洗濯物の部屋干しや干しすぎで臭いが気になる!臭いの原因と対策

洗濯物を部屋干しするときや干しすぎてしまった時、乾いた洗濯物の臭いが気になることがあります。せっかく綺麗に洗った洗濯物から臭いがすると、がっかりしてしまうものです。

綺麗に洗った洗濯物のはずなのに、嫌な臭いが発生するのは一体なぜなのでしょうか。臭いの原因と知って、対策を行いましょう。

また、洗濯物を部屋干しするときの上手な干し方についてもご紹介します。どうやって洗濯物を干せば良いかのコツを知って、臭いのない清潔な衣類に仕上げてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯物を早く乾かすコツ!ドライヤーと使う方法とアイデアを紹介

なかなか乾かない洗濯物を早く乾かす方法はないか、今すぐに洗濯物を乾燥させたいというときは、ドライヤー...

洗濯物を乾かすには湿度?それとも温度?乾かすコツについて

洗濯物がなかなか乾かないのは湿度が高いから?温度が低いから?速く乾かすにはどんなコツやポイントがある...

洗濯物の干しっぱなしOK?夜に外干しするメリット・デメリット

お仕事をしていて昼間に洗濯をする時間がない人のなかには、夜に洗濯をして洗濯物を外に干しっぱなしにでき...

洗濯物を早く乾かす方法!ドライヤーを使う方法と色々な乾かし方

お部屋の中に洗濯物を干していると、洗濯物がなかなか乾かずに困ることがあります。そんなお悩みを...

洗濯物の干し忘れは何時間までなら大丈夫?◯時間以上は洗い直し

洗濯物を干し忘れたときは何時間までならそのまま干してもいいのでしょうか?洗い直しをする基準と...

物干しをベランダに取り付け費用の目安や自分に合う選び方のコツ

物干しをベランダに取り付けたいけど、費用や選び方に悩みますよね。引っ越したマンションのベランダに...

物干しは室内の窓枠を使った方法なら場所も取らずに簡単便利

物干しに室内の窓枠を使って干す方法なら、場所を取らないので狭い一人暮らしの部屋にもおすすめです。最近...

洗濯物が乾かない冬こそ部屋干し。除湿機で早く乾かすコツ

冬になると、洗濯物が乾かないとお困りの方は多いと思います。夏ならば、外干しをしておくと夕方には乾いて...

生乾きの臭いが取れない…。臭いを取る方法や、予防方法について

生乾きの洗濯物は、臭いが発生しやすいものです。乾いた時に、臭いが取れていれば問題ないのですが、そ...

部屋干しは扇風機を上手に使って臭い予防!生乾き臭を防ぐコツ

雨の日や、ジメジメとした日には、洗濯物は部屋干しで乾かすという方が多いと思います。そこで困るのが、生...

洗濯物干しの室内アイデアを紹介!快適な室内干しのポイント

天気が悪い日などは洗濯物干しを室内でしなければなりませんね。そんなとき、室内干しを快適にするアイ...

物干しハンガーが飛ばないための工夫。強風でも洗濯物は安心

物干しハンガーを飛ばないようにするためには、ハンガーや物干し竿に強風に負けない工夫をしなければなりま...

脱水機の便利な使い方!小型で手動の脱水機をご紹介

ちょっとした汚れ物や、別洗いしたい洗濯物を手洗いをすることはそれほど面倒ではありませんが、しっかりと...

部屋干しをする場所と速乾のアイデア。干す場所と干し方で変わる

外に洗濯物を干すのが嫌という方もいらっしゃるでしょう。また仕事などの時間的な関係で、洗濯物は部屋...

縦型洗濯機で乾燥すると臭い?その原因と対処方法について

縦型洗濯機の乾燥を使用すると、今までにはなかった嫌な臭いがする場合があります。洗濯だけを行う...

スポンサーリンク

洗濯物の干しすぎで臭いが気になる!干し過ぎて臭いが付く原因

洗濯物を干すすぎると臭い原因

部屋の空気が汚い

部屋には色んな空気が混ざって流れています。
料理の臭い、人間の臭い、芳香剤の臭い、良い匂いだとしても様々な匂いが混ざることで嫌な臭いになります。
洗濯物を干しすぎてしまうことで、それらの臭いがつく時間が長くなってしまい嫌な臭いが洗濯物から発生しやすくなるのです。

洗剤の残りカス

嫌な臭いが気になると、その臭いをごまかそうと柔軟剤や洗濯洗剤を多めに入れてしまいがちです。
そうすると洗剤のカスが残りやすく、強烈な臭いを放ってしまうことがあります。
それに、洗濯物を干しすぎて部屋の様々な臭いと混ざってしまうと余計に変な臭いがつきます。
洗剤の量はパッケージの裏に記載してある目安をご覧ください。

部屋の清潔さ

部屋は小まめに空気の入れ替や掃除をされていますか。
部屋が汚いと、そこに干してある洗濯物も必然と臭くなってしまいます。

洗濯物を部屋干し・干しすぎる臭いが発生する原因

干した洗濯物が臭いのは、洗濯物を干しすぎたことが原因なのか、その他にも原因があるのか。

原因を知ることができたら、洗濯物から臭いを発生させないように気をつけることができますね。

洗濯物を洗濯機に詰め込みすぎる!
こんな理由も洗濯物が臭い原因となります。

洗濯機の容量に比べ、洗濯物の量が多いと服についた外部の臭いや人間の皮脂の臭いが取れにくくなってしまいます。
そこから菌が発生し、繁殖してしまうのです。
洗濯した洗濯物を干しても雑菌は消えることはありません。
繁殖を続けながら干ささっているのです。

臭いを消すためには、酸素系漂白剤に浸け置きすることをオススメします。

洗濯物の干しすぎや部屋干しで臭いが気になるときは干す前の作業に原因があることも

洗濯物が臭い原因は洗濯をする前の作業にある!

洗濯物を何日も溜め込んでいる

家事の中でも洗濯物が最も面倒な作業と思うのは私だけではないでしょう。
洗濯機を回して干して畳んでしまう。
洗濯を初めて終えるまでの工程が多く時間もかかることがそう思う要因です。
そのため洗濯物をつい溜め込んでしまうことがよくあると思います。
そうすると洗濯物から菌が発生し、洗濯をしても臭いがとれないのです。

洗濯が終わったらすぐ干さない

洗濯機が終わったのに、つい何時間も放置してしまうことありませんか。
テレビを見ていたり、他の作業が重なると干すのを遅くなってしまうこともあるでしょう。
その間に洗濯物はもちろん、洗濯槽にも菌を繁殖させてしまうことになるのです。

そもそも臭いの原因がここにあると、洗濯物を干しすぎという理由は関係なくなってきます。

洗濯物の干しすぎで臭いが気になる!でも洗剤の入れ過ぎはNG

洗濯物の臭いが気になると、その臭いをごまかそうと洗剤を多めに入れてしまう方が非常に多いです。
ですが、それは勘違いです。
このミスにより、洗濯物の臭いが余計に臭くなってしまうことがあります。

洗濯物の量によって洗濯洗剤の量の目安が決められております。
その目安を大幅に上回ってしまうと洗濯洗剤が溶けきれない場合があります。

洗濯が溶けきれないまま洗濯が終わってしまうと洗濯物に洗濯洗剤の成分が残り、空気と長時間交わることで臭いの原因となります。

すごく良い匂いがする柔軟剤がたくさんあります。
パッケージも魅力的なものが多いですよね。
ですが、柔軟剤は字の通り洗濯物を柔らかく仕上げるためのものであって、本来匂い付けのものではありません。
柔軟剤を入れすぎてしまうと、逆に臭いのもととなってしまうので要注意です。

菌は、洗濯物の繊維と繊維と潜り込んでしまい強烈な臭いを放つようになりますので、洗剤の入れすぎは良くないと断言しておきます。

洗濯物を部屋干しするときのコツ!上手に部屋干しして臭いを予防

洗濯物を干す時に気をつけること

  • 洗濯物の間隔をあける
    洗濯物の間隔をあけ風通しをよくする
  • 湿気の管理をする
    湿度が高い時は除湿機や乾燥機を使いながら洗濯物を乾かしやすくする
    湿度が多いと臭いの原因になります。
  • 晴天は洗濯物を干すチャンス
    晴天の日は短時間で洗濯物が乾くので、臭いから避けられやすいです。
    晴天の日は見逃さずに洗濯物を干していきましょう。
私は晴天の日こそ布団カバーやカーペットをまとめて洗濯することが多いです。
洗濯物はカラッと乾いて気持ちよく終わらせることができます。
1度臭いのついてしまった洗濯物、特にタオル系は洗濯をし直しても臭いが染み付いてしまうことがあります。熱湯に付けて臭いを除去するか、酸素系漂白剤に浸け置きして臭いを除去するか、どちらかの対策をとりましょう。洗濯をする前にできること、洗濯してからできること、を意識してできるだけ臭いをつけないように心がけていきましょう。