洗濯機の蛇口の交換方法を自分でするなら必要な物や業者の相場

洗濯機の蛇口の交換方法は自分でも手順通りにやれば簡単にできるものです。
ただし、自分でするなら費用はかかりませんが、水漏れなどに注意が必要です。

ここでは、洗濯機の蛇口の交換について、自分でできる交換方法や必要な物、気を付けたいポイントや業者に依頼したときの料金の相場などお伝えしていきましょう。

これで、蛇口のトラブルがあったときにも交換を自分ですることもできますし、業者に依頼するかどうかも悩まずに対処できますよ。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯機は重曹とクエン酸でスッキリ汚れを落とすのがオススメ

洗濯機には重曹とクエン酸を使って掃除をするとキレイになるのは知っていますか?しかし、いざ重曹とク...

洗濯機の蛇口の高さの変更方法と自分でするときの注意点とは

洗濯機の蛇口の高さが合わなくて、購入した洗濯機が設置できない場合があります。そんなときは、洗濯機...

洗濯機の故障で脱水できないときに考えられる原因と対処法とは

洗濯機の故障は脱水ができないことで判明することがあります。洗濯中に突然脱水ができなくなったり、す...

洗濯機を選ぶならおすすめはドラム式洗濯機【節水・節電・時短】

今お使いの洗濯機が何年も経っていて、そろそろ新しい洗濯機に買い換えの時期かなと感じていませんか?...

洗濯機のホースを水道の蛇口へ!蛇口別の取り付け方をご紹介

洗濯機のホースは蛇口につなぐだけ!そんなイメージがありますが、蛇口の種類によっては、ニップルというホ...

洗濯機の買い替え。おすすめ7kgサイズ、洗濯機のタイプ

洗濯機を買い換えるなら、おすすめは?洗濯機を選ぶ基準は、家族構成と、設置場所。一般的...

洗濯機の選び方。一人暮らしに適切な容量と注意したいポイント

洗濯機は一人暮らしなら、容量についても購入するときに考えなければなりませんね。購入する洗濯機の容...

洗濯機は一人暮らしなら乾燥機付きがオススメな理由と選び方

洗濯機は一人暮らしなら乾燥機付きの洗濯機を選ぶのがオススメです。それは、乾燥機付き洗濯機には一人...

洗濯機は重曹を使ってドラム式でも安心掃除するコツや注意点とは

洗濯機に重曹を使って、ドラム式でもカビ取りや臭い取りの掃除をすることができます。小さいお子さんが...

洗濯機は一人暮らしだと、どのくらいの頻度でまわすのか

洗濯ってどのくらいの頻度でしてるの?一人暮らしなら、毎日洗濯機を回すほど汚れ物が出ませんよね...

洗濯機の寿命のサイン。音や水の症状と部品の保有期間とは

最近洗濯機の音が大きくなったと感じることはありませんか?我が家では音が大きくなったと感じた頃...

洗濯機台の掃除を簡単にキレイする方法とホコリを溜めない予防策

洗濯機の台の掃除は、洗濯機を動かすのも大変だし掃除もしにくいので、つい後回しになりがちです。でも、気...

水通しは洗濯機の掃除をしてから!ドラム式のやり方と水通し方法

産まれたばかりの赤ちゃんの衣類は水通しをしなければなりません。しかし、その前に洗濯機を掃除するこ...

洗濯ネットは乾燥機で溶ける?効率よく乾燥させるための使い方

洗濯ネットを乾燥機で使用すると衣類が溶けるのを防ぐことができるのではと思っていませんか?実は、洗濯ネ...

洗濯機の臭いが下水臭い原因と対処法や掃除方法で予防するコツ

洗濯機の臭いが下水のような嫌な悪臭だと、洗濯をするのにも気分が悪くなってしまうかもしれませんね。洗濯...

スポンサーリンク

自分でできる洗濯機の蛇口の交換方法

洗濯機の給水用についている蛇口の根元から水漏れをおこしている場合は、元の部分から交換が必要になってきます。この蛇口の元の部分である給水栓を交換したい場合は業者に頼むことが多いかと思います。でも、業者に頼むと費用が心配になりますよね。
自分でできるなら部品だけを購入するだけで済みます。

蛇口の交換は難しいようですが、コツさえおさえて手順通りにするだけで、意外と自分でもできるものです。

蛇口の交換方法

  1. まずは、交換する部品を用意してください。
    洗濯機の給水用なので、オートストッパー付きのものを選ぶと、地震などで給水ホースが外れてしまった場合に水が出てくるのを自動でとめてくれるので便利です。
  2. 交換する場合は、まずは止水弁を回して水が出てくるのを防いでおきます。
    止水弁をとめたら、洗面台の水道を回してみて水が出てこないかを確認してください。
  3. 古い蛇口を取り外します。中に水が残っていますので、雑巾などを用意しておきます。
    蛇口を反時計周りにまわして蛇口を取り外します。かなり力がいる場合がありますので、軍手などをはめてから行うと良いでしょう。
  4. 蛇口を外したら、外した部分の汚れをキレイに拭き取ってください。
    新しい蛇口にはシールテープを巻いていきます。壁に取り付ける方のネジの部分に巻いていきます。10回位巻くと良いでしょう。
    シールテープはホームセンターなどで購入することができます。

シールテープを巻いた蛇口を取り付けます。ネジ式になっていますので、力を入れて回して取り付けます。

洗濯機の蛇口を交換するときに必要な物とは

洗濯機の蛇口を自分で交換するときに必要になってくるのが、新しい蛇口の他に、シールテープです。
他にも水を受けるためのバケツや雑巾、蛇口を外すときのためのスパナや軍手も用意しておくと良いでしょう。

シールテープは必ず必要です。ホームセンターや金物店で買うことができます。
シールテープは水道管の接続部分の隙間を埋めるために使います。
蛇口を取り付ける部分はネジ式になっていますが、キツく締めてもどうしても僅かな隙間ができてしまいます。
隙間があると水が漏れてきてしまいますので、そのためにシールテープを巻いて隙間を埋めるようにします。
蛇口を取り付けるときは、シールテープがとても重要です。

シールテープを巻く時は、シールテープがちぎれてしまわない程度に引っ張りながら、均等に力を入れて巻いていきます。
6回~10回位を目安にして巻きつけると良いでしょう。

蛇口を取り付けるときは時計周りに回していきますが、一度でも反対に回してしまった場合もまた、シールテープを巻き直してください。水漏れを起こさないためにもシールテープはキチンと巻くことが大切です。

洗濯機の蛇口の交換方法で気を付けたいポイント

自分で蛇口を交換する時は、水漏れを起こしたりしないように、気をつけておきたい部分があります。

  • 元栓を閉める
    必ず水の元栓を閉めてから、交換の作業を行ってください。元栓をしめた後に、洗面台やトイレなどの水道の蛇口を回して、水が出てこないかを確認します。
  • 取り外した部分をキレイにする
    蛇口を取り外した部分には汚れやシールテープの残りがついています。
    その部分をキレイに掃除して、配管がキレイに見えるようにしておきます。
    汚れがついている状態で新しい蛇口を取り付けると、水漏れの原因になります。
  • シールテープを巻く
    新しい蛇口には必ずシールテープを巻いてから、取り付けます。
    シールテープは隙間を埋めるためのものです。水漏れを防ぐためにも、6~10回位を目安に巻き付けてください。

洗濯機の蛇口交換を業者に依頼したときの料金相場

蛇口の交換を業者に依頼した場合の作業料金は、おおよそ8000円~1万円くらいが相場のようです。
場合によっては、出張料や車の駐車場代などが別途にかかってくることもあります。

業者に依頼する方法には、蛇口交換を行っている業者に直接電話をかけるか、インターネットでも受け付けているとこともあります。どこに頼んだらいいのか迷う場合は、インターネットで業者についての口コミを見て判断してみると良いでしょう。

蛇口交換を依頼すると、業者が訪問して見積もりを出してくれます。作業内容や費用、作業日などを相談で決めることになりますが、洗濯機の蛇口のタイプはいろいろありますので、この時にどのような蛇口を選んだらいいのかも相談してください。

見積もりは複数の業者に依頼して、サービスや費用を比較してから決めることをオススメします。
ただし、相談や見積もりは無料のところが多いですが、料金がかかる業者もありますので、見積もりを申し込む際に確認してください。

業者によっては営業時間外でも交換を行ってくれるところもあります。また、遠方の場合でも受け付けてくれる場合もありますので、まずは電話やネットで相談してみると良いでしょう。その場合は追加料金が発生することが多いです。

交換方法を試して自分で難しいなら業者に依頼を

蛇口に不具合があって交換を考えている場合は、蛇口交換を業者に依頼する前に、自分でも確認してみましょう。蛇口から水漏れをしている場合は、もしかしたら緩みが原因で、キツく閉め直すだけで解決する場合もあります。

部品が劣化していないか、破損している部分はないかを確認しておき、業者に依頼する時に気がついたことを伝えるようにすると良いです。

また、洗濯機の蛇口は使っていくうちに劣化していきます。洗濯の頻度にもよりますが、使用してから10年位してくると交換が必要となってくる場合もあります。使用してからどれくらいの期間なのかを確認して、蛇口の交換時期も考えてみてください。

業者に依頼すると部品代の他に作業料金として1万円前後が必要となってしまいます。まずは試しに自分で交換してみて、無理そうな場合に業者に依頼することをオススメします。