洗濯物を乾かすのにサーキュレーターがおすすめな理由

梅雨の時期になると湿気で洗濯物が乾かない。こんなお悩みをよく聞きます。洗濯物が乾かないとお部屋の中がうっとおしいだけでなく、洗濯物から嫌な臭い、生乾き臭が発生し始めます。

そこでどうすると洗濯物が早く乾くのか?扇風機やサーキュレーターで風を送る方法を、試す方も少なくはありません。

ここでは洗濯物をできるだけ早く乾かしたい方のために、おすすめな乾燥方法、サーキュレーターを選ぶ際のポイントについてもご紹介をいたします。扇風機か?サーキュレーターかお悩みに方は、ぜひ参考になさってください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯物の干しっぱなしOK?夜に外干しするメリット・デメリット

お仕事をしていて昼間に洗濯をする時間がない人のなかには、夜に洗濯をして洗濯物を外に干しっぱなしにでき...

洗濯物を夜干す!外干しのメリット・デメリットと干し方の工夫

日中忙しくお仕事をしている人は、なかなか洗濯をする時間がとれないこともあります。仕事から帰ってきて、...

洗濯物を早く乾かすには新聞紙が便利!使い方やコツを紹介

洗濯物を早く乾かすには新聞紙が使えるのを知っていますか?実は、新聞紙の原料に洗濯物を早く乾かすた...

洗濯物の干しっぱなしを室内にするのはNG!改善させる方法

洗濯物を干しっぱなしのまま室内に放置しているのは、見た目も良くありません。でも、すぐに着る物だし...

洗濯物ハンガーを固定する方法!すぐに簡単にできるコツを紹介

洗濯物は外に干したいけどハンガーがずれたり飛ばされたりするのが心配というあなた。洗濯物ハンガーを固定...

洗濯物は扇風機で冬の部屋干しストレスも解消!使い方のコツ

冬は洗濯物がなかなか乾きにくいので洗濯をするのが嫌になりますよね。そんなときに夏に活躍していた扇...

洗濯物が乾かないのは湿度が原因。部屋干しでも快適に乾かすコツ

ジメジメとした季節には、洗濯物が乾かないという悩みを多く聞きます。湿度が高いと洗濯物が乾かない原因に...

洗濯物の放置を1日したら洗い直し!すぐに干せないときの対処法

洗濯物を洗ったまま干すのを忘れて放置してしまったことはありませんか?時間によってはまだ間に合う場...

洗濯物はドライヤーと袋で乾燥機いらず!正しい使い方と注意点

洗濯物は家にあるドライヤーと衣類が入る大きさの袋を使えば、早く乾かすことができるのを知っていますか?...

物干しのピンチハンガーを購入するならステンレス製がおすすめ!

物干しのピンチハンガーをこれから購入するなら、ステンレス製を試してみてはいかがでしょうか。もちろ...

部屋干しをする場所と速乾のアイデア。干す場所と干し方で変わる

外に洗濯物を干すのが嫌という方もいらっしゃるでしょう。また仕事などの時間的な関係で、洗濯物は部屋...

洗濯物に卵が付着・黄色の卵の正体はカメムシ!対策と駆除方法

洗濯物を取り込んだとき、洗濯物に黄色い卵が付着していることを発見!予想もしなかった出来事に、びっくり...

洗濯物の生乾き臭の原因は雑菌。除去する方法と解決策を紹介

洋服を着た時に洗ったばかりなのに、生乾き臭がすると感じたことはありませんか?洗った洗濯物が臭う原...

洗濯物の卵の正体・茶色の卵はカメムシかも!駆除方法と予防方法

洗濯物に茶色の卵が産み付けられていたとき、その卵の正体が気になるものです。茶色の卵の正体は「カメムシ...

洗濯物を乾かす時間を短くしたい!乾く時間を短縮する方法

洗濯物の乾くまでの時間がいつもより長いような…?どんなことが原因で洗濯物の乾くまでの時間に違いが出て...

スポンサーリンク

洗濯物の乾燥にサーキュレーターがおすすめな理由

サーキュレーターは一点をめがけた強い力の風を当てることができます。洗濯物を乾かしたい時には一点集中のサーキュレーターが良いでしょう。

サーキュレーターの特徴

風の力

強い風が出るため距離が離れていても洗濯物に風を受けることができます。洗濯物の範囲や量によってサーキュレーターの設置する位置を変化させて乾かすことができます。

首の向き

首の向きが自動的に左右に降る扇風機とは違い、真上に向ける機能があるため洗濯物の真下から風を当てて乾かすこともできます。

サイズ

コンパクトなサイズの物が多く置き場所を選びません。高さがなく安定感のある形のものが多く長さのある洗濯物があるときでも使いやすいです。

洗濯物の乾燥に扇風機を使用した場合

扇風機は広い範囲で柔らかい風が当たるように作られているため洗濯物の乾燥には時間がかかります。

洗濯物を乾かす力

扇風機の風の力は目標物から離れるほど分散されてしまうため、物に当たる時は弱く全体に当たるようになっています。一気に乾かしたい時には水分が飛び乾燥までの時間がかかってしまいます。

首の向き

首の向きは左右に振ったり少し上向きなる程度で洗濯物に当てるときの位置を考える必要があります。全く当たらない場所におくと空間の空気の流れができるだけで早く乾かすということは望めません。

洗濯物を乾かすのはサーキュレーターがおすすめ?気になる電気代を比較

サーキュレーターの種類

DCモーター

風の強弱を変える機能が細かい

風を当てるものによって風の強さを変えることができます。

比較的音が静か

ハネをまわすためのモーター音が比較的静かです。

色々な便利な機能が備わっている

あらゆる方向へ角度を変えられる機能や、時間の設定ができるタイマー機能、アロマの香りを楽しめる機能などのかゆいところに手が届く機能が備わっています。

使用電力が少ない

沢山の電力を使わず使用することができます。

高額のものが多い

色々な機能が備わっているため高額のものが多い。

ACモーター

使用電力が多い

使うときの風の強さによりますが多くの電力を使ってモーターを回すタイプが多いです。

お求め安い価格

ホームセンターなどでも手を出しやすい価格で販売されています。

モーター音

生活に支障はない程度の存在感のある音を発します。

同じ設定で使用した際は電気代に差が出ます。使用頻度や使う場所によって購入するものを考えましょう。

洗濯物の乾燥にサーキュレーターを使用する場合、選ぶおすすめポイント

価格

モーターの違いによって価格が大きく変わります。購入の際は下調べをおすすめします。

使う場所に応じて

サーキュレーターを使う部屋の広さに合わせて効率的に使いましょう。使う部屋に対して用量が少ないと目的としていることが達成できずただ電気を使ってしまう事になってしまいます。使う場所の広さに比例した大きさのサーキュレーターを購入しましょう。

使う目的を考えましょう

サーキュレーターは洗濯物を乾かす以外に、部屋の上部に行ってしまう熱気をサーキュレーターの風の力を使って循環させることもできます。その場合は大きさや求めている機能も変わってくるでしょう。

モーター音

サーキュレーターの種類によってはモーターの音が気になることもあります。使う場所に支障がないものを選ぶために購入店での音の比較をおすすめします。お店と家での感じ方も変わってくるのでしっかりと確認しましょう。

大きさの確認もお忘れなく

サーキュレーターは比較的コンパクトなものが多いですが、置く場所によっては機能が必要になったり、大きさが制限されることもあるでしょう。置く場所をあらかじめ考えて本体の大きさを確認しましょう。

洗濯物を早く乾かすコツ

あらゆる送風機能を駆使する

洗濯物を干す場所を換気のできるお風呂場に設置し換気をしたり、除湿機を使ったり空気の流れを作ってみましょう。空気がとどまると温度の力でゆっくりと蒸発していくだけになってしまうため空気の循環を考えましょう。

干すときに間を空ける

ぬれたものが密着していると衣類の間に空気が流れず乾きに時間がかかってしまいます。拳ひとつ分の間隔をあけて洗濯物を干しましょう。

サーキュレーターの向きに注意

サーキュレーターの風が当たる部分に大きな洗濯物がある場合はその奥になる洗濯物まで風が届かない場合があります。全体にあて乾かしたい場合は洗濯物の下から天井に向けて風を送りましょう。洗濯物を通り天井から風が循環します。

除湿とサーキュレーターの風の二刀流

部屋の中の湿度を除湿機で軽減させ、さらに乾いた風をサーキュレータで送る事で時間をかけず早く乾かすことができます。除湿機ではなく洗濯物を干す場所の換気機能を一緒に使うだけでもかなり変わってくるのでおすすめです。