洗濯物に埃がつく原因と対策方法についてご紹介

洗濯をし終わった後の洗濯物に埃がつくことってありますよね。
洗う服に埃がいっぱいついていたわけでもないのに、原因はどういったものなのでしょうか。
ここではその原因として考えられるものと、服に埃をつけさせないようにする対策方法についていくつかご紹介させていただきますので、洗濯物に埃がつくことを悩んでいる方は是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

部屋干しを早く乾かすコツ!扇風機と窓の使い方で洗濯物が乾く

部屋干しをしていると洗濯物が乾きにくくて困ってしまいますよね。洗濯物が乾かないのは部屋の湿度が大きく...

洗濯物を放置するとカビが生える!カビの洗濯方法とデメリット

洗濯物を干さずに放置していると、衣類にカビが生えてしまうことがあります。洗濯を干す時間がないから後で...

洗濯物を部屋干しすると臭いが気になる問題を徹底的に解決します!

洗濯物を部屋干しすると臭いニオイを部屋中に充満させてしまったことありませんか?洗濯物が臭くな...

洗濯物を外干ししたい!冬でも洗濯物を外干しするコツをご紹介

洗濯物を外干ししないと、乾いた気がしない…冬は特に、そう感じる。洗濯物が楽しくない。...

部屋干しをする場所と速乾のアイデア。干す場所と干し方で変わる

外に洗濯物を干すのが嫌という方もいらっしゃるでしょう。また仕事などの時間的な関係で、洗濯物は部屋...

脱水機の便利な使い方!小型で手動の脱水機をご紹介

ちょっとした汚れ物や、別洗いしたい洗濯物を手洗いをすることはそれほど面倒ではありませんが、しっかりと...

洗濯物が外干しで臭い原因は?対策や臭わせない部屋干しのススメ

洗濯物を外干ししているのに臭いがするのはどうしてなのでしょう?部屋干しの生乾き臭が嫌でできるだけ...

洗濯物が雨で外干し出来ない時にやって置きたい部屋干しの方法

洗濯物は外で乾かすのが一番と思っていても、雨が降ってしまったら、外干し出来ないですよね。そういっ...

洗濯物を乾かす時間を短くしたい!乾く時間を短縮する方法

洗濯物の乾くまでの時間がいつもより長いような…?どんなことが原因で洗濯物の乾くまでの時間に違いが出て...

洗濯物を乾かすには湿度?それとも温度?乾かすコツについて

洗濯物がなかなか乾かないのは湿度が高いから?温度が低いから?速く乾かすにはどんなコツやポイントがある...

洗濯物を夜干す!外干しのメリット・デメリットと干し方の工夫

日中忙しくお仕事をしている人は、なかなか洗濯をする時間がとれないこともあります。仕事から帰ってきて、...

洗濯物の卵の正体・茶色の卵はカメムシかも!駆除方法と予防方法

洗濯物に茶色の卵が産み付けられていたとき、その卵の正体が気になるものです。茶色の卵の正体は「カメムシ...

洗濯物の夜干しについて!外に干すと虫の卵?夜干しの注意点

洗濯物は朝に行い、日中日光でカラッと乾燥できると良いのですが、仕事をしていると朝は忙しく、どうしても...

室内干しでも乾かしやすくするアイデア!使える100均アイテム

ジメジメとした季節は洗濯物は室内干しになりますが、なかなか洗濯物が乾かないとお悩みの方は多いと思いま...

洗濯物の部屋干しや干しすぎで臭いが気になる!臭いの原因と対策

洗濯物を部屋干しするときや干しすぎてしまった時、乾いた洗濯物の臭いが気になることがあります。せっかく...

スポンサーリンク

洗濯物に埃がつく原因とは

ピカッと晴れていると、洗濯物を片付けてしまいたくなりますね。
天気が良い日なら、室内干しの嫌な臭いも気にしなくてすみます。

洗濯物の悩みといえば、「埃がつく」のもその一つです。

洗濯機から黒いTシャツが埃で真っ白になって出てきたときには、テンションもガタ落ちです。

埃がつく原因はいくつかあります。

埃の出やすいものと一緒に洗濯または洗濯物自体に汚れや埃がついている

これは洗濯後の衣類に埃がついてしまっても仕方がありませんね。

これら以外は、洗濯機が原因である場合が多いです。
糸くずフィルターが目詰まりしているなどで、機能していない場合や洗濯槽の定期的な清掃を怠っている場合です。

また、糸くずフィルターが洗濯槽の上の方に設置されている機種の場合、水位が低いと埃が残りやすくなる場合もあります。

洗濯物に埃がつく原因を知ったら、対策方法について知ろう

洗濯物に埃がつく原因を知ったら、対策も可能になります。

埃の出やすいものは他の洗濯物と一緒に洗わない

特に新しいタオルなどは特に毛羽落ちしやすいので、気をつけましょう。
また、埃がついてたままの洗濯物を洗うと、他の洗濯物に移してしまうことになりますから、払うなどして取り除いてから洗濯してくださいね。

洗濯機の対策、清掃が必要

洗濯槽を長らく清掃していない方は、そこから始めると良いでしょう。
機種によって自動洗浄などの機能がついているものもありますが、それでも定期的なお手入れは必要になるはずです。
説明書を参考に、洗濯槽を綺麗にしましょう。

また、洗濯前には糸くずフィルターをチェックするのもお忘れなく。
ここが目詰まりしていると、埃をキャッチできず洗濯物についてしまいます。

洗濯物に埃がつく原因には、静電気の問題も

洗濯物に埃がつく原因として考えられることは、実はもう一つあります。

静電気が原因の可能性

衣類に静電気が発生して衣類が体にまとわりつく経験をしたことのある方もいらっしゃると思います。

特に女性の場合には、スカートなどで経験したことがあるのではありませんか?

この静電気、発生すると埃やゴミも呼び寄せてしまいます。
この状態で洗濯しても埃やゴミまみれのまま洗うので、洗い上がりにもたくさんの埃がついたままになるのは想像に容易いですよね。

洗う前にはしっかりと埃を取り除きましょう

一般的な埃を取る方法と言えば、コロコロではないでしょうか?
粘着テープに埃を貼り付けて取り除く方法で、広範囲を一気に取り除けます。
洋服専用のテープも売られています。

衣類の埃取りといえば、エチケットブラシも外せません

携帯もできる小型のタイプもあるので、外出先でも使えます。

注意したいのは、撫でる方向です。

間違って逆方向に撫でると、今まで取り除いた埃がついてしまうの注意してくださいね。
最後にご紹介するのは、洋服ブラシです。
サッと撫でるだけで埃がとれますし、花粉を落としたり、毛玉防止効果も期待できる一品です。
一つあるととても重宝しますよ。

洗濯物に埃がつくようになったら、洗濯槽をキレイにしよう

洗濯物に埃がつく原因の一つは、洗濯槽の汚れです。
定期的なお手入れが必要だとはわかっていても、実際には放置しているという方も多いのではありませんか?

そこで、ここでは洗濯槽を綺麗にする方法をご紹介しましょう。

洗濯槽掃除で使うのは酵素系漂白剤

液体よりも効果が高いので、粉タイプの酵素系漂白剤がおすすめですよ。

酵素系漂白剤の効果をより高めるために、お湯を使います。

50度くらいのお湯を洗濯槽の上位まで注ぎいれて、酵素系漂白剤を500g投入し、洗濯機を回します。
15分くらい回して全体に行き渡らせたら、そのまましばらくつけ置きしましょう。

目安は2時間

汚れが酷い場合や、長期間掃除していないなら5時間程時間を置いても良いです。

しっかりと浸け置きしてからもう一度洗濯槽を回すと、茶色や黒の剥がれた小さな汚れが浮いてきます。
汚れは網を使ってすくい取ってください。
ハンガーにストッキングをかぶせると、使い捨ての網になりますよ。

汚れを取り除いたら脱水にして水を抜き、もう一度満杯に水を入れて洗濯機を回します。
汚れがでなくなるまで繰り返してくださいね。

長く着ない服に埃をつかせない方法とは

洗濯物に埃をつけないためには、洗濯物自体に埃を寄せ付けないことが重要です。
特に長く着ない予定の服は注意しましょう。

ハンガーに掛けたままで放置していたりすると、埃が溜まってしまい、洗った時にその服も一緒に洗った服も埃だからけになってしまいます。

長期間使わない服にはカバーを掛けておく

洋服カバーには種類があり、一着だけをカバーするもの、複数着をまとめてカバーするもの、そしてハンガーラックなどをまるごとカバーするオープンタイプがあります。

クローゼットのスペースや洋服の収納方法に合わせて、一着カバーと複数着カバーを使い分けましょう。

ハンガーラックにかかっている服すべてが長期間使わないものであれば、オープンタイプがおすすめです。
シーズンごとにハンガーラックの洋服を入れ替えれば、長期間使わない服は常に埃から守ることができますよ。