洗濯機は一人暮らしなら乾燥機付きがオススメな理由と選び方

洗濯機は一人暮らしなら乾燥機付きの洗濯機を選ぶのがオススメです。
それは、乾燥機付き洗濯機には一人暮らしならではの洗濯の悩みを解消してくれるメリットがあるからなんです。

ここでは、一人暮らしに乾燥機付き洗濯機がオススメや便利な理由、一人暮らし用の洗濯機に適した洗濯容量や洗濯機を買う前にチェックするべきポイント、さらにあると便利な機能についてお伝えしていきます。

これを読めば、これから一人暮らしで洗濯機をどれにしようか悩んでいるあなたも乾燥機付き洗濯機が欲しくなるでしょう。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯機のホースは消耗品!排水ホースの交換のタイミングと手順

洗濯機のホースは洗濯機を設置して、そのままという方も少なくないと思います。しかし、排水ホースは洗濯機...

洗濯機のパンをかさ上げする方法とメリットや注意点とは

洗濯機のパンをかさ上げすると、洗濯機の下の掃除がしやすくなったり、振動による騒音を防ぐメリットがあり...

洗濯機は一人暮らしだと、どのくらいの頻度でまわすのか

洗濯ってどのくらいの頻度でしてるの?一人暮らしなら、毎日洗濯機を回すほど汚れ物が出ませんよね...

洗濯機とパンのサイズの関係と失敗しないための選び方のポイント

洗濯機を置く防水パンのサイズにはあまり種類はありません。洗濯機を新しく購入するなら、今使っている防水...

洗濯機のホースを水道の蛇口へ!蛇口別の取り付け方をご紹介

洗濯機のホースは蛇口につなぐだけ!そんなイメージがありますが、蛇口の種類によっては、ニップルというホ...

洗濯機の使い方【ドラム式編】注意点や洗剤選び・お手入れ方法

洗濯をしようと思っても、自宅のドラム式洗濯機の使い方がいまいちよくわからない人もいますよね。特に、今...

洗濯物は除湿機を使うと早く乾く?嫌な臭いを防ぐ乾かし方

湿度の高い季節になると部屋干しの洗濯物が乾きにくくなりますよね。そしてそうなると嫌な臭いが発生するの...

洗濯機のホースの取り付け方が自分でもできるコツや注意点

洗濯機のホースの取り付け方の手順やポイントがわかれば、自分でも簡単に洗濯機を取り付けることができます...

洗濯機の安い時期は年末!お得に賢く手に入れるオススメ方法

洗濯機の安い時期と言えば、年末年始の決算セールです。洗濯機を新しく購入するなら、少しでも安く購入した...

洗濯ネットは乾燥機で溶ける?効率よく乾燥させるための使い方

洗濯ネットを乾燥機で使用すると衣類が溶けるのを防ぐことができるのではと思っていませんか?実は、洗濯ネ...

洗濯機の容量10kgは何人用?洗濯機の容量を決めるポイント

これから洗濯機の購入を考えている人の中には、一体どのくらいの容量の洗濯機を選べばいいかわからない人も...

洗濯機の蛇口の全開は使用後に締めている?開けっ放しの危険性

洗濯機のホースをつないでいる蛇口どうしていますか?洗濯機専用だからといって全開にしたままではありませ...

洗濯機ネットの簡単な掃除方法とホコリを取りやすくするコツ

洗濯機のネットは掃除をせずにそのままにしているのは洗濯の逆効果です。洗濯で出たごみをネットでせっかく...

洗濯機の故障で水抜きできないときに自分でできる対処法とは

洗濯機が故障してしまうと水抜きができなくなることがあります。洗濯を回している途中である日突然、洗濯機...

洗濯機のホースからの水漏れの原因や対処法と水漏れ対策

洗濯機のホースからの水漏れに気がついたら焦ってしまいますよね。しかし、気がついたときはどこから水漏れ...

スポンサーリンク

一人暮らしには乾燥機付き洗濯機がオススメな理由

一人暮らしを始める方にオススメな洗濯機は、乾燥機付き洗濯機です。洗濯自体は洗濯機に衣類を入れ、洗剤を入れたらボタンを押すだけで、後は全部洗濯機が自動で洗濯をしてくれます。しかし、洗濯はそれだけで終わりではありません。
洗濯が終わったら、洗濯物を干します。乾いたら畳んでしまったり、シャツなどはアイロンをかける作業が必要になってきます。

洗濯で最も大変なのは干すという作業になると思います。シワにならないように伸ばしてから干し、乾くまで時間もかかります。カラッと晴れた日なら外に干すこともできますが、天候や住んでいる環境によっては室内で干すことになります。そうなると、部屋の中は洗濯物だらけ、なかなか乾かずに嫌な臭いまでしてくる、というようなことも起こりかねません。

そこでオススメなのが、洗濯機の乾燥機能です。洗濯機を動かしたら、自動で乾燥までやってくれます。洗濯機の終了の合図のあとは、すぐに着られるわけです。
干す手間も省けますし、洗って翌日にはまた着ることができるというのは、とても便利ではないでしょうか。室内が干している洗濯物だらけ、という生活感あふれる状態も解消できます。

洗濯機の乾燥機能にはもうひとつ嬉しい点があります。タオルがフワフワに仕上がります。形状記憶のYシャツならアイロンの必要がなくなります。ノリが効いたパリっとしたYシャツがお好みなら別ですが、形状記憶のYシャツならシワはほとんど無い状態で仕上がるので、乾燥機から出してそのまま着ることができます。
Yシャツはまとめてクリーニングに出すという方も多いかと思いますが、そうなるとYシャツも枚数が必要となってきますし、クリーニング店に持ち込み、引き取りに行くというのもなかなかの手間です。洗濯物と一緒にYシャツも洗えるのはとても便利です。

一人暮らしには乾燥機付きのドラム式洗濯機が便利

一人分の洗濯物で汚れを落として清潔になればいいと考えて洗濯機を選ぶと、小さめでシンプルな機能の洗濯機になるかと思います。

しかし、一人分の洗濯物を毎日洗濯するつもりであっても、忙しくて何日分かまとめて洗濯をするときがあるかもしれません。風邪などで体調が良くなかったり、出張や旅行に出かけて数日分の洗濯物がたまってしまうことも多いものです。

洗濯機を選ぶ時は少し大きめの物を選ぶのがポイントです。小さい洗濯機を購入して、洗濯物が多い場合は何回か洗濯機をまわすというよりは、初めから大きめの洗濯機を用意しておくと、多少洗濯物がたまっても気がかりになることはありません。まとめて1回だけ洗濯をすれば済むのはとても便利です。

それとオススメなのが、乾燥機付きの洗濯機です。乾燥機能があれば干す手間も省けます。洗って数時間後には着ることができますので、洗濯物をためてしまって着るものがないという問題は起こりません。

この洗濯機の乾燥機能ですが、縦型の洗濯機の場合は乾燥状態が完全ではないので、干す必要が出てきてしまいます。乾くまでの時間を短くできる程度です。
オススメなのは、ドラム式洗濯機です。ドラム式洗濯機だと洗濯から乾燥までの工程がボタンひとつだけで、乾燥まで終わったらすぐに着ることができます。
ドラム式洗濯機は購入するときに少し高めですが、その価値は十分にあります。

一人暮らしなら洗濯機の容量は6kgあればOK

一人暮らし向けの洗濯機はどれくらいの容量がオススメかというと、6kg以上がベストでしょう。一人暮らしの人の洗濯物は1日あたり1.5キロと言われています。数日まとめて洗濯することを考えると、6kgの容量は欲しいところです。

洗濯は毎日する人でも、やはり6kg以上の容量を考えた方が無難です。洗濯物として出てくるものは衣類だけではなく、タオルや寝具もあります。シーツなどはかなりのボリュームになります。冬場の衣類は厚手になるので、同じ1枚でもボリュームが違いますし、マフラーやセーターなども洗濯することもあります。

大物はコインランドリーへ持っていくと考えている人もいるかと思いますが、コインランドリーは結構お金がかかるものです。また、洗濯物が大きかったり重かったりすればするほど、持ち運びも大変になります。

洗濯物は洗濯機の容量の7割ぐらいで洗うのが良いとされていますので、その面から考えても少し大きめの6kg以上を用意して、ほとんどの洗濯物をカバーできるようにしておくことが良いと思います。

一人暮らし用の洗濯機を買う前にチェックするべきポイント!乾燥機付き洗濯機は大きいので注意が必要

一人暮らしで洗濯機を購入する時に気をつけなければならない点は、洗濯機の設置場所のスペースと、洗濯機を設置場所まで運ぶ経路の広さです。

一人暮らしだと、洗濯機を置くスペースも限られてくる場合が多いと思います。室内に置けるのか、それとも外に置くことになるのかという問題もあります。

まず、室内に設置できるのであれば、そのスペースの広さです。容量が大きめの洗濯機をオススメしましたが、そうなると洗濯機自体の大きさも変わってきます。また、従来の縦型洗濯機よりもドラム式洗濯機の方が大きめにできていますので、よりスペースが必要となります。ドラム式洗濯機の場合は扉が手前に開きますので、洗濯機を置く周りの状態も気にかける必要があります。

洗濯機を外に置く場合もまた、設置スペースを考えなくてはなりませんが、静音性にも気を配る必要があります。屋外だとどうしても洗濯機の傷みも早いので、せっかく高性能の洗濯機を購入してもすぐに故障してしまうということも考えられます。

洗濯機を搬入する経路も確認しておいてください。入り口や廊下など、設置場所までの経路で気になるところは前もって幅や高さなどを計っておきます。せっかく購入しても搬入できないということになっては、元も子もありません。

一人暮らしなら洗濯機に予約タイマー機能もオススメ

洗濯機には「予約タイマー」という嬉しい機能がついているものもあります。
タイマーを使ったことのない人にはピンとこないかもしれませんが、タイマー機能を使って洗濯機を動かす時間を決められるので、希望の時間に洗濯がちょうど終わるようにします。洗濯が終わってもすぐに干さずにそのままにしておくと、洗濯機の中で雑菌が繁殖して嫌な臭いがしてしまいます。嫌な臭いは洗濯した衣類にもつきますし、洗濯機自体も繁殖した菌で臭いだしてしまします。洗濯を終えたらすぐに干すことが鉄則ですので、干せる時間に合わせて洗濯を終わらせるように、タイマー機能を使います。

最近の洗濯機は静かになったとは言っても、脱水をしている時の音は結構気になります。帰りが遅く夜の遅い時間にしか洗濯ができないような場合は、周りへの音が気になってしまいますよね。そんな時もタイマー機能で洗濯機を動かしておくと、音の心配も必要なくなります。
また、洗濯をしている時の音がうるさくて気になるという方は、静音性の優れた洗濯機を選ぶこともオススメします。寝ている間に洗濯機を動かしても気にならないような、静かなタイプの洗濯機もあります。

洗濯機を選ぶときは、設置場所や容量の他にも、自分のライフスタイルに合わせた機能を重視して選ぶことがポイントです。生活していると必ず出てくる洗濯物ですから、できるだけ快適に済ませることができる洗濯の仕方を見つけてください。