが浮かばない!こんなお悩みを抱えている人もいるのでは...

物干しはベランダが狭いなら工夫と便利グッズで有効的に活用

物干しはベランダが狭いと洗濯物を干すスペースが少なくて困りますよね。狭いベランダの物干しには、便...

生乾きの臭いを消す方法!もうイヤな臭いを復活させない

部屋干しが多い季節になると、どうしても洗濯物に生乾きの臭いが付きやすくなります。一度、イヤな臭いが付...

洗濯ネットのまま乾燥機に入れても大丈夫?その答えは「NO」

お気に入りの洋服や下着などを洗濯ネットに入れて洗濯する人も多いでしょう。しかし、そこで疑問となるのが...

洗濯物の干しっぱなしOK?夜に外干しするメリット・デメリット

お仕事をしていて昼間に洗濯をする時間がない人のなかには、夜に洗濯をして洗濯物を外に干しっぱなしにでき...

洗濯物の分け方は一人暮らしでも大事!失敗しない洗濯のコツ

洗濯物の分け方は一人暮らしの洗濯でも大切な準備のひとつです。洗濯機が洗ってくれるからとついまとめ...

洗濯物をベランダに干すと虫が付いて困る時の防虫対策!

ベランダに洗濯物を干すと、洗濯物に虫が付いて困るという方はいませんか?周りに自然が多い場所だと虫も多...

室内干しでも乾かしやすくするアイデア!使える100均アイテム

ジメジメとした季節は洗濯物は室内干しになりますが、なかなか洗濯物が乾かないとお悩みの方は多いと思いま...

洗濯物を室内干ししたら、臭い時があるのでなんとかしたい

洗濯物はいつも外干ししたいですが、雨が降ったりしたら、室内干ししなくてはいけません。しかし、室内...

洗濯物の生乾きの臭い対策と早く乾かすためのコツ

部屋干しにすると、洗濯物の生乾きの臭いが気になります。洗濯物に生乾きの臭いが付かないようにするには、...

室内干しのアイデア【場所を作る】スペースを活用したコツを紹介

室内干しをするには洗濯物を干す場所の確保が必要ですが、狭い部屋の場合、干す場所を作るのに苦労をします...

部屋干しをする場所と速乾のアイデア。干す場所と干し方で変わる

外に洗濯物を干すのが嫌という方もいらっしゃるでしょう。また仕事などの時間的な関係で、洗濯物は部屋...

洗濯物を外干ししたい!冬でも洗濯物を外干しするコツをご紹介

洗濯物を外干ししないと、乾いた気がしない…冬は特に、そう感じる。洗濯物が楽しくない。...

洗濯物は夜なら虫に注意!外干しの虫対策や部屋干しのポイント

洗濯物を夜に外に干すと虫や虫の卵がつく可能性があるのを知っていますか?なので、基本的にはあまり夜...

洗濯物に付く虫の正体、茶色いカメムシから洗濯物を守る方法

洗濯物を外で干していると、気になるのが虫です。特に都心よりも郊外の自然が豊かな場所だと虫も付きやすい...

スポンサーリンク

室内だと洗濯物が乾かない理由とは

可能な限り洗濯物は外に干すという方でも、天候や季節などによってどうしても室内に干さなければいけないということがあると思います。

外でカラッと乾かしたい派にとって、なかなか乾かない室内で洗濯物を干すのは少しストレスを感じてしまうでしょう。

私も室内干しは乾きづらく、臭いがつきやすく毎度ストレスを感じます。

洗濯物は乾かない室内ではどうすれば乾きやすくなるか考え、その対策をしていきましょう。

まずは、室内だと洗濯物は乾かない理由を知る必要があります。

  • 外に比べ通気性がない
  • 物干しスペースに限りがあるので洗濯物通しが近い、または重なる
  • 部屋の気温が低い
  • 洗濯物を干すことで広さに限りある室内では部屋の湿度が高くなる

これらの理由を踏まえて、干し方や使用するアイテムなど対策をしていきましょう。

洗濯物が乾かない室内でも早く乾かせる干し方

室内は裏返して干す

特に厚手の衣類はポエット部分や縫い目など内側が意外と乾きにくいです。
裏返して干してみましょう。

アーチ干しにする

洗濯物に空気が行き渡るようにアーチ型に干しましょう。
両端が長いもの、内側にいくに連れ小さいものというように干していくとアーチ型になり、空気が行き渡りやすく乾きやすくなります。

室内干しでは大量に洗濯をしない

室内では洗濯物を干すスペースが限れられています。
早く乾かすために洗濯物と洗濯物の感覚を十分に確保できる量ずつ洗濯をしましょう。

雨が降ると晴れた日に一気に洗濯をしようと思って溜めがちですが、たまらないうちに洗濯をして室内に乾かしましょう。

室内干しは洗濯物が乾かない?そんな時に使いたい強い味方

室内干しで強い味方のアイテム

私は雪降る地域に住んでいます。
なので洗濯物を外に干すのは春、夏限定です。
夏の気温も関東ほど上がることはないので扇風機で過ごす家庭も多いです。
我が家も夏は扇風機が大活躍です。

その扇風機は、なかなか乾かない洗濯物にも便利なのです。

夏でも雨が続く日は外に洗濯物を干せないこともあります。
なので室内干しをしなければいけないのですが、本当になかなか乾かない。
プチストレスも良いとこです。
そこで夏に大活躍の扇風機の出番です。

洗濯物を狭いスペース、我が家は脱衣所に干してそこに扇風機を入れて、その空間だけ通気性を良くします。
そうすると、乾くのがとても早くて驚きです。

この方法では、大量の洗濯物を一気に早く乾かすことはできないので、少量ずつですが、それでも濡れたものが早く乾くのは爽快感がありますよ。

お出かけする前に洗濯物を干して帰ってきたら乾いている。
こんな循環ができてると毎日の家事もはかどりますよね。

扇風機を使った方法を試してみてください。

洗濯物が乾かない室内に使えるおすすめアイテムとは

  • サーキュレーター
  • 換気扇
  • エアコン
  • 除湿機
  • 乾燥機

乾かない洗濯物を乾きやすくするための家電製品は豊富にあります。
部屋の中の空気を循環させ、少しでも通気性を出してあげることで洗濯物が乾きやすくなります。

もしアイテムが2個あれば、同時に稼働させダブルパワー使っても効果が高そうですね。

我が家は脱衣所にお風呂の換気扇+扇風機を使用しています。
これらのアイテムに比べ扇風機は効力が弱い感じがしますが、十分に効果がありますよ。

なるべく狭い空間で戸や窓を締め切って、家電製品を使いましょう。広い空間よりも狭い空間の方が湿度を下げたり、空気を循環させたりするには効果的ですね。

普段使わない家電製品をその日や梅雨時期だけでも使うと電気代が多少値上がりしてしまいます。
そこが気になる主婦も多いです。

ですが、乾くのに時間がかかり臭いがついてしまい再び洗濯を繰り返したり、乾燥だけをしにコインランドリーに何度も通うよりは安いのではないのかと思います。

このような対策をしながら、室内干しの日を乗り切りましょう

洗濯物を高速で乾かしたい時におすすめな方法とは

すぐ着たい洗濯物が室内干しをするとなかなか乾かない。

早急に乾かしたい時ありますよね。

そんな時に便利な方法はアイロンを使うことです。
しっかりと脱水をした衣服に、アイロンのドライ機能でアイロンをかけていきます。

完全に乾かすことは不可能ですが、半乾きくらいにはなるんですよ。
半乾きになった状態で干しましょう。
完全に濡れた状態よりは乾きが早いですね。

私は子供の衣類や旦那のワイシャツやポロシャツなど、早急に乾かしたい時にこの方法で乾かします。
乾かす時はもちろん扇風機必須です。
アイロンがかかってシワも伸びるので一石二鳥ですよ。

また、家電製品を使うよりは地道な方法になりますが、洗濯物の下にくしゃくしゃにした新聞を敷くことも1つの方法です。
新聞紙は紙の中でも吸収効果が強いです。
読んだらすぐ捨ててしまう新聞を、捨てる前にもう1度役目を果たしてもらいましょう。

なかなか乾かない、臭いがつく、なにかとストレスを感じやすい室内干しは早く乾かす方法を取り入れながら対応していきましょう。