洗濯物の室内干しはカビに注意!快適な室内干しのための対策

洗濯物を室内干しすることによってカビが発生しやすくなるのを知っていますか?
でも、仕事などの都合で外干しが難しいという人もいるでしょう。

そこで、室内干しを快適にするためのカビの対策について、今すぐできることなどお伝えしていきましょう。

カビを防ぐためには洗濯物を早く乾かすことが大切です。
洗濯物の室内干しでのカビや嫌な臭いを防ぐためにも、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【洗濯物対策】湿度が高い日でも早く乾くためのルール

雨の日やジメジメとした日は、洗濯物がなかなか乾かなく、お困りの方も多いと思います。洗濯物が乾くために...

洗濯物はドライヤーと袋で乾燥機いらず!正しい使い方と注意点

洗濯物は家にあるドライヤーと衣類が入る大きさの袋を使えば、早く乾かすことができるのを知っていますか?...

洗濯物が乾かない冬こそ部屋干し。除湿機で早く乾かすコツ

冬になると、洗濯物が乾かないとお困りの方は多いと思います。夏ならば、外干しをしておくと夕方には乾いて...

洗濯物を乾かすのにサーキュレーターがおすすめな理由

梅雨の時期になると湿気で洗濯物が乾かない。こんなお悩みをよく聞きます。洗濯物が乾かないとお部屋の中が...

洗濯物は夜なら虫に注意!外干しの虫対策や部屋干しのポイント

洗濯物を夜に外に干すと虫や虫の卵がつく可能性があるのを知っていますか?なので、基本的にはあまり夜...

洗濯物を早く乾かす方法!ドライヤーを使う方法と色々な乾かし方

お部屋の中に洗濯物を干していると、洗濯物がなかなか乾かずに困ることがあります。そんなお悩みを...

洗濯物の卵の正体は?黒い卵はカメムシの可能性!卵の駆除方法

洗濯物に卵が付着しているのを発見!その卵の正体は、黒いボディが特徴的なカメムシの卵の可能性があります...

物干しハンガーが飛ばないための工夫。強風でも洗濯物は安心

物干しハンガーを飛ばないようにするためには、ハンガーや物干し竿に強風に負けない工夫をしなければなりま...

洗濯物の夜干し。室内で干す時の干し方のポイントや速乾のコツ

洗濯は朝しますか?夜しますか?朝は時間がないので、夜帰宅してから時間のある時に済ませるという方も...

洗濯ネットのまま乾燥機に入れても大丈夫?その答えは「NO」

お気に入りの洋服や下着などを洗濯ネットに入れて洗濯する人も多いでしょう。しかし、そこで疑問となるのが...

洗濯物の乾かし方!冬の部屋干しでエアコンの暖房機能を使うコツ

冬はなかなか洗濯物が乾かずに困ってしまうことがあります。エアコンの暖房機能を利用して、うまく洗濯物を...

洗濯物の放置は臭い発生の原因に!洗濯物の臭いを取る方法

汚れた洗濯物を放置していると、嫌な臭いが発生してしまうことがあります。この臭いは洗濯物に染み付き、な...

洗濯物を室内干ししたら、臭い時があるのでなんとかしたい

洗濯物はいつも外干ししたいですが、雨が降ったりしたら、室内干ししなくてはいけません。しかし、室内...

洗濯物を室内で干す場合のエアコンの機能を活用した賢い使い方

洗濯物を室内干しにするとなかなか乾かないという悩みがありますね。また乾燥までに時間がかかった洗濯...

洗濯物に卵のような白いものが!取り除き方や干し方の注意点

洗濯物を取り込んだら、なにやら卵のような白いブツブツしたものが付いていた。実は、コレの正体はある...

スポンサーリンク

洗濯物の室内干しはカビの発生の原因にもなる

室内に洗濯物を干すと、部屋の湿度は一気に上がります。

換気や除湿をしなければ、水分が家中に広がってしまい、カビの発生に繋がってしまいます。カビは水分が大好きです。

室内干しによってジメジメとした家の中は、カビにとってはパラダイスのようなものです。

洗濯物の湿気は、壁などのダニの増殖の原因になってしまう

外に洗濯物を干せれば一番良いですが、天候や防犯上の理由などで干せない場合もたくさんあります。

そんな時は、しっかりとしたカビ対策が大切です。

カビの大好きな水分を減らすように、除湿をして部屋の湿度を下げる工夫をしましょう。

洗濯物を室内干しするときはカビを発生させないように洗い方に注意

洗濯物は、かごの中に入れっぱなしにしていると、湿気によってカビが増殖しやすくなってしまいます。

同時に雑菌も繁殖して、嫌なニオイを発生させてしまいます。

洗濯物はなるべく溜め込まずに素早く洗濯すること

そうする事で、カビの発生を防ぐ事ができます。

洗濯をする時は洗剤をしっかりと量り、規定の量を入れるようにしましょう。

多く入れれば綺麗になると思われがちですが、洗剤を入れすぎてしまうと洗濯槽に洗剤カスが残り、そこからカビが発生してしまいます。

洗濯槽にカビが付いていると、せっかく洗濯しても洋服を綺麗に洗い上げる事ができません。

洗濯にお風呂の残り湯を使うという方は一つ注意が必要です。

お風呂の残り湯を「すすぎ」には使わないという事

お風呂の残り湯には汚れや菌などがたくさん入っています。

すすぎまでお風呂の残り湯で行ってしまうと、せっかく綺麗に洗った洗濯物に汚れや菌を付けてしまうことになってしまいます。

すすぎは綺麗な水道水で行い、お風呂の残り湯は「洗い」の時に活用しましょう。

洗濯洗剤はお湯で溶かすと洗浄力が上がると言われている

まだ温かいお風呂の残り湯で洗いを行えば、洗浄力があがるので汚れを綺麗に落とす事ができます。

室内干しでのカビ対策には早く乾かすことが大切

室内干しの洗濯物を早く乾かす事ができれば、カビの発生を防ぐ事ができます。

洗濯物を早く乾かすためには、湿度の低い温かい部屋で風を当ててあげる事が大切です

まずエアコンの除湿機能を使うか、除湿機を使って部屋の湿度を下げます。

室温が低い場合はエアコンで温度を上げましょう。

最後に扇風機を使って洗濯物に風を送れば完璧です。

便利な家電を使えば、室内の環境を整える事ができる

室内干しでも洗濯物を早く乾かすためには、洗濯物の水分量を減らす事がおすすめです。

水分量の減らし方は簡単

ズバリ洗濯機での脱水を2回行えば良いのです!

洗濯の時間がちょっとだけ長くなりますが、その分早く乾くので問題ありません。

洗濯物が早く乾けば、部屋のカビの発生を防ぐだけでなく、洗濯物の生乾きの臭いを防ぐ事もできます。

室内干しで洗濯物を早く乾かす干し方のポイント

洗濯物の干し方を工夫すれば、早く乾かす事ができます。

干し方の前に、干す道具を見直して見ましょう。

洗濯物を干す道具といえばハンガー

早く乾かすためには、ハンガーは太いものを使うようにしましょう。

針金ハンガーのような細いハンガーに洗濯物をかけてしまうと、洋服の前と後ろがくっついてしまうので乾くのが遅くなってしまいます。

ハンガーはなるべく太いものを使って、洋服の前と後ろに隙間が生まれるようにすると早く乾かす事ができます。

洗濯物を干す間隔

洗濯物と洗濯物の間には15センチほど隙間を開けるようにしましょう。

厚手のものを干したら次は薄手のものを干すというような工夫も必要です。

風の通り道がなければ、上手く乾かなくなってしまいます。

タオルやバスタオルなどは、二つ折りにして干す際にピッタリと揃えるのではなく少しずらして干すと重なりが少なくなるので早く乾きやすくなります。

重なっている部分は乾きが遅くなってしまうので、ズボンなどもポケットを出して干すなど工夫して干しましょう。

カビの原因を防ぐためにも洗濯機のお手入れもしましょう

洗濯機は、毎日の洗濯で洗剤を入れて回しているから、綺麗なものだと勘違いしている人がいます。

洗濯槽が汚れる原因は衣類に付いたゴミや皮脂、洗剤の残りカス

洗濯槽は表面が凸凹しているので、隙間には衣類の汚れや洗剤が付着しやすい構造になっています。

洗濯槽は汚れが貯まりやすいだけでなく、湿気もこもりやすくなっています。

洗濯後の洗濯槽は言うまでもなくジメジメしています。

  • ジメジメ状態のまま洗濯機の蓋をしめてしまうと、大変な事になります!
  • カビは湿気を好み、ジメジメした場所ではどんどん繁殖してしまいます。

洗濯が終わった洗濯機は、必ず蓋を開けっ放しにするようにしましょう。

どんなに気をつけていても、洗濯槽にはカビが発生してしまいます。

洗濯槽は、定期的に掃除をして綺麗な状態をキープできるように心がけましょう。

洗濯槽の掃除目安は3ヶ月に1度で、洗濯をする頻度や洗濯物の汚れ具合によっては1ヵ月に1度行うのがおすすめです。洗濯槽の掃除には、専用の洗濯槽クリーナーを使う以外に、セスキ炭酸ソーダなどのアルカリ剤も効果的です。