洗濯機の選び方。一人暮らしに適切な容量と注意したいポイント

洗濯機は一人暮らしなら、容量についても購入するときに考えなければなりませんね。
購入する洗濯機の容量は、洗濯の頻度や使い方によっても違ってくるでしょう。

ここでは、一人暮らしで洗濯機の購入を考えているときに悩む、容量や洗濯機選びのポイントなどについてお伝えしていきます。
一人暮らしで洗濯機を選ぶときには、容量以外にも注意しなければいけないポイントがあるので、ぜひ参考にしてみてください。

これを読めば、洗濯機選びも楽になりますし、自分に必要な洗濯機の機能も考えることができるでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯機の寿命!脱水ができなくなった時に確認することとは

洗濯機を回していたら、変な音が…。脱水が!脱水がされない!このベチャベチャの洗濯物、どうした...

洗濯機の故障で脱水できないときに考えられる原因と対処法とは

洗濯機の故障は脱水ができないことで判明することがあります。洗濯中に突然脱水ができなくなったり、す...

洗濯機の寿命のサイン。音や水の症状と部品の保有期間とは

最近洗濯機の音が大きくなったと感じることはありませんか?我が家では音が大きくなったと感じた頃...

洗濯物は除湿機を使うと早く乾く?嫌な臭いを防ぐ乾かし方

湿度の高い季節になると部屋干しの洗濯物が乾きにくくなりますよね。そしてそうなると嫌な臭いが発生するの...

洗濯機の掃除方法!洗剤入れの掃除のコツや注意点とカビ対策

洗濯機の掃除するけど洗剤入れの掃除はつい忘れがちではありませんか?しかし、洗剤入れの掃除を後回しにし...

洗濯機の寿命の目安は?年数や使用頻度別の寿命と買い替えの目安

「最近なんだか洗濯機の調子が悪い」こんなお悩みを抱えている人もいますよね。洗濯機も長年使っていると寿...

洗濯機の蛇口の高さの変更方法と自分でするときの注意点とは

洗濯機の蛇口の高さが合わなくて、購入した洗濯機が設置できない場合があります。そんなときは、洗濯機...

洗濯機のネットの交換で可能な代用アイデアと長持ちさせるコツ

洗濯機のゴミ取りネットは交換をすることができます。メーカーのゴミ取りネットなら安心して使うことができ...

洗濯機ネットのカビを撃退する方法と安心して使える予防策とは

洗濯機のネットにカビがついてしまうと、せっかく洗った洗濯物にもついてしまう恐れがあります。ですから、...

洗濯槽のカビ取りには酸素系漂白剤が効果的!洗い方の手順

洗濯をしていると、キレイに洗ったはずの洗濯物に、黒いゴミのようなものが付着していることはありませんか...

洗濯機はネット購入で取り付け可能か注意点や自分でする方法

洗濯機をネット購入したときに取り付けをしてもらえるかどうかも確認するようにしましょう。ネット購入した...

洗濯機の故障は音がサイン!異常音からわかる原因や対処法とは

洗濯機の故障は音が聞こえることでわかるときがあります。もしも、あなたの家の洗濯機から異常な音が聞こえ...

洗濯機の臭いの原因と対処法!洗濯機につく臭いの予防方法を解説

家族の衣類を洗濯する洗濯機。汚れをスッキリ落とす目的で使用しているのに、洗濯機から嫌な臭いが発生した...

水通しは洗濯機の掃除をしてから!ドラム式のやり方と水通し方法

産まれたばかりの赤ちゃんの衣類は水通しをしなければなりません。しかし、その前に洗濯機を掃除するこ...

洗濯機のホースからの水漏れの原因や対処法と水漏れ対策

洗濯機のホースからの水漏れに気がついたら焦ってしまいますよね。しかし、気がついたときはどこから水漏れ...

スポンサーリンク

一人暮らしの洗濯機に必要な容量とは

春になると大学生になったり、社会人になり実家から出て一人暮らしをする人が多くなります。初めて一人暮らしをする場合、家電製品を揃えることになりますが、どの位の容量の家電製品を揃えるといいのか迷ってしまうことがありますよね。その中でも洗濯機は高価な物なので一度購入すると買い替えることは難しいです。一人暮らしをする場合の洗濯機の容量について紹介します。

一人暮らしの場合、一般的な洗濯機の容量は5kg前後になり、1人の1日分の洗濯物の量は1.5kgと一般的には言われています。

一人暮らしで週に2、3回洗濯をする場合は5kgの洗濯機で十分な容量になります。

しかし週に1回程度しか洗濯できない場合もあるので、まとめ洗いをすることを考えると6kg以上の大きめの洗濯機を選ぶことをオススメします。

又毛布などの大きな物を洗濯したいと考えている場合は迷わず大きなサイズにするようにしましょう。容量が大きくなると外側のサイズも大きくなります。容量が大きくなるため洗濯置き場の確認は必ず行ってから洗濯機を購入するようにしましょう。

一人暮らしの洗濯機の容量は洗濯の頻度で選ぶ

洗濯機を選ぶ時に大切なことは洗濯機のサイズ選びになります。小さなサイズから大きなサイズまであり、部屋によっては大きすぎて置くことができない洗濯機もあります。そのようにならないためにも、洗濯機置き場の確認は必ずしておきましょう。

一人暮らし用の洗濯機を選ぶポイントは洗濯機の容量だけでなく頻度も重要なポイントになります。

毎日洗濯をする場合は1回の洗濯する量が少ないので小さな容量でもよくなります。しかし一人暮らしの場合毎日洗濯機を回すのは大変なので、まとめ洗いになることが多いと思います。どのくらいの頻度で洗濯をするのかで洗濯機の容量も変わってくるのです。

1日に出る洗濯物の量は1.5kgと言われているので1週間分になると7kgに容量の洗濯機が必要になります。しかし一人暮らしの場合そこまで大きな洗濯機は必要はないと思います。そのため6kgの容量をオススメします。6kgの場合自宅で毛布なども洗濯することが出来ます。

4kgは毎日洗濯する、5kgは週に2~3回洗濯する、6kgは週に1回洗濯することを目安にサイズを選ぶようにしましょう。

しかし4kgの洗濯物を容量5kgの洗濯機と7kgの洗濯機でした場合、7kgが電気代も水道代も高くなります。洗濯機は最も効率よく動くのは、定格容量の8割り程度になっているので、必要な容量を見極める必要もあります。

容量以外にも一人暮らしの洗濯機選びで注意したいポイントとは

一人暮らしをすることになると洗濯も自分ですることになります。一人暮らしで必要な家電製品で、一度購入すると長い間使用することが出来るので、洗濯機選びは慎重に行いましょう。

一人暮らしの平均的な洗濯機の容量は4kg~7kgが目安になります。

洗濯機を選ぶ時のポイントをいくつか紹介します。

  • 消音性
    消音性がないと近所に響きます。45~50dbほどの音まで抑えられる洗濯機がオススメです。一人暮らしの場合帰宅後、夜遅くに洗濯をすることもあります。夜は音が響きやすいので注意が必要になるのです。脱水時の音はとても響きやすいです。部屋の作りによっては隣に響くこともあるので出来るだけ夜中に洗濯をすることがやめましょう。
  • サイズ
    一人暮らしの部屋はコンパクトな作りになっているので洗濯置き場も狭いことがあります。
  • ステンレス槽
    洗濯槽は汚れが溜まりやすいので、カビ対策としてもステンレス槽になっている洗濯機を選ぶようにしましょう。
  • 乾燥機
    一人暮らしで洗濯機に乾燥機がついていると、干す場所がない、女性の一人暮らしなので外に干したくない場合はとても便利な機能になります。しかし乾燥機がついていると価格が少々高くなります。

自分の使い方に合った洗濯機を選ぶのもオススメ

春になると一人暮らしを始める人が多くなります。一人暮らしで毎日洗濯する場合は4kgの洗濯機で十分間に合いますが、商品も少ないので、一人暮らし向けの洗濯機は5~6kgの容量が多く販売されています。

容量が大きくなるとまとめて洗濯することが出来るのでとても便利です。シングルの毛布なら自宅で洗濯することも出来るので便利です。

容量が大きくなると外観サイズも大きくなります。5kg以上の洗濯機になるとおしゃれ着洗いをやさしく洗ってくれるコースや毛布を洗うコースなど多様なコースが搭載されています。

洗濯機には縦型洗濯機とドラム式洗濯機があります。一人暮らしで洗濯機を選ぶ場合は使い方で選ぶようにします。

縦型洗濯機は大量の水で洗うので汚れがよく落ちます。ドラム式と比べると短い時間で洗濯が終わります。コンパクトなタイプな物が多くドラム式と比べると料金も比較的安いです。しかし水を多く使うので水道代が高くなります。乾燥機ではありませんが、風乾燥機能がついているタイプもあるので、洗濯後ある程度乾燥させることが出来る洗濯機もあります。一人暮らしで部屋干しを考えている人にはおすすめです。

ドラム式洗濯機は使用する水の量が少ない、衣類も傷めにくい特徴があります。ドラム式洗濯機にはほとんど乾燥機能がついています。洗濯から乾燥まで一気に行ってくれるので一人暮らしなど忙しい人にとってはとても便利な洗濯機です。しかし一人暮らしで使うには大きすぎる点と価格も高価になることが多いです。自分に合った洗濯機を選ぶようにしましょう。

一人暮らしの洗濯機選びには事前の確認も忘れずに

賃貸の部屋によっては購入しようとしている洗濯機が置くことが出来ない場合もあるので洗濯機のサイズには注意が必要です。建物が古い場合はドラム式洗濯機をおきたくても置けない場合もあります。

一人暮らしの部屋に洗濯機置場があるかどうかは、洗濯機を購入する前に必ず確認しましょう。アパートやマンションなどのエントランス、玄関や廊下などが狭いと洗濯機が設置置き場まで搬入できない場合もあります。洗濯機を購入する場合は大きさには十分注意が必要になります。

  • 設置場所の大きさ
  • 蛇口の高さ、排水口の位置

洗濯機の高さが蛇口の高さより高い場合や、排水ホースと排水口の位置が合わない場合もあるので必ず確認しましょう。

洗濯機は選択できる量が決まっています。設置スペースが広いからと大きい洗濯機を購入してしまうと、洗濯容量が合わずに光熱費が高くなることがあります。効率よく運転できる大きさを選ぶようにしましょう。