洗濯機はネットでも引き取りは可能か依頼やできない場合の対処法

洗濯機はネットでも引き取りをしてくれるのか、購入を検討していると気になるところです。基本的には洗濯機の引き取りは購入した店舗ですることになっています。しかし、最近ではネットでの家電購入も可能になってきましたが、その他のサービスについてはどうなのかよくわかりませんね。

そこで、洗濯機はネットでも引き取りは可能か依頼やできない場合の対処法について、ネットで購入したときの引き取りについてやネット購入でも古い洗濯機の引き取りをしてくれる場合、洗濯機の引き取りを依頼する方法や古い洗濯機の引き取りができない場合の対処法などお伝えしていきます。

これで、洗濯機をネットで購入するときに忘れずに確認することができるので、引き取りについても悩まないで済みますね。依頼や処分するときにもスムーズにできるでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯機の故障は音がサイン!異常音からわかる原因や対処法とは

洗濯機の故障は音が聞こえることでわかるときがあります。もしも、あなたの家の洗濯機から異常な音が聞こえ...

洗濯機の容量10kgは何人用?洗濯機の容量を決めるポイント

これから洗濯機の購入を考えている人の中には、一体どのくらいの容量の洗濯機を選べばいいかわからない人も...

洗濯機の寿命!脱水ができなくなった時に確認することとは

洗濯機を回していたら、変な音が…。脱水が!脱水がされない!このベチャベチャの洗濯物、どうした...

洗濯機の選び方!一人暮らしで安い洗濯機を購入する時のポイント

これから一人暮らしを始めようと思っているとき、できるだけ初期費用がかからないようにするために安い家電...

洗濯機掃除の酸素系漂白剤を使った方法と注意点や綺麗に保つコツ

洗濯機の掃除は酸素系漂白剤を使うと簡単にできます。早速、酸素系漂白剤を使って洗濯機の掃除をしてカ...

洗濯機を買い換えるならおすすめはやっぱりドラム式!

洗濯機を買い換える時、まず『縦型』か『ドラム式』かで迷いますよね。今の時代、洗濯機を買い換え...

洗濯機の取り外しを自分でする方法や注意点と頼んだ場合の費用

洗濯機の取り外しは自分ですることができるのか気になりますよね。洗濯機の取り外しは水抜きをしっかりして...

洗濯機のホースは消耗品!排水ホースの交換のタイミングと手順

洗濯機のホースは洗濯機を設置して、そのままという方も少なくないと思います。しかし、排水ホースは洗濯機...

洗濯機の選び方。一人暮らしに適切な容量と注意したいポイント

洗濯機は一人暮らしなら、容量についても購入するときに考えなければなりませんね。購入する洗濯機の容...

洗濯機の蛇口からの水漏れ防止策と自分で修理する方法とは

洗濯機の蛇口からの水漏れ防止には、日頃から自分で気を付けるべき対策があります。洗濯機の蛇口から水...

洗濯機が安い時期はいつ?洗濯機をより安く購入する方法

洗濯機を買い換えようと思っている人の多くは、欲しい洗濯機をなるべく安く購入したいと考えますよね。洗濯...

洗濯機は一人暮らし用なら中古で購入するメリットや注意点とは

洗濯機は一人暮らし用なら、中古での購入を検討しても問題ないでしょう。ただ、中古ということは誰かが...

洗濯機の臭いが下水臭い原因と対処法や掃除方法で予防するコツ

洗濯機の臭いが下水のような嫌な悪臭だと、洗濯をするのにも気分が悪くなってしまうかもしれませんね。洗濯...

洗濯機の蛇口の交換方法を自分でするなら必要な物や業者の相場

洗濯機の蛇口の交換方法は自分でも手順通りにやれば簡単にできるものです。ただし、自分でするなら費用...

洗濯機の糸くずネットの外し方とお手入れ方法

洗濯機の糸くずネットは洗濯機の必需品ですよね。洗濯物の衣服に付いている糸くずや繊維をしっかりとキャッ...

スポンサーリンク

洗濯機をネットで購入したときの引き取りについて

洗濯機をネットで購入する場合に気をつけたいのが、設置と古い洗濯機の処分です。店舗で購入すると当然のように配送から設置、古い洗濯機の引き取りまで行ってくれますが、ネットの場合はお店によっては洗濯機の配送しか行っていない場合もあります。

洗濯機はネットで購入した他の商品のように、玄関先まで配達してもらっただけでは困りますよね。古い洗濯機を引き取ってもらい、新しい洗濯機を家の中の設置場所まで運び入れ、取り付けまで行ってもらう必要があります。
洗濯機の場合は取り付けや引き取りがオプションであったり、お店によっては洗濯機の販売だけで設置や引き取りは行っていない場合もあります。

洗濯機の買い替えにネットを利用する場合は、必ず引き取りサービスを行っているかどうかも確かめてください。自分で洗濯機の取り付けができない場合は、設置サービスについても確かめます。

洗濯機を処分する場合は、リサイクル料金と運搬費用がかかってきます。この費用は新しく購入する洗濯機とは別料金になりますので、その金額も合わせて確認するようにしましょう。運搬費用は遠方など地域によっては高額になる場合もあります。せっかくネットで安く購入できても、これらの諸費用を考えると高くついてしまう場合もあります。

ネット購入でも古い洗濯機の引き取りもするのは大型店

ネットでも古い洗濯機の引き取りを行っているお店はあります。家電量販店のネット店やネットの中でも大型のサイトなら洗濯機の引き取りも設置も対応していることが多いです。

引き取りや設置は別料金の場合が多いので、引き取り対応を確認したら料金も調べておくと安心です。
家電量販店なら引き取りの運搬費用なども、比較的安く設定されていることが多いです。
例えば、ある大型の家電量販店の場合だと、洗濯機1台のリサイクル料金が2300円、これに収集運搬費が1000円かかるため、合計で3300円+消費税となっています。

洗濯機の配送や引き取りは、お住まいが2階以上の場合エレベーターがあることが条件だったり別料金がかかることもありますので、購入前に条件を確認しておきましょう。

洗濯機をネット購入するなら引き取りの確認もしておきましょう

洗濯機をネットで購入するのなら、洗濯機の代金の他に、配送、設置、引き取りの料金もしっかりと確認しておきましょう。
ネットは店舗で購入するよりも値段が安い場合も多いですが、運搬費用などが別にかかってしまいますので、確かめておかないと最終的には逆に高額になってしまうこともあります。

中には古い家電の引き取りは行っていないというお店もありますので、引き取りや設置まで行ってくれるかどうかを購入前に確認してください。
ネットでは引き取りを行っているかどうかわからない場合は、直接お店にメールや電話で問い合わせてください。引き取りに関しても記載を見つけられなかっただけで、ちゃんと引き取りをしてくれる場合もあります。その時に、引き取りを申し込む方法も一緒に確認しておきましょう。

お住まいの地域によっては配送はしていなかったり、遠方ということで運搬費が高額になることも考えられます。引き取りの場合は洗濯機の配送の他に古い洗濯機の運搬費用もかかったり、お店によっては出張費用がプラスされるところもあります。それらのサービスを行っているかどうかと一緒に金額も確認すると良いです。

処分したい洗濯機の引き取りを依頼する方法

洗濯機を購入するお店が古い洗濯機の引き取りを行っていることを確認したら、洗濯機を購入するときに引き取りも申し込んでください。

引き取りを依頼する方法はお店によって異なりますので、商品ページやお店のトップページなどから設置や引き取りに関する記載を見つけてください。わかりにくい場合はお店に直接問い合わせると安心です。

洗濯機の引き取りには、リサイクル料金と運搬費がかかるケースが多いです。金額はお店によって異なりますが、リサイクル料金と運搬費を合わせて大体5000~6000円くらいが相場のようです。

大型量販店では古い洗濯機を引き取りだけを行っている場合もありますが、買い替えと同時に引き取る方法よりも高額になっています。

古い洗濯機の引き取りができない場合の対処法

洗濯機を購入したいお店が、古い洗濯機の引き取りを行っていないこともあります。洗濯機は簡単には処分することができない上、新しい洗濯機が届く前に処分をしておかなくてはなりません。購入するお店で引き取ってもらえない場合は、他の方法で事前に準備をしておく必要があります。

自治体に確認する

お住まいの自治体に問い合わせてみてください。洗濯機の処分方法を教えてもらうことができます。
収集業者を紹介してもらったり、引取場所を教えてもらいましょう。

リサイクルショップを利用する

まだ使えそうな洗濯機なら、リサイクルショップを利用するのも良いでしょう。事前に洗濯機のメーカーや型番、年式を調べてリサイクルショップに問い合わせてください。
洗濯機は運搬が大変なので、出張買取も便利です。こちらも型番などを調べた上で電話で申し込んでください。
少しでも高く買い取ってもらえるように、付属品は全て揃えておき、洗濯機の中をキレイに洗っておきましょう。

不用品回収業者

不用品回収業者に依頼する方法もあります。洗濯機の取り外しや運搬もすべて業者が行ってくれるので便利です。
不用品回収業者によって料金に大きく差があるようなので、複数の業者に見積もりを依頼すると安心です。

洗濯機をネットで買い換えるときは、古い洗濯機の引き取りも行っているかどうかを忘れずに確かめてください。引き取りを行っていない場合でも古い洗濯機の処分方法はありますが、洗濯機は簡単には処分ができず事前に準備が必要です。洗濯機は買い替えの際は余裕を持って計画的に行うようにしてください。