洗濯物をベランダに干すと虫が付いて困る時の防虫対策!

ベランダに洗濯物を干すと、洗濯物に虫が付いて困るという方はいませんか?周りに自然が多い場所だと虫も多い環境になりますし、その年によって大量発生してしまう虫もいます。
せっかく干した洗濯物に、虫を発見した時もショックですが、付いていることを知らずにタンスにしまってしまうなんてことがあったら、もう立ち直れません。
そこで、ベランダの洗濯物に付く虫を、寄せ付けなくする方法をご紹介します。イヤな虫対策のために、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯物ハンガーを固定する方法!すぐに簡単にできるコツを紹介

洗濯物は外に干したいけどハンガーがずれたり飛ばされたりするのが心配というあなた。洗濯物ハンガーを固定...

洗濯物を乾燥機で乾燥させると縮む原因と対処法・元に戻す方法

洗濯物を乾燥機で乾燥させた時、衣類が縮む経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。衣類が縮ん...

洗濯物の室内干しはカビに注意!快適な室内干しのための対策

洗濯物を室内干しすることによってカビが発生しやすくなるのを知っていますか?でも、仕事などの都合で...

縦型洗濯機で乾燥すると臭い?その原因と対処方法について

縦型洗濯機の乾燥を使用すると、今までにはなかった嫌な臭いがする場合があります。洗濯だけを行う...

洗濯物を乾かす時間を短くしたい!乾く時間を短縮する方法

洗濯物の乾くまでの時間がいつもより長いような…?どんなことが原因で洗濯物の乾くまでの時間に違いが出て...

洗濯物の夜干し。室内で干す時の干し方のポイントや速乾のコツ

洗濯は朝しますか?夜しますか?朝は時間がないので、夜帰宅してから時間のある時に済ませるという方も...

洗濯物の干しっぱなしOK?夜に外干しするメリット・デメリット

お仕事をしていて昼間に洗濯をする時間がない人のなかには、夜に洗濯をして洗濯物を外に干しっぱなしにでき...

浴室の物干し【賃貸でも可能】スペースに困ったら使える方法

浴室を物干しに使うなら賃貸でもできます。物干しスペースが狭くて、洗濯物を困ったときは浴室に干しましょ...

【洗濯物対策】湿度が高い日でも早く乾くためのルール

雨の日やジメジメとした日は、洗濯物がなかなか乾かなく、お困りの方も多いと思います。洗濯物が乾くために...

洗濯物の重さはどのくらい?物干しと洗濯物について

梅雨時期になって洗濯物が乾きにくくなったり、子供が大きくなって洗濯の量が多くなったりすると、物干しが...

物干しハンガーが飛ばないための工夫。強風でも洗濯物は安心

物干しハンガーを飛ばないようにするためには、ハンガーや物干し竿に強風に負けない工夫をしなければなりま...

洗濯物の放置は臭い発生の原因に!洗濯物の臭いを取る方法

汚れた洗濯物を放置していると、嫌な臭いが発生してしまうことがあります。この臭いは洗濯物に染み付き、な...

洗濯物を乾かすコツ!部屋干しの衣類を早く乾かす工夫やアイデア

雨が降っているときは外に洗濯物を干すことができません。外がジメジメしていると、なかなか洗濯物が乾かな...

洗濯物を干す時間帯や乾くまでの時間は?夏の外干し豆知識

夏は洗濯物を外干しする機会が多いですが、干す時間帯は何時から何時までがベストか、最短でどのくらいで乾...

洗濯物の生乾きの臭い対策と早く乾かすためのコツ

部屋干しにすると、洗濯物の生乾きの臭いが気になります。洗濯物に生乾きの臭いが付かないようにするには、...

スポンサーリンク

ベランダの洗濯物は虫に注意、付きやすい虫の種類

洗濯物に付く虫はいろいろな種類がいますが、中でも代表的な虫を覚えておきましょう。

カメムシ

洗濯物に付く虫で多いのは、まずカメムシです。カメムシと言うと緑のカメムシを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、茶色のカメムシも多く見受けられます。

カメムシの特徴

皆さんもご存知の、強烈な悪臭です。カメムシの臭いが付いてしまった洗濯物は、もう一度洗っても、なかなか臭いが取れません。
カメムシは、太陽の光の当たった暖かい洗濯物の中が大好きです。

ハチ

ハチは、柔軟剤などの甘い香りに寄ってきやすい習性があります。

そして、ハチは巣の中ではフンをせずに、巣の外の白いものにフンをするという虫なので、白い洗濯物は要注意です。

フンが洗濯物に付いて乾くと、こびりついてしまい、取れにくくなってしまいます。

ユスリカ

蚊と似ているユスリカは、水場の近くや、川辺などで柱上になって飛んでいる虫です。特に発生しやすいのが、風の弱い日の夕方です。洗濯物に付いて、潰れてしまうと汚れの原因にもなってしまいます。

ベランダの洗濯物に虫を寄せ付けないための対策

まずは簡単にできる対策をご紹介します。市販の防虫剤でも、ベランダ用に吊るすタイプの虫よけなどがあります。いろいろな虫に効果のあるものもあれば、カメムシに特化したものなどもありますので、困っている虫に合わせて選びましょう。

ベランダに虫よけを使う

種類によっては、無臭タイプのものや、臭いのあるものもあります。選ぶ時には、そちらも注意して選ぶと良いですね。

また、それと同じような効果で、虫を寄せ付けないために、ベランダにハーブを置くという方法もあります。虫よけの効果のあるハーブとしては、ペパーミント、ラベンダー、ローズマリー、タイムなどがあります。ハーブならば、小さいお子様がいるご家庭でも安心です。

また、ハーブなどを育てる場合にも、水受け皿の水には要注意です。

虫は水のある場所で発生するので、大きな水受け皿に、古い水が入りっぱなしというのはちょっと危険です。対策としては、受け皿のないタイプの鉢にしたり、水受け皿に溜まった水は、こまめに捨てるなどして、水を溜めっぱなしにしないようにしておきましょう。

ベランダで洗濯物を干す時には虫が付かないように防虫ネットでカバー

洗濯物をネットで覆う防虫ネットも効果的です。大きさもいろいろな物がありますので、ご自宅の洗濯物ハンガーに合うタイプのものを選びましょう。ホームセンターやネットショッピングでもさまざまタイプがありますので、使いやすいサイズが見つかると思います。

市販のものよりも、もっと大きなサイズが欲しいという時には、100均の洗濯ネットを数枚使ったり、園芸用の防虫ネットを使い、手作りすることもできます。

実際に、そのようにして活用している方も多いので、作り方を検索してみても良いですね。防虫ネットは、虫の予防だけでなく、鳥のフンや花粉対策にもなります。

また上部の部分が、雨除け効果のあるものも多く、ちょっとした小雨程度の雨なら防ぐこともできます。

洗濯物に虫が付かないようにするには早めの時間に取り込むこと

干した洗濯物は、いつも何時くらいに取り込んでいますか?実は虫対策に、これはとても重要なことなのです。一般的には、夕方には家に取り込んでいるという方が多いと思いますが、虫が付かないようにすることを第一に考えると、日中のうちに取り込むこと。

虫の活動が活発になるのは夕方以降

ですので、できれば15時過ぎくらいには、取り込むのがベストです。

暖かい場所を求めて移動する虫もいる

夕方になり気温が低くなってくると、干してある洋服のポケットや内側に入り込んでしまうこともあります。服を取り込む時にも、目に見える虫は払えますが、ポケットなどに入られてしまうと、そう簡単には気付けません。

夕方までに取り込むこと、この方法は簡単ですが、実は結構効果があります。

虫が好きなのは柔軟剤の良い香り

最近は、柔軟剤も良い香りで長く続く香りのタイプが多いですが、この柔軟剤も虫対策には要注意です。

フローラル系、フルーツの香りの柔軟剤は虫が好む香り

甘い花やフルーツに誘われるように、虫をおびき寄せているようなもの。実際に、柔軟剤を変えるだけでも、効果のあったという声も聞かれます。
虫対策として考えるならば、虫が多い時期だけは柔軟剤を使わないか、もし使いたいという場合でも、無香料のものやミント系のものがおすすめです。

ミント系の香りは虫の嫌いなハーブやメントールに近いので、寄り付きにくくなります。

虫予防のために、できる方法をご紹介してきました。もちろん外干しの方が乾燥時間も早く、太陽の光で乾かしたいという方も多いと思いますが、虫が多いシーズンには部屋干しをするという方法もあります。

虫に悩むのがストレスな場合には、除湿機などを効果的に使い、部屋干しするのもおすすめです。