洗濯物が乾かない冬こそ部屋干し。除湿機で早く乾かすコツ

冬になると、洗濯物が乾かないとお困りの方は多いと思います。夏ならば、外干しをしておくと夕方には乾いていますが、冬になると外に干しても、室内に干してもなかなか乾きません。
洗濯物が乾きにくい冬には、除湿機を使って部屋干しをするのがおすすめです。
そこで、除湿機の効果的な使い方や、洗濯物が早く乾く干し方をご紹介します。
洗濯物が長く湿っているほど、生乾きの臭いが付きやすくなります。洗濯物を少しでも早く乾かすために、干し方も工夫してみて下さい。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯物が乾かないのは湿度が原因。部屋干しでも快適に乾かすコツ

ジメジメとした季節には、洗濯物が乾かないという悩みを多く聞きます。湿度が高いと洗濯物が乾かない原因に...

【洗濯物の干し方】ハンガーを使っても肩に跡を残さないために

洗濯物をハンガーにかけると肩に跡が残ってしまうことがありますが、これは正しい干し方をしていないことが...

ベランダの物干しはアイデア次第で狭くても干せて早く乾くコツ

ベランダの物干しアイデアをお探しのあなた。ベランダが狭くて物干しスペースがないと、洗濯をする度にスト...

洗濯物を放置してしまったときは乾燥機?洗濯物のリセット方法

洗濯物を放置したときは、臭いを気にしてそのまま乾燥機を使ってはいませんか?確かに、乾燥器にか...

洗濯物の分け方は一人暮らしでも大事!失敗しない洗濯のコツ

洗濯物の分け方は一人暮らしの洗濯でも大切な準備のひとつです。洗濯機が洗ってくれるからとついまとめ...

洗濯物を乾かすには湿度?それとも温度?乾かすコツについて

洗濯物がなかなか乾かないのは湿度が高いから?温度が低いから?速く乾かすにはどんなコツやポイントがある...

物干しからハンガーがずれない裏技やオススメグッズで対策を

物干しからハンガーがずれないようにするには、ハンガーを固定したりするなど対策が必要です。せっかく晴れ...

洗濯の時間で干すのが外にベストな時間帯やはやく乾かすコツ

洗濯の時間について干すのが外にしたいなら干す時間帯に悩みますね。仕事に行く前に天気が良いからと洗...

洗濯物は扇風機で冬の部屋干しストレスも解消!使い方のコツ

冬は洗濯物がなかなか乾きにくいので洗濯をするのが嫌になりますよね。そんなときに夏に活躍していた扇...

洗濯物に卵が付着・黄色の卵の正体はカメムシ!対策と駆除方法

洗濯物を取り込んだとき、洗濯物に黄色い卵が付着していることを発見!予想もしなかった出来事に、びっくり...

洗濯物を乾かすのにサーキュレーターがおすすめな理由

梅雨の時期になると湿気で洗濯物が乾かない。こんなお悩みをよく聞きます。洗濯物が乾かないとお部屋の中が...

洗濯物の部屋干し時間は減らしたい!早く乾くコツを紹介

洗濯物は部屋干しの場合、乾く時間はどれくらいかかるのか気になりませんか?できれば部屋干しでも洗濯...

洗濯物の干しっぱなしを室内にするのはNG!改善させる方法

洗濯物を干しっぱなしのまま室内に放置しているのは、見た目も良くありません。でも、すぐに着る物だし...

物干しをベランダに取り付け費用の目安や自分に合う選び方のコツ

物干しをベランダに取り付けたいけど、費用や選び方に悩みますよね。引っ越したマンションのベランダに...

洗濯物をベランダの手すりに干す方法や設置型物干しをご紹介

洗濯物をベランダで乾かしている光景をよく見かけます。マンションやアパートのベランダには、元々物干しの...

スポンサーリンク

冬に洗濯物が乾かない原因

冬の洗濯物トラブル

冬は洗濯物がなかなか乾きません。なぜなら冬は気温が低い上に、部屋干しで湿度が高くなっているからです。室内の空気が部屋干しの湿度で乾燥していないので、洗濯物の水分がなかなか蒸発しません。

冬の部屋干しは洗濯物が乾かない条件が揃っている

洗濯物が乾かない、おまけに生乾きの臭い。こんなトラブルは冬にありがちです。

季節の変化にうまく付き合って生活するためには人間が工夫や対策をしなければ、それに打ち勝つことはできません。

工夫や対策は時に労力、時間、金銭などの負担があることもありますが、洗濯物のトラブルを解消するためには仕方がありません。

下記で様々な工夫や対策を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

冬に洗濯物が乾かない時には除湿機を効率的に使う

冬は除湿機を使って洗濯物を干す

洗濯物がなかなか乾かない冬にとっておきのアイテム、それは除湿機です。

「除湿機なしでは冬は通り越せない」という人も多いでしょう。
私も同感です。

洗濯物がなかなか乾かない原因は、室内の湿度の高さです。湿度を除湿機で管理すれば、洗濯物の乾きやすくなります。

除湿機を使った洗濯物を干すポイント

広いリビングに除湿機を設置して、洗濯物を干しても目に見えてわかる効果はあまりありません。

除湿機を狭い空間に設置してみてください。空間の湿度の変化が体で感じやすくなります。その中で洗濯物を干すと、洗濯物が短時間で乾きやすくなります。

除湿機は洗濯物の下、もしくは除湿機からの風力が洗濯物に当たるように設置すると効果的です。
我が家は洗濯物を干す以外はリビングに除湿機をおいていますが、洗濯物を干す時は脱衣所に移動し、さらにお風呂の換気扇を回し換気をすることを心がけています。除湿機と換気扇を回すことでより風通しがよくなり、洗濯物にも、お風呂場を乾燥させるにも効果的なのです。

洗濯物がなかなか乾かない冬には脱水時間を長めに設定

洗濯物がなかなか乾かない冬は脱水機能を活用しましょう。

どの洗濯機にも脱水機能があると思います。
脱水機能長めにして洗濯物の水分を少ない状態にすることで洗濯物を乾きやすくします。
洗濯物は乾く時間が長ければ長いほど生乾きの臭いがしてしまいますので、早く乾かすためにはやはり水分を十分にきることが大切です。

私は少し前まで10年使用している洗濯機を使っていました。
洗濯機の調子が悪かったので新しいものに買い替えをしたところ、やはり家電の進化は素晴らしいですよね。
脱水機能に大きな違いがあったのです。
それまでは、古い洗濯機の脱水状態が普通だと思っていましたが、それと比べ物にならないくらい、脱水されています。
洗濯が終わって洗濯機から洗濯物を取り出す時に触る感じが、もう違うのです。

それでもやはり冬の部屋の湿度は手強いです。
脱水機能を十分にしても、除湿機はなくてはならないアイテムです。

洗濯物を早く乾かすための干し方の工夫

洗濯物がなかなか乾かない冬にタオルやGパン、厚手のパーカーを洗濯するのは嫌ですよね。
生臭い臭いがつくのは最初からわかりきっているけど、洗濯もしないでもいられません。

洗濯物の生乾きを防ぐ方法

生地を生地が重なる部分は余計い乾きにくいです。
なので、生地と生地が重ならないように洗濯物を干しましょう。

厚手パーカー

厚手のパーカーはフード部分の生地が重なって乾きにくいです。
生地と生地が重ならないように工夫をして干しましょう。

私はハンガーにかけないでタオルを干すように物干し竿に直接干しています。
天気の良い日を狙って短時間で乾ききるようにしています。

バスタオルタオル

洗濯物を干すスペースが少ないとどうしてもバスタオルは半分に折って干してしまいますね。
これが生乾きの臭いの原因になってしまいます。
なるべく生地と生地が重ならないように、スペースをとらないように干すために、ピンチハンガーでウネウネになるよう洗濯バサミで止めていきましょう。

ジーパン

ピンチハンガーで筒状に干していきます。

このように、できるだけ生地と生地が重ならないようにピンチハンガーやハンガーで干す工夫をすると、乾きやすくなります。

生乾きの臭いを防ぐために

洗濯物の臭い予防

  • 洗濯物と洗濯物の感覚を開けて通気性を良くする。
  • 洗濯物の生地と生地をなるべくくっつけないように干す
  • 洗濯物の下に除湿機を設置する
  • 洗濯物はなかなか乾かないことを理由に冬は速乾性に優れた衣類やタオルを使用するように心がける
  • 部屋干し用洗剤を使用する
  • 洗濯機の脱水モードを使用する
  • ストーブをつけて部屋を乾燥せる
  • 換気機能に24時間換気がついている場合はそれをオンにしておく