洗濯機を選ぶならおすすめはドラム式洗濯機【節水・節電・時短】

今お使いの洗濯機が何年も経っていて、そろそろ新しい洗濯機に買い換えの時期かなと感じていませんか?

新しい洗濯機を買うとなったら、縦型式がいいのかドラム式がいいのかで迷うところだと思います。
ここではドラム式の洗濯機について詳しくご紹介します。
おすすめな点がたくさんありました。

私も電気屋さんに見に行った時に、最初は縦型式で十分と思っていましたが実際に購入したのはドラム式でした。

ドラム式洗濯機のおすすめポイントは節約・節水だけではない、ほかにも嬉しい機能が満載です。

ドラム式洗濯機の購入を悩んでいるあなた、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯機の選び方!一人暮らしの洗濯機にもドラム式がおすすめです

一人暮らしをするときは、色々な家電を揃えなくてはなりません。洗濯機もそのうちの一つですよね。...

洗濯機の買い替え。おすすめ7kgサイズ、洗濯機のタイプ

洗濯機を買い換えるなら、おすすめは?洗濯機を選ぶ基準は、家族構成と、設置場所。一般的...

洗濯機の排水ホースの延長方法!女性にもわかりやすく解説

新しいお部屋に引っ越しをして、今まで使っていた洗濯機を設置しても、排水口まで距離がある場合には、延長...

洗濯機の蛇口を開けっ放しにするのはNG!未然にトラブルを防ぐ

皆さんは洗濯機の蛇口を洗濯のたびに閉めていますか?それとも開けっ放しにしていますか?洗濯機の蛇口を開...

洗濯機のホースを水道の蛇口へ!蛇口別の取り付け方をご紹介

洗濯機のホースは蛇口につなぐだけ!そんなイメージがありますが、蛇口の種類によっては、ニップルというホ...

洗濯機の選び方。一人暮らしに適切な容量と注意したいポイント

洗濯機は一人暮らしなら、容量についても購入するときに考えなければなりませんね。購入する洗濯機の容...

洗濯機クリーニングは業者にお得に依頼してスッキリ快適に

洗濯機クリーニングは業者に依頼するとやはりお金がかかってしまいます。しかし、自分で洗濯機のクリーニン...

洗濯機の蛇口の全開は使用後に締めている?開けっ放しの危険性

洗濯機のホースをつないでいる蛇口どうしていますか?洗濯機専用だからといって全開にしたままではありませ...

洗濯物は除湿機を使うと早く乾く?嫌な臭いを防ぐ乾かし方

湿度の高い季節になると部屋干しの洗濯物が乾きにくくなりますよね。そしてそうなると嫌な臭いが発生するの...

洗濯機のネットの掃除方法について頻度や交換でキレイを保つコツ

洗濯機のネットの掃除方法について調べているあなた。洗濯機のネットは洗濯物から出るホコリやごみをキャッ...

洗濯機が重曹で故障する原因や正しい使い方とオススメ掃除方法

洗濯機に重曹を使うことで故障の原因になることもあります。しかし、例えば小さいお子さんのいる家庭だと洗...

洗濯機の掃除。洗剤投入口のお手入れのコツやカビ撃退方法

洗濯機の掃除をするときは、洗剤投入口を掃除することも大切です。しかし、やり方がよくわからないとつ...

洗濯機のパンの掃除方法やコツと注意点と簡単便利グッズとは

洗濯機の下にあるパンの掃除方法についてよくわからないという人のために、簡単な掃除方法をご紹介していき...

洗濯機の掃除【ドラム式の場合】洗濯槽の掃除法や頻度と予防策

洗濯機の掃除はドラム式洗濯機の場合、縦型洗濯機と違って手間がかかります。なので、臭いやカビが気に...

洗濯機のホースの外し方作業の準備や手順と取り外すときの注意点

洗濯機のホースの外し方は手順と注意点さえ気をつければ、自分でもできる簡単な作業です。できれば、あまり...

スポンサーリンク

ドラム式洗濯機のおすすめな点は水道代の節約が出来ること

洗濯機を長年使っていて、最近洗濯の量も多くなったので大きな洗濯機への買い替えを悩んでいる人も多いと思います。新しくするにあたり、縦型洗濯機かドラム式洗濯機か迷いますよね。ドラム式のおすすめのポイントを紹介します。

ドラム式の洗濯機は縦型洗濯機に比べると少ない水である程度水を溜めることが出来るので節水できることがポイントになります。節水効果についてはメーカーによって大きな差はあまりないので気にする必要はありません。

ドラム式の特徴

  • 少ない水で洗濯が出来る
  • ドラムの回転を利用して衣類を落下させて洗う
  • 衣類に優しい
  • 乾燥能力は強い

節水効果が期待出来るのはドラム式になります。1ヶ月の水道代を比較してみるとドラム式の方が水道代は安くなっています。

しかし電気代は乾燥機能によって大きく異なるので注意しましょう。乾燥機能には熱風で乾かす「ヒーター式」と乾燥した空気を当てることで乾かす「ヒートポンプ式」があります。ホートポンプ式の方が電気代を抑えることが出来ます。ヒートポンプ式のメリットは電気代が安い、痛み縮みが少ない、乾燥中でも一時停止するとドアを開けて追加投入することが出来ることです。ヒートポンプは少ない電気でコンプレッサーなどを動かし、空気中の熱を集め乾燥に利用します。

洗濯機で洗濯・乾燥を行う場合はドラム式の場合縦型よりもコストが年間かなりお安くなりますのでよく検討するようにしましょう。

乾燥するなら運転時間が短いドラム式洗濯機がおすすめ

洗濯機の種類はドラム式と縦型に分かれます。縦型洗濯機は乾燥機能を備えた縦型洗濯乾燥機と、乾燥機能のついていない全自動洗濯機に分かれます。どちらの洗濯機にするのか決めましょう。おすすめはドラム式乾燥機付き洗濯機です。

ドラム式を選ぶメリット

乾燥機能になります。ドラム式はドラムの回転、反転で洗濯物が大きく広がり、洗濯物全体に温風が当たりやすいので、乾燥の仕上がりがとてもいいです。洗濯から乾燥でかかる消費電力も、省エネ性能の高いモデルの場合、縦型洗濯乾燥機の半分程度に抑えられ、運転時間も1時間以上短くなることもあります。ヒートポンプ乾燥機にすると、洗濯機の中を除湿、低温・低コストで乾燥してくれます。乾燥温度が低いので衣類を傷めないのが特徴になります。

雨の日や花粉などの季節には部屋干しをすることになりますが、湿度も高くなるのでニオイが気になる場合もあります。そんな場合乾燥機能がついていると部屋干しすることがないので衣類のニオイや湿度が気にならなくなります。そして乾燥機能付き洗濯機が乾燥させているのは衣類だけではなく、洗濯槽も乾燥させてくれるので、カビの繁殖やニオイを抑えてくれるのです。

又洗濯から乾燥まで全部スイッチ1つで終わらすことが出来るのでとても楽なのです。毎日の家事の負担を軽くしてくれたり時短にもなります。

ドラム式洗濯機で乾燥させるとふわふわになるのでおすすめ

タオルや衣類を洗濯した後ふわふわに仕上がっていると使う時気持ちがいいです。しかし普通に洗濯していつものように干すとゴワつきを感じることもあります。乾燥機を使うとふわふわになるけど、毎日となると電気代や衣類の傷みも気になるので、出来るだけ天気のいい日に天日干しをしている人も多いと思います。

ドラム式洗濯機は横向き又は斜めになっている洗濯槽を回転させてたたき洗いをします。洗濯槽が回転して衣類を持ち上げて落とすので衣類同士の擦れを減らし、デリケートな衣類も傷めずに洗うことが出来ます。ドラム式乾燥機は乾燥の仕上がりがいいです。衣類が周りながら上から下へ落ちる所に乾燥の温風を当たるのでふんわりした仕上がりになるのです。

毎回乾燥機で乾かすと電気代が気になります。そんな時は少しだけ乾燥機を使うようにしましょう。洗濯後の乾かし始め20~30分、又はほぼ乾いた状態から30分だけ乾燥機を使います。このようにするとふわふわになります。そして干す時はパタパタを振ることです。振ることで寝ている繊維が立ち上がるので柔らかくなります。特にタオルを乾燥させるとふわふわの仕上がりになるのでおすすめです。

ドラム式乾燥機はたたき洗いなので洗濯物が絡まりにくいです。そのため洗濯物を取り出しやすいです。衣類の傷みが気になる場合はドラム式も検討してみましょう。

ドラム式洗濯機は掃除も簡単なんです

洗濯機を使っていると汚れがどうしても気になります。汚れていても見てみぬふりをしていませんか?掃除をしっかりと行うことで長く使うことも出来るので掃除はきちんとするようにしましょう。

ドラム式の汚れは軽いうちに掃除をすることです。汚れが酷くなってしまうと家庭では取りきれない状態になってしまう可能性もあります。

ドラム式洗濯機はコツさえ掴むと簡単に掃除をすることが出来ます。

  • 洗濯槽、洗濯槽の裏の汚れ
  • 本体下部の糸くずフィルター
  • 本体上部の乾燥フィルター
  • ドアのゴムパッキン
  • 洗剤、柔軟剤の投入口
  • 排水フィルター

洗濯槽の裏側にはカビや雑菌が繁殖します。汚れがひどくなると家庭でのお手入れだけでは落とすことが難しくなります。洗濯槽の掃除は洗濯槽クリーナーの薬剤を使用します。メーカー純正の物もあります。黒カビやニオイもしっかり分解してくれます。

手順

  • 槽洗浄コースを選ぶ
  • 給水が終わったら一時停止
  • 洗濯槽クリーナーを投入して再びスタートさせる

洗浄時間は半日以上かかる場合もあります。汚れの程度によっては取り切れない場合もあるので1回で取り除くことが出来ない場合は再洗浄する必要があります。

本体下部の糸くずフィルターにゴミがつくので、取って捨てるだけですが、汚いのとヌメリがあるので掃除がしくにくいです。

本体上部にある乾燥フィルターの掃除は難しいです。目詰まりしていたら汚れを水で洗い流し綺麗にしましょう。水で濡らした場合はよく乾燥させてから元に戻しましょう。使い古した歯ブラシなどで擦るのが一般的です。強く擦るとフィルターが破れてしまう可能性もあるので注意が必要です

ドアパッキンの奥には溝があります。この溝が汚れていると臭いやカビの原因になります。洗いコースが終わったらウエスなどで水分や埃をふき取りましょう。汚れが酷い時は台所の中性洗剤を薄めて使い汚れを綺麗に落としましょう。

洗剤や柔軟剤投入口もケースに残り固まってしまうこともあります。投入カバーを取り外して水で綺麗に洗い流しましょう。汚い状態のままにしておくと臭いやカビが発生します。

排水フィルターに汚れが溜まると排水が悪くなり洗濯機の故障にも繋がります。溜まる汚れは洗濯をする量によっても異なりますが、月に1回は掃除をするようにしましょう。フィルターの奥も掃除をしましょう。

洗濯槽の掃除の頻度は定期的に行うようにしましょう。汚れはあまりついていない状態で掃除をするとお手入れも簡単で済みます。

ドラム式洗濯機を選ぶ時の注意点を確認しておきましょう

洗濯機の買い替えを悩んだ時に、縦型洗濯機にするのか、ドラム式洗濯機にするのか迷います。衣類が汚れることが少ない、洗濯物に時間を欠けたくない場合はドラム式洗濯機をおすすめします。しかしドラム式洗濯機を選ぶ場合は確認したいのはサイズになります。ドラムを斜めに配置するので、縦型洗濯機よりも大きなものが多くなります。高さが高くなるので蛇口の位置には注意が必要です。

購入する時はドアや階段の通路、搬入経路も通れるか確認しておくようにしましょう。設置パンに防水パンがある場合は内寸を測るようにしましょう。そして全面の扉が完全に開くスペースがあるか確認もしましょう。完全に扉が開かないと洗濯物の出し入れが困難になります。