洗濯物の夜干しは乾くのに時間が掛かる!部屋干しのコツ

朝は慌ただしく、洗濯はいつも夜にしているというご家庭も多いと思います。今は主婦も仕事をしている方が多いので、洗濯ができる時間帯はどうしても限られてしまいます。
洗濯機を夜に回して夜干ししても、洗濯物が乾くまでに時間が掛かると感じている方も多いと思います。夜に洗濯機を回す場合には、外での夜干しよりも、部屋干しにするのがおすすめです。
そこで、外に夜干しをするデメリットや、部屋干しでも早く服を乾かすコツをご紹介します。服の生乾き臭の予防のために、部屋干しでも干し方を工夫すると、早く乾かすことができます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯物を乾かすのにサーキュレーターがおすすめな理由

梅雨の時期になると湿気で洗濯物が乾かない。こんなお悩みをよく聞きます。洗濯物が乾かないとお部屋の中が...

ベランダの物干しはアイデア次第で狭くても干せて早く乾くコツ

ベランダの物干しアイデアをお探しのあなた。ベランダが狭くて物干しスペースがないと、洗濯をする度にスト...

洗濯物の乾かし方!冬の部屋干しでエアコンの暖房機能を使うコツ

冬はなかなか洗濯物が乾かずに困ってしまうことがあります。エアコンの暖房機能を利用して、うまく洗濯物を...

物干しを快適に!マンションのベランダの低い物干しの解決方法

マンションに暮らす方で、ベランダの低い物干しが使いにくいと感じている方は多いようです。低くしてい...

洗濯物の外干し時間のおすすめや早く乾かすコツと注意点を紹介

洗濯物の外干しにはどのくらいの時間がかかるのか気になりませんか?できるだけ洗濯物はお日様に当てて...

洗濯物に卵が付着・緑の卵はカメムシの可能性!駆除・予防方法

綺麗に洗った洗濯物を外から家の中に取り込んだ時、衣類に緑色の卵が産み付けられているのを発見。...

洗濯物が生乾き臭い!原因を取り除く方法と予防対策を紹介

洗った洗濯物から生乾きの臭いがしたことはありませんか?洗濯物から生乾きの臭いがしたときは、その原因で...

洗濯物を放置するとカビが生える!カビの洗濯方法とデメリット

洗濯物を干さずに放置していると、衣類にカビが生えてしまうことがあります。洗濯を干す時間がないから後で...

洗濯ネットのまま乾燥機に入れても大丈夫?その答えは「NO」

お気に入りの洋服や下着などを洗濯ネットに入れて洗濯する人も多いでしょう。しかし、そこで疑問となるのが...

【洗濯物対策】湿度が高い日でも早く乾くためのルール

雨の日やジメジメとした日は、洗濯物がなかなか乾かなく、お困りの方も多いと思います。洗濯物が乾くために...

脱水機の便利な使い方!小型で手動の脱水機をご紹介

ちょっとした汚れ物や、別洗いしたい洗濯物を手洗いをすることはそれほど面倒ではありませんが、しっかりと...

洗濯物を乾かす時間を短くしたい!乾く時間を短縮する方法

洗濯物の乾くまでの時間がいつもより長いような…?どんなことが原因で洗濯物の乾くまでの時間に違いが出て...

洗濯物の放置を1日したら洗い直し!すぐに干せないときの対処法

洗濯物を洗ったまま干すのを忘れて放置してしまったことはありませんか?時間によってはまだ間に合う場...

洗濯物の臭い・干しっぱなしの部屋干しで衣類が臭う原因と対処法

天気の悪い日は洗濯物を外に干すことができず、部屋干しすることがあります。洗濯物を部屋干しすると、干し...

物干しのピンチハンガーを購入するならステンレス製がおすすめ!

物干しのピンチハンガーをこれから購入するなら、ステンレス製を試してみてはいかがでしょうか。もちろ...

スポンサーリンク

洗濯物を外に夜干しすると乾くまでに時間の掛かることも

日々生活をしていく上で絶対に欠かすことのできない「洗濯」ですが、洗濯する時間帯は人によって異なりますよね。
朝に洗濯をしてそのまま干せる方もいれば、お仕事等の事情で夜にしか洗濯ができないという方もいると思います。
また、夜にしか外に洗濯物を干すことができない場合だと、どうしても乾くのに時間がかかってしまうため、早く乾かす方法はないのかなぁ…と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

そこで、ここでは様々な事情から夜にしか洗濯物を干すことができない方に向けた対策法をお伝えします!…が、その前に、まずは夜干しによる問題をよく理解することから始めていきましょう。

洗濯物を外に夜干しする上での一番の問題とは

それは「乾くのに時間がかかること」です。
当然ながら昼と夜では外気温や湿度などが全く異なりますから、洗濯物が乾く時間も大きく変わってきてしまいます。
また乾くのに時間がかかるということは「雑菌の繁殖」にも大きく関係します。
雑菌は、主に長時間湿った状態である場合に多く繁殖する傾向があるため、夜干しでは雑菌が繁殖しやすくなってしまうのです。
ですから、洗濯物を夜干しする上ではそうしたことも踏まえた上で、どういった対策をするのかを考える必要があります。

洗濯物を夜干しするデメリット

一方で、洗濯物を外で夜干しする上では前述した乾くのに時間がかかること以外にも、様々なデメリットがあります。
ではどんなデメリットがあるのか見ていきましょう。

洗濯物を夜干しするデメリットは、虫によるトラブルが多い

虫の活動時間帯は主に「夕方から夜」です。
そのため、そんな夜に外で洗濯物を干すようなことをすれば、洗濯物は虫の餌食になること間違いありません。

朝に洗濯物を取り込んだら虫がついていたり、虫の種類によっては悪臭等をつけられているなんてこともあるでしょう。
洗濯物の虫対策には「午後までに取り込むのが効果的だ」と言われているように、夜間の外干しは虫トラブルの大きな原因となるのです。

安全面で良くない

基本的に洗濯物は日中のうちに干してしまうことが殆どです。
そのため夜に外に洗濯物が干してあると、周りの人は「この家は日中に干せない事情がある」「日中は家に居ないのかも」と考えるのです。
悪い事を考えている人にとってみれば夜に洗濯物が干してあるということは有難い情報のひとつになることでしょう。

住民トラブルが起きる場合がある

集合住宅に住んでいる場合は他の住民に迷惑をかけないように色々なことに気を遣って生活をしなけれいけません。
洗濯機の音も気を遣うべき点のひとつで、夜遅くに洗濯機を回してしまうと音が下階の住民の部屋に響いてしまい、迷惑となってしまう場合があるのです。
状況によっては思わぬトラブルへと繋がってしまうケースもあるかもしれません。

洗濯物の夜干しは除湿機を使って部屋干しにすると早く乾く

このように様々なデメリットがある外の洗濯物の夜干しですが「部屋」で夜干しする分には多くのメリットがあります。

洗濯物を「部屋」で夜干しするメリット

1つめは「天気が関係しないこと」です。

室内で洗濯物を干せば「雨が降るかも…」などの天気で悩まされることはありません。
どんな天気であっても気にすることなく洗濯物を干すことができるのは、部屋干しの最大のメリットとも言えます。

そして2つめは「周りの目が気にならないこと」です。

女性の中には女性下着などのランジェリーを外に干すのは周りの目がちょっと…と感じる方もいますよね。
室内干しではそうした周りの目が気になることがありません。
時間帯を気にすることなくいつでも気軽に洗濯物を干すことができるはずですよ。

最後に3つめは「洗濯物が汚れる心配がないこと」です。

住んでいる場所によっては交通量が多くて車の排気ガスが気になったり、巻き上げられる砂埃が気になる場合もあると思いますが、室内で干せばそうした悩みも気にせずにいつでも干すことができます。

また、部屋干しだと洗濯物が乾くのに時間がかかるという心配も、除湿機があれば問題ありません。
除湿機で湿度を取り除いて乾燥しやすい環境を整えてあげれば、部屋干しでも早く乾かすことができますので、安心して下さいね。

部屋干しでも早く乾くコツ

夜干しと比較するとメリットが多い部屋干し。ただ油断はできません。
部屋干しでも干し方によっては夜干し同様に生乾き臭で悩まされることになってしまうためです。
そこでここでは洗濯物を部屋干しする際のコツをご紹介します。参考にしてみて下さいね。

コツは主に2つです。
それは「扇風機を使うこと」と「風が通るようにすること」です。
洗濯物はとにかく風があるかないか、また、その風が通るのか通らないのかが重要になります。
風を起こして上手くその風を通すことができれば、洗濯物は通常よりも早く乾かすことができるのです。

そこでまずは風がよく通るように洗濯物を干しましょう。
洗濯物同士がくっつかないようにする、角ハンガー利用時はアーチ型を意識して干すようにする、タオル等は折りたたんで干さないなど、干し方を意識してみましょう。

風が通るように干すことができたら後は扇風機を回して風をあてるだけです。
ただこの時にもポイントがあり扇風機は洗濯物の「斜め下」に置くのがコツです。
扇風機の風が洗濯物の下から入り込むように扇風機を配置してみて下さいね。

部屋干しする時には部屋干し用の洗剤がおすすめ

部屋干しには様々なメリットがある反面である問題点もありますよね。

部屋干し特有の問題点。それは「部屋干し臭」です。

部屋で洗濯物を干したことがある方であれば一度は経験したことがあるであろう「部屋干し臭」は主に雑菌の繁殖が原因となっています。
そのため部屋干し臭を予防したいのであれば雑菌を繁殖させないのがポイントです。

早く乾かしてしまうのもひとつの方法ですが、オススメは「洗剤」を変えることです。

洗剤を作っている各会社からは雑菌の繁殖を抑える「部屋干し専用の洗剤」が発売されていますので、ぜひそちらを活用して部屋干し臭予防に役立ててみてはいかがでしょうか。

また洗濯物の匂い付けでもある柔軟剤には菌の発生を抑える効果もあります。
柔軟剤を入れていなかったという方は今回を機に柔軟剤も併せて活用してみると良いでしょう。