洗濯物の生乾き臭の原因は雑菌。除去する方法と解決策を紹介

洋服を着た時に洗ったばかりなのに、生乾き臭がすると感じたことはありませんか?
洗った洗濯物が臭う原因はなんでしょう。

いくつか原因はありますが、1つ目は洗濯物についてしまう雑菌が原因です。
この雑菌を除去することで生乾き臭を抑えることができます。
ではどのようにして洗うと良いのかを紹介します。また乾かし方や乾かす時間にもヒントがありました。

他に生乾き臭の原因が洗濯機や洗濯水の場合もあります。洗濯の仕方に心当たりはありませんか?

臭ってしまった洗濯物はどうしましょう。臭いの取り方を紹介します。臭わせないための対策もご覧ください。

この方法で嫌な生乾き臭を感じなくなることでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯物の分け方は一人暮らしでも大事!失敗しない洗濯のコツ

洗濯物の分け方は一人暮らしの洗濯でも大切な準備のひとつです。洗濯機が洗ってくれるからとついまとめ...

洗濯物を夜干す!外干しのメリット・デメリットと干し方の工夫

日中忙しくお仕事をしている人は、なかなか洗濯をする時間がとれないこともあります。仕事から帰ってきて、...

物干しスペースを室内に増やしたいときに活用できるアイデア

室内に物干しスペースを増やしたいけどいいアイデアが浮かばない!こんなお悩みを抱えている人もいるのでは...

洗濯物の干しっぱなしOK?夜に外干しするメリット・デメリット

お仕事をしていて昼間に洗濯をする時間がない人のなかには、夜に洗濯をして洗濯物を外に干しっぱなしにでき...

洗濯物の部屋干しや干しすぎで臭いが気になる!臭いの原因と対策

洗濯物を部屋干しするときや干しすぎてしまった時、乾いた洗濯物の臭いが気になることがあります。せっかく...

【洗濯物対策】湿度が高い日でも早く乾くためのルール

雨の日やジメジメとした日は、洗濯物がなかなか乾かなく、お困りの方も多いと思います。洗濯物が乾くために...

洗濯物を乾かすのにサーキュレーターがおすすめな理由

梅雨の時期になると湿気で洗濯物が乾かない。こんなお悩みをよく聞きます。洗濯物が乾かないとお部屋の中が...

洗濯物を外干ししたい!冬でも洗濯物を外干しするコツをご紹介

洗濯物を外干ししないと、乾いた気がしない…冬は特に、そう感じる。洗濯物が楽しくない。...

室内干しのアイデア【場所を作る】スペースを活用したコツを紹介

室内干しをするには洗濯物を干す場所の確保が必要ですが、狭い部屋の場合、干す場所を作るのに苦労をします...

洗濯ネットのまま乾燥機に入れても大丈夫?その答えは「NO」

お気に入りの洋服や下着などを洗濯ネットに入れて洗濯する人も多いでしょう。しかし、そこで疑問となるのが...

洗濯物を乾燥機で乾燥させると縮む原因と対処法・元に戻す方法

洗濯物を乾燥機で乾燥させた時、衣類が縮む経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。衣類が縮ん...

洗濯物のアンモニア臭の原因と取り除くためにできることを紹介

洗濯をしたのに洗濯物からアンモニア臭がするのはどうしてなんか、原因が気になりませんか?その原因を...

洗濯物が雨で外干し出来ない時にやって置きたい部屋干しの方法

洗濯物は外で乾かすのが一番と思っていても、雨が降ってしまったら、外干し出来ないですよね。そういっ...

洗濯物を外に干しっぱなしはNG。早く乾かす部屋干しのルール

洗濯物を夜間に外に干しっぱなしという方はいませんか?「夜しか洗濯をする時間がなくて…」とか、「忙しく...

洗濯物を放置してしまったときは乾燥機?洗濯物のリセット方法

洗濯物を放置したときは、臭いを気にしてそのまま乾燥機を使ってはいませんか?確かに、乾燥器にか...

スポンサーリンク

洗濯物の生乾き臭の原因は雑菌。臭わせない洗濯の仕方

洗濯物の厄介なトラブルのひとつである「生乾き臭」の原因は主に「雑菌」です。
皮脂を含めた様々な汚れが繁殖することによって生乾き臭が発生してしまうのです。

雑菌の繁殖をいかに抑えることができるかがひとつのポイント

では、実際にはどのようなことを行えば雑菌の繁殖を予防することができるのか?

生乾き臭を予防する方法は色々あります。

手っ取り早く気軽に除菌、オススメは「漂白剤」

泥などの色汚れを落としたい時に活躍する漂白剤は、雑菌を殺菌したい時や雑菌の繁殖を予防したい時にも効果を発揮するのです。
実際にお風呂のカビ汚れや排水口のドロドロ汚れなど、菌の塊でもある汚れを落としたい時に漂白効果のある洗剤を使うと、キレイに落とすことができますよね。

お勧めは酸素タイプの漂白剤

漂白剤は主に塩素系と酸素系の2つの種類に分かれます。

酸素タイプの漂白剤は成分が安全でありながら本来の漂白も行うことができるのです。
小さなお子様がいるご家庭では成分がキツく危険な漂白剤を使うことを躊躇うという方も少なくありませんから、漂白剤の成分が気になっていたという方は酸素タイプを使ってみると良いでしょう。

ただ漂白剤を使用する際にはタイプに関わらず「色落ち」に注意しなければけません。
衣類の中にはタイプに関わらず漂白剤を使うことで染料が落ちてしまうことも少なくありませんので、洗濯する前には衣類の洗濯タグをよく確認するようにして下さいね。

洗濯物の生乾き臭の原因の雑菌は除去できる。乾燥時間が鍵

生乾き臭の原因である雑菌は「モラクセラ菌」

この菌であることが実験結果として残っています。

また、ある研究機関でモラクセラ菌に関して「ストリーマ技術」を用いた実験を行ったところ、約2時間後にはモラクセラ菌がほぼ100%殺菌できることも証明されました。

ストリーマ技術とは?
雑菌を含めた有害物質を酸化させて分解することで洗浄ができるという技術で、この技術は空気清浄機にも搭載されている場合があります。

つまり、洗濯物の生乾き臭の原因となっている雑菌は除去できる雑菌であり、ストリーマ技術が搭載された空気清浄機を活用して洗濯物を乾燥させれば、より一層、生乾き臭を防ぐことができるということなのです。

洗濯物の乾燥時間をいかに短くすることができるか

これが洗濯物を生乾き臭を予防する上で重要な鍵になると言えるでしょう。

洗濯物の生乾き臭の原因が洗濯のやり方に問題がある場合

一方で洗濯物の生乾き臭の原因は「根本」にある可能性も考えられます。

根本とはどういうことなのか…?
根本とはずばり「洗濯機」のことです。

日々の生活で伴う汚れをキレイに落としてくれる洗濯機は、洗濯中に落ちる汚れが蓄積しやすい場所でもあります。

根本である洗濯機も定期的に掃除をしなければ、蓄積した汚れが原因となって雑菌臭を招く

根本に汚れが溜まっていればいくら他の面で対策をしても意味がありません。
洗濯機自体を掃除していないという方は一度状態を確認してみると良いかもしれません。

水道代節約の一環でもある残り湯を使った洗濯も同じことが言える

身体に付着している雑菌を多く含んでいる残り湯は、雑菌水と言ってもよいほど大量に雑菌を含んでいます。
そうした水を使って洗濯をすれば雑菌を落とすどころか、かえって繁殖する可能性もありますので注意が必要です。

洗濯物の生乾き臭の取り除き方

生乾き臭を発生させている雑菌は「熱に弱い」という特徴があります。

生乾き臭は「煮沸」がオススメ

では実際の手順をご紹介します。

  1. まずは大きめの鍋、水、重曹、生乾き臭のする洗濯物の4つを用意します。
  2. 次に鍋の中に水、重曹1スプーン、洗濯物を入れます。
  3. あとはこの状態で20分程度加熱させます。グツグツと沸騰させるのがポイントです。
  4. 最後に鍋の中に冷水を入れながら洗濯物を軽く洗いましょう。

しっかりと乾燥させれば生乾き臭は取り除けているはずですよ。

煮沸をする際は以下の3点に注意

水量

水量は沸騰後の状態を予想して入れ過ぎないように注意しましょう。

鍋の種類

使う鍋の種類によっては重曹に反応して変色する場合があります。
基本的にはステンレス素材の鍋を使いましょう。

洗濯物の素材

衣類の素材は熱に弱いモノが少なくありません。
タオルやハンカチ等であれば問題ないと思いますが、それ以外のモノを煮沸する際には素材の傷みに注意しましょう。

洗濯物を臭わせないための方法

洗濯機を回す頻度はご家庭によって異なります。
毎日回す方もいれば、2日に1回の方、3日~4日に1回の方など、様々でしょう。
ただ洗濯物の雑菌が繁殖する環境はどのご家庭でも変わりません。

雑菌は「乾燥していない状態」で繁殖する

つまり洗濯物から生乾き臭がするのを予防する上では、洗濯機を回す前の洗濯物の状態にも気を配る必要があります。

一番避けるべきことは洗濯物を湿ったまま放置すること

濡れた洗濯物をそのまま放置してしまうと雑菌の数はもの凄いことになり、もしも濡れた洗濯物を洗濯機の中で保管しているのであれば、洗濯機の中は雑菌で埋め尽くされることになってしまうでしょう。

そうした状況を未然に防ぐ一番の対策は「洗濯物を濡らした状態で保管しないようにすること」です。

面倒でも濡れた洗濯物は一度ハンガーにかけて乾燥させるようにしましょう。たったこれだけのことを習慣化するだけでも、雑菌の数はかなり抑えることができますので、ぜひ意識して行うようにしてみて下さい。