洗濯しても臭い原因を取り除く方法と臭わせないためにできること

洗濯しても臭いがする原因は、毎日の洗濯の仕方を見直すとみえてくるかもしれません。例えば、洗剤の使い方だったり、洗濯の頻度によっても原因が潜んでいる場合もあります。せっかく洗濯したのに、嫌な臭いが発生するのは残念です。

そこで、洗った洗濯物が臭いが気になるときの対策について、洗った洗濯物が臭くなる原因や洗濯物の嫌な臭いを引き起こしている原因、洗濯物の悪臭を取り除く方法や洗濯物を臭わせないための予防対策などお伝えしていきます。

これで、臭いのストレスからも開放されて、安心して洗濯をすることができますし、例え臭いが気になってもすぐに対処することができるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯のすすぎは何回がいいの?意外と知らないすすぎの豆知識

進学を機に一人暮らしを始めた学生にとって、洗濯のすすぎの回数が果たして何回が正解なのかで迷ってしまう...

洗濯表示。新しい一覧表のわかりやすい見方をご紹介します!

洗濯表示が新しくなりました。一覧表に並ぶ、マーク・記号を正直、全部は覚えられません。そんな、...

洗濯はすすぎの回数に気をつけて臭いも防いで肌にも優しく洗おう

洗濯のすすぎ回数については家庭によっても使う洗剤でも違ってきます。基本的には2回ですが、最近では1回...

ポリエステル100の洗濯方法!大切な洋服を長持ちさせるコツ

ポリエステル100%の洋服はサラサラとした着心地で体のラインもひろわないので使いやすいと感じている人...

洗濯物の生乾きの臭いを熱湯消毒でスッキリ取る方法

洗濯物に付いた生乾きの臭いは、一度付いてしまうとなかなか取れません。洗濯をして、一瞬臭いが消えたかな...

部屋干しの洗濯物から嫌な臭い!臭いに効果的な柔軟剤とは

洗濯物の部屋干しは、ジメジメした梅雨の時期は要注意!気がつくと洗濯したばかりの服から嫌な臭いが発生す...

洗濯機に漂白剤を入れるタイミングを紹介。頑固汚れもスッキリ

ソースやカレーが洋服についた、ワイシャツの首輪の頑固な汚れなど普通の洗濯では落ちきれない汚れがありま...

ドライクリーニング表示でも自宅でポリエステルの衣類は洗えます

ドライクリーニングマークがついているポリエステルの衣類。クリーニング店に出した方がいいことはわかって...

血液のついた洋服を洗濯する場合に効果的な洗剤を教えます

家事をしている時に指を切ってしまって、洋服が血液で汚れてしまう経験は主婦の人であれば誰でもあるのでは...

洗濯で漂白剤による色落ちを防ぐ方法と効果的な正しい使い方

洗濯をするときに漂白剤を使うと色落ちが心配になりませんか?でも、漂白剤を上手に使えば、気になる衣類の...

油汚れが付いた服は、時間が経った後でも落とすことができます

油汚れが付いてしまった服でもすぐに対処すれば落とすことができますが、問題は時間が経った場合。...

血液が洗濯で落ちないときの対処法とシミを落とすコツとは

血液が洗濯しても落ちない衣類はどうしたら落とすことができるのか悩みますよね。血液が衣類についてしまっ...

靴用洗剤の代用にオススメなものとキレイに汚れを落とすコツ

靴用洗剤がないときは代用の洗剤を使うことで、靴をキレイに洗うことができます。靴を洗うのに靴専用の...

テンセルが洗濯で縮むのを防ぐ!正しい洗い方と注意点を紹介

肌触りが良く着やすいテンセルですが洗濯すると縮むことがあるのを知っていますか?もしも、縮ませてし...

洗濯物が裏返しの夫にイライラ!洗濯ストレスを改善する方法

洗濯物を何度言っても裏返しのままに出す夫。洗濯物が裏返しのままだと、それを元に戻す手間がかかって...

スポンサーリンク

洗った洗濯物が臭いのには原因がある

綺麗に洗濯したはずの洗濯物から嫌な臭いがすることありますよね。衣類やタオルから雑巾のような臭いがしたり、生乾きの嫌な臭いがすると不快に感じることがあります。特に部屋干しをしていると洗濯物の臭いが気になりますよね。

洗濯物から嫌な臭いがする原因は雑菌が繁殖しているからです。

衣類やタオルを使用すると、汗や皮脂が衣類やタオルに付きます。そして湿気の多い脱衣所などに洗濯物を放置しておくと、汗や皮脂などの汚れを餌にして雑菌が繁殖します。原因菌はモラクセラ菌という菌が繁殖すると嫌な臭いがしてしまうのです。

梅雨の時期や室内干しにすると湿気がこもってしまうので、洗濯物が乾くまで時間がかかってしまいます。部屋干しをすると湿気が多くなるので生乾きの臭いが発生しやすくなるのです。

雑菌は湿気が大好きです。そのため汗をかいた服を何日も洗濯カゴの中に入れっぱなしにしておくと嫌な臭いがしてしまいます。汗をかいて濡れている衣類はすぐに洗濯をするかカゴに入れずに乾かしてから洗濯カゴに入れましょう。

洗濯物の嫌な臭いを引き起こしている原因を突き止めましょう

洗濯物から嫌な臭いがする原因は雑菌です。洗濯が終わったら洗濯物はすぐに干していますか?休日にまとめて家事をする人は掃除も同時進行でしていることが多いので、洗濯が終わってもすぐに干さずに放置していることが多いです。

しかし洗濯が終わった衣類を濡れたままの状態にしておくと菌が繁殖してしまいます。雑菌が繁殖しないように洗濯が終わったらすぐに干すようにしましょう。

せっかく綺麗に洗濯をしても洗濯物に細菌が繁殖してしまい嫌な臭いの原因になる可能性があります。

又雑菌は湿っている場所を好みます。汚れて湿っている洗濯物をカゴの中に入れたまま何日も放置すると、汗や皮脂などを餌にして雑菌がどんどん繁殖します。そのため洗濯をしても嫌な臭いを除去しきれなくなってしまいます。

洗濯物から嫌な臭いがすると洗剤の量を多く入れてしまいがちですが、多く洗剤を入れると、洗剤が溶け切らずすすぎが不十分になってしまったり、洗濯槽に残ってしまい雑菌の餌になってしまうので、洗剤の量は必ず容量を守るようにしましょう。

臭いの原因を知って洗濯物の悪臭を取り除く方法

洗濯物が乾いてからも臭いが気になることありませんか?乾いてからも臭いが気になる場合は、臭いの原因になるモラクセラ菌が繊維の奥まで入り込んでしまっているためです。そのため普通に洗濯をしても嫌な臭いを取り除くことは出来ません。

悪臭を取り除くには、除菌ができる洗剤や漂白剤を使いましょう。また洗濯物を高温で熱すると効果があります。自宅に乾燥機があると乾燥機をかけてみたり、乾燥機がない場合はお湯で洗濯物を熱湯消毒すると殺菌することができます。ナイロンやポリウレタンなど熱に弱い衣類には使うことができません。そのため違う方法で洗濯物の悪臭を取り除きましょう。

洗濯物を臭わせないためには予防対策も大切です

洗濯物から嫌な臭いをさせないためには洗い方や干し方も大切です。工夫することで生乾きの嫌な臭いを防ぐことができます。

嫌な臭いの原因となる雑菌を除去する方法として酸素系漂白剤を使いましょう。酸素系漂白剤でつけ置きしてから洗濯をすると、生乾きの嫌な臭いを防ぐことができます。

洗濯をする時に重曹を使うことで生乾きの嫌な臭いが気にならなくなります。

重曹を使って洗濯すると、消臭効果、漂白力がよくなります。重曹は皮脂汚れが原因の黄ばみや食べこぼしに効果もあります。

洗濯物を臭わせないためには残り湯で洗濯する場合は洗いの1回だけにしましょう。お風呂の残り湯には雑菌が多くいます。そのためすすぎまでは使用しないようにしましょう。すすぎは水道水を使用することをおすすめします。

臭いを取り除く対策で安心快適にお洗濯をしましょう

洗濯物から臭いを取り除くためにはいくつかのポイントがあるので紹介します。ポイントを掴むと洗濯物から嫌な臭いがするのを防ぐことができます。

  • お湯で洗う
    お湯で洗濯をすると洗浄力がよくなります。目安は40℃のぬるま湯で洗濯をしましょう。洗濯機の蛇口からお湯が出る場合はお湯を使って洗濯をすると、漂白効果がよくなり、皮脂が溶け出しやすくなるので、洗剤の酵素が働くので臭いを取り除くことができます。
  • 適量を入れる
    洗濯物の量の基本は洗濯槽の7割になります。まとめ洗いしている人はたくさんの洗濯物を入れてしまいがちですが、洗濯物の量が多いと汚れ落ちが悪くなります。そのため適量で洗濯をしましょう。
  • 早く乾かす
    濡れた状態を長くしないために洗濯が終わったらすぐに取り出し干しましょう。
  • 洗濯機の掃除
    洗濯機も定期的に掃除をしましょう。洗濯槽には洗剤や柔軟剤のカスなどが溜まっています。それらを餌に雑菌が繁殖するので定期的に掃除をしましょう。
  • 洗濯物をためない
    一人ぐらしをしていると洗濯物はまとめて週末にしている人も多いです。しかし汚れたままの洗濯物を放置すると雑菌が繁殖してしまうので、こまめに洗濯することをおすすめします。