洗濯物の室内干しはカビに注意!快適な室内干しのための対策

洗濯物を室内干しすることによってカビが発生しやすくなるのを知っていますか?
でも、仕事などの都合で外干しが難しいという人もいるでしょう。

そこで、室内干しを快適にするためのカビの対策について、今すぐできることなどお伝えしていきましょう。

カビを防ぐためには洗濯物を早く乾かすことが大切です。
洗濯物の室内干しでのカビや嫌な臭いを防ぐためにも、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯物を夜干すのはダメ?夜に行う洗濯の良い点と注意点について

お仕事をされている方だと朝は準備で忙しい時間。洗濯物まで手が回らずに、夜行うという方も多いですよね。...

ベランダに安心して物干しができる雨よけグッズは常備するべき

ベランダの物干し場があるなら、雨よけ対策を考えた方が安心です。雨よけグッズといっても様々なタイプ...

室内干しのアイデア【場所を作る】スペースを活用したコツを紹介

室内干しをするには洗濯物を干す場所の確保が必要ですが、狭い部屋の場合、干す場所を作るのに苦労をします...

物干しをベランダに取り付け費用の目安や自分に合う選び方のコツ

物干しをベランダに取り付けたいけど、費用や選び方に悩みますよね。引っ越したマンションのベランダに...

ニットにハンガーの跡がついても自分で直して工夫もできる

ニットにハンガーの跡がついてしまった経験はありませんか?着てみると肩の部分だけポッコリしていると...

洗濯物を室内で干す場合のエアコンの機能を活用した賢い使い方

洗濯物を室内干しにするとなかなか乾かないという悩みがありますね。また乾燥までに時間がかかった洗濯...

洗濯物は雨の日でも外に干す!ポイントや濡れたときの対処法

洗濯物は雨の日は家の中に干すという人がほとんどかもしれません。でもなかなか乾かないのが難点です。...

洗濯物を部屋干しでも早く乾かすコツや使えるアイテムを紹介

洗濯物を部屋干しにするとなかなか乾かないことがあります。そんな部屋干しの洗濯物を早く乾かすためにはコ...

洗濯物を早く乾かすには新聞紙が便利!使い方やコツを紹介

洗濯物を早く乾かすには新聞紙が使えるのを知っていますか?実は、新聞紙の原料に洗濯物を早く乾かすた...

洗濯物は干し方が重要。バスタオルの干し方のコツや工夫をご紹介

洗濯物の干し方で悩むのが、大きなバスタオル。最近はバスタオルの洗濯が面倒なことから、バスタオルを...

洗濯物の部屋干し時間は減らしたい!早く乾くコツを紹介

洗濯物は部屋干しの場合、乾く時間はどれくらいかかるのか気になりませんか?できれば部屋干しでも洗濯...

洗濯物が乾かない冬こそ部屋干し。除湿機で早く乾かすコツ

冬になると、洗濯物が乾かないとお困りの方は多いと思います。夏ならば、外干しをしておくと夕方には乾いて...

洗濯物の室内干し【冬編】エアコンを便利に使って乾かす方法

冬は洗濯物を外に干せないことも多く、室内干しで対処をすることがあります。ですが、気温が低い冬は洗濯物...

洗濯物を雨の日でも早く乾かす方法について知りたい

洗濯物を外に干そうと思っても、雨の日は部屋干しするしかありませんよね。しかし、室内干しは外干しと...

【洗濯物の干し方】ハンガーを使っても肩に跡を残さないために

洗濯物をハンガーにかけると肩に跡が残ってしまうことがありますが、これは正しい干し方をしていないことが...

スポンサーリンク

洗濯物の室内干しはカビの発生の原因にもなる

室内に洗濯物を干すと、部屋の湿度は一気に上がります。

換気や除湿をしなければ、水分が家中に広がってしまい、カビの発生に繋がってしまいます。カビは水分が大好きです。

室内干しによってジメジメとした家の中は、カビにとってはパラダイスのようなものです。

洗濯物の湿気は、壁などのダニの増殖の原因になってしまう

外に洗濯物を干せれば一番良いですが、天候や防犯上の理由などで干せない場合もたくさんあります。

そんな時は、しっかりとしたカビ対策が大切です。

カビの大好きな水分を減らすように、除湿をして部屋の湿度を下げる工夫をしましょう。

洗濯物を室内干しするときはカビを発生させないように洗い方に注意

洗濯物は、かごの中に入れっぱなしにしていると、湿気によってカビが増殖しやすくなってしまいます。

同時に雑菌も繁殖して、嫌なニオイを発生させてしまいます。

洗濯物はなるべく溜め込まずに素早く洗濯すること

そうする事で、カビの発生を防ぐ事ができます。

洗濯をする時は洗剤をしっかりと量り、規定の量を入れるようにしましょう。

多く入れれば綺麗になると思われがちですが、洗剤を入れすぎてしまうと洗濯槽に洗剤カスが残り、そこからカビが発生してしまいます。

洗濯槽にカビが付いていると、せっかく洗濯しても洋服を綺麗に洗い上げる事ができません。

洗濯にお風呂の残り湯を使うという方は一つ注意が必要です。

お風呂の残り湯を「すすぎ」には使わないという事

お風呂の残り湯には汚れや菌などがたくさん入っています。

すすぎまでお風呂の残り湯で行ってしまうと、せっかく綺麗に洗った洗濯物に汚れや菌を付けてしまうことになってしまいます。

すすぎは綺麗な水道水で行い、お風呂の残り湯は「洗い」の時に活用しましょう。

洗濯洗剤はお湯で溶かすと洗浄力が上がると言われている

まだ温かいお風呂の残り湯で洗いを行えば、洗浄力があがるので汚れを綺麗に落とす事ができます。

室内干しでのカビ対策には早く乾かすことが大切

室内干しの洗濯物を早く乾かす事ができれば、カビの発生を防ぐ事ができます。

洗濯物を早く乾かすためには、湿度の低い温かい部屋で風を当ててあげる事が大切です

まずエアコンの除湿機能を使うか、除湿機を使って部屋の湿度を下げます。

室温が低い場合はエアコンで温度を上げましょう。

最後に扇風機を使って洗濯物に風を送れば完璧です。

便利な家電を使えば、室内の環境を整える事ができる

室内干しでも洗濯物を早く乾かすためには、洗濯物の水分量を減らす事がおすすめです。

水分量の減らし方は簡単

ズバリ洗濯機での脱水を2回行えば良いのです!

洗濯の時間がちょっとだけ長くなりますが、その分早く乾くので問題ありません。

洗濯物が早く乾けば、部屋のカビの発生を防ぐだけでなく、洗濯物の生乾きの臭いを防ぐ事もできます。

室内干しで洗濯物を早く乾かす干し方のポイント

洗濯物の干し方を工夫すれば、早く乾かす事ができます。

干し方の前に、干す道具を見直して見ましょう。

洗濯物を干す道具といえばハンガー

早く乾かすためには、ハンガーは太いものを使うようにしましょう。

針金ハンガーのような細いハンガーに洗濯物をかけてしまうと、洋服の前と後ろがくっついてしまうので乾くのが遅くなってしまいます。

ハンガーはなるべく太いものを使って、洋服の前と後ろに隙間が生まれるようにすると早く乾かす事ができます。

洗濯物を干す間隔

洗濯物と洗濯物の間には15センチほど隙間を開けるようにしましょう。

厚手のものを干したら次は薄手のものを干すというような工夫も必要です。

風の通り道がなければ、上手く乾かなくなってしまいます。

タオルやバスタオルなどは、二つ折りにして干す際にピッタリと揃えるのではなく少しずらして干すと重なりが少なくなるので早く乾きやすくなります。

重なっている部分は乾きが遅くなってしまうので、ズボンなどもポケットを出して干すなど工夫して干しましょう。

カビの原因を防ぐためにも洗濯機のお手入れもしましょう

洗濯機は、毎日の洗濯で洗剤を入れて回しているから、綺麗なものだと勘違いしている人がいます。

洗濯槽が汚れる原因は衣類に付いたゴミや皮脂、洗剤の残りカス

洗濯槽は表面が凸凹しているので、隙間には衣類の汚れや洗剤が付着しやすい構造になっています。

洗濯槽は汚れが貯まりやすいだけでなく、湿気もこもりやすくなっています。

洗濯後の洗濯槽は言うまでもなくジメジメしています。

  • ジメジメ状態のまま洗濯機の蓋をしめてしまうと、大変な事になります!
  • カビは湿気を好み、ジメジメした場所ではどんどん繁殖してしまいます。

洗濯が終わった洗濯機は、必ず蓋を開けっ放しにするようにしましょう。

どんなに気をつけていても、洗濯槽にはカビが発生してしまいます。

洗濯槽は、定期的に掃除をして綺麗な状態をキープできるように心がけましょう。

洗濯槽の掃除目安は3ヶ月に1度で、洗濯をする頻度や洗濯物の汚れ具合によっては1ヵ月に1度行うのがおすすめです。洗濯槽の掃除には、専用の洗濯槽クリーナーを使う以外に、セスキ炭酸ソーダなどのアルカリ剤も効果的です。